霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


【新着情報】霊界物語読者アンケート集計結果発表!(7/20)こちらのページです。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

信天翁(あはうどり)(一)

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第10巻 霊主体従 酉の巻 篇:前付 よみ:
章:第10巻 よみ:あほうどり 通し章番号:
口述日: 口述場所:竜宮館 筆録者: 校正日: 校正場所: 初版発行日:1922(大正11)年8月20日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
『変性女子は尊き至聖至厳の五六七殿に、仮説劇場を常置して霊界物語なんぞを語っている。変性女子にだまされきった近侍たちは、浮いた調子で節をつけ、寄席気分で神を馬鹿にしている』と嘆く輩がいる。
そういった輩は、霊界物語は変性女子の世迷言であるとして認めず、何を言っても聞き入れてくれない。
しかしながら、失礼ながら聞かない方が日本一の信天翁(あほうどり)ではあるまいか。体主霊従の輩に限って、殊勝なことを言って聖人面をするものである。
三味線弾いて節つけて語るが馬鹿なら、一言も聞かずにごてごてと謗る方も馬鹿ではないか。変性男子の筆先にも、阿呆になりてくれ、とあるではないか。
そんなこともわからないとは、邪神八十八系統に知らずのうちに魂を抜かれてしまっているのではないか。そういう人こそ、血道をあげて一心に欺かれているのではないのか。
もう構わないから、どしどしと節をつけて面白く語って弾いて、難しいことを仰るお方の肝玉をデングリ返し、怖じず臆せずやり通せ。
分からぬ盲は後回しでいい。やがて後悔するだろう。何があろうと曲津が騒ごうと、道を説き明かす五六七の教えを、生命の限り止めはせぬ。
しかしこんなことを書いたら、またぞろ自惚れ審神者先生どもが、『歌劇思想の悪霊が、緯役の変性女子に憑いて書かせたのだ』などと言って減らず口を叩くんだろう。
まあ、自分の顔についた墨もわからぬ、自分の目に入った梁も見えない盲者どもの言い訳なぞ、世迷言と聞き流そう。
馬耳東風の瑞月は、嘲罵の雲霧を吹き分けて、下界をのぞくのだ。そして二百十日の風のように、力いっぱい、大木の倒れるまで吹いて見せようぞ。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm100004
愛善世界社版:7頁 八幡書店版:第2輯 391頁 修補版: 校定版:9頁 普及版:4頁 初版: ページ備考:
001至聖(しせい)至厳(しげん)五六七殿(みろくでん)
002(たふと)(かみ)御教(みをしへ)
003さとす(まこと)神席(しんせき)
004仮設(かせつ)劇場(げきぢやう)常置(じやうち)して
005(かた)霊界物語(れいかいものがたり)
006(だま)されきつた近侍(きんじ)()
007()いた調子(てうし)(ふし)をつけ
008三筋(みすぢ)(いと)でチヤンチヤンと
009聖場(せいぢやう)(けが)()(あし)
010副守(ふくしゆ)のすさびを(くち)()けて
011()(やつ)()(やつ)三味線(さみせん)
012()いて得意(とくい)になるナイス
013(よこ)()てつて(つく)(やつ)
014阿呆(あほう)阿呆(あほう)との寄合(よりあひ)ぢや
015寄席(よせ)気分(きぶん)でワイワイと
016(かみ)聖場(せいぢやう)馬鹿(ばか)にする
017(こま)つた(やつ)(あら)はれた
018(これ)矢張(やつぱ)緯役(よこやく)
019変性女子(へんじやうによし)世迷言(よまひごと)
020審神(さには)をせねば()かれない
021(みみ)(けが)れる(むね)わるい
022いやぢやいやぢやと(かほ)しかめ
023()はず(ぎら)ひの没分暁漢(わからずや)
024(なに)()うても()()れぬ
025デモ先生(せんせい)(けつ)(あな)
026(あま)(ちひ)さい肝玉(きもだま)
027あきれて()さへ()ではせぬ
028発頭人(ほつとうにん)のわれわれが
029熟々(つらつら)(おも)ひめぐらせば
030()かぬお(かた)身魂(みたま)こそ
031(くち)(わる)いか()らねども
032日本一(につぽんいち)信天翁(あほうどり)
033表面(うはつら)ばかりむつかしき
034(かほ)をしながら(ひと)()
035(ところ)でずるいことばかり
036体主霊従(たいしゆれいじう)偽善者(きぜんしや)
037(かへつ)殊勝(しゆしよう)らし(こと)()
038聖人面(せいじんづら)をするものぞ
039三味線(さみせん)ひいたり(ふし)つけて
040(かた)るが馬鹿(ばか)なら一言(ひとこと)
041()きに()ずしてゴテゴテと
042そしるお(かた)馬鹿加減(ばかかげん)
043変性男子(へんじやうなんし)筆先(ふでさき)
044阿呆(あほう)になりて()()れと
045()いてあるのを白煙(しらけむり)
046八十八屋(はちじふはちや)系統(けいとう)
047()らず()らずに(たま)ぬかれ
048血道(ちみち)をわけて一心(いつしん)
049(あざむ)かれたる(ひと)だらう
050あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
051かまはないからどしどしと
052(かた)つて()いて面白(おもしろ)
053六ケ(むつか)しう仰有(おつしや)御方等(おかたら)
054肝玉(きもだま)デングリ(かへ)しつつ
055()めず(おく)せずやり(とほ)
056(わか)らぬ盲者(めくら)はあとまはし
057やがて(ほぞ)()(とき)()
058朝日(あさひ)()るとも(くも)るとも
059(つき)()つとも()くるとも
060たとへ大地(だいち)(しづ)むとも
061曲津御霊(まがつみたま)はさわぐとも
062苦集滅道(くしふめつだう)()(さと)
063道法礼節(だうはふれいせつ)開示(かいじ)する
064五六七(みろく)(をしへ)いつまでも
065生命(いのち)(かぎ)()めはせぬ
066(かみ)(こころ)推量(すゐりやう)して
067チツとは(こころ)(ひろ)くもて
068(かみ)言葉(ことば)二言(にごん)ない
069()めぬと()つたら何処迄(どこまで)
070(くち)ある(かぎ)りやめはせぬ
071アヽさりながらさりながら
072こんな(こと)をば()いたなら
073自分(じぶん)免許(めんきよ)審神者等(さにはら)
074変性女子(へんじやうによし)(そば)(ちか)
075歌劇(かげき)思想(しさう)抱持(はうぢ)して
076()るモウロクの悪霊(あくれい)
077うつられ(やす)緯役(よこやく)
078()いて()かしたと()らず(ぐち)
079(また)(さかん)(たた)くだろ
080どうせ綾部(あやべ)大本(おほもと)
081()()御魂(みたま)天地(あめつち)
082(かみ)()よりは(ちう)なもの
083自分(じぶん)(かほ)についた(すみ)
084(わが)()さへぎる(つりばり)
085(すこ)しも()えぬ色盲者(しきもうじや)
086都合(つがふ)(わる)言訳(いひわけ)
087世迷言(よまひごと)ぞと()(なが)
088馬耳東風(ばじとうふう)瑞月(ずゐげつ)
089嘲罵(てうば)雲霧(くもきり)かき()けて
090下界(げかい)をのぞき()()てる
091二百十日(にひやくとをか)(かぜ)(ごと)
092(ちから)一杯(いつぱい)大木(たいぼく)
093(たふ)れる(まで)()いて()
094あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
095御霊(みたま)(さち)はひましませよ。
096  大正十一年瑞月祥日
097於竜宮館