霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


【新着情報】霊界物語読者アンケート集計結果発表!(7/20)こちらのページです。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一三章 (かに)将軍(しやうぐん)〔四四三〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第10巻 霊主体従 酉の巻 篇:第1篇 千軍万馬 よみ:せんぐんばんば
章:第13章 第10巻 よみ:かにのしょうぐん 通し章番号:443
口述日:1922(大正11)年02月22日(旧01月26日) 口述場所: 筆録者:外山豊二 校正日: 校正場所: 初版発行日:1922(大正11)年8月20日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
淤藤山津見は固虎を案内者としてロッキー山に向かった。ロッキー山に着いてみると、多数の魔軍は武装を整え、今や出陣せんとする真っ最中であった。
淤藤山津見は固虎を偵察に使わした。偵察に赴いた固虎は、城門で蟹彦にばったりと出くわした。
蟹彦はやはり門番から上役に変えられて、将軍となっていたのであった。蟹彦は、出陣の理由を語って聞かせた。
天教山から伊弉諾命が黄泉島に現れ、黄泉比良坂に向かって軍勢を率いて出陣してきたので、常世の国にとって重要な地点である黄泉比良坂を守るために、ロッキー山の「伊弉冊命」が出陣を命じたのだ、と語った。
さらに蟹彦は、ロッキー山の伊弉冊命は実は、大自在天の妻・大国姫命であり、ロッキー山の日の出神は、大自在天・大国彦命が化けているのだ、と明かした。そうして、広国別が常世城で常世神王に化けているのだ、と語った。
そして、蟹彦は、実は聖地エルサレムの家来・竹島彦命であり、大自在天常世神王の命によって、わざと横歩きをして門番と化けていたのだ、と素性を明かした。
蟹彦の竹島彦命は、今回の出陣の総大将を命じられている、という。そして、今回の戦いには松・竹・梅の三宣伝使が三個の桃の実としてどうしても必要であり、三個の桃の実がなければ、この戦いは勝ち目がないのだ、と秘密を明かし、出陣の準備に行ってしまった。
固虎は淤藤山津見のところへ戻って、委細を詳しく報告した。淤藤山津見は、ロッキー山の秘密が珍山彦の神懸りで託宣されたとおりであるので、驚き、かつ託宣を疑っていた自分を恥じた。
ロッキー山からは、蟹彦を総大将とした軍勢が次々と出陣していく。ロッキー山側は、国玉姫、田糸姫、杵築姫を偽の三個の桃の実に扮して、桃の実隊を組織している。
二人が軍勢の様子を見ていると、木霊の中に宣伝歌が聞こえてきた。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm1013
愛善世界社版:107頁 八幡書店版:第2輯 429頁 修補版: 校定版:111頁 普及版:49頁 初版: ページ備考:
001 固虎(かたとら)淤縢山津見神(おどやまづみのかみ)案内者(あんないしや)として、002山道(やまみち)()ぢ、003(たに)(わた)り、004間道(かんだう)()てロッキー(ざん)山麓(さんろく)()きしが、005数多(あまた)魔軍(まぐん)武装(ぶさう)(ととの)へ、006(いま)出陣(しゆつぢん)せむとする真最中(まつさいちう)なり。007淤縢山津見(おどやまづみ)偵察(ていさつ)(ため)固虎(かたとら)(つか)はして、008ロッキー(ざん)城塞(じやうさい)(むか)はしめ、009城門(じやうもん)()らむとする(とき)010ピタリと蟹彦(かにひこ)出会(しゆつかい)せり。
011蟹彦(かにひこ)『オー固虎(かたとら)012数多(あまた)軍勢(ぐんぜい)引率(ひきつ)れて、013()』の(くに)カリガネ半島(はんたう)宣伝使(せんでんし)捕縛(ほばく)すべく出陣(しゆつぢん)したではないか。014その()一向(いつかう)(なん)消息(せうそく)()かぬので、015如何(どう)なつたことかと(おも)つてゐたが、016(ただ)一人(ひとり)此処(ここ)()()たのは(なに)様子(やうす)があらう。017常世城(とこよじやう)へも(かへ)らず、018一体(いつたい)引率(いんそつ)した軍隊(ぐんたい)如何(どう)したのだい』
019固虎(かたとら)()うも()うもあつたものか。020(たたか)ひは(おほ)味方(みかた)(そん)ぜざるを(もつ)最上(さいじやう)とする。021(なに)()らぬ数多(あまた)戦士(いくさびと)(きず)つけるよりは、022(たか)()れた宣伝使(せんでんし)三人(さんにん)五人(ごにん)023計略(けいりやく)(もつ)常世城(とこよじやう)(おび)()するに()かずと、024取置(とつと)きの智慧(ちゑ)()したのだ。025マア()()()れ、026(この)(はう)(はたら)きを』
027門番(もんばん)成上(なりあが)()が、028あまり(えら)さうに法螺(ほら)()くない』
029門番(もんばん)成上(なりあが)りはお(たが)ひだ。030(しか)()騒々(さうざう)しく数多(あまた)戦士(いくさびと)(あつ)めて、031()出神(でのかみ)如何(どう)する(つも)りだい』
032『そんな()()けた(こと)()つて()るから(こま)るのだ。033貴様(きさま)()()らぬのか。034余程(よほど)(うす)のろだな。035常世(とこよ)(くに)の、036()とも(はな)とも喉首(のどくび)とも(たと)(がた)ない大事(だいじ)黄泉島(よもつじま)に、037天教山(てんけうざん)より伊弉諾神(いざなぎのかみ)(あら)はれ(たま)うて、038この(しこ)けき(きたな)黄泉国(よもつのくに)(はら)(きよ)め、039常世(とこよ)(くに)まで(すす)(きた)らむと、040智仁勇(ちじんゆう)兼備(けんび)神将(しんしやう)数多(あまた)引率(いんそつ)して、041黄泉比良坂(よもつひらさか)(むか)つて()めかけ(きた)(たま)うたと()(こと)だ。042さうなれば常世(とこよ)(くに)片顎(かたあご)()られたやうなもので、043滅亡(めつぼう)をするのは()のあたりだと()ふので、044伊弉冊大神(いざなみのおほかみ)(さま)045()出神(でのかみ)御大将(おんたいしやう)此処(ここ)数多(あまた)戦士(いくさびと)(あつ)め、046(これ)より常世城(とこよじやう)軍隊(ぐんたい)(がつ)し、047黄泉比良坂(よもつひらさか)進軍(しんぐん)せむとさるる間際(まぎは)なのだ。048貴様(きさま)(はや)軍隊(ぐんたい)引率(ひきつ)れて黄泉比良坂(よもつひらさか)(たたかひ)参加(さんか)せなくては、049千載一遇(せんざいいちぐう)好機(かうき)(いつ)するぞ。050愚図々々(ぐづぐづ)いたして(くい)後世(こうせい)(のこ)すな。051千騎一騎(せんきいつき)のこの場合(ばあひ)052手柄(てがら)をするなら(いま)この(とき)だ』
053神様(かみさま)夫婦(ふうふ)喧嘩(げんくわ)といふものは、054大袈裟(おほげさ)なものだな。055(いぬ)()はない夫婦(ふうふ)喧嘩(げんくわ)大勢(おほぜい)のものが、056馬鹿(ばか)らしくつて()けるものか。057(もし)(たたかひ)()つて生命(いのち)でも()られて()よ。058数万(すうまん)戦士(いくさびと)は、059何奴(どいつ)此奴(こいつ)可愛(かあい)女房(にようばう)()(わか)れねばならぬ。060たつた(ひと)つの夫婦(ふうふ)喧嘩(げんくわ)使(つか)はれて、061大勢(おほぜい)のものが後家(ごけ)にならねばならぬとは、062合点(がてん)()かぬ()(なか)だ』
063貴様(きさま)余程(よつぽど)よい薄馬鹿(うすばか)だ。064ロッキー(ざん)や、065常世城(とこよじやう)秘密(ひみつ)は、066うすうす(わか)つて()りさうなものぢやないか。067()らな()うてやらう。068伊弉冊命(いざなみのみこと)名乗(なの)つてござるのは、069その(じつ)大国姫命(おほくにひめのみこと)だ。070そして()出神(でのかみ)名乗(なの)つて()るのは、071その夫神(をつとがみ)大国彦命(おほくにひこのみこと)だよ。072固虎(かたとら)もそれが(わか)らぬ(やう)ではダメだよ』
073(はじ)めて()いた。074貴様(きさま)(はなし)益々(ますます)合点(がてん)がゆかなくなつて()た。075それなら常世神王(とこよしんわう)(たれ)だい。076蟹公(かにこう)()つてるだらう』
077常世神王(とこよしんわう)広国別(ひろくにわけ)だよ。078一旦(いつたん)()んだと()つて常世(とこよ)(くに)一般(いつぱん)のものを(たぶら)かし、079自分(じぶん)大国彦(おほくにひこ)(さま)相談(さうだん)結果(けつくわ)080広国別(ひろくにわけ)常世神王(とこよしんわう)になつて()るのだ。081これには(ふか)仔細(しさい)がある。082その秘密(ひみつ)(かぎ)(にぎ)つた蟹彦(かにひこ)は、083常世神王(とこよしんわう)内々(ないない)(たの)みに()つて、084(いま)まで故意(わざ)門番(もんばん)になつてゐたのだよ』
085『それなら貴様(きさま)は、086(もと)(たれ)だい』
087馬鹿(ばか)だな、088()(わか)らぬか。089(おれ)わざ身体(からだ)(ゆが)めて(よこ)(ある)き、090(かほ)にいろいろの(しる)()つて()けてゐたのだが、091もと(ただ)せば聖地(せいち)ヱルサレムの家来(けらい)であつた竹島彦命(たけしまひこのみこと)だよ。092(これ)から吾々(われわれ)先頭(せんとう)()つて、093黄泉比良坂(よもつひらさか)(むか)ふのだ。094(しか)軍機(ぐんき)秘密(ひみつ)()らされない、095他言(たごん)無用(むよう)だ。096(しか)(なが)ら、097ロッキー(ざん)伊弉冊大神(いざなみのおほかみ)さまは(まつた)くの贋物(にせもの)だ。098吾々(われわれ)本物(ほんもの)使(つか)はれるのは、099たとへ(てき)にもせよ気分(きぶん)がよいが、100生地(きぢ)をかくした鍍金(めつき)ものだと(おも)ふと、101(なん)だかモー(ひと)力瘤(ちからこぶ)這入(はい)らぬやうな心持(こころもち)がするよ』
102貴様(きさま)103今度(こんど)(たれ)大将(たいしやう)()くのだ』
104(きま)つたことだ、105これだよ』
106自分(じぶん)(はな)(おさ)へて()せる。
107(よわ)大将(たいしやう)だな。108今度(こんど)(たたか)ひは()ーの()だ。109何分(なにぶん)大将(たいしやう)間抜(まぬ)けだから仕方(しかた)がない』
110馬鹿(ばか)()ふな。111大将(たいしやう)馬鹿(ばか)がよいのだ。112あまり智慧(ちゑ)があつて、113コセコセ(いた)すと大局(たいきよく)(あやま)(おそれ)があるので、114この(うす)のろ竹島彦(たけじまひこ)全軍(ぜんぐん)統率(とうそつ)(にん)(あた)つて()るのだ。115これでも三軍(さんぐん)(しやう)だぞ。116あまり馬鹿(ばか)にしては(もら)ふまいかい。117(しか)固虎(かたとら)118五人(ごにん)宣伝使(せんでんし)何処(どこ)()いたのだ。119(まつ)120(たけ)121(うめ)三人(さんにん)(もも)()がなければこの(たたか)ひは勝目(かちめ)がないと、122伊弉冊命(いざなみのみこと)(さま)の……ドツコイ大国姫命(おほくにひめのみこと)御命令(ごめいれい)だ。123(はや)三人(さんにん)貴様(きさま)()にあるなら御目(おめ)にかけて、124抜群(ばつぐん)功名(こうみやう)をなし、125手柄者(てがらもの)(うた)はれるがよからう』
126『よし、127(いま)()せてやらう』
128(おれ)()せる必要(ひつえう)はないから、129(はや)伊弉冊(いざなみ)(にせ)大神(おほかみ)さまに御目(おめ)にかけるのだよ。130ヤア鳴雷(なるいかづち)131若雷(わかいかづち)132(はや)(きた)れ』
133(うま)(またが)法螺貝(ほらがひ)()()てながら、134ブウブウと口角(こうかく)(かに)のやうな(あわ)()ばして(すす)()く。
135 固虎(かたとら)蟹彦(かにひこ)(いつは)らざる()物語(ものがたり)()いて(むね)(をど)らせながら、136淤縢山津見(おどやまづみ)一切(いつさい)報告(はうこく)したるに、137淤縢山津見(おどやまづみ)(ふと)(いき)()き、
138『アヽさうか。139(うたが)はれぬは神懸(かむがか)りだ。140蚊々虎(かがとら)神懸(かむがか)りを(じつ)(こと)()へば、141(いま)まで(うたが)つてゐたのは(はづ)かしい。142審神(さには)容易(ようい)吾々(われわれ)(ごと)(めくら)では出来(でき)るものではない。143(しか)(なが)(これ)(おも)へば、144珍山彦(うづやまひこ)神変(しんぺん)不思議(ふしぎ)(ちから)には感嘆(かんたん)せざるを()ない。145()づまづ(しば)らく()(ひそ)めて、146様子(やうす)(うかが)ふことにしよう』
147と、148樹木(じゆもく)(しげ)れる森林(しんりん)(なか)両人(りやうにん)姿(すがた)(かく)(とき)()ちゐる。149蟹彦(かにひこ)竹島彦(たけしまひこ)一隊(いつたい)引率(いんそつ)し、150威風(ゐふう)凛々(りんりん)として四辺(あたり)(はら)出陣(しゆつぢん)した(あと)に、151(また)もや法螺貝(ほらがひ)(おと)152太鼓(たいこ)(ひびき)153ハテ(いぶ)かしやと()()(すか)して打眺(うちなが)め、154固虎(かたとら)頓狂(とんきやう)(こゑ)にて、
155『ヤア、156また第二隊(だいにたい)()()()るぞ。157第二隊(だいにたい)大将(たいしやう)(たれ)だか()らむ』
158淤縢山津見(おどやまづみ)御苦労(ごくらう)だが、159(てき)(ちか)()つて様子(やうす)(しら)報告(はうこく)して()れないか』
160(かしこ)まりました』
161といふより(はや)固虎(かたとら)は、162(ましら)(こずゑ)(つた)ふが(ごと)く、163しのびしのび敵前(てきぜん)(ちか)(すす)()く。164美山別(みやまわけ)陣頭(ぢんとう)()采配(さいはい)打揮(うちふる)ひながら、
165(すす)(すす)め』
166号令(がうれい)してゐる。167左右(さいう)副将(ふくしやう)土雷(つちいかづち)168伏雷(ふしいかづち)猛将(まうしやう)である。169(はな)(あざむ)(まつ)170(たけ)171(うめ)三人(さんにん)(ふん)したる国玉姫(くにたまひめ)172田糸姫(たいとひめ)173杵築姫(きつきひめ)馬上(ばじやう)(またが)りながら、174(もも)()(たい)として美々(びび)しき衣裳(いしやう)太陽(たいやう)(てら)されながら、175ピカリピカリと(すす)んで()る。176数多(あまた)軍勢(ぐんぜい)足音(あしおと)(そろ)へて、177種々(しゆじゆ)武器(ぶき)(たづさ)繰出(くりだ)仰々(ぎやうぎやう)しさ。178固虎(かたとら)直様(すぐさま)引返(ひきかへ)し、179淤縢山津見(おどやまづみ)詳細(しやうさい)顛末(てんまつ)報告(はうこく)したり。
180『ヤア、181御苦労(ごくらう)苦労(くらう)182ロッキー(ざん)軍人(いくさびと)はあれでしまひか』
183『ナニ、184ほんの一部分(いちぶぶん)です。185必要(ひつえう)(おう)じて()()()すかも()れませぬ』
186『ウン、187油断(ゆだん)のならぬ醜神(しこがみ)仕組(しぐみ)188吾々(われわれ)(ひと)(かんが)へねばならぬワイ』
189 このとき木霊(こだま)(ひび)宣伝歌(せんでんか)(こゑ)190二人(ふたり)(おも)はず()(こゑ)聞耳(ききみみ)()ました。191(たちま)東南(とうなん)(かぜ)()(すさ)んで(おと)(さわ)がしく、192宣伝歌(せんでんか)(かぜ)(おと)(つつ)まれにける。
193大正一一・二・二二 旧一・二六 外山豊二録)