霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第八章 善悪(ぜんあく)不可解(ふかかい)〔四三八〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第10巻 霊主体従 酉の巻 篇:第1篇 千軍万馬 よみ:せんぐんばんば
章:第8章 第10巻 よみ:ぜんあくふかかい 通し章番号:438
口述日:1922(大正11)年02月21日(旧01月25日) 口述場所: 筆録者:北村隆光 校正日: 校正場所: 初版発行日:1922(大正11)年8月20日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
蟹彦は遠山別の到着を注進に行き、上司たちを相手に馬鹿口を叩いている。
常世神王は奥の間から出てきて、遠山別の労をねぎらった。するとどこからともなく声が響き、一同に、足元に注意せよ、と呼ばわった。
常世神王はじめ一同が気がつくと、みな常世城の馬場にへたりこんで、泥にまみれている。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm1008
愛善世界社版:72頁 八幡書店版:第2輯 416頁 修補版: 校定版:76頁 普及版:33頁 初版: ページ備考:
001 (はと)002(すずめ)003(ひよどり)004つむぎ(おびや)かす、005鷹取別(たかとりわけ)秘蔵(ひざう)臣下(しんか)006(はざま)(くに)使(つかひ)して、007片道(かたみち)さへも三百里(さんびやくり)008山河(やまかは)荒野(あらの)打渉(うちわた)往復(わうふく)したる遠山別(とほやまわけ)009(やうや)此処(ここ)(つき)010(ゆき)011(はな)三人(さんにん)を、012肩肘(かたひぢ)はる山彦(やまひこ)(やかた)より、013意気(いき)揚々(やうやう)として(こま)(またが)り、014濁流(だくりう)(みなぎ)高野川(たかのがは)打渡(うちわた)り、015門前(もんぜん)()(あらは)れ、
016遠山別(とほやまわけ)帰城(きじやう)せり、017門番(もんばん)(はや)(この)(もん)開放(かいはう)せよ』
018()ばはりゐる。
019蟹彦(かにひこ)『エー、020矢釜(やかま)しいワイ。021(おく)から一寸(ちよつと)()()れ、022門外(おもて)からも()けて()れ、023(これ)だから人気男(にんきをとこ)になるのも(こま)るワ。024彼方(あつち)からも(そで)()かれ、025此方(こつち)からも(そで)()かれ、026()んでは(かかあ)ボヤかれ(こま)つた(こと)だ。027アヽア、028色男(いろをとこ)(つら)いものだなア。029オイ赤熊(あかぐま)030その(はう)門番(もんばん)(まを)()ける、031この(はう)(おく)()つて休息(きうそく)(いた)す』
032赤熊(あかぐま)洒落(しやれ)るない。033この赤熊(あかぐま)今日(けふ)只今(ただいま)より中依別(なかよりわけ)(まを)すお歴々(れきれき)役人様(やくにんさま)034ヤア蟹彦(かにひこ)035その(はう)門番(もんばん)(まを)()くる』
036(なに)(ぬか)しよるのだ』
037()ひながら両人(りやうにん)は、038中門(なかもん)ガラリと(ひら)いて奥殿(おくでん)(すす)()る。
039 鷹取別(たかとりわけ)040鼻声(はなごゑ)で、
041『フラフラ、042ホノホハ、043ホンパカギリノ、044ハンヒラカナイカ、045ハニヒホ、046ハカフマヂヤナイカ、047ハガレオロー』
048蟹彦(かにひこ)『ヤアヤア、049中依別(なかよりわけ)申付(まをしつ)くる。050(はな)ベチヤ鷹取別(たかとりわけ)門番(もんばん)(つかまつ)れ。051ヨウ照山彦(てるやまひこ)052その(はう)同然(どうぜん)053門番(もんばん)昇級(しようきふ)させる。054有難(ありがた)(おも)へ』
055照山彦(てるやまひこ)『オイ蟹彦(かにひこ)056赤熊(あかぐま)057その(はう)()(ちが)うたのか。058血迷(ちまよ)うたか。059(しつか)(いた)せ』
060蟹彦(かにひこ)『ワツハツハヽヽヽ、061血迷(ちまよ)ひもせぬ。062(はう)けも(いた)さぬ。063この(はう)(まを)(こと)064一時(いちじ)(はや)(うけたま)はり、065門番(もんばん)となつて表門(おもてもん)(かた)(まも)れ。066イヤ(なに)067竹山彦(たけやまひこ)殿(どの)068今日(けふ)よりは貴下(きか)同役(どうやく)069今後(こんご)はお(こころ)(やす)くお(ねが)(まを)す』
070竹山彦(たけやまひこ)『これはこれは(いた)()つたる御挨拶(ごあいさつ)071何分(なにぶん)よろしく御願(おねが)(まを)す』
072 鷹取別(たかとりわけ)(ほう)けたる(かほ)シヤクリながら、
073『ハテさて合点(がてん)のゆかぬ(こと)だワイ。074(てん)(かは)つて()となり、075()(てん)となり、076(やま)(うみ)となり、077(うみ)(やま)となり、078桑園(さうゑん)(くわ)して湖水(こすゐ)となり、079墓場(はかば)(くわ)して観劇場(みせものば)となる。080(なん)合点(がてん)のゆかぬ(こと)御座(ござ)るワイ』
081竹山彦(たけやまひこ)『ヤア鷹取別(たかとりわけ)082照山彦(てるやまひこ)083(なに)をグヅグヅ(いた)して()るか、084(はや)表門(おもてもん)()けぬか。085中依別(なかよりわけ)何故(なぜ)この()()()らぬか』
086 何時(いつ)()にやら表門(おもてもん)ガラリ(ひら)いて、087威勢(ゐせい)よく()(きた)遠山別(とほやまわけ)088三人(さんにん)(むすめ)()つたてながら(この)()(あら)はれ、
089『ヤア、090(それがし)(はざま)(くに)使(つかひ)して首尾(しゆび)よく御用(ごよう)仕遂(しと)げ、091華々(はなばな)しき功名(こうみやう)手柄(てがら)(あら)はして帰城(きじやう)(いた)せしものぞ』
092蟹彦(かにひこ)『ヤア、093遠山別(とほやまわけ)か、094大儀(たいぎ)
095(なん)ぢや、096その(はう)蟹彦(かにひこ)097門番(もんばん)()として、098(おそれおほ)くも奥殿(おくでん)()()るさへあるに、099この(はう)(むか)つて(あたか)臣下(しんか)(あつか)ふが(ごと)雑言不礼(ざふごんぶれい)100(なん)心得(こころえ)()るか』
101『ヤア、102(なん)とも、103カニとも心得(こころえ)()らぬ。104一時(いちじ)(はや)(つき)105(ゆき)106(はな)三人(さんにん)をこの()御案内(ごあんない)(まを)せよ』
107(なん)だツ、108怪体(けつたい)な、109(わけ)(わか)らぬ(こと)になつて()たワイ。110ヤア、111鷹取別(たかとりわけ)のその(はな)如何(いかが)なされた。112照山彦(てるやまひこ)113その(つむり)如何(いかが)なされしか』
114『エイ、115(あたま)(かほ)もあつたものか、116(はや)(この)()(ひめ)()さぬか、117(なに)()もあれ、118(それがし)三人(さんにん)(むすめ)首実検(くびじつけん)いたさむ』
119玄関先(げんくわんさき)()ゑられたる駕籠(かご)一寸(ちよつと)(ひら)き、120(なか)(のぞ)いて(あき)(ごゑ)
121『ヤア、122赤熊(あかぐま)よ、123(なん)とも()とも()へぬ。124(あき)()てたるばかりなりけりだ』
125赤熊(あかぐま)『また、126照彦(てるひこ)か』
127蟹彦(かにひこ)()るの()らぬのと、128イヤもう(えら)()りで御座(ござ)る。129(そら)()(わた)秋月姫(あきづきひめ)130(まばゆ)(ばか)りの真白(まつしろ)けの深雪姫(みゆきひめ)131四季時(しきとき)(ろん)ぜず()(にほ)橘姫(たちばなひめ)132(それがし)(こし)()かさむ(ばか)ビツクリ仰天(ぎやうてん)(いた)した』
133『コラ蟹彦(かにひこ)134タカ()れた三人(さんにん)(をんな)135(なん)(おそ)ろしさうに(なに)ビクつく』
136 三人(さんにん)(むすめ)悠然(いうぜん)として(この)()(あら)はれ、
137『ヨー、138遠山別(とほやまわけ)とやら、139(むか)大儀(たいぎ)であつた。140その褒美(ほうび)として今日(こんにち)ただ(いま)より常世城(とこよじやう)重役(ぢゆうやく)(めん)じ、141門番(もんばん)(めい)ずる。142一時(いつとき)(はや)門番(もんばん)部屋(べや)へお(さが)りあれ』
143 この(とき)奥殿(おくでん)より常世神王(とこよしんわう)(はじ)め、144(まつ)145(たけ)146(うめ)三人(さんにん)(つぼね)(この)()(あら)はれ(きた)り、
147常世神王(とこよしんわう)『ヤア、148遠山別(とほやまわけ)149御苦労(ごくらう)御苦労(ごくらう)
150『ハイ、151(まこと)(もつ)(おそ)なはり候段(さふらふだん)152(ひら)にお(ゆる)(くだ)さいませ。153(いよいよ)(まつ)154(たけ)155(うめ)三人(さんにん)156アー否々(いやいや)157(つき)158(ゆき)159(はな)三人(さんにん)乙女(をとめ)160これへ()()(まをし)(さふらふ)161(とく)御実検(ごじつけん)(くだ)さいませ』
162 何処(いづこ)ともなく、163何神(なにがみ)(こゑ)とも()らず、164中空(ちうくう)より、
165『ワツハツハヽヽヽ、166オツホツホヽヽヽ、167常世神王(とこよしんわう)をはじめ一同(いちどう)(もの)168足許(あしもと)注意(ちうい)(いた)せよ』
169(よば)はるにぞ、170常世神王(とこよしんわう)(この)(こゑ)ハツ()がつき四辺(あたり)()れば、171常世城(とこよじやう)馬場(ばんば)ヘタ()り、172その()一同(いちどう)役人(やくにん)(どろ)にまみれて(うごめ)いて()る。173またもや中空(ちうくう)(こゑ)あつて、
174『ヤア、175コンコンチキチン、176コンチキチン、177ネツカラホントカ、178コンチキチン、179コンコンチキチン、180コンチキチン』
181大正一一・二・二一 旧一・二五 北村隆光録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
9/24【霊界物語ネット】『出口王仁三郎全集』の「第二篇 皇道我観」(第一~第十章)を校正しました。
9/21【霊界物語ネット】藤沼庄平「大本検挙」を掲載(詳細はページ冒頭のインフォメーション参照)。