霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第二八章 (いはや)邂逅(かいこう)〔四二一〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第9巻 霊主体従 申の巻 篇:第5篇 百花爛漫 よみ:ひゃっからんまん
章:第28章 第9巻 よみ:いわやのかいこう 通し章番号:421
口述日:1922(大正11)年02月16日(旧01月20日) 口述場所: 筆録者:森良仁 校正日: 校正場所: 初版発行日:1922(大正11)年7月5日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
梅ヶ香姫に宿を申し出た男は、春山彦と名乗った。春山彦の妻・夏姫と、三人の娘たちが梅ヶ香姫を出迎えて食事を供した。
夏姫は、後ろの山に密かに石室を築いて大神様を祭っているという。梅ヶ香姫に、宣伝歌と神言の奏上を依頼した。案内されて行くと、石室の中からしとやかな宣伝歌が聞こえる。梅ヶ香姫は宣伝歌に聞き入っていた。
そこにいたのは二人の姉・松代姫と竹野姫であった。三人が再開に嬉し涙を流す間に、表からは騒々しい物音が聞こえてきた。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm0928
愛善世界社版:220頁 八幡書店版:第2輯 353頁 修補版: 校定版:228頁 普及版:93頁 初版: ページ備考:
001 ()えたる(つき)天空(てんくう)(ひかり)(かがや)き、002木枯(こがらし)(かぜ)(はだへ)()(わた)り、003(ほね)(とほ)さむばかりなる(さむ)けき()細道(ほそみち)一人(ひとり)(をとこ)(ともな)はれ、004(とし)二八(にはち)二九(にく)からぬ、005(はな)(つぼみ)梅ケ香姫(うめがかひめ)は、006(つか)れし(あし)もたよたよと、007とある山蔭(やまかげ)瀟洒(せうしや)たる(ひと)()(ともな)はれ()く。008一人(ひとり)(をとこ)は、
009(わたくし)(いま)まで途中(とちう)(こと)()ひ、010名前(なまへ)申上(まをしあ)げませんでしたが、011春山彦(はるやまひこ)(まを)(もの)御座(ござ)います。012(じつ)見窄(みすぼら)しき荒屋(あばらや)なれど、013どうかゆるゆる御休息(ごきうそく)(うへ)014(たふと)きお(はなし)()かせて(くだ)さいませ』
015挨拶(あいさつ)しながら、016(ひそ)かに(もん)()(ひら)いて梅ケ香姫(うめがかひめ)(むか)()れたり。017(はる)山彦(やまひこ)手軽(てがる)なる夕餉(ゆふげ)()し、018梅ケ香姫(うめがかひめ)諸共(もろとも)食膳(しよくぜん)(はし)()り、019茶漬(ちやづけ)さらさらと(ここ)夕餉(ゆふげ)()ませたり。020春山彦(はるやまひこ)(むすめ)()えて、021(はな)(あざむ)三人(さんにん)(むすめ)は、022叮嚀(ていねい)会釈(ゑしやく)しながら膳部(ぜんぶ)(かた)づける。023春山彦(はるやまひこ)(つま)夏姫(なつひめ)はこの()(あら)はれ、024叮嚀(ていねい)挨拶(あいさつ)をしながら、
025『モシ宣伝使(せんでんし)(さま)026(とし)にも似合(にあ)はぬ、027(みち)のために世界(せかい)をお(まは)(あそ)ばすとは、028(まこと)感心(かんしん)いたします。029(わらは)御覧(ごらん)(とほ)三人(さんにん)(むすめ)()つて()りますが、030()れも()れも(ぢやう)さま(そだ)ちで、031(もん)(ひと)()るのにも、032(かぜ)(あた)るの、033(かぜ)をひくの、034(はづ)かしいのと(まを)して、035(おや)(ふところ)ばかりに(あま)えて()りますにも(かかは)らず、036貴女様(あなたさま)雄々(をを)しき御志(おんこころざし)037(まこと)(かん)()りました。038(わたくし)今年(ことし)(なつ)(はじ)(ごろ)より、039三五教(あななひけう)信者(しんじや)となり、040神様(かみさま)(まつ)つて信仰(しんかう)(いた)して()りますが、041何分(なにぶん)にも此処(ここ)高砂(たかさご)(しま)から常世(とこよ)(くに)(わた)喉首(のどくび)042常世神王(とこよしんわう)宰相司(さいしやうがみ)鷹取別(たかとりわけ)権力(けんりよく)(つよ)く、043三五教(あななひけう)宣伝使(せんでんし)がここを(とほ)つたならば、044一人(ひとり)(のこ)らず(しば)()げて、045常世城(とこよじやう)()(まゐ)れとの(きび)しき布令(ふれ)(まは)りまして、046(たれ)(かれ)もこの国人(くにびと)(よく)(まよ)褒美(ほうび)(あづか)らうとして、047(ひる)()宣伝使(せんでんし)通行(つうかう)(さが)して()るやうな次第(しだい)でございます。048(をつと)春山彦(はるやまひこ)信仰(しんかう)(つよ)(もの)でありまして、049(なつ)(はじ)智利(てる)(くに)から此方(こちら)(かへ)つて()(さい)050アタル(まる)船中(せんちう)において(うつく)しい姉妹(おとどい)三人(さんにん)宣伝使(せんでんし)(うた)()いて、051(いま)まで(ほう)じてゐたウラル(けう)をスツカリ()め、052三五教(あななひけう)(てん)じましたのでございます。053(しか)るに表向(おもてむ)三五教(あななひけう)(しん)ずれば、054常世神王様(とこよしんわうさま)御気勘(ごきかん)(かな)はぬので、055()んな責苦(せめく)()はされやうも()れませぬ(ゆゑ)056(ひそ)かに(うしろ)(やま)岩屋戸(いはやど)(きづ)き、057石室(いしむろ)(なか)(まつ)つて()ります。058()なり(ひろ)座敷(ざしき)でございますれば、059何卒(どうぞ)一度(いちど)060神様(かみさま)宣伝歌(せんでんか)神言(かみごと)奏上(そうじやう)して(くだ)さいませぬか』
061有難(ありがた)うございます。062(あやふ)ふき(ところ)(たす)けられ御恩(ごおん)(かへ)しやうも御座(ござ)いませぬ。063左様(さやう)ならば神様(かみさま)神言(かみごと)奏上(あげ)さして(いただ)きませう』
064 夏姫(なつひめ)は、
065(わらは)案内(あんない)いたしませう』
066(さき)()つて裏庭(うらには)()え、067(ひろ)巌窟(がんくつ)(かたはら)(ともな)()く。
068 石室(いしむろ)(なか)には、069(しと)やかなる(をんな)(こゑ)にて宣伝歌(せんでんか)(きこ)えて()る。070夏姫(なつひめ)梅ケ香姫(うめがかひめ)(むか)ひ、
071『サア、072どうぞ(この)()(むか)ふへ()して(くだ)さいますれば、073()なり(ひろ)()がございまして、074大神様(おほかみさま)(まつ)つてございます。075どうぞ神言(かみごと)奏上(そうじやう)して(くだ)さいまして、076(ゆる)りと御休息(ごきうそく)なさいませ。077(おもて)(すこ)しく(よう)がございますから、078(わらは)(これ)にて失礼(しつれい)いたします』
079本宅(ほんたく)(はう)姿(すがた)(かく)したり。
080 梅ケ香姫(うめがかひめ)戸口(とぐち)()つて、081室内(しつない)宣伝歌(せんでんか)(ゆか)しげに()いてゐる。
082天地(てんち)(かみ)(まも)ります
083(うま)しの御国(みくに)(うま)れたる
084青人草(あをひとぐさ)のここかしこ
085(しげ)(さか)ゆるその(なか)
086この()(はな)(うた)はれし
087高天原(たかあまはら)(うづ)(みや)
088(かみ)(をさ)なる桃上彦(ももがみひこ)
089(ちち)(みこと)御跡辺(みあとべ)
090()()()ひつ(した)ひつつ
091(あめ)(ゆふべ)(かぜ)(あさ)
092(こころ)をいため(くら)したる
093松竹梅(まつたけうめ)姉妹(おとどい)
094(こころ)(やみ)()らさむと
095(はな)()(はる)上三日(かみみつか)
096(はな)(みやこ)()()でて
097山川(やまかは)(わた)海原(うなばら)
098(なみ)おし()けてやうやうに
099智利(てる)(みなと)()きにけり
100朝日(あさひ)てる(みなと)より
101大蛇(をろち)(ふね)()せられて
102(そら)()(わた)杜鵑(ほととぎす)
103(かな)しき三人(みたり)姉妹(おとどい)
104(こころ)(きよ)照彦(てるひこ)
105御供(みとも)(かみ)諸共(もろとも)
106菖蒲(あやめ)(にほ)五月空(さつきぞら)
107五日(いつか)(よひ)(うれ)しくも
108(うづ)(やかた)のわが(ちち)
109父子(ふし)(えにし)(あさ)からず
110(かみ)(めぐ)みに(たす)けられ
111()うて(うれ)しき相生(あひおひ)
112(いは)ひの宴席(むしろ)とこしへに
113(よろこ)()もなく惟神(かむながら)
114(かみ)(をしへ)(ひら)かむと
115四男三女(よなんさんによ)宣伝使(せんでんし)
116(ちち)(やかた)(あと)にして
117智利山峠(てるやまたうげ)(いただ)きに
118()ちて(みやこ)振返(ふりかへ)
119父母(ふぼ)名残(なごり)()しみつつ
120ハルの(みなと)船出(ふなで)して
121秘露(ひる)とカルとの国境(くにざかひ)
122アタルの(みなと)(あと)になし
123(かみ)御稜威(みいづ)高照(たかてる)
124御山(みやま)()えて(すす)()
125(あゆ)みも(かる)きカルの(くに)
126ここに三人(みたり)姉妹(おとどい)
127(たもと)(わか)ちめいめいに
128三五教(あななひけう)宣伝歌(せんでんか)
129(うた)ひて(すす)折柄(をりから)
130(はざま)(くに)差掛(さしかか)
131(ころ)しも(あき)(すゑ)(かた)
132(ふゆ)(さかひ)木枯(こがらし)
133()かれて(なや)(たび)(そら)
134鷹取別(たかとりわけ)目付(めつけ)らに
135(しひた)げられて(たま)()
136(いき)()えなむその(とき)
137(はな)()もある春山彦(はるやまひこ)
138(かみ)(みこと)(たす)けられ
139この()(しの)松代姫(まつよひめ)
140竹野(たけの)(ひめ)(いま)ここに
141(うつ)しき(かほ)見合(みあ)はせて
142(かみ)御言(みこと)()りつれど
143(こころ)にかかるは梅ケ香姫(うめがかひめ)
144わが(いもうと)一人旅(ひとりたび)
145いづくの(はて)漂浪(さすらひ)
146(たび)(あし)をや(いた)むらむ
147あゝ(なつ)かしき(いもうと)
148あゝうつくしき梅ケ香(うめがか)
149(ひめ)(みこと)松竹(まつたけ)
150(あね)(こころ)白浪(しらなみ)
151大海原(おほうなばら)(ただよ)ふか
152荒野(あらの)(はて)にさまよふか
153(こころ)(おご)れる鷹取別(たかとりわけ)
154(まが)手下(てした)曲神(まがかみ)
155(しひた)げられて千万(ちよろづ)
156責苦(せめく)()うて(くる)しむか
157()かまほしきは(いもうと)
158便(たよ)りなりけりいたはしや
159()ひたさ()たさ(なつか)しと
160(おも)へば(こころ)もかき(くも)
161この()(つく)りし神直日(かむなほひ)
162(こころ)(ひろ)大直日(おほなほひ)
163(ただ)何事(なにごと)(ひと)()
164直日(なほひ)見直(みなほ)()(なほ)
165三五教(あななひけう)御教(みをしへ)
166(おも)(まは)せば(まは)(ほど)
167(いもと)行方(ゆくへ)(しの)ばれて
168(なみだ)のかわく(ひま)もなし
169あゝわが(なみだ)この(なみだ)
170(てん)(のぼ)りて(あめ)となり
171(ゆき)ともなりて()(ひと)
172(こころ)(たま)(あら)へかし
173(ちから)(おも)照彦(てるひこ)
174下僕(しもべ)(かみ)(いま)何処(いづこ)
175曲神(まがみ)(たけ)黄泉島(よもつじま)
176黄泉(よもつ)(くに)(わた)れるか
177常世(とこよ)(くに)にさまよふか
178せめては(そら)()(かりがね)
179便(たよ)りもがもと(おも)へども
180この()(しの)(いま)()
181(なん)詮方(せんかた)なくばかり
182(まこと)(かみ)皇神(すめかみ)
183わが(いもうと)照彦(てるひこ)
184一日(ひとひ)(はや)()はしませ
185一日(ひとひ)(はや)()はせまし
186あゝ梅ケ香(うめがか)(いもうと)
187あゝ(いもうと)照彦(てるひこ)よ』
188(うた)つてゐる。189梅ケ香姫(うめがかひめ)はこの(こゑ)()いて、190かつ(おどろ)きかつ(よろこ)び、191(しづ)かに()()けて一室(ひとま)(うち)にまろび()み、
192『あゝ(こひ)しき姉上様(あねうへさま)
193()つたきり、194(うれ)しさに言葉(ことば)(つま)つて()くばかりなり。
195 松代姫(まつよひめ)196竹野姫(たけのひめ)(おも)はぬ姉妹(きやうだい)対面(たいめん)に、197狂喜(きやうき)(なみだ)()きあへず、198三人(さんにん)無言(むごん)のまま(うれ)(なみだ)(むせ)ぶのみなり。
199 (をり)しも(おもて)(あた)つて騒々(さうざう)しき物音(ものおと)(きこ)(きた)る。200アヽこの三人(さんにん)(むすめ)運命(うんめい)如何(いか)になるべきか、201心許(こころもと)なき次第(しだい)なり。
202大正一一・二・一六 旧一・二〇 森良仁録)