霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第三三章 栗毛(くりげ)(こま)〔四二六〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第9巻 霊主体従 申の巻 篇:第5篇 百花爛漫 よみ:ひゃっからんまん
章:第33章 第9巻 よみ:くりげのこま 通し章番号:426
口述日:1922(大正11)年02月17日(旧01月21日) 口述場所: 筆録者:大賀亀太郎 校正日: 校正場所: 初版発行日:1922(大正11)年7月5日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
夏姫はこの様子を見て、夫・春山彦や月・雪・花の娘たちの信仰心の強さに引き換え、自分自身の覚悟の薄さを嘆き、懺悔の歌を歌った。
梅ヶ香姫は、自分たち三姉妹の宣伝使を温かく迎え入れ助けてくれた夏姫の心を湛える歌を歌い、夏姫を慰めその場の雰囲気を晴らした。
そこへ門外が騒がしくなった。森に強力の三五教の宣伝使が現れたため、村人たちが宣伝使の捕縛を、春山彦に奏上に来たのであった。
春山彦は村人たちの願いを聞き入れたふりをして安堵させた。そして、自分には考えがあるので任せてくれるように、とその場の宣伝使たちに言い残し、栗毛の駒にまたがって森に進んでいった。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm0933
愛善世界社版:256頁 八幡書店版:第2輯 366頁 修補版: 校定版:267頁 普及版:108頁 初版: ページ備考:
001 (をつと)002(むすめ)諸人(もろびと)の、003信仰(しんかう)(つよ)真心(まごころ)に、004()()言葉(ことば)夏姫(なつひめ)は、005あからむ(かほ)(くれなゐ)の、006(そで)(なみだ)(ぬぐ)ひつつ、
007『あゝあさましの(わが)(こころ)
008(かみ)(つく)りし神直日(かむなほひ)
009(こころ)(ひろ)大直日(おほなほひ)
010(をしへ)(みち)真心(まごころ)
011(あさ)(ゆふ)なに()(たま)
012春山彦(はるやまひこ)夫神(つまがみ)
013(つき)(ゆき)(はな)可憐(いと)()
014(かみ)大道(おほぢ)()(ゆだ)
015(こころ)()くし麻柱(あななひ)
016(まこと)(ささ)ぐる心根(こころね)
017その健気(けなげ)さに引換(ひきか)へて
018(はは)(うま)れし夏姫(なつひめ)
019(こころ)(そら)紫陽花(あぢさゐ)
020(いろ)()せたる(はづ)かしさ
021()()(いの)神言(かみごと)
022(きよ)(たふと)御教(みをしへ)
023臨終(いまは)(きは)(わす)()
024女心(をんなごころ)のはしたなく
025(おも)()られぬ愛惜心(あいじやくしん)
026(きづな)(いと)(つな)がれて
027()くに()かれぬ(こころ)(まよ)
028()ふに()はれぬ(もつ)(がみ)
029()しき御稜威(みいづ)(くま)もなく
030()らさせ(たま)(かみ)(まへ)
031あゝ(はづ)かしや面目(めんぼく)なや
032(かみ)御為(おんた)(くに)()
033世人(よびと)のためになるならば
034たとへ夫婦(ふうふ)生別(いきわか)
035可憐(いと)しき(むすめ)(たま)()
036()えなむ()きを()るとても
037千引(ちびき)(いは)永久(とこしへ)
038(ゆる)がぬ身魂(みたま)となさしめ(たま)
039(よわ)(をんな)心根(こころね)
040(わら)はせ(たま)はず諸人(もろびと)
041春山彦(はるやまひこ)(つき)(ゆき)(はな)(わが)(むすめ)
042(つたな)(はは)(わら)うては(くだ)さるな
043焼野(やけの)雉子(きぎす)(よる)(つる)
044()可愛(かあい)さに(ほだ)されて
045(あゆ)(まよ)ひし(こころ)(やみ)
046あゝ(はづ)かしや(はづ)かしや
047松竹梅(まつたけうめ)宣伝使(せんでんし)
048見下(みさ)()てたる夏姫(なつひめ)
049(わら)はせ(たま)はず幾千代(いくちよ)
050(わが)()(たま)(てら)させ(たま)へ』
051と、052慚愧(ざんき)(なみだ)一時(いつとき)に、053滝津瀬(たきつせ)のごと()(あめ)の、054(そで)ふり()てて()(しづ)む。
055 この()(うさ)()らさむと、056御稜威(みいづ)(ひら)梅ケ香(うめがか)の、057(ひめ)(みこと)宣伝使(せんでんし)058(こゑ)(しとや)かに、
059『あゝ勿体(もつたい)なや夏姫(なつひめ)(さま)
060()みの(はは)にも(いや)(まさ)
061(あつ)(たふと)御志(おこころざし)
062何時(いつ)()にかは(わす)れませうぞ
063(はる)()()ねて()(にほ)
064(はな)(つぼみ)梅ケ香姫(うめがかひめ)
065げにあたたかき春山彦(はるやまひこ)
066(かみ)(みこと)御情(おんなさけ)
067木枯(こがらし)そよぐ(ふゆ)(よひ)
068(わらは)(たす)(いたは)りて
069(こころ)(かた)岩屋戸(いはやど)
070姉妹(おとどい)三人(みたり)(たす)けられ
071(なん)不足(ふそく)夏姫(なつひめ)
072(みこと)(あつ)御待遇(おもてな)
073(かみ)(めぐ)みも高砂(たかさご)
074()()(まつ)木枯(こがらし)
075(あた)りて(つめ)たき(ひと)()
076五六七(みろく)(かみ)松心(まつごころ)
077堅磐常磐(かきはときは)松代姫(まつよひめ)
078(こころ)(きよ)秋月(あきづき)
079(ひめ)(みこと)(こころざし)
080繊弱(かよわ)竹野(たけの)姉君(あねぎみ)
081(たす)けむ()めに(ゆき)より(きよ)神心(かみごころ)
082(あい)女神(めがみ)深雪姫(みゆきひめ)
083親子(おやこ)団居(まどゐ)(むつ)まじき
084()つの(はな)()初冬(はつふゆ)
085(そら)彷徨(さまよ)(みち)()
086橘姫(たちばなひめ)のそれならで
087(たび)(つか)れし梅ケ香姫(うめがかひめ)
088天教山(てんけうざん)にあれませる
089()花姫(はなひめ)御恵(おんめぐ)
090黄金山(わうごんざん)(あら)はれし
091埴安彦(はにやすひこ)埴安姫(はにやすひめ)
092(みこと)生魂(いくみたま)かからせ(たま)
093春山彦(はるやまひこ)御情(おんなさけ)
094五十六億七千万年(ごじふろくおくしちせんまんねん)
095五六七(みろく)御代(みよ)()てしなく
096御夫婦(ごふうふ)親子(おやこ)御情(おんなさけ)
097どうしてどうして(わす)れませう
098真心(まごころ)(ふか)夏姫(なつひめ)(さま)
099何卒(なにとぞ)(わらは)(こころ)(くば)らせ(たま)はず
100三五教(あななひけう)(まも)ります
101(かみ)御教(みのり)(したが)ひて
102(たま)()御命(おんいのち)
103堅磐常磐(かきはときは)(たも)たせ(たま)
104親子(おやこ)夫婦(ふうふ)(むつ)まじく
105()()感謝(かんしや)(くら)しを(つづ)かせ(たま)
106(わらは)繊弱(かよわ)宣伝使(せんでんし)なれど
107山海(さんかい)御恩(ごおん)(はう)ずるため
108(あさ)(ゆふ)なに御無事(ごぶじ)(いの)(たてまつ)らむ
109(こころ)(やす)くましませや』
110(こゑ)(やさ)しく()()つる。111()かる(ところ)へ、112門前(もんぜん)(さわ)がしく村人(むらびと)(こゑ)
113(まを)()げます、114只今(ただいま)(はざま)(もり)強力無双(がうりきむさう)三五教(あななひけう)宣伝使(せんでんし)(あら)はれ、115(さか)んに宣伝歌(せんでんか)(うた)(はじ)めました。116吾々(われわれ)村人(むらびと)前後左右(ぜんごさいう)より十重(とへ)二十重(はたへ)()()いて生捕(いけど)()れむと(おも)へども、117眼光(ぐわんくわう)(するど)(なん)となく、118威勢(ゐせい)()たれて(すす)()ることが出来(でき)ませぬ。119何卒々々(なにとぞなにとぞ)春山彦(はるやまひこ)命様(みことさま)120御出馬(ごしゆつば)あつて()宣伝使(せんでんし)()()(たま)へ』
121門口(もんぐち)より()ばはるにぞ、122春山彦(はるやまひこ)(はじ)一同(いちどう)(おも)はず(かほ)見合(みあは)せ、123暫時(しばし)思案(しあん)()れけるが、124春山彦(はるやまひこ)()(あが)り、125(おもて)(きこ)ゆる大音声(だいおんじやう)にて、
126常世神王(とこよしんわう)御家来(ごけらい)127鷹取別(たかとりわけ)(しろ)()す、128(はざま)(くに)参来(まゐきた)り、129三五教(あななひけう)宣伝歌(せんでんか)うたふとは心憎(こころにく)宣伝使(せんでんし)130(いま)()()らむ。131者共(ものども)(さき)(かへ)つて弓矢(ゆみや)用意(ようい)いたせ、132ヤア家来共(けらいども)133(こま)用意(ようい)
134()ばはりたり。135数多(あまた)村人(むらびと)はこの(こゑ)にやつと(むね)()(おろ)し、136(はざま)(もり)一目散(いちもくさん)(はし)()く。137春山彦(はるやまひこ)一同(いちどう)(むか)ひ、
138何事(なにごと)も、139吾々(われわれ)胸中(きようちう)御座(ござ)いますれば、140(いづ)れも(さま)御安心(ごあんしん)(うへ)141ゆつくり休息(きうそく)(あそ)ばされよ』
142()()て、143栗毛(くりげ)(こま)(またが)り、144手綱(たづな)かいくり、145しとしとしとと(おもて)()して(すす)()く。
146大正一一・二・一七 旧一・二一 大賀亀太郎録)