霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第五章 狐々怪々(こンこンくわいくわい)〔四三五〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第10巻 霊主体従 酉の巻 篇:第1篇 千軍万馬 よみ:せんぐんばんば
章:第5章 第10巻 よみ:こんこんかいかい 通し章番号:435
口述日:1922(大正11)年02月19日(旧01月23日) 口述場所: 筆録者:東尾吉雄 校正日: 校正場所: 初版発行日:1922(大正11)年8月20日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
ロッキー山の命令を聞いた常世神王は、お気に入りの三姉妹を差し出すのに忍びず、身代わりとして、間の国の春山彦の三人娘を差し出そうとする。早速遠山別が三人娘を迎えに間の国へと出立した。
そこへ、間の国で捕らえた三五教の宣伝使・照彦が護送されてきた。照彦は護送の駕籠からでると、座敷にどっかと座して常世城の没落を不適にも予言すると、笑い声と共にどこかへ消えてしまった。
一同はあっけに取られたが、竹山彦は狐のいたずらであろう、と笑っている。
そこへ門番の蟹彦が、照彦が門前で現れて暴れている、と注進があった。急いで駆けつけると、そこには誰もおらず、ただ月が皓皓と照っているのみであった。
彼方の森からは狐の鳴き声が聞こえてくる。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm1005
愛善世界社版:42頁 八幡書店版:第2輯 405頁 修補版: 校定版:45頁 普及版:19頁 初版: ページ備考:
001 美山別(みやまわけ)002国玉姫(くにたまひめ)二人(ふたり)上使(じやうし)悠々(いういう)(かへ)りし(あと)奥殿(おくでん)は、003(なん)となく一座(いちざ)(しら)けて、004(たがひ)吐息(といき)(きこ)ゆるのみ。
005『ワハヽヽヽヽ、006(なん)とまあ、007()(なか)ままならぬものだなア。008吾々(われわれ)(ちから)(つく)(こころ)(つく)して照山彦(てるやまひこ)二人(ふたり)で、009(まつ)010(たけ)011(うめ)三人(さんにん)此処(ここ)までお(とも)(まを)()げ、012常世神王様(とこよしんわうさま)御機嫌斜(ごきげんなな)めならず、013吾々(われわれ)もお(かげ)神王様(しんわうさま)にお()めの(ことば)(いただ)いて(よろこ)()もなく、014有為転変(うゐてんぺん)()(なか)とは()ひながら、015(かは)れば(かは)るものだなア。016()(くつが)へせば(くも)となり、017()(ひるが)へせば(あめ)となる。018折角(せつかく)(よろこ)んで()(かへ)り、019常世城内(とこよじやうない)錦上(きんじやう)(さら)(はな)()へたと(おも)つたのは(つか)()020(ゆめ)(うつつ)(まぼろし)か、021ロッキー(ざん)大神様(おほかみさま)より、022(まつ)023(たけ)024(うめ)三人(さんにん)(すみや)かに生擒(いけどり)にして(おく)つて()いとの御厳命(ごげんめい)025あれ(ほど)御機嫌(ごきげん)のよい常世神王様(とこよしんわうさま)に、026如何(どう)してその厳命(げんめい)(つた)へられやうか。027屹度(きつと)掌中(しやうちう)(たま)()られたやうに、028失望落胆(しつばうらくたん)(ふち)(しづ)まれるのは()えるやうだ。029マアマアお役目柄(やくめがら)030()()(とき)下役(したやく)竹山彦(たけやまひこ)都合(つがふ)がいいワイ。031サアサア鷹取別(たかとりわけ)さま、032上使(じやうし)(おもむき)033常世神王(とこよしんわう)御奏上(ごそうじやう)(あそ)ばさるがよからう』
034鷹取別(たかとりわけ)035(はな)のベシヤゲた(かほ)をあげて、
036『フガフガホンガ……ホンナホトハ、037ハタハタハタドリハケガフハズトモ、038フチノヨウヒク、039ハケハマヒコガ、040ソソモンヒテフレ』
041『フガフガフガ、042ホンナホトハなんて、043(なん)(こと)だか竹山彦(たけやまひこ)にはさつぱり(わか)りやしない。044ハナハナもつて(こま)()つた。045ヤア、046仕方(しかた)がない、047遠山別(とほやまわけ)さまの(ばん)だ。048フヤクホウジヨウハサレハセ』
049 遠山別(とほやまわけ)苦虫(にがむし)()むだやうな面付(つらつき)しながら、050むつく()ち、051寝殿(しんでん)目蒐(めが)けて(あし)(おも)たげに、052ノソリノソリと()でて()く。
053折角(せつかく)生命(いのち)がけになつて(しし)()つた(いぬ)が、054猟師(れふし)鉄砲(てつぱう)(だい)(あたま)こづかれたやうなものだなア。055酒屋(さかや)三里(さんり)056豆腐屋(とうふや)五里(ごり)山坂(やまさか)()えて、057(やうや)油揚(あぶらあげ)()つて大方(おほかた)(うち)(のき)まで(かへ)つた(とき)に、058(そら)(とび)禿頭(はげあたま)をコツンとやられて、059吃驚(びつくり)して(こし)()かした矢先(やさき)060油揚(あぶらあげ)(さら)へて()なれたやうな、061面白(おもしろ)からぬ有難(ありがた)くもない怪体(けつたい)場面(ばめん)だ。062常世神王様(とこよしんわうさま)(みじか)(ゆめ)()られたものだ。063今夜(こん)のやうなこん結構(けつこう)な、064(まる)婚礼(こんれい)()たやうに、065目出度(めでた)いめでたいとよろこん()もなく、066コンコンさまに(つま)まれたやうに、067(なに)(なに)やらさつぱりコン(わけ)(わか)らぬ(こと)になつて(しま)うた。068それだからコンタン(ゆめ)(まくら)()ふのだ。069ああ、070コンコンチキチン071コンチキチンだ。072春山彦(はるやまひこ)よろこん(かく)まうて()つた綺麗(きれい)(をんな)を、073鷹取別(たかとりわけ)(たか)(すずめ)(つか)むやうに引奪(ひつたく)つて(かへ)つて、074常世神王(とこよしんわう)()めてもらつて、075鼻高々(はなたかだか)今夜(こんや)(かへ)つて女房(にようばう)自慢(じまん)をしようと(おも)つて()たのに、076(はな)はメシヤゲてこん(ざま)077それについても常世神王(とこよしんわう)広国別(ひろくにわけ)さま、078今夜(こん)(おどろ)きはお(さつ)(まを)す。079コンコントラストが(また)世界(せかい)にあるものか。080(すつぽん)(しり)をぬかれたと()はうか、081(うそ)月夜(つきよ)(かま)をぬかれたと()はうか、082たとへ(がた)ない今晩(こんばん)仕儀(しぎ)083(じつ)コン(なん)コン(きう)(いた)りだ。084コンコンチキチン085コンチキチンだ』
086照山彦(てるやまひこ)『オイ竹山彦(たけやまひこ)087ソンナ無駄口(むだぐち)()つてる場合(ばあひ)ぢやなからう。088(なん)とか善後策(ぜんごさく)(かう)じなくてはならないのだ。089(まへ)もいよいよ鷹取別(たかとりわけ)さまと(かた)(なら)べる(やう)になつたのも、090三人(さんにん)(むすめ)首尾(しゆび)よく()れて(かへ)つたお(かげ)ぢやないか。091神王様(しんわうさま)のお(こころ)をお(さつ)(まを)せば、092そんな気楽(きらく)(こと)()うて()られるかい』
093『ハテ、094(こま)つたなア、095(たれ)ぞよい智慧(ちゑ)()しては()れまいか、096この竹山彦(たけやまひこ)に』
097 かかる(ところ)へ、098広国別(ひろくにわけ)偽常世神王(にせとこよしんわう)は、099遠山別(とほやまわけ)(したが)へこの()(あらは)れ、100気分(きぶん)(すぐ)れぬ(おも)もちにて、
101『アイヤ(みな)(もの)102(まつ)103(たけ)104(うめ)三人(さんにん)を、105一時(いちじ)(はや)くロッキー(ざん)(やかた)にお(おく)(まを)さなくてはならぬ。106ぢやと(まを)して……』
107竹山彦(たけやまひこ)ぢや(まを)して、108(おに)(まを)して、109(とら)(まを)して、110竹山彦(たけやまひこ)には(なん)とも、111しし仕様(しやう)がありませぬワイ。112これは(ひと)鷹取別(たかとりわけ)さまに智慧(ちゑ)()して(もら)ひませう。113モシモシ、114ハタホリアケハン、115ホイケンハ、116ホウデホザリマス』
117とわざと鼻声(はなごゑ)()す。118鷹取別(たかとりわけ)は、
119『フガフガフガ』
120(わか)らぬ言語(げんご)(つづ)けるのみ。
121折角(せつかく)()()()つたる三人(さんにん)(むすめ)122(わた)(まを)すは本意(ほんい)なれど、123(いま)(しばら)(たう)城内(じやうない)(とど)()きたし。124(われ)()く、125春山彦(はるやまひこ)には、126(つき)127(ゆき)128(はな)三人(さんにん)(はな)(ごと)(むすめ)ありとのこと、129手段(てだて)(もつ)三人(さんにん)(むすめ)()(かへ)り、130身代(みがは)りとしてロッキー(ざん)(おく)らば如何(いか)に』
131『イヤ、132(さすが)常世神王(とこよしんわう)さま、133天晴(あつぱ)れの妙案(めうあん)134遠山別(とほやまわけ)言葉(ことば)(かま)へ、135これより(はざま)(くに)(むか)ひ、136三人(さんにん)(むすめ)()()(かへ)らせませう』
137委細(ゐさい)(なんぢ)(まか)す。138よきに()(はか)らへよ』
139『ワハヽヽヽ、140妙案々々(めうあんめうあん)(めう)ちきチン、141コンコンチキチン142コンチキチン143竹山彦(たけやまひこ)144カンカンチキチン、145カンチキチン』
146 ()かる(ところ)へ、147目付役(めつけやく)雁若(かりわか)(あわただ)しく(すす)(きた)り、
148申上(まをしあ)げます。149ただいま中依彦様(なかよりわけさま)150(はざま)(くに)より三五教(あななひけう)宣伝使(せんでんし)151照彦(てるひこ)()(がう)(もの)唐丸駕籠(たうまるかご)()御帰城(ごきじやう)でございます。152如何(いかが)()(はか)らひませうか』
153『アイヤ、154遠山別(とほやまわけ)155その()一同(いちどう)(もの)156中依別(なかよりわけ)()(かへ)りし照彦(てるひこ)とやらを、157この庭前(ていぜん)()()ゑ、158詳細(しやうさい)なる訊問(じんもん)いたせ』
159一同(いちどう)『ハハーツ』
160 常世神王(とこよしんわう)悠々(いういう)として寝殿(しんでん)さして(すす)()る。
161
162(はなし)(すこ)(もと)(かへ)る)
163 (うま)(またが)悠々(いういう)意気(いき)衝天(しようてん)鼻息(はないき)(あら)く、164三五教(あななひけう)宣伝使(せんでんし)照彦(てるひこ)(とら)へて、165常世城(とこよじやう)門前(もんぜん)立帰(たちかへ)つたる中依別(なかよりわけ)は、166(もん)()(たた)いて大音声(だいおんじやう)
167『アイヤ、168門番(もんばん)169中依別(なかよりわけ)なるぞ。170(すみや)かにこの(もん)(ひら)け』
171蟹彦(かにひこ)『ヤ、172ナンヂヤ、173(また)(めう)(やつ)がやつて()たのでないかな。174(なか)よりアケなんて、175(きま)つたことを()ひよるワイ。176(かんぬき)のした(もん)を、177(なか)より()るのは当然(あたりまへ)だ。178(そと)より()けられる(もん)なら、179(そと)から呶鳴(どな)らなくても、180(だま)つて()けて這入(はい)ればいいのだ』
181とつぶやきながら、182(かんぬき)左右(さいう)にソツと(ひら)いた。
183 中依別(なかよりわけ)(うま)(またが)りながら、
184『アイヤ、185蟹彦(かにひこ)186夜中(やちう)開門(かいもん)大儀(たいぎ)であつた。187この駕籠(かご)(とほ)つた(あと)は、188門扉(もんぴ)(かた)()(まも)れよ。189ヤアヤア家来(けらい)者共(ものども)190大儀(たいぎ)であつた。191(なんぢ)らは各自(めいめい)(いへ)(かへ)休息(きうそく)せよ』
192()()てて(おく)(おく)へと(すす)()く。
193 中依別(なかよりわけ)中門(なかもん)(そと)にて(うま)をヒラリと()()り、194(うま)(たてがみ)195(かほ)196(くび)などを()(さす)りながら、
197『ヤア、198鹿毛(かげ)よ、199長々(ながなが)苦労(くらう)をかけた。200ゆつくり(うまや)()つて(やす)んでくれ』
201 蟹彦(かにひこ)(こし)から(うへ)(よこ)(まが)つた、202細長(ほそなが)身体(からだ)(ゆす)りながら()(きた)り、203駕籠(かご)(なか)一寸(ちよつと)(のぞ)き、
204『イヤー』
205(また)もや(こし)()かして大地(だいち)(たふ)()す。206中門(なかもん)はサツと(ひら)かれ、207中依別(なかよりわけ)駕籠(かご)(かつ)がせながら奥深(おくふか)(すす)()り、208庭先(にはさき)駕籠(かご)(おろ)させ、
209只今(ただいま)無事(ぶじ)帰城(きじやう)(いた)しました。210三五教(あななひけう)宣伝使(せんでんし)照彦(てるひこ)211よく御検視(おんあらため)(くだ)さいませ』
212竹山彦(たけやまひこ)『ヤー、213これはこれは中依別(なかよりわけ)殿(どの)214手柄(てがら)手柄(てがら)215(さだ)めて別嬪(べつぴん)御座(ござ)らうな』
216『イヤ、217なに竹山彦(たけやまひこ)殿(どの)218八字髭(はちじひげ)()やした、219筋骨(きんこつ)(たくま)しき(おに)をも()りひしぐ大丈夫(だいぢやうぶ)でござる、220御油断(ごゆだん)あらせられるな』
221 鷹取別(たかとりわけ)鼻声(はなごゑ)にて、
222『ホレハホレハ、223ハカハカヒヨリワケカ、224ヒヤクメ、225ハイギハイギ』
226竹山彦(たけやまひこ)百目(ひやくめ)227二百目(にひやくめ)228一貫目(いつくわんめ)229三十貫目(さんじふくわんめ)荒男(あらをとこ)230さぞ(おも)かつたでござんせうな』
231竹山彦(たけやまひこ)殿(どの)232冗戯(じようだん)(とき)にこそよれ、233櫛風沐雨(しつぷうもくう)234(なん)(をか)して使命(しめい)(まつた)うし、235(やうや)(かへ)(きた)りし中依別(なかよりわけ)殿(どの)236鄭重(ていちよう)御待遇(おんもてなし)なさらぬか、237照山彦(てるやまひこ)御注意(ごちうい)(まを)す』
238 駕籠(かご)(なか)より、
239三五教(あななひけう)宣伝使(せんでんし)照彦(てるひこ)とは(かり)()240(ひと)241(ふた)242()243()244(いつ)245(むゆ)246(なな)247()248(ここの)249(たり)250(あま)数歌(かずうた)()()ひし戸山津見(とやまづみ)(かみ)251見参(けんざん)せむ』
252竹山彦(たけやまひこ)『ヤア、253これは中々(なかなか)手強(てごわ)(やつ)でござる。254アイヤ方々(かたがた)255御油断(ごゆだん)あるな』
256遠山別(とほやまわけ)拙者(せつしや)はこれより臣下(しんか)()()れ、257(はざま)(くに)出張(しゆつちやう)いたさむ。258(あと)鷹取別(たかとりわけ)殿(どの)259照山彦(てるやまひこ)殿(どの)260竹山彦(たけやまひこ)殿(どの)261万事(ばんじ)(よろ)しく(たの)()る』
262()()てて旅装(りよさう)(ととの)へ、263(うま)(またが)り、264数十人(すうじふにん)家来(けらい)()()れ、265(つき)(ひかり)()びながら一目散(いちもくさん)(すす)()く。
266 照彦(てるひこ)駕籠(かご)()()けて()(あら)はれ、267遠慮(ゑんりよ)会釈(ゑしやく)もなく座敷(ざしき)真中(まんなか)にドツカと()し、
268(われ)こそは三五教(あななひけう)宣伝使(せんでんし)269常世(とこよ)(くに)枉神(まがかみ)言向(ことむ)(やは)すそのために、270手段(てだて)(もつ)中依別(なかよりわけ)駕籠(かご)()り、271ここに(あら)はれし(うへ)は、272(なんぢ)らが運命(うんめい)朝日(あさひ)(つゆ)()ゆるが(ごと)く、273春日(かすが)(ゆき)()くるが(ごと)く、274風前(ふうぜん)燈火(ともしび)275(さて)(さて)もいぢらしい(もの)だ。276アハヽヽヽ』
277()ふかと()れば、278姿(すがた)()えて行方(ゆくへ)(そら)白煙(しらけむり)279(まつ)()(かぜ)庭木(にはき)をわたる(こゑ)のみ(きこ)(きた)る。
280照山彦(てるやまひこ)合点(がてん)ゆかぬこの()仕儀(しぎ)281中依別(なかよりわけ)殿(どの)282(かれ)何者(なにもの)なりしぞ』
283中依別(なかよりわけ)『………………』
284竹山彦(たけやまひこ)『ワハヽヽヽヽ、285此奴(こいつ)286(きつね)悪戯(いたづら)だらう。287多士済々(たしさいさい)たるこの城中(じやうちう)に、288(ひと)もあらうに中依別(なかよりわけ)の、289(なか)にも()より(どころ)のない馬鹿(ばか)役人(やくにん)(つか)はしたその(むく)い、290()かぬばかりの顔付(かほつき)して、291よりどころなき(いま)体裁(ていさい)292(わけ)(わか)らぬ(こと)だワイ。293アハヽヽヽヽヽヽ』
294 かかる(をり)しも、295横歩(よこある)きの蟹彦(かにひこ)は、296庭先(にはさき)樹間(このま)(くぐ)つてこの()(あら)はれ、
297御一同(ごいちどう)(まを)()げます。298タヽ大変(たいへん)でございます。299只今(ただいま)駕籠(かご)()つて()罪人(とがにん)は、300門前(もんぜん)(あら)はれ、301大勢(おほぜい)家来(けらい)手玉(てだま)()つて、302乱暴狼藉(らんばうろうぜき)最中(さいちう)303一時(いちじ)(はや)(かれ)召捕(めしと)(くだ)さいますやう』
304鷹取別(たかとりわけ)『ホガホガホガ』
305照山彦(てるやまひこ)素破(すは)こそ一大事(いちだいじ)306ヤアヤア(もの)(ども)307表門(おもてもん)(むか)へ』
308竹山彦(たけやまひこ)『コリヤ面白(おもしろ)い、309ワハヽヽヽヽ』
310 照山彦(てるやまひこ)数多(あまた)家来(けらい)引連(ひきつ)れ、311門前(もんぜん)(あわただ)しく(はし)()()れば、312こはそも如何(いか)に、313見渡(みわた)(かぎ)りの馬場先(ばばさき)は、314皎々(かうかう)たる(つき)()らされ(ひる)(ごと)く、315人影(ひとかげ)らしきもの()(あた)らず寂然(せきぜん)たり。316照山彦(てるやまひこ)両手(りやうて)()み、317(くび)(かたむ)け、
318『ハテナー』
319 彼方(かなた)森蔭(もりかげ)より、320何物(なにもの)(こゑ)とも()らぬ、
321コンコン322クワイクワイ』
323(いま)のは(きつね)(こゑ)ではなからうかな』
324大正一一・二・一九 旧一・二三 東尾吉雄録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
10/28霊界物語音読第37、38、63巻と、大本神諭、伊都能売神諭をアップしました。
10/26【霊界物語ネット】大本神諭を「年月日順」で並べた時の順序が、一部おかしいものがあったので修正しました。(os176,192,193,191,235 の5つ)