霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


【新着情報】霊界物語読者アンケート集計結果発表!(7/20)こちらのページです。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一二章 山上瞰下(さんじやうかんか)〔四四二〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第10巻 霊主体従 酉の巻 篇:第1篇 千軍万馬 よみ:せんぐんばんば
章:第12章 第10巻 よみ:さんじょうかんか 通し章番号:442
口述日:1922(大正11)年02月22日(旧01月26日) 口述場所: 筆録者:北村隆光 校正日: 校正場所: 初版発行日:1922(大正11)年8月20日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
一行は固虎の案内で、シラ山山脈を越えている。ロッキー山は西にそびえている。
珍山彦は淤藤山津見に、ロッキー山の伊弉冊命が本物かどうか、問いかけている。淤藤山津見は竜宮城で別れるときに、伊弉冊命が「ロッキー山に行く」と言っていたことを信じていた。
固虎も常世の国の人民一般は、ロッキー山に現れたのが真の伊弉冊命であると信じている、と言う。
珍山彦は、神様の経綸は表もあり裏もある、と言って、注意を促す。また、ロッキー山に行ってみて、現実が思っていたとおりと違っていても、信仰をぐらつかせることがあってはならない、と諭した。
固虎は、昨冬にここにいる松・竹・梅と同じ名前の宣伝使が常世城に囚われてきて、そのときの騒動で自分は門番から上役に変えられた、とこれまでの経緯を語った。
すると、ロッキー山の方から鬨の声が聞こえてきた。一行はシラ山の山頂でそれぞれ袂を分かち、各自行動することになった。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm1012
愛善世界社版:100頁 八幡書店版:第2輯 426頁 修補版: 校定版:104頁 普及版:46頁 初版: ページ備考:
001 固虎(かたとら)案内(あんない)にてシラ(やま)山脈(さんみやく)春風(はるかぜ)()かれながら、002(やうや)うにしてその(たうげ)(いただき)(たつ)したり。003(ひがし)には漂渺(へうべう)たる大海原(おほうなばら)004際限(さいげん)もなく展開(てんかい)し、005西(にし)(そび)ゆるロッキーの(やま)は、006中腹(ちうふく)より山巓(さんてん)にかけて、007(あるひ)()く、008(あるひ)(あは)叢雲(むらくも)(つつ)まれてゐる。
009 一行(いつかう)六人(ろくにん)(たうげ)青草(あをくさ)()ゆる芝生(しばふ)(うへ)(いき)(やす)め、010四方(よも)景色(けしき)()(あたら)しく(あら)ふ。
011珍山彦(うづやまひこ)『ホー、012淤縢山(おどやま)さま、013貴方(あなた)矢張(やつぱ)りロッキー(ざん)伊邪那美尊(いざなみのみこと)014()出神(でのかみ)()しますと(しん)じて()ますか』
015淤縢山津見(おどやまづみ)無論(むろん)(こと)です。016(これ)がどうして(しん)ぜられずに()れませうか。017(げん)竜宮城(りうぐうじやう)から御供(おとも)して海上(かいじやう)(わか)れた(とき)018(これ)からロッキー(ざん)()つて()(かく)す、019とお(くち)づから御言葉(おことば)(うけたま)はつたのですから』
020成程(なるほど)021それも無理(むり)のないことだが、022(わたくし)神懸(かむがか)りで()つた(こと)は、023如何(どう)しても(しん)じませぬか』
024(しん)じない(こと)もないですが、025(いま)(ところ)では五里霧中(ごりむちゆう)彷徨(はうくわう)するとでも()ふやうな心理(しんり)状態(じやうたい)です』
026神様(かみさま)御経綸(ごけいりん)は、027その大体(だいたい)(おい)一定不変(いつていふへん)であつても、028其処(そこ)には(また)(うら)もあり(おもて)もあるものだ。029(おく)(おく)にも(おく)があれば、030(そこ)(そこ)にも(そこ)がないほど(ふか)(そこ)のあるもの、031そこ(ところ)をよく審神(さには)せぬと大変(たいへん)間違(まちが)ひが(おこ)りますよ。032それだから(かみ)(みち)宣伝使(せんでんし)は、033見直(みなほ)し、034()(なほ)し、035()(なほ)せと神歌(しんか)(しめ)されてあるのですよ』
036『ハア、037その真偽(しんぎ)038当否(たうひ)(とき)問題(もんだい)です。039吾々(われわれ)一日(いちにち)(はや)万難(ばんなん)(はい)して(てき)(きび)しき警戒(けいかい)突破(とつぱ)し、040ロッキー(ざん)(のぼ)つてその消息(せうそく)(さぐ)つて()たいと(おも)ふのです』
041()(まを)すと()まぬが、042貴方(あなた)(こころ)(うち)恰度(ちやうど)043あのロッキー(ざん)(やう)ですよ。044半分(はんぶん)(くも)(つつ)まれ、045半分(はんぶん)(はる)野山(のやま)生地(きぢ)(あら)はして()るのと(おな)(こと)だ。046(こころ)(くも)()らさねば、047真実(ほんたう)(かみ)経綸(しぐみ)ハツキリしない。048この固虎(かたとら)()いたら一番(いちばん)よく(わか)るであらう』
049固虎(かたとら)『いえ、050(わたくし)(たしか)(こと)申上(まをしあ)げられませぬが、051常世神王(とこよしんわう)(あふ)せによれば、052伊邪那美(いざなみ)大神様(おほかみさま)053()出神(でのかみ)(さま)は、054ロッキー(ざん)()られるとの(こと)055常世城(とこよじやう)(まを)すに(およ)ばず、056一般(いつぱん)人民(じんみん)左様(さやう)だと(おも)つて(かた)(しん)じて()ります。057吾々(われわれ)も、058どちらかと()へば、059(しん)じて()(はう)仲間(なかま)ですよ』
060珍山彦(うづやまひこ)淤縢山(おどやま)さまと()ひ、061固虎(かたとら)さまと()ひ、062(じつ)曖昧(あいまい)模糊(もこ)(かんが)へですな。063貴方(あなた)精神(せいしん)不安(ふあん)ではありませぬか。064よくマア、065そんな(たよ)りない(こと)信念(しんねん)(つづ)くかと、066不思議(ふしぎ)(おも)はれてなりませぬワ』
067淤縢山津見(おどやまづみ)(なに)()つても、068愚昧(ぐまい)吾々(われわれ)人間(にんげん)(かんが)へで、069広大無辺(くわうだいむへん)神様(かみさま)御神業(ごしんげふ)ハツキリ(わか)るべきものでない。070(むし)(わか)らないのが当然(たうぜん)だらうと(おも)ひます。071神様(かみさま)御神業(ごしんげふ)(たい)して審神(さには)をしたり、072(あるひ)批評(ひへう)をするのは、073人間(にんげん)分際(ぶんざい)として僣越(せんえつ)だと(かんが)へて()ります。074(ただ)何事(なにごと)刹那心(せつなしん)で、075()(ところ)まで()かなくては(わか)らない』
076()伊邪那美神(いざなみのかみ)(さま)077()出神(でのかみ)(さま)贋物(にせもの)であつたら、078その(とき)貴方(あなた)如何(どう)(いた)しますか』
079『その(とき)(はじ)めて(こころ)雲霧(くもきり)()れ、080(こころ)(うみ)真如(しんによ)日月(じつげつ)(かがや)(わた)るのです。081(ただ)何事(なにごと)惟神(かむながら)です』
082(はら)()てる(やう)(こと)はありますまいか』
083三五教(あななひけう)宣伝歌(せんでんか)(とほ)り、084その(とき)こそは直日(なほひ)見直(みなほ)()(なほ)し、085()(なほ)覚悟(かくご)です』
086『ホー、087そのお(かんが)へならば貴方(あなた)宣伝使(せんでんし)及第点(きふだいてん)()られますよ。088大変(たいへん)信仰(しんかう)()(かた)(かは)つて()ましたなア。089信仰(しんかう)(ちから)(やま)をも(うご)かすと()(こと)があるが、090貴方(あなた)はあの(やま)自分(じぶん)(まへ)引寄(ひきよ)せるだけの信仰力(しんかうりよく)をもつて()ますか』
091到底(たうてい)そんな(こと)霊的(れいてき)(こと)で、092現実的(げんじつてき)には出来(でき)ますまい。093貴方(あなた)出来(でき)ますか』
094出来(でき)ますとも、095霊界(れいかい)のみでない、096現実的(げんじつてき)(わたくし)(まへ)(やま)引寄(ひきよ)せて()せませう。097貴方等(あなたがた)(わたくし)(うしろ)()いて御出(おい)でなさい。098()(ひるがへ)せば(あめ)となり、099()(くつが)へせば(くも)となる、100自由自在(じいうじざい)()(なか)101万々一(まんまんいち)(わが)言霊(ことたま)によつて(うご)いて()なかつた(とき)は、102(やま)(かみ)さまに(なに)御都合(ごつがふ)があつてお(いそが)しいのだらうから、103こちらの(はう)から(ある)いて()つて()(まへ)引寄(ひきよ)せるまでの(こと)ですよ』
104大抵(たいてい)ソンナ(こと)だと(おも)つて()た。105それなら吾々(われわれ)(うみ)でも引寄(ひきよ)せるワ』
106『オー、107固虎(かたとら)さま、108貴方(あなた)(いま)(いま)まで、109悪神(わるがみ)眷属(けんぞく)となつて大変(たいへん)吾々(われわれ)(くる)しめようとされたが、110ようマア(にはか)(てのひら)(かへ)した(やう)(かは)つたものですなア』
111固虎(かたとら)()(ひるがへ)せば(あめ)となり、112()(くつが)へせば(くも)となる』
113珍山彦(うづやまひこ)『オイオイ、114真似(まね)をしてはいかぬよ。115(あく)なら(あく)116(ぜん)なら(ぜん)117何処迄(どこまで)もつき(とほ)したら如何(どう)だ。118(わる)かつたと(おも)つて、119(にはか)精神(せいしん)(つばめ)(かへ)しにすると()ふのは、120日頃(ひごろ)剛毅(がうき)固虎(かたとら)さまにも似合(にあ)はぬではないか』
121『これは心得(こころえ)宣伝使(せんでんし)のお言葉(ことば)122(あく)(あやま)つて(ぜん)(しん)じた(とき)は、123何処(どこ)までも猛進(まうしん)するのが(をとこ)本領(ほんりやう)だ。124(わる)かつたと(おも)つて()がついた(とき)は、125(たちま)見直(みなほ)し、126()(なほ)し、127()(なほ)すのが(まこと)(をとこ)ではありますまいか』
128変説(へんせつ)改論(かいろん)御本尊(ごほんぞん)129()(なほ)しは結構(けつこう)だ。130(つの)()えた牛雲別(うしくもわけ)(くちばし)(するど)鷹取別(たかとりわけ)(はな)れて、131(うし)(うま)()()のり(なほ)すと()ふやうなものだなア』
132淤縢山津見(おどやまづみ)『アツハツハヽヽ、133面白(おもしろ)面白(おもしろ)い』
134珍山彦(うづやまひこ)固虎(かたとら)さま、135またロッキー(ざん)()つたら、136(つばめ)(かへ)しではないかなア。137変説(へんせつ)改論(かいろん)張本(ちやうほん)だから(あん)じられたものだよ』
138固虎(かたとら)(いは)より(かた)固虎(かたとら)(てつ)(やう)腹中(はらわた)()(くだ)さい。139さう馬鹿(ばか)にしたものぢやありませぬよ。140かたがた(もつ)無礼千万(ぶれいせんばん)なことを仰有(おつしや)いますが、141それに(つい)ても合点(がてん)のゆかぬは、142常世城(とこよじやう)昨冬(さくとう)不思議(ふしぎ)143(いま)此処(ここ)御座(ござ)三人(さんにん)宣伝使(せんでんし)(さま)(おな)()のついた宣伝使(せんでんし)が、144(はざま)(くに)から召捕(めしと)られて常世城(とこよじやう)()り、145常世神王(とこよしんわう)大変(たいへん)なお()()りであつた(ところ)146何時(いつ)()にやら(けむり)(やう)になつて()えて(しま)つたのです。147そのとき(わたくし)門番(もんばん)をやつて()ましたが、148照彦(てるひこ)()三五教(あななひけう)宣伝使(せんでんし)召捕(めしと)られて、149これまた不思議(ふしぎ)や、150(けむり)となつて()えて(しま)ひ、151種々(いろいろ)不思議(ふしぎ)(あら)はし、152常世神王(とこよしんわう)鷹取別(たかとりわけ)()(こころ)(まま)散々(さんざん)()()はし、153(わたくし)はその(とき)(ばつ)によつて、154門番(もんばん)から常世城(とこよじやう)上役人(うはやくにん)(おと)されましたのか、155()げられたのか、156イヤハヤ、157もう(わけ)(わか)らぬ(こと)ですよ。158(これ)所謂(いはゆる)159迷宮(めいきう)()ふのでせうか。160門番(もんばん)(にはか)(てん)(のぼ)つて羽振(はぶ)りを()かし、161大勢(おほぜい)家来(けらい)()れてカリガネ半島(はんたう)貴方等(あなたがた)(かこ)んで(ひと)手柄(てがら)をしようと(おも)つたらあの有様(ありさま)162改心(かいしん)せずには()れないぢやありませぬか』
163(こは)さ、164(おそ)ろしさ、165生命(いのち)()しさの改心(かいしん)真実(ほんたう)改心(かいしん)ぢやない、166怪心(くわいしん)だ。167固虎(かたとら)168()(なほ)しなさい』
169 この(とき)ロッキー(ざん)(はう)(あた)つて(とき)(こゑ)一時(いちじ)(きこ)(きた)る。170一行(いつかう)六人(ろくにん)は、
171『ヨー危機一髪(ききいつぱつ)だ。172(みな)さま、173(これ)から各自(めいめい)覚悟(かくご)(いた)しませう』
174(おも)(おも)ひに山頂(さんちやう)(むか)つて(たもと)(わか)ち、175(いよいよ)ロッキー(ざん)(たい)して自由(じいう)行動(かうどう)をとる(こと)となれり。176嗚呼(ああ)この結果(けつくわ)如何(いかん)177心許(こころもと)なくまた心強(こころづよ)し。
178大正一一・二・二二 旧一・二六 北村隆光録)
   
逆リンク[?]このページにリンクを張っている外部サイトを自動的に探して表示します。ブログの場合、トップページやカテゴリページは無視されます。エントリーのページだけです。該当ページからすでにリンクが削除されている場合もありますが、反映されるのに数週間かかります。[×閉じる]逆リンク集はこちら