霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第二二章 晩夏(ばんか)(かぜ)〔四一五〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第9巻 霊主体従 申の巻 篇:第4篇 千山万水 よみ:せんざんばんすい
章:第22章 第9巻 よみ:ばんかのかぜ 通し章番号:415
口述日:1922(大正11)年02月15日(旧01月19日) 口述場所: 筆録者:大賀亀太郎 校正日: 校正場所: 初版発行日:1922(大正11)年7月5日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
一行はアタルの港で群集に向かって宣伝歌を歌い、宣伝を行った。不思議にも珍山彦の腰はまっすぐになり、若々しくうるわしく輝き始めた。
宣伝使一行は市中を抜けて、玉山のふもとで休息した。虎公、熊公の二人は一行の前に現れてひれ伏し、改心の色を表した。松代姫は虎公を許し、珍山彦は二人の改心を褒め称え、宣伝使として尽くすように、と諭した。
虎公は珍山彦について宣伝使として教えを受けたい、と願うが、珍山彦は、難しい教理を学ぶ必要はない、ただ心から誠を祈り悔改めることだ、神の道は入り易く歩み易いものだ、と諭した。
おとなしく柔らかく湯のような温情をもってすべての人々に臨むのが、宣伝使の第一の任務である。また、腹を立てるな、偽るな、飾るな、誠の心で日々自身の身魂を省みること、それが立派な神の道の宣伝使であり、難しい理屈を言うには及ばない、と諭した。
そして、虎公と熊公はカルとヒルの国境にそびえる高照山で禊をなし、その後にカルの国を宣伝せよ、と任命した。
珍山彦は三姉妹を伴って北へ北へと進んで行く。その後姿を虎公と熊公は伏し拝み、神恩に感謝してその場に泣き伏した。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm0922
愛善世界社版:171頁 八幡書店版:第2輯 335頁 修補版: 校定版:177頁 普及版:71頁 初版: ページ備考:
001 珍山彦(うづやまひこ)松代姫(まつよひめ)一行(いつかう)埠頭(はとば)()ち、002群集(ぐんしふ)(むか)つて宣伝歌(せんでんか)(うた)ふ。003熊公(くまこう)004虎公(とらこう)(あと)整列(せいれつ)して(とも)(うた)ふ。005六人(ろくにん)(うた)(こゑ)は、006アタルの(みなと)科戸(しなど)(かぜ)(ちり)(はら)(ごと)光景(くわうけい)なりき。
007(あめ)(つち)とを(つく)らしし
008(たふと)(かみ)(うづ)()
009(うま)()でたる民草(たみぐさ)
010百姓(おほみたから)(たた)へられ
011(あめ)(つち)との神々(かみがみ)
012この()(ひら)神業(かむわざ)
013(よろこ)(つか)(まつ)るべき
014主宰(つかさ)(うま)()づるなり
015嗚呼(ああ)諸人(もろびと)諸人(もろびと)
016(あめ)(つち)とに(みなぎ)れる
017(うら)(おもて)との(いき)()
018()ける御神(みかみ)(あら)はれし
019その(たふと)さに(かへり)みて
020(きよ)身魂(みたま)(みが)()
021村雲四方(むらくもよも)(ふさ)がれる
022(くら)きこの()()らし()
023(ひか)りとなれよ和田(わだ)(はら)
024(しほ)八百路(やほぢ)のいと(ひろ)
025(ひか)りも(きよ)(しほ)となり
026世人(よびと)(きよ)()()てし
027身魂(みたま)(くさ)りを()(かた)
028すべてのものの(あぢ)はひと
029なりて(つく)せよ(かみ)()
030(かみ)(おもて)(あら)はれて
031千尋(ちひろ)(うみ)()()えて
032(しほ)()りわたる天津(あまつ)()
033(ひかり)(ごと)()()らせ
034この()(つく)りし神直日(かむなほひ)
035(こころ)(ひろ)大直日(おほなほひ)
036(かみ)御稜威(みいづ)()らされて
037()罪科(つみとが)()えて()
038(ひと)(いのち)朝露(あさつゆ)
039()ゆるが(ごと)(あは)れなる
040果敢(はか)なきものと言騒(ことさや)
041ウラルの(かみ)宣伝歌(せんでんか)
042()めよ(さわ)げよ明日(あす)()
043(あめ)(あらし)雷電(いかづち)
044一寸先(いつすんさき)(やみ)()
045(しこ)(をしへ)村肝(むらきも)
046(こころ)(くも)らせ()(やぶ)
047根底(ねそこ)(くに)()ちて()
048(のが)れぬ(つみ)(たね)()くな
049ただ何事(なにごと)(ひと)()
050直日(なほひ)見直(みなほ)聞直(ききなほ)
051(たふと)(かみ)御前(おんまへ)
052(いの)れよ(いの)れただ(いの)
053(いの)りの(みち)天津国(あまつくに)
054(さかえ)門戸(かど)(ひら)くなる
055(かみ)(まこと)(かぎ)なるぞ
056(いの)れよ(いの)れただ(いの)
057五六七(みろく)(かみ)御恵(みめぐ)みの
058御手(みて)()ばして()(たま)
059(いづ)御魂(みたま)御力(おんちから)
060(みづ)御魂(みたま)御名(みな)により
061この()(つく)りし国治立(くにはるたち)
062(かみ)(みこと)真心(まごころ)
063(ささ)げて(いの)()(ひる)
064(こころ)(ひと)つに(いの)れよや
065(まこと)(かみ)御眼(おんまなこ)
066(かく)れし(ところ)をみそなはす
067(はな)(いの)りは効果(しるし)なし
068(かく)れて(いの)(まこと)()
069(かみ)(ひと)とは(むつ)()
070(した)しみ()ひていと(きよ)
071(かみ)(うやま)(うやま)はれ
072天地(てんち)御子(みこ)(うま)れたる
073その本分(つとめ)をば(つく)すべし
074(つく)せよ(つく)(かみ)()
075世人(よびと)()めや()()めに
076(まこと)をこめて天地(あめつち)
077(いの)れや(いの)れよく(いの)
078(いの)(こころ)神心(かみごころ)
079(かみ)(ひと)しき(こころ)ぞや
080(かみ)(かよ)へる(こころ)ぞや』
081 珍山彦(うづやまひこ)()(まが)つた(こし)は、082何時(いつ)しか純直(じゆんちよく)になつて、083容貌(ようばう)084声音(せいおん)(とも)若々(わかわか)しく()ゆるぞ不思議(ふしぎ)なれ。085珍山彦(うづやまひこ)(ふた)つの()(なん)となく(うるは)しく(かがや)(はじ)めたり。086一行(いつかう)はアタルの(みなと)(あと)にして夏木(なつき)(しげ)市中(まちなか)(とほ)()け、087宣伝歌(せんでんか)(うた)ひながら、088緑樹(りよくじゆ)(したた)(うる)はしき玉山(ぎよくざん)(ふもと)辿(たど)()き、089青芝(あをしば)(うへ)(こし)()()けて(いき)(やす)めて()る。090虎公(とらこう)091熊公(くまこう)二人(ふたり)(おそ)(おそ)るこの()(あら)はれ、092大地(だいち)ひれ()以前(いぜん)(つみ)()()ぶるに、093松代姫(まつよひめ)()軽々(かるがる)しく、094満面(まんめん)(あふ)るるばかり(ゑみ)(たた)へて、
095『アヽ虎公様(とらこうさま)とやら、096ようまあ改心(かいしん)して(くだ)さいました。097今日(けふ)(わらは)宣伝使(せんでんし)初陣(うひぢん)098貴方(あなた)御改心(ごかいしん)出来(でき)なかつたならば、099(わらは)最早(もはや)宣伝使(せんでんし)にはなれなかつたのです。100嗚呼(ああ)有難(ありがた)や、101野立彦命(のだちひこのみこと)102野立姫命(のだちひめのみこと)103()花姫命(はなひめのみこと)104()出神(でのかみ)(さま)
105合掌(がつしやう)し、106()感謝(かんしや)祝詞(のりと)奏上(そうじやう)(うれ)()きに()く。
107珍山彦(うづやまひこ)『オー感心々々(かんしんかんしん)108虎公(とらこう)さま、109貴方(あなた)最早(もはや)悪人(あくにん)ではありませぬ。110()(あらた)めと(いの)りによつて、111(すぐ)れた(たふと)(かみ)御柱(みはしら)です。112貴方(あなた)()くして(かみ)御恵(みめぐ)みに(すく)はれた以上(いじやう)は、113御神徳(ごしんとく)()()みは(ゆる)しませぬ。114これから宣伝使(せんでんし)となつてあらゆる艱難(かんなん)辛苦(しんく)(たたか)ひ、115()(ひと)三五教(あななひけう)(をしへ)(すく)ひ、116黄泉比良坂(よもつひらさか)御神業(ごしんげふ)奉仕(ほうし)して(くだ)さい』
117虎公(とらこう)(わたくし)改心(かいしん)(いた)してから()時日(じじつ)()ちませぬ、118さうして三五教(あななひけう)教理(けうり)蘊奥(うんあう)(ぞん)じて()りませぬ。119宣伝使(せんでんし)となれとのお言葉(ことば)は、120吾々(われわれ)(ごと)きものに()つては(じつ)無上(むじやう)光栄(くわうえい)ですが、121かやうな(こと)()うして(たふと)三五教(あななひけう)宣伝(せんでん)出来(でき)ませうか。122せめて二月三月(ふたつきみつき)あなた(がた)のお(とも)(ゆる)して(いただ)き、123色々(いろいろ)教理(けうり)体得(たいとく)したその(うへ)にて、124宣伝使(せんでんし)にお使(つか)(くだ)さいますやうお(ねが)ひいたします』
125『イヤ(かみ)(みち)()(やす)く、126(あゆ)(やす)く、127平地(へいち)(ある)(やう)なものだ。128ただ(こころ)から(まこと)(いの)()(あらた)めるのみだ。129(いま)までの罪悪(ざいあく)130日々(にちにち)行為(かうゐ)(ひと)(まへ)()(あらた)めて、131(かみ)(すく)ひを(かうむ)つたその来歴(らいれき)(をし)ゆれば、132どんな身魂(みたま)(くも)つた人間(にんげん)でも、133(たちま)(かみ)(たふと)(こと)(さと)つて(かみ)(みち)(したが)ひ、134それに引換(ひきか)自分(じぶん)(こと)(たな)()げ、135自慢話(じまんばなし)(なら)()てたりして、136(ひと)(つみ)(さば)いたり(ののし)つたりしてはなりませぬ。137(かみ)(つか)へる()(ひつじ)(ごと)くおとなしく(やはら)かく、138()(ごと)温情(をんじやう)(もつ)(すべ)ての(ひと)(のぞ)むのが、139(すなは)宣伝使(せんでんし)第一(だいいち)任務(にんむ)である。140(はら)()てな、141(いつは)るな、142(かざ)るな、143(まこと)(こころ)(もつ)日々(にちにち)(おの)身魂(みたま)(かへり)み、144()づる、145()ゆる、146(おそ)る、147(さと)るの御規則(おきて)(わす)れぬやうにすれば、148それが立派(りつぱ)(かみ)(みち)宣伝使(せんでんし)である。149六ケ敷(むつかし)小理屈(こりくつ)()ふに(およ)ばぬ、150ただ(いの)ればよいのである。151貴方(あなた)(これ)より(われ)らと(たもと)(わか)ち、152カルヒルとの国境(こくきやう)(そび)()高照山(たかてるやま)谷間(たにま)(いた)つて(みそぎ)をなし、153その(うへ)カル(くに)宣伝(せんでん)なされ、154(われ)らは(これ)にて御別(おわか)(まを)す』
155珍山彦(うづやまひこ)三人(さんにん)(むすめ)(とも)宣伝歌(せんでんか)(うた)ひながら(きた)(きた)へと(すす)()く。156虎公(とらこう)157熊公(くまこう)二人(ふたり)はその(かげ)(かく)るるまで両手(りやうて)()はせて()(をが)み、158神恩(しんおん)(あつ)きに(かん)じてや、159わつとばかりにその()()()しにけり。
160 青葉(あをば)(わた)晩夏(ばんか)(かぜ)は、161口笛(くちぶえ)()きながら二人(ふたり)頭上(づじやう)()でつつ(かよ)ふ。
162大正一一・二・一五 旧一・一九 大賀亀太郎録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
10/28霊界物語音読第37、38、63巻と、大本神諭、伊都能売神諭をアップしました。
10/26【霊界物語ネット】大本神諭を「年月日順」で並べた時の順序が、一部おかしいものがあったので修正しました。(os176,192,193,191,235 の5つ)