霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

序歌(じよか)

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第10巻 霊主体従 酉の巻 篇:前付 よみ:
章:第10巻 よみ:じょか 通し章番号:
口述日:1922(大正11)年02月19日(旧01月23日) 口述場所: 筆録者:加藤明子 校正日: 校正場所: 初版発行日:1922(大正11)年8月20日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
天地の神の守護厚い日の本の国は、開国してから五十年、列強に伍して日清・日露の戦争を戦い、勝利を得た。日の御子のご英断と神威の賜物により、国勢は高まった。
神国の民は、この責任重大なるを覚悟して、兵力によって平和をもたらす戦いに勝ち、また新旧思想の戦いという霊的戦争にも打ち勝って、神国を守るべきである。
皇祖皇宗の神勅である大本の神諭を遵守して、人格を高め神格を進め、神威を顕彰するのだ。
神州国土を平安に守り、子孫代々、暗の世界を修理固成することを天職となすという使命を、直霊に省み真心込めて祈るべきである。
日の本の国は、神が初めて造った珍の神国である。他の国々が、我が皇室の御陵威になびき、仁慈に浴すべく、漏れることなく安くしろしめすのが天職である。
東洋文明を代表し、西洋文明を調和して、さらに世界の文明を醇化し美化していく。人類の真の平和を促進する。そして人道が完備した瑞祥の世が来るように図ることが、神国民の天職使命と覚悟せよ。
神の教えをよく守り、国の光を輝かせよ。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:
愛善世界社版:前付 1頁 八幡書店版:第2輯 383頁 修補版: 校定版:前付 1頁 普及版: 初版: ページ備考:
派生[?]この文献を底本として書かれたと思われる文献です。[×閉じる]出口王仁三郎全集 > 第一巻 皇道編 > 第七篇 高天原 > 第九章 神州神民の天職使命
001   神体詩(しんたいし)
 
002(一)
003(あが)()(もと)(かみ)(くに)
004天地(てんち)(かみ)守護(しゆご)(あつ)
005国運(こくうん)隆々(りうりう)天津(あまつ)()
006御空(みそら)(のぼ)ります(ごと)
007開国(かいこく)(ここ)五十年(ごじふねん)
008宇内(うだい)列強(れつきやう)(はん)()
009日清(につしん)日露(にちろ)大戦(たいせん)
010遭遇(さうぐう)したるも()御子(みこ)
011神勇(しんゆう)不撓(ふたう)御英断(ごえいだん)
012天地神明(てんちしんめい)御稜威(ごりようゐ)
013(てき)排除(はいぢよ)帰順(まつろ)はせ
014国家(こくか)進運(しんうん)()(つき)
015皇威(くわうゐ)国勢(こくせい)(いや)(ふる)
016(ひじり)御代(みよ)(たふと)さよ。
 
017(二)
018()神国(しんこく)民草(たみぐさ)
019無限(むげん)神助(しんじよ)皇恩(くわうおん)
020感謝(かんしや)しまつり責任(せきにん)
021重大(ぢゆうだい)なるを覚悟(かくご)して
022兵力(へいりよく)平和(へいわ)(たたか)ひに
023優勝(いうしよう)ならむ(こと)()
024(なほ)(また)思想(しさう)新旧(しんきう)
025霊的(れいてき)戦争(せんさう)(うち)()ちて
026天壌無窮(てんじやうむきう)神国(しんこく)
027赤誠(せきせい)()めて(まも)るべし
028皇祖皇宗(くわうそくわうそう)御神勅(ごしんちよく)
029大本神(おほもとかみ)御神諭(ごしんゆ)
030遵守(じゆんしゆ)(まつ)人格(じんかく)
031(たか)めて(さら)神格(しんかく)
032(すす)神威(しんゐ)顕彰(けんしやう)
033神洲(しんしう)国土(こくど)平安(へいあん)
034(まも)りて子孫(しそん)(いた)るまで
035常世(とこよ)(やみ)世界(せかい)をば
036修理固成(つくりかため)天職(てんしよく)
037(かみ)御子(みこ)たる使命(しめい)をば
038直霊(なほひ)御魂(みたま)反省(はんせい)
039赤誠(せきせい)()めて(いの)るべし。
 
040(三)
041豊栄(とよさか)(のぼ)旭日影(あさひかげ)
042(あづま)(そら)(かがや)きて
043万邦(ばんぱう)(ひか)りを(あふ)ぐなる
044日出(ひい)づる(くに)()(もと)
045(かみ)(はじ)めて(つく)らしし
046(うづ)神国(かみくに)(うつ)(くに)
047神代(かみよ)よりして青雲(あをくも)
048棚引(たなび)(きは)白雲(しらくも)
049墜居(おりゐ)向伏(むかふ)塩沫(しほなわ)
050(いた)(とど)まる()(かぎ)
051(せま)けき(くに)(いや)(ひろ)
052(さか)しき(くに)(たひら)けく
053(とほ)けき(くに)八十綱(やそつな)
054打懸(うちか)(むす)(ひき)()せて
055(わが)皇室(くわうしつ)御稜威(ごりようゐ)
056(あふ)(ゐや)まひ大君(おほぎみ)
057仁慈(じんじ)(なび)(まつろ)ひて
058赤子(せきし)慈母(じぼ)(した)(ごと)
059八十島国(やそしまくに)(はて)までも
060()()つるなく安国(やすくに)
061知食(しろしめ)します御天職(ごてんしよく)
062発揮(はつき)(たま)(たふと)さよ
063東洋(とうやう)文明(ぶんめい)代表(だいへう)
064西洋(せいやう)文明(ぶんめい)調和(てうわ)して
065(さら)世界(せかい)文明(ぶんめい)
066醇化(じゆんくわ)美化(びくわ)人類(じんるゐ)
067(まこと)平和(へいわ)促進(そくしん)
068人道(じんだう)完美(くわんび)瑞祥(ずゐしやう)
069(はか)るは神国(みくに)神民(しんみん)
070天職(てんしよく)使命(しめい)覚悟(かくご)して
071(かみ)(をしへ)()(まも)
072(くに)(ひかり)(かがや)かせ。