霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第二五章 (いはや)宿替(やどがへ)〔四一八〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第9巻 霊主体従 申の巻 篇:第4篇 千山万水 よみ:せんざんばんすい
章:第25章 第9巻 よみ:いわやのやどがえ 通し章番号:418
口述日:1922(大正11)年02月16日(旧01月20日) 口述場所: 筆録者:加藤明子 校正日: 校正場所: 初版発行日:1922(大正11)年7月5日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
岩窟の前で記念していた志芸山津見は、大蛇彦と何かを申し合わせると、谷川を渡って反対側の西の岩窟の中に入っていった。
熊公が追って行こうとすると、岩窟から大蛇彦の声が出て熊公を霊縛してその場にとどめた。そして、志芸山津見を頼らずに自力で宣伝するように、と諭した。
そこへ鹿公がやってきて熊公に声をかけた。大蛇彦は、熊公の霊縛を解いた。そして、これから西の岩窟に宿替えするから、鹿公と供に谷川を渡って西の岩窟の前に行くように、と命じた。
西の岩窟の前に着くと、岩窟から声が聞こえてきて、鹿公の悪事を責め、改心を迫る説教を始めた。鹿公は大蛇彦の声ではないと疑って岩窟の中に入ろうとしたが、大音響が響いてきて驚き、その場に平伏してしまった。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm0925
愛善世界社版:193頁 八幡書店版:第2輯 344頁 修補版: 校定版:200頁 普及版:82頁 初版: ページ備考:
001(かみ)御稜威(みいづ)高照(たかてる)
002(やま)より()つる琴滝(ことだき)
003(ひびき)()()玉川(たまがは)
004水音(みなおと)(きよ)渓流(けいりう)
005(みぎ)(ひだり)千引岩(ちびきいは)
006堅磐常磐(かきはときは)巌窟(いはあな)
007千代(ちよ)言霊(ことたま)()(つた)
008(かみ)(めぐみ)大蛇彦(をろちひこ)
009(をしへ)(ふか)(あな)(おく)
010(あさ)(いや)しき(ひと)()
011如何(いか)でか()らむ志芸山祇(しぎやまづみ)
012(かみ)(みこと)(きも)(むか)
013(こころ)(まよ)熊公(くまこう)
014()ひつ(こた)へつ烏羽玉(うばたま)
015暗夜(やみよ)をここに(あか)しける
016暗夜(やみよ)をここに(あか)しける
017 七十五声(しちじふごせい)音調(おんてう)天地神人(てんちしんじん)(きよ)むる言霊(ことたま)(たき)は、018水晶(すゐしやう)飛沫(ひまつ)(たま)遺憾(ゐかん)なく飛散(ひさん)し、019水煙(すゐえん)濛々(もうもう)()(のぼ)つて(ふか)谷間(たにま)(つつ)んでゐる。
020 志芸山津見(しぎやまづみ)021熊公(くまこう)二人(ふたり)は、022この巌窟(いはあな)(まへ)端坐(たんざ)し、023言霊(ことたま)問答(もんだふ)(むね)(とばり)(ひら)かれて、024天津(あまつ)()(かげ)025(そら)(あかね)()めなしつ、026豊栄(とよさか)(のぼ)りに(かがや)()めり。027志芸山津見(しぎやまづみ)(なに)(くち)(なか)にて巌窟(いはや)(かみ)(むか)問答(もんだふ)(はじ)めてゐる。028その(こゑ)(きは)めて(かすか)にして、029(かたはら)にある熊公(くまこう)(みみ)にさへも(はい)らぬ程度(ていど)である。
030 志芸山津見(しぎやまづみ)つと巌窟(いはあな)(まへ)()つて、031()(のぼ)狭霧(さぎり)(なか)姿(すがた)をかくし、032ひそかに谷川(たにがは)(わた)りて西(にし)巌窟(いはあな)(おく)ふかく姿(すがた)(かく)し、033滝壺(たきつぼ)(かたはら)にある(はち)竹筒(たけづつ)左右(さいう)()()げ、034水鉢(みづばち)(みづ)()つて巌窟(いはあな)奥深(おくふか)()(ひそ)めたるを()て、035熊公(くまこう)は、
036『オイ、037志芸山津見(しぎやまづみ)038何処(どこ)()くのだ。039()()て、040(おれ)一緒(いつしよ)()かう』
041 この(とき)巌窟(いはあな)(また)もや、
042『ウー、043オー』
044(やま)(くづ)るるばかりの大音響(だいおんきやう)(はつ)したるが、045暫時(しばらく)にしてその音響(おんきやう)()まると(とも)巌窟(いはや)(なか)より、
046熊公(くまこう)々々(くまこう)047その(はう)(しばら)くこの()(うご)(こと)はならぬ。048志芸山津見(しぎやまづみ)(つゑ)につき(ちから)(たの)むやうな(こと)で、049どうして宣伝(せんでん)出来(でき)やうか。050(なんぢ)身体(からだ)には、051志芸山津見(しぎやまづみ)百千倍(ひやくせんばい)神力(しんりき)()つた(かみ)守護(しゆご)をいたして()るぞ』
052『ソソそれは、053(まこと)結構(けつこう)ですが、054一体(いつたい)(かれ)何処(どこ)(まゐ)つたのでせうか』
055 巌窟(いはや)(なか)より大蛇彦(をろちひこ)は、
056『それを(たづ)ねて(なん)とする。057(なんぢ)(こころ)(かみ)(たづ)ねるがよい』
058 かかる(ところ)へ、059昨日(きのふ)山口(やまぐち)芝生(しばふ)()つた鹿公(しかこう)は、060数多(あまた)村人(むらびと)(とも)にこの巌窟(いはあな)(まへ)(あら)はれ(きた)り、061叩頭(こうとう)拍手(はくしゆ)熊公(くまこう)姿(すがた)()て、
062『オヤ、063(まへ)昨日(きのふ)()つた熊公(くまこう)ぢやないか、064どうだつた。065随分(ずゐぶん)(しか)られただらう。066さうして虎公(とらこう)はどうしたのだ』
067『オー、068鹿公(しかこう)か、069(とら)(やつ)070友達(ともだち)甲斐(かひ)もない、071(おれ)をこんなとこへ()()りにして何処(どこ)勝手(かつて)()つて仕舞(しま)つたのだ。072(おれ)(あと)()つて()かうかと(おも)つたが、073(なん)だか()らぬが、074(にはか)(どう)(すわ)つて(うご)けぬのだ』
075『そりや貴様(きさま)076(こし)()かしよつたのだらう、077(よわ)(やつ)だなア。078モシモシ、079巌窟(いはあな)(なか)神様(かみさま)080今日(けふ)沢山(たくさん)村人(むらびと)()れて(まゐ)りました。081どうぞ(むら)(もの)結構(けつこう)(をしへ)()かしてやつて(くだ)さいませ』
082大蛇彦(をろちひこ)『ヤア鹿公(しかこう)か、083よくも()()た。084この巌窟(いはあな)昨日(きのふ)虎公(とらこう)がやつて()(けが)しよつたによつて、085唯今(ただいま)より西(にし)巌窟(いはあな)宿替(やどがへ)(いた)す。086熊公(くまこう)霊縛(れいばく)(ゆる)したれば、087足腰(あしこし)自由(じいう)()つであらう。088サア熊公(くまこう)()いて、089鹿(しか)その()者共(ものども)はこの谷川(たにがは)()えて、090西(にし)巌窟(いはあな)(まへ)()け。091(まこと)(こと)()かしてやらう。092ウー、093オー』
094(また)もや大音響(だいおんきやう)(はつ)し、095巌窟(いはあな)破裂(はれつ)せむかと(おも)ふばかりなり。
096 熊公(くまこう)先頭(せんとう)一同(いちどう)(たき)(した)谷川(たにがは)()()えて、097西(にし)巌窟(いはあな)(まへ)辿(たど)()(かしら)()げて、
098熊公(くまこう)『ヨー今日(けふ)大蛇彦(をろちひこ)(さま)(あたら)しき御殿(ごてん)099ではない(くら)巌窟(いはあな)のお座敷(ざしき)御転宅(ごてんたく)(あそ)ばされまして、100(まこと)にお目出度(めでた)(ぞん)じます。101取込(とりこみ)(さい)とて、102(さぞ)(いそが)しい(こと)でございませう。103(わたくし)でお()()(こと)ならば、104どうぞ手伝(てつだ)はせて(くだ)さいませ』
105 巌窟(いはあな)(なか)より、
106『ブー、107ブー、108ブル、109ブル、110ブル、111ブル』
112熊公(くまこう)大蛇彦(をろちひこ)(かみ)さまとやら、113(わたくし)がこれ(ほど)叮嚀(ていねい)(あたま)()げて御挨拶(ごあいさつ)申上(まをしあ)げて()るのに、114(ただ)一言(ひとこと)のお(こたへ)もなく、115ブー、116ブー、117ブル、118ブル、119ブル、120ブルとは、121何程(なんぼ)神様(かみさま)でも(ちつ)失敬(しつけい)ぢやありませぬか。122水桶(みづをけ)(しり)(まく)つて、123()げたり()けたりしながら、124()()つてお(しり)返事(へんじ)をなさるとは、125それは本気(ほんき)でなさるのか、126吾々(われわれ)侮辱(ぶじよく)するのか』
127鹿公(しかこう)『オイオイ、128熊公(くまこう)129本気(ほんき)(なに)もあつたものかい、130神様(かみさま)平気(いき)なものだよ。131貴様(きさま)のやうな(やつ)はこれで結構(けつこう)だ。132(みづ)(なか)()をこいたやうな三五教(あななひけう)とやらに(とぼ)けて()るから、133神様(かみさま)阿呆(あはう)らしいと()つて、134()()かまし(あそ)ばしたのだ』
135 この(とき)巌窟(いはあな)(なか)より、136竹筒(たけづつ)()くやうな(こゑ)(きこ)(きた)る。
137『ブウー、138ブウー、139ブル、140ブル、141ブル、142ブル、143ブル』
144熊公(くまこう)『なんだ、145阿呆(あほ)くさい、146また()だ、147()神様(かみさま)だ』
148 巌窟(いはあな)(なか)から、
149ヽヽヽ()(つよ)鹿公(しかこう)(やつ)150()から(ばん)まで、151(かみ)使(つか)はしめの当山(たうざん)(しし)狩立(かりた)て、152(うさぎ)()り、153威張(ゐば)()らして、154玉山(ぎよくざん)(ふもと)玉芝(たましば)(うへ)で、155(とら)156(くま)二人(ふたり)(むか)つてほざい(こと)(おぼ)えて()るか。157ヽヽヽ否応(やおう)なしに改心(かいしん)たせばよし、158違背(はい)(およ)べば、159()この()において白羽(しらは)()()つて射殺(ころ)して仕舞(しま)はうか』
160鹿公(しかこう)『モヽヽもし、161神様(かみさま)162それは、163まりぢやりませぬか。164貴神様(なたさま)は、165()(つよ)(もの)(ぜん)にも(つよ)い、166()をようせぬやうな(もの)は、167人間(にんげん)ぢやない、168この(かみ)氏子(うぢこ)ぢやない、169(ちから)一杯(いつぱい)山河(やまかは)()けまはつて、170ヽヽ生物(きもの)(のち)()つて、171(ひと)生血(きち)をしぼつて威勢(せい)よく(くら)せ、172仰有(おつしや)つたぢやないか。173それに今日(けふ)全然(まるで)(てのひら)をかへしたやうに(めう)(こと)仰有(おつしや)います。174大方(おほかた)貴神(なた)悪魔(くま)でせう。175(ひがし)()(かみ)さまとは(ちが)ふのだらう』
176熊公(くまこう)『オイ鹿公(しかこう)177それでも貴様(きさま)178これから西(にし)巌窟(いはあな)宿替(やどが)へすると仰有(おつしや)つたぢやないか』
179『ウン、180それも、181さうぢやつたなあ』
182貴様(きさま)は、183今日(けふ)(しか)られる(ばん)だ、184(しか)(みみ)掃除(さうぢ)して()くがよからう。185(かみ)(しか)られ()紅葉(もみぢ)186()(まよ)()鹿(しか)の、187(こゑ)()(とき)()(どく)なりける次第(しだい)なりけりだ』
188馬鹿(ばか)にするない』
189 巌窟(いはあな)(なか)から、
190ー、191(たが)ふか、192鹿(しか)(やつ)193(たが)へばその(はう)素性(すじやう)大勢(おほぜい)(まへ)素破(すつぱ)()かうか。194(あさ)から(ばん)まで、195(しし)(さぎ)(しり)()ひまくるのはまだしも、196(ひがし)後家(ごけ)西(にし)後家(ごけ)197五十(ごじふ)(しり)(つく)つて、198(わか)(むすめ)(あと)()(まは)し、199肘弓(ひぢゆみ)(はじ)かれて、200腹立(はらだち)(まぎ)れに(さけ)(くら)ひ、201()(かへ)つて女房(にようばう)面当(つらあて)202その(ざま)(なん)(こと)だ』
203ヽもしもし、204(いは)神様(かみさま)205それはまりです。206どうぞ、207そればかしは()はぬやうにして(くだ)さい。208まり()のよいものでは御座(ござ)いませぬ』
209 巌窟(いはあな)(なか)より、
210ヘヽヽらう(こま)つたさうなその(かほ)は、211(ひと)()()()はした(むく)いで、212今日(けふ)らい(はぢ)(さら)されるのも()から()(さび)213まだ、214まだ、215まだ、216まだあるぞ』
217熊公(くまこう)ヽヽ()加減(かげん)往生(わうじやう)せぬか、218鹿(しか)野郎(やらう)
219(なに)貴様(きさま)まで、220ヽヽなんて真似(まね)をしよつて、221(なに)ほざきよるのだ』
222 巌窟(いはあな)(なか)より、
223ヽヽ大蛇彦(ろちひこ)(まなこ)は、224(すみ)から(すみ)まで()(とほ)る、225()()見落(みおと)しはなし。226大盗賊(ほどろぼう)張本人(ちやうほんにん)227大悪魔(ほあくま)容器(いれもの)228大馬鹿者(ほばかもの)鹿(しか)(やつ)229この大穴(ほあな)(まへ)で、230大恥(ほはじ)かいて大味噌(ほみそ)つけて、231()()ぢと()()可笑()しさ、232アハヽヽ』
233『ヤア此奴(こいつ)234(ちつ)をかしいぞ。235(ひがし)巌窟(いはあな)(こゑ)とは余程(よほど)(へん)だ。236竹筒(たけづつ)()いて、237(もの)()ふやうな(こと)()ひよる。238大方(ほかた)虎公(とらこう)(やつ)239()一杯(いつぱい)かけやうと()つて、240熊公(くまこう)申合(まをしあは)せて芝居(しばゐ)仕組(しぐ)みよつたのだらう。241よし、242よし、243よし、244これから、245この鹿公(しかこう)が、246虎穴(こけつ)()らずむば虎児(こじ)()ずだ。247(ひと)(いのち)(まと)(あな)(なか)探険(たんけん)()かけやうカイ』
248()ひながら、249むつくと()(あが)り、250鹿公(しかこう)(いま)巌窟(いはあな)()()らむとする(とき)251天地(てんち)(やぶ)るるばかりの大音響(だいおんきやう)
252『ウー、253オー』
254 鹿公(しかこう)は、
255『イヨー此奴(こいつ)矢張(やは)本物(ほんもの)だ。256どうぞお(ゆる)(くだ)さいませ』
257拍子(ひやうし)()けしたやうな(こゑ)で、258(また)もや巌窟(いはあな)(まへ)平伏(へいふく)する。
259 (をり)から()()烈風(れつぷう)(こずゑ)(わた)(おと)260(たき)(ひび)きと相和(あひわ)して(しん)(くだ)け、261(こん)()ゆる(ごと)騒然(さうぜん)たる光景(くわうけい)現出(げんしゆつ)したり。
262大正一一・二・一六 旧一・二〇 加藤明子録)