霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第九章 尻藍(しりあゐ)〔四三九〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第10巻 霊主体従 酉の巻 篇:第1篇 千軍万馬 よみ:せんぐんばんば
章:第9章 尻藍 よみ:しりあい 通し章番号:439
口述日:1922(大正11)年02月21日(旧01月25日) 口述場所: 筆録者:桜井重雄 校正日: 校正場所: 初版発行日:1922(大正11)年8月20日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
松・竹・梅の宣伝使は、間の国を立ち出でて、目の国を宣伝しながら、常世の国へ向かって北上していた。
川田の町の十字街で、ばったりと淤藤山津見に出くわした。一同は森の中に行って休息し、そこでこれまでの宣伝の旅について話をしようということになった。
すると、騒々しい物音が聞こえてきた。見ると、宣伝歌を歌う人物が、数百人に取り囲まれている。三姉妹と淤藤山津見は、群集に紛れて様子を見ると、一人の男が小高い巌の上に立って、説教をしている。
群集の中から色黒の大男が現れて、常世城の牛雲別と名乗ると、宣伝使に降伏しろ、と怒鳴りつけた。
宣伝使は牛雲別を上回る大声で、ウラル教徒をしかりつけ、三五教への改心を迫った。その言霊に、牛雲別の手下らは肝をひしがれて、しゃがみこんでしまった。
牛雲別が宣伝使に打ってかかると、宣伝使はひらりとかわして、牛雲別の足をさらえた。牛雲別はもんどりうって倒れてしまった。群集の中から、蟹雲別と名乗るもう一人が宣伝使に打ちかかると、宣伝使は蟹雲別をひっつかんで、牛雲別の上に吊り下げてしまった。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:
愛善世界社版:78頁 八幡書店版:第2輯 418頁 修補版: 校定版:82頁 普及版:36頁 初版: ページ備考:
001 一時千金(ひとときせんきん)(はな)(はる)002金勝要大神(きんかつかねのおほかみ)御分霊(おんわけみたま)言霊姫命(ことたまひめのみこと)(しづ)まり(たま)常世国(とこよのくに)003山野(さんや)(あを)春姫(はるひめ)の、004百機千機(ももはたちはた)(おり)()して、005(みどり)(くれなゐ)(しろ)黄色(きいろ)006(はな)()(みだ)百鳥(ももどり)は、007木々(きぎ)(こずゑ)(うた)()ひ、008天津(あまつ)()かげも(うらら)かに、009陽炎(かげろふ)野辺(のべ)()有様(ありさま)は、010大海原(おほうなばら)()ぎたる(なみ)(ごと)くなり。011竜宮城(りうぐうじやう)(すく)はれて、012()出神(でのかみ)諸共(もろとも)に、013琴平別(ことひらわけ)(かめ)()り、014智利(てる)海辺(うみべ)にうかび(あが)りし淤縢山津見(おどやまづみ)は、015朝日(あさひ)智利(てる)秘露(ひる)(くに)016宇都山峠(うづやまたうげ)()()えて、017(あゆ)みもカルの国境(くにざかひ)018御稜威(みいづ)(しる)高照(たかてる)(やま)(くだ)りて、019(かみ)のめぐみも高砂(たかさご)や、020常世(とこよ)(くに)をつなぎつけ、021(ひがし)西(にし)(なみ)(たけ)る、022大海原(おほうなばら)(うか)びたる、023(はざま)』の(くに)一人旅(ひとりたび)024(こころ)(かる)簑笠(みのかさ)の、025盲目(めくら)もひらく『()』の(くに)の、026荒野ケ原(あらのがはら)(をさ)めむと、027草鞋(わらぢ)脚絆(きやはん)扮装(いでたち)に、028(よる)(ひる)との(わか)ちなく、029(めぐ)みの(つゆ)()れながら、030(くさ)(しとね)石枕(いはまくら)031(ほし)のついたる蒲団(ふとん)()て、032山河(やまかは)あれし国原(くにはら)を、033(こころ)(きよ)宣伝歌(せんでんか)034(うた)ひて(すす)雄々(をを)しさよ。035三五教(あななひけう)宣伝使(せんでんし)036五六七(みろく)神代(みよ)松代姫(まつよひめ)037(こころ)()ぐなる竹野姫(たけのひめ)038梅ケ香姫(うめがかひめ)夜昼(よるひる)を、039(つゆ)()れつつ(すす)()る。040人足(ひとあし)(しげ)十字街(じふじがい)041川田(かはた)(まち)真中(まんなか)に、042ピタリと(あは)(かほ)(かほ)
043淤縢山津見(おどやまづみ)『ヤア、044貴女(あなた)(うづ)(みやこ)城主(じやうしゆ)045正鹿山津見(まさかやまづみ)御娘子(おんむすめご)におはさずや。046(かぜ)(にほ)へる梅ケ香(うめがか)の、047(ゆか)しき(あと)(たづ)ねつつ、048()(まち)入口(いりぐち)まで、049スタスタ(すす)()(をり)しも、050町人(まちびと)(うはさ)によれば、051(とし)二八(にはち)二九(にく)からぬ、052十九(つづ)二十(はたち)(うつく)しき(をんな)宣伝使(せんでんし)通過(つうくわ)ありとの女童(をんなわらべ)(ささや)き、053まさしく御姉妹(ごきやうだい)にめぐり()(とき)こそ(きた)れりと、054(こころ)(こま)(むちう)つて、055(おも)はず駆出(かけだ)膝栗毛(ひざくりげ)056イヤ去年(きよねん)(なつ)057アタルの(みなと)上陸(じやうりく)し、058玉山(たまやま)山麓(さんろく)にてお(わか)(まを)してより、059(なん)便(たよ)りも夏虫(なつむし)の、060(あき)追々(おひおひ)(ちか)づきて、061(あは)れを()ふる(こころ)(さび)しさ。062(おに)をも(ひし)淤縢山津見(おどやまづみ)大丈夫(ますらを)さへも、063かくも(さび)しき(あき)(たび)064紅葉(もみぢ)()りて()鹿(しか)の、065しかとお行方(ゆくへ)(さが)すによしなく、066(こころ)(いろ)紅葉(もみぢ)()る、067智利(てる)山路(やまみち)()()えて、068(はざま)』の(くに)(きた)(をり)しも、069(こころ)(おご)れる鷹取別(たかとりわけ)目付(めつけ)(もの)(とら)へられ、070常世(とこよ)(くに)(おく)られ(たま)ひしと()きたる(とき)のわが(おも)ひ、071隙間(すきま)(かぜ)にもあてられぬ(はな)(つぼみ)女宣伝使(をんなせんでんし)072秋野(あきの)にすだく(むし)()の、073いとど(あは)れを(もよほ)して、074男泣(をとこな)きにぞ()きゐたる、075(をり)から(ささや)(ひと)(くち)076()(みみ)()つる(とき)(こま)077(はな)姿(すがた)宣伝使(せんでんし)078艶麗(えんれい)まばゆきばかりのやさ姿(すがた)と、079(みち)()きあかす『()』の(くに)の、080(いま)()のあたり御目(おんめ)にかかり、081(うれ)しさ、082(かな)しさ、083(おん)いたはしや、084その御姿(みすがた)のやつれさせ(たま)ふことよ。085(かみ)御為(おんた)(みち)のためとは()ひながら、086聖地(せいち)ヱルサレムに(おい)神政(しんせい)掌握(しやうあく)(たま)ひし天使長(てんしちやう)087桃上彦命(ももがみひこのみこと)御娘子(おむすめご)雄々(をを)しき御志(おんこころざし)088男子(だんし)としての吾等(われら)089(じつ)汗顔(かんがん)(いた)りに()へませぬ』
090と、091三人(さんにん)(むすめ)応答(おうたふ)するの(ひま)さへ(あた)へず、092(こころ)のたけをくだくだと、093(しづ)小田巻(おだまき)繰返(くりかへ)すのみ。
094松代姫(まつよひめ)どなたかと(おも)へば淤縢山津見(おどやまづみ)宣伝使(せんでんし)(さま)095(めづら)しい(ところ)御目(おんめ)にかかりました。096(わらは)姉妹(きやうだい)三人(さんにん)は『(はざま)』の(くに)酋長(しうちやう)春山彦(はるやまひこ)(たす)けられ、097照彦(てるひこ)戸山津見(とやまづみ)098駒山彦(こまやまひこ)宣伝使(せんでんし)にめぐり()ひ、099(つき)100(ゆき)101(はな)三人(さんにん)春山彦(はるやまひこ)(むすめ)(とも)に、102この『()』の(くに)(すす)()り、103メキシコ(たうげ)山麓(さんろく)にて、104あちらへ一人(ひとり)こちらへ三人(さんにん)(たもと)(わか)ち、105宣伝歌(せんでんか)(うた)ひつつロッキー(ざん)(すす)()かむとする(ところ)でございます。106マアマア御壮健(ごさうけん)でゐらせられます。107貴下(あなた)(わらは)異郷(いきやう)(そら)(めぐ)()ふことの(うれ)しさ、108(てん)にも(のぼ)心地(ここち)がいたします。109ここは(みち)(うへ)110彼方(あちら)(もり)()つて休息(きうそく)(うへ)ゆるゆるお(はなし)をいたしませうか』
111『それも(よろ)しからう。112(しか)らば、113あの(もり)目当(めあて)一足(ひとあし)(まゐ)りませう』
114 ここに一男(いちなん)三女(さんぢよ)宣伝使(せんでんし)は、115宣伝歌(せんでんか)(うた)ひながら東北(とうほく)()して(すす)()く。116(なが)春日(はるひ)(はや)西(にし)(かたむ)きて、117四辺(しへん)(きり)(ごと)(もや)(つつ)まれ、118(やみ)(とばり)(おろ)されて四辺(あたり)(くら)く、119千羽烏(せんばがらす)(そら)(つつ)んでカハイカハイと()きわたる。120夕暮(ゆふぐれ)()ぐる(かね)()は、121四人(よにん)(むね)()ちて(あき)(ゆふべ)寂寥(せきれう)()(せま)る。
122 (はな)姿(すがた)を『()』の(くに)の、123野辺(のべ)にさらすも糸桜(いとざくら)124(こころ)(ほそ)糸柳(いとやぎ)の、125並木(なみき)()うて(すす)()く。126(にはか)前方(ぜんぱう)にあたり、127騒々(さうざう)しき物音(ものおと)(きこ)ゆるにぞ、128四人(よにん)(おも)はず()ちどまり(みみ)(かたむ)くれば、129宵闇(よひやみ)(そら)(とほ)して(ほそ)篝火(かがりび)(またた)()し、130(たちま)宣伝歌(せんでんか)()にとる(ごと)(きこ)(きた)る。131一同(いちどう)(こゑ)する(かた)()きつけらるる(ごと)(ちか)より()れば、132数百人(すうひやくにん)()(かこ)まれ、133(なに)(しき)りに()()つるものあり。
134 四人(よにん)(ひそか)足音(あしおと)(しの)ばせつつ、135(やみ)(まぎ)れて群集(ぐんしふ)(なか)(まぎ)()み、136よくよく()れば一人(ひとり)(をとこ)137小高(こだか)(いはほ)(うへ)()ちて、138(しき)りに群集(ぐんしふ)(むか)何事(なにごと)()(さと)しゐる。
139 群集(ぐんしふ)(なか)より、140()のクルリとした(はな)(ひだり)(まが)つた、141色黒(いろぐろ)大男(おほをとこ)宣伝使(せんでんし)(むか)ひ、
142『ヤイ、143貴様(きさま)三五教(あななひけう)宣伝使(せんでんし)であらう。144ここは常世神王(とこよしんわう)御領分(ごりやうぶん)なるぞ。145ウラル(けう)(ほう)じて、146民心(みんしん)統一(とういつ)する神国(しんこく)なるに、147汝等(なんぢら)(ごと)悪宣伝使(あくせんでんし)148魔術(まじゆつ)使(つか)つて常世(とこよ)(しろ)攪乱(かくらん)し、149鷹取別(たかとりわけ)(つかさ)(たか)(はな)めしやげさせたる悪神(あくがみ)(ほう)ずる宣伝使(せんでんし)であらう。150この(はう)牛雲別(うしくもわけ)(まを)(もの)151(なんぢ)()()らむがために、152常世神王(とこよしんわう)大命(たいめい)(ほう)じて、153三五教(あななひけう)宣伝使(せんでんし)捜索(そうさく)()たのだ。154この『()』の(くに)は、155その()(ごと)鷹取別(たかとりわけ)幕下(ばくか)()()156(たか)()157()(ひか)らす(くに)だ。158サア、159その(いはほ)(くだ)つて尋常(じんじやう)(ばく)()け。160もはや(かな)はぬ。161ヂタバタしたとても、162かくの(ごと)数十人(すうじふにん)手下(てした)をもつて()(かこ)みたる以上(いじやう)は、163(なんぢ)運命(うんめい)ももはや百年目(ひやくねんめ)164素直(すなほ)降伏(かうふく)いたせ』
165(らい)(ごと)(こゑ)()()げて呶鳴(どな)りゐる。166巌上(がんじやう)宣伝使(せんでんし)は、167(ほとん)(みみ)()れざる(ごと)鷹揚(おうよう)なる態度(たいど)にて、
168『アイヤ、169牛雲別(うしくもわけ)とやら、170よつく()けよ。171(われ)こそは(なんぢ)()(ごと)三五教(あななひけう)宣伝使(せんでんし)だ。172如何(いか)多勢(たぜい)(たの)(われ)()(かこ)むとも、173(われ)には(ふか)神護(しんご)あり。174一時(いちじ)(はや)()()(みだ)すウラル(けう)()てて、175治国平天下(ちこくへいてんか)惟神(かむながら)大道(たいどう)なるわが(をしへ)()け。176常世神王(とこよしんわう)かれ何者(なにもの)ぞ。177鷹取別(たかとりわけ)かれ何者(なにもの)ぞ。178積悪(せきあく)(むく)い、179神罰(しんばつ)立所(たちどころ)(くだ)つて(はな)(くじ)かれしその(あは)れさ。180()くの(ごと)(かみ)(いまし)めを()けながら、181なほ()(あらた)めずば、182鷹取別(たかとりわけ)臣下(しんか)たる汝等(なんぢら)鼻柱(はなばしら)183一人(ひとり)(のこ)らず粉砕(ふんさい)()れむぞ。184サア、185わが一言(いちごん)(かみ)言葉(ことば)だ。186(すく)ひの(こゑ)だ。187きくか、188きかぬか、189善悪邪正(ぜんあくじやせい)190天国(てんごく)地獄(ぢごく)分水嶺(ぶんすゐれい)191この(いはほ)(ごと)(かた)信仰(しんかう)(もつ)てわが(をしへ)(したが)ふか。192(いな)むに(おい)ては(われ)千変万化(せんぺんばんくわ)神術(かむわざ)によつて、193汝等(なんぢら)頭上(づじやう)懲戒(ちようかい)(くは)へむ。194汝等(なんぢら)(うち)195わが言葉(ことば)()()みし(もの)名乗(なの)つて()よ』
196牛雲別(うしくもわけ)雷声(らいせい)数倍(すうばい)せる銅鑼声(どらごゑ)して、197獅子(しし)()ゆるが(ごと)(うな)りゐる。198数十人(すうじふにん)手下(てした)は、199この(つよ)言霊(ことたま)(きも)(ひし)がれ、200(みみ)(ふさ)ぎ、201(おも)はず地上(ちじやう)(ちぢ)(しやが)むぞをかしけれ。
202 牛雲別(うしくもわけ)は、
203『エヽ面倒(めんだう)なり、204(おも)()れよ』
205()ふより(はや)く、206巌上(がんじやう)羅刹(らせつ)(ごと)相好(さうがう)にて()(あが)り、207鉄拳(てつけん)(かた)め、208宣伝使(せんでんし)面部(めんぶ)()がけて、209(ほね)(くだ)けよとばかり(ちから)()めて(なぐ)りつけむとする。
210 この(とき)(おそ)く、211かの(とき)(はや)く、212宣伝使(せんでんし)飛鳥(ひてう)(ごと)くヒラリと(たい)をかはし、213牛雲別(うしくもわけ)(あし)()をかくるや(いな)や、214牛雲別(うしくもわけ)はモンドリうつて、215さしもに(たか)巌上(がんじやう)より、216大地(だいち)にドツと(ばか)顛落(てんらく)する途端(とたん)に、217(からだ)(おも)みにて(やはら)かき(つち)(なか)頭部(とうぶ)をグサリと()し、218臀部(でんぶ)(てん)にむけ、219花立(はなたて)(ごと)調子(てうし)にて手足(てあし)藻掻(もが)()る。
220 (また)もや群集(ぐんしふ)(なか)より、
221(われ)蟹雲別(かにくもわけ)なり、222わが鉄拳(てつけん)(くら)へ』
223()ふより(はや)く、224拳骨(げんこつ)(かた)めて()つてかかるを、225宣伝使(せんでんし)は、
226『エヽ面倒(めんだう)なり』
227首筋(くびすぢ)(つか)んで、228(ねこ)(ひつさ)げし(ごと)片手(かたて)(つま)んで、229牛雲別(うしくもわけ)(うへ)(むか)つて()(おろ)したり。230牛雲別(うしくもわけ)両足(りやうあし)と、231蟹雲別(かにくもわけ)両足(りやうあし)はピタツと()うて、232ここに面白(おもしろ)軽業(かるわざ)(えん)ぜられたり。233(あたま)(あたま)とは(てん)()に、234(しり)(しり)(むか)(あは)して、235シリ()ひとなりぬ。236流石(さすが)両人(りやうにん)乱暴(らんばう)なる計画(けいくわく)も、237シリ滅裂(めつれつ)となりにける。
238(かみ)(まこと)(みち)取違(とりちがひ)いたすと、239(あたま)(つち)突込(つつこ)んで(あし)仰向(あふむ)けにして、240のたくらねばならぬぞよ』
241との神諭(しんゆ)そのままである。
242 (うし)(かに)との(りやう)雲別(くもわけ)は、243(あたま)(した)()しりの、244()()(あし)()つ、245ドタリと()けて()()ひとなり、246蟹雲別(かにくもわけ)()(あし)となつて大地(だいち)()(まは)可笑(をか)しさ、247(よそ)()()(あは)れなりける次第(しだい)なり。
248大正一一・二・二一 旧一・二五 桜井重雄録)