霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
テキストのタイプ[?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示[?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌[?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注[?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色
外字1の色
外字2の色

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一章 常世城門(とこよじやうもん)〔四三一〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第10巻 霊主体従 酉の巻 篇:第1篇 千軍万馬 よみ:せんぐんばんば
章:第1章 常世城門 よみ:とこよじょうもん 通し章番号:431
口述日:1922(大正11)年02月19日(旧01月23日) 口述場所: 筆録者:加藤明子 校正日: 校正場所: 初版発行日:1922(大正11)年8月20日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
ロッキー山のふもとの常世城では、大自在天・大国彦が自ら常世神王と称していた。大国彦はまた、自ら日の出神に化け、妻を伊邪那美命と偽って、世を欺いていた。
鷹取別を宰相とし、広国別を常世神王の影武者として、体主霊従の政策を行わせていた。
鷹取別の部下・照山彦、竹山彦(=実は鬼武彦の化身)は、間の国で捕らえた松・竹・梅の宣伝使を護送して常世城にやって来た。そして門番に開門を要求し、自らの手柄を常世神王に奏上せんとした。
門番の蟹彦は、常世神王の指図がなければ門は開けられぬ、しばらく待て、と照山彦・竹山彦一行をさえぎった。竹山彦は通せと蟹彦をしかりつけるが、蟹彦は常世城門番の職掌を楯に、通さない。
蟹彦は松代姫の駕籠を除いて、姫の美貌にしりもちをつき、すっかり肝を奪われてしまった。そして同僚の赤熊に、ちょっとのぞいて見よ、と誘いかける。
剛直無比の赤熊は、蟹彦の体を見てしかりつけた。蟹彦は、この天女の美しさが分からぬ奴は枯木か岩石だ、と逆に赤熊をなじる。
二人がやりあっているところへ、門内から常世神王の入城許可が下りたと報せの声がした。照山彦、竹山彦は松・竹・梅の宣伝使を護送して場内に入っていく。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:2017-04-03 00:10:01
愛善世界社版:13頁 八幡書店版:第2輯 395頁 修補版: 校定版:17頁 普及版:6頁 初版: ページ備考:
001(ひがし)西(にし)荒海(あらうみ)
002(なみ)(ただよ)常世国(とこよくに)
003ロッキー(ざん)山颪(やまおろし)
004()木枯(こがらし)烏羽玉(うばたま)
005(やみ)にも(まが)曲神(まがかみ)
006(くら)(こころ)()(かく)
007白地(しろぢ)(あふひ)紋所(もんどころ)
008()めたる(はた)(ひるが)へし
009大国彦(おほくにひこ)(みこと)をば
010この()(あざむ)神柱(かむばしら)
011(ふと)しく()てむと種々(いろいろ)
012(こころ)(くだ)()藻掻(もが)
013黄泉国(よもつのくに)(たたか)ひに
014勝鬨(かちどき)あげて(ひと)(じま)
015浪高砂(なみたかさご)(しま)(おも)
016心筑紫(こころつくし)神国(かみくに)
017豊葦原(とよあしはら)瑞穂国(みづほくに)
018(しこ)(つるぎ)()()ちて
019常世(とこよ)(くに)神力(しんりき)
020(かがや)かさむと大国(おほくに)
021(つま)(みこと)()出神(でのかみ)(なぞら)へて
022大国姫(おほくにひめ)伊弉冊(いざなみ)
023(かみ)(みこと)(あら)はれて
024(こころ)(おご)鷹取別(たかとりわけ)
025(しば)(とど)めて常世神王(とこよしんわう)宰相(さいしやう)となし
026体主霊従(たいしゆれいじう)政策(せいさく)
027広国別(ひろくにわけ)事依(ことよ)さし
028天下(てんか)(いつは)常世神王(とこよしんわう)とこそ(とな)へけり。
029 ロッキーの峰分(みねわ)(のぼ)天津(あまつ)()に、030(まる)(あたま)照山彦(てるやまひこ)や、031竹山彦(たけやまひこ)(いさ)ましく、032(まつ)033(たけ)034(うめ)宣伝使(せんでんし)035輿(かご)(かつ)がせ数多(あまた)供人(ともびと)()()れて、036(かつ)(ほこ)りたる手柄顔(てがらがほ)037(かた)(いか)らし(かへ)()る。
038 常世城(とこよじやう)表門(おもてもん)(あら)はれ()でたる二人(ふたり)上使(じやうし)は、039(こゑ)()()げ、
040『ヤアヤア門番(もんばん)041照山彦(てるやまひこ)042竹山彦(たけやまひこ)帰城(きじやう)043一時(いちじ)(はや)くこの大門(おほもん)(ひら)けよ』
044 (をり)から(すさ)木枯(こがらし)(かぜ)045門番(もんばん)蟹彦(かにひこ)046赤熊(あかぐま)両人(りやうにん)は、
047『ハイ』
048(こた)へて表門(おもてもん)をサラリと(ひら)けば、049長途(ちやうと)(たび)(つか)()てたる照山彦(てるやまひこ)050竹山彦(たけやまひこ)功名心(こうみやうしん)(あふ)られて、051馬上(ばじやう)(ゆたか)門番(もんばん)睥睨(へいげい)し、
052『ヤア蟹彦(かにひこ)053赤熊(あかぐま)両人(りやうにん)054一時(いちじ)(はや)常世神王(とこよしんわう)に、055吾等(われら)手柄(てがら)奏聞(そうもん)せよ』
056()()中門(なかもん)(すす)()る。057蟹彦(かにひこ)はその()(ごと)横歩(よこある)きをしながら大股(おほまた)中門(なかもん)さして(はし)(きた)り、
058『これはこれは照山彦(てるやまひこ)059竹山彦(たけやまひこ)御両所様(ごりやうしよさま)060(しばら)くお()(くだ)さいませ。061常世神王(とこよしんわう)奏上(そうじやう)した(うへ)062指図(さしづ)(まか)(くだ)さいますやう』
063竹山彦(たけやまひこ)『エイ、064(なに)愚図々々(ぐづぐづ)065(よこ)さの(みち)(あゆ)むに(めう)()たる蟹彦(かにひこ)門番(もんばん)066何彼(なにか)につけて邪魔(じやま)ひろぐか、067平家蟹(へいけがに)のやうな(むつ)かしさうなその(つら)は、068()いて()るのか(おこ)つて()るのか(はづ)かしいのか(こわ)いのか、069(ただし)(さけ)()つたのか、070(かほ)(いろ)まで(あかぐま)の、071(あかもん)(まも)腰抜(こしぬ)門番(もんばん)072絶世(ぜつせい)美人(びじん)073(まつ)074(たけ)075(うめ)天女(てんによ)降臨(かうりん)076常世神王(とこよしんわう)(うかが)ふも(なに)もあつたものか、077(はや)くこの(もん)(ひら)けよ』
078馬上(ばじやう)ながら(しか)りつけたり。079赤熊(あかぐま)きつとなり、
080『ヤア竹山彦(たけやまひこ)(さま)081それはあまり傍若無人(ばうじやくぶじん)(まを)すもの。082吾等(われら)(いや)しき門番(もんばん)(いへど)も、083城内(じやうない)規則(きそく)厳守(げんしゆ)(いた)大切(たいせつ)役目(やくめ)084たとへ天女(てんによ)降臨(かうりん)にもせよ、085城主(じやうしゆ)常世神王(とこよしんわう)(ゆる)しもなく、086(みだ)りにこの中門(なかもん)(ひら)くこと(まか)りならぬ』
087渋々顔(しぶしぶがほ)088蟹彦(かにひこ)はその()松代姫(まつよひめ)輿(こし)一寸(ちよつと)(のぞ)いて、089大地(だいち)どつか尻餅(しりもち)をつき、
090『ヤアヤアヤア、091ヒヽヽヽ(ひか)るぞ(ひか)るぞ、092(ひかり)(つよ)い、093ダイヤモンドか、094(てん)(かがや)日輪(にちりん)か、095牡丹(ぼたん)(はな)か、096(すみれ)か、097菖蒲(あやめ)か、098黒白(あやめ)()かぬ常世(とこよ)(くに)に、099こんな女神(めがみ)があらうとは、100(おも)ひがけない蟹彦(かにひこ)の、101(あわ)()(まは)つてヘタばつた。102ヤイヤイ、103赤熊(あかぐま)大将(たいしやう)104黒熊(くろくま)のやうな(くろ)(かほ)を、105真赤(まつか)(いた)して(いか)るより、106一寸(ちよつと)この輿(かご)(のぞ)いて()よ。107(しろ)いと()はうか、108(すず)しと()はうか、109(はる)弥生(やよひ)(うめ)(さくら)か、110(もも)(はな)か、111鼻筋(はなすぢ)(とほ)つて口許(くちもと)(しま)り、112(くれなゐ)(くちびる)113(つき)眉毛(まゆげ)114(すず)しい眼玉(めだま)三五(さんご)(つき)か、115(かみ)(からす)濡羽色(ぬればいろ)116いろいろ(をんな)もある()(なか)に、117情婦(いろ)()つなら、118まア、119まア、120まア……』
121 剛直(がうちよく)律儀(りちぎ)赤熊(あかぐま)は、122蟹彦(かにひこ)のこの(てい)()苦笑(にがわら)ひ、
123常世城(とこよじやう)鉄門(かなど)(まも)役目(やくめ)(あふ)せつけられながら、124(なんじ)醜態(しうたい)(なん)(ざま)125(しつか)(いた)せよ』
126『オイオイ赤熊(あかぐま)127さう(あか)くなつて(おこ)るものぢやない。128この蟹面(かにづら)(むづ)かしき蟹彦(かにひこ)(かほ)(ひも)でもサラリと()いた天女(てんによ)姿(すがた)129(かた)いばかりが(のう)ではないぞ。130貴様(きさま)(つね)から枯木(かれき)(ごと)く、131岩石(がんせき)(ごと)く、132(あぢ)もなければ(いろ)もない、133冷酷(れいこく)無残(むざん)人足(にんそく)だ。134一寸(ちよつと)(かほ)(をが)んで()よ、135貴様(きさま)(こころ)枯木(かれき)にも(はる)(はな)(ひら)くであらう。136それにつけても、137貴様(きさま)(はな)は、138一入(ひとしほ)(くろ)鼻高(はなたか)野郎(やらう)139それに不思議(ふしぎ)や、140今日(けふ)この(ごろ)鼻柱(はなばしら)がまつ()いけ、141鼻息(はないき)(あら)表現(しるし)であらうか、142朝瓜(あさうり)143鴨瓜(かもうり)144南瓜(かぼちや)のやうな(めう)(つら)して、145茄子(なすび)のやうにお(いろ)(くろ)色男(いろをとこ)146(たか)(はな)をば(なが)めて()れば、147(うり)茄子(なす)(かほ)似合(にあ)はず、148(はな)(あか)いな』
149 赤熊(あかぐま)(こゑ)(あら)らげ、
150千騎一騎(せんきいつき)のこの場合(ばあひ)151(なに)(ぬか)す』
152()()()る。153(たちま)門内(もんない)より(こゑ)あつて、
154照山彦(てるやまひこ)殿(どの)155竹山彦(たけやまひこ)殿(どの)156常世神王(とこよしんわう)御機嫌(ごきげん)(いと)(うるは)しく、157(くび)()ばして()たせたまふ。158(はや)くお(はい)りあれ』
159 言下(げんか)中門(なかもん)サラリと()けたれば照山彦(てるやまひこ)は、
160『ヤアヤア(みな)(もの)(ども)161遠路(ゑんろ)(ところ)御苦労(ごくらう)なりしよ。162各部屋(かくへや)()(かへ)(ゆつく)りと休息(きうそく)せよ、163ヤア竹山彦(たけやまひこ)殿(どの)164(つづ)かせられい』
165(さき)()ち、166輿(こし)(かつ)がせ、167奥殿(おくでん)(ふか)(すす)()る。
168大正一一・二・一九 旧一・二三 加藤明子録)