霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一八章 常世馬場(とこよばんば)〔四四八〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第10巻 霊主体従 酉の巻 篇:第1篇 千軍万馬 よみ:せんぐんばんば
章:第18章 第10巻 よみ:とこよばんば 通し章番号:448
口述日:1922(大正11)年02月23日(旧01月27日) 口述場所: 筆録者:加藤明子 校正日: 校正場所: 初版発行日:1922(大正11)年8月20日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
常世城では門番たちが、のんきに話しにふけっていた。そこへ、ロッキー山からやってきた逆国別が到着した。
門を開けさせた逆国別は、城の出入り口を兵士たちに見晴らせて、乗馬のまま中門を潜り進んで行く。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm1018
愛善世界社版:142頁 八幡書店版:第2輯 442頁 修補版: 校定版:149頁 普及版:67頁 初版: ページ備考:
001 春日(はるひ)()れる常世城(とこよじやう)002(かすみ)棚引(たなび)天守閣(てんしゆかく)003ロッキー(ざん)とロッキー(じやう)004常世(とこよ)(しろ)()(あふひ)005()出神(でのかみ)自在天(じざいてん)006大国彦(おほくにひこ)(うたが)()けしとは露白旗(つゆしらはた)の、007ばたばた(かぜ)(ひるが)へる、008様子(やうす)()らぬ門番(もんばん)(ひろ)馬場(ばんば)芝生(しばふ)(うへ)に、009()(よこ)たへて雑談(ざつだん)(ふけ)()る。010高彦(たかひこ)は、
011『オイ倉彦(くらひこ)012去年(きよねん)(ふゆ)だつたかねえ、013(まつ)014(たけ)015(うめ)天女(てんによ)のやうな宣伝使(せんでんし)がやつて()て、016常世神王(とこよしんわう)さまが、017ほくほくもので、018(おしまひ)には逆上(のぼせあが)つて門番(もんばん)縮尻(しくじ)つた(やつ)重役(ぢゆうやく)にしたり、019一生懸命(いつしやうけんめい)(はたら)いた立派(りつぱ)なお役人(やくにん)門番(もんばん)昇級(しようきふ)さしたり、020照彦(てるひこ)といふ化物(ばけもの)()()()(まは)す、021(つき)022(ゆき)023(はな)()途方(とはう)途轍(とてつ)もない別嬪(べつぴん)がやつて()て、024この(ひろ)常世(とこよ)(しろ)は、025日々(にちにち)百花爛漫(ひやくくわらんまん)たる弥生(やよひ)陽気(やうき)()ちて、026糸竹管絃(しちくくわんげん)(ひび)きに、027吾々(われわれ)(みみ)(あな)掃除(さうぢ)をしたものだが、028コロリ転変(てんぺん)()(なか)029(しろ)(なか)だと(おも)うて()たら、030神王(しんわう)さまを(はじ)め、031吾々(われわれ)(まで)が、032この馬場(ばんば)だつたね、033夜露(よつゆ)(さら)されて馬鹿(ばか)()たことがある。034(きつね)(こゑ)が、035彼方(あちら)にも此方(こちら)にもコンコン、036クワイクワイ(きこ)えると(おも)へば、037駕籠(かご)()つて()照彦(てるひこ)も、038六人(ろくにん)(むすめ)(けむり)になつて()えてしまふなり、039怪体(けつたい)(こと)があつたものだ。040横歩(よこある)きの上手(じやうず)蟹彦(かにひこ)()が、041(えら)さうに竹島彦(たけしまひこ)名乗(なの)つて、042沢山(たくさん)軍隊(ぐんたい)引率(いんそつ)して黄泉島(よもつじま)出陣(しゆつぢん)する、043まるで()(なか)クラリ転変(てんぺん)だ。044(また)あんな(こと)があると、045門番(もんばん)だつて馬鹿(ばか)にならぬワ。046()てば海路(うなぢ)(かぜ)があると()(こと)だ。047ロッキー(ざん)常世城(とこよじやう)(みな)出陣(しゆつじん)して仕舞(しま)つて、048(あと)人物(じんぶつ)払底(ふつてい)()()るのだから、049きつと選抜(せんばつ)されて高彦(たかひこ)鷹取別(たかとりわけ)におなり(あそ)ばすかも()れないよ』
050倉彦(くらひこ)貴様(きさま)051()(なが)いので(ゆめ)でも()()るのか。052高彦(たかひこ)鷹取別(たかとりわけ)になつて、053化物(ばけもの)()(たま)(はな)(くじ)かれて、054(はな)ビシヤゲ(ひこ)となるも面白(おもしろ)からう』
055(なに)056(はな)(くらゐ)べしやげたつて(かま)ふものか、057鷹取別(たかとりわけ)矢張(やは)鷹取別(たかとりわけ)ぢや。058三軍(さんぐん)(しやう)として威風堂々(ゐふうだうだう)四辺(あたり)(はら)ひ、059黄泉島(よもつじま)数多(あまた)(ぐん)引率(いんそつ)して()美々(びび)しい姿(すがた)は、060この高彦(たかひこ)()から()ても(じつ)羨望(せんばう)(いた)りだつたよ』
061(よく)熊高彦(くまたかひこ)062(また)()けると()(こと)()つて()るかい』
063『めくらの、064ぼんくらの、065なまくら(ひこ)066(なに)(ぬか)しよるのだ。067(ひと)出世(しゆつせ)(うん)にあるのだ。068(おれ)(うん)貴様(きさま)(わか)るか』
069貴様(きさま)ウン()らぬものがあるかい。070この(あひだ)雪隠(せつちん)()くのが邪魔(じやま)くさいと()ひよつて、071(はし)(たもと)行灯(あんど)のかきたて坊子(ばうし)のやうな(かたち)をした、072どえらい左巻(ひだりまき)()れたぢやないか。073沢山(たくさん)金蠅(きんばへ)()()よつて、074ブンブンと(くろ)くなるほどたかつて()た。075貴様(きさま)鷹取別(たかとりわけ)ぢやないはへたかり(ひこ)糞野郎(くそやらう)だなア』
076(こま)つた(やつ)だなア。077(うん)()(こと)はそんなものぢやないワイ』
078『それなら(なん)だ』
079(うん)()うたら、080(くも)(うへ)まで出世(しゆつせ)をする(こと)だ。081それにどんな(のぞ)みでも、082ここの大将(たいしやう)常世神王(とこよしんわう)さまが(うん)()つたら最後(さいご)083あの横歩(よこある)きの糞垂腰(ばばたれごし)蟹彦(かにひこ)でも上役(うはやく)になつたぢやないか。084どうだ(わか)つたか、085(うん)因縁(いんねん)が』
086『あゝさうか、087ウンと()へば出世(しゆつせ)出来(でき)るのだな。088それなら貴様(きさま)常世神王(とこよしんわう)上役(うはやく)089脇立(わきだち)にしてやらう、090ウン、091ウン、092ウン』
093(なん)だ、094雪隠(せつちん)這入(はい)つて(また)げたやうな(こゑ)()しよつて、095そんな(うん)(なん)になるか』
096 かく雑談(ざつだん)(ふけ)(をり)しも、097数十騎(すうじつき)(うま)(またが)り、098此方(こなた)(むか)つて(いきほひ)よく(すす)(きた)(もの)あり。
099『イヨー、100ロッキー(じやう)から(また)(なん)だか上使(じやうし)がやつて()たぞ。101かうしては()られない、102(はや)這入(はい)つて(もん)()めるのだ』
103二人(ふたり)狼狽(あわ)てて(もん)(うち)()()み、104(かんぬき)をがたりと()れ、
105高彦(たかひこ)『サア、106(うん)(ひら)(ぐち)だ。107この(もん)(ひら)けといつたが最後(さいご)108ウンと()うて(ひら)くのだよ』
109倉彦(くらひこ)『オイオイ、110さう(こころ)(やす)(ひら)いちや価値(かち)がないぞ。111蟹彦(かにひこ)のやうに出世(しゆつせ)をしようと(おも)へば、112(ちから)(いつ)ぱい、113頑張(ぐわんば)つて()るのだ』
114 かかる(ところ)へ、115逆国別(さかくにわけ)数多(あまた)部下(ぶか)()()門前(もんぜん)(あら)はれ、
116『ロッキー(ざん)(やかた)姫神(ひめがみ)伊諾冊大神(いざなみのおほかみ)117ロッキー(じやう)御大将(おんたいしやう)()出神(でのかみ)御上使(ごじやうし)逆国別(さかくにわけ)118常世神王(とこよしんわう)急用(きふよう)あり、119一時(いちじ)(はや)くこの(もん)(ひら)け』
120二人(ふたり)『ヤア、121()でたお()でた、122いよいよ(うん)(ひら)(ぐち)123これだから(つら)門番(もんばん)辛抱(しんばう)せいと()ふのだ。124(いぬ)(ある)けば(ぼう)(あた)る』
125(わけ)()らずに(よろこ)んで()る。126門外(もんぐわい)よりは(こゑ)(たか)く、
127『ヤア、128何故(なぜ)この(もん)()けぬか、129門番(もんばん)(ねむ)つて()るのか』
130高彦(たかひこ)『オー、131ロッキー(ざん)上使(じやうし)とかや、132大切(たいせつ)なる役目(やくめ)(かうむ)るこの門番(もんばん)133(ひる)日中(ひなか)(ねむ)(やつ)があつて(たま)らうか。134何程(なにほど)立派(りつぱ)御上使(ごじやうし)でも、135(この)(もん)()()ては、136門番(もんばん)権利(けんり)だ。137(あたま)ごなしに呶鳴(どな)()てな、138駄目(だめ)だぞ』
139倉彦(くらひこ)『オイ、140もつとカスリ(ごゑ)()さぬか。141そんな間抜(まぬ)けた、142竹筒(たけづつ)()いたやうな(こゑ)では、143おちこぼれがないぞ。144底抜(そこぬ)野郎(やらう)
145 門外(もんぐわい)より、
146(はや)()けよ、147(とき)(せま)つた』
148(しき)りに(たた)く。149両人(りやうにん)は、
150『オイ、151()(かく)()けての(うへ)御分別(ごふんべつ)だ』
152(かんぬき)(はづ)し、153左右(さいう)にパツと表門(おもてもん)(ひら)く。154逆国別(さかくにわけ)乗馬(じやうば)(まま)(もん)(くぐ)()り、
155『ホー、156(みな)(もの)157常世城(とこよじやう)東西南北(とうざいなんぼく)鉄門(かなど)警護(けいご)(いた)せ。158一人(いちにん)たりとも()のがしてはならぬぞ』
159()()て、160ドシドシ中門(なかもん)(むか)つて(すす)()る。161(たか)162(くら)(あと)()つかけ、163一生懸命(いつしやうけんめい)(うま)尻尾(しつぽ)(すが)りつき、
164高彦(たかひこ)『モシモシ、165逆国別(さかくにわけ)さま、166みだりに中門(なかもん)(くぐ)(こと)出来(でき)ませぬ』
167逆国別(さかくにわけ)上使(じやうし)(むか)つて不都合(ふつがふ)千万(せんばん)168退(さが)れツ』
169(うま)『ヒンヒン、170ブウブウブウ』
171倉彦(くらひこ)『ヤア、172馬鹿(ばか)にしやがる、173(くさ)()()がしよつて、174()三升(さんじよう)のくづ(まめ)(くら)ひ、175十六文(じふろくもん)二足(にそく)(くつ)穿()きよつて、176この倉彦(くらひこ)さまに()くらはし、177音高彦(おとたかひこ)さまとは洒落(しやれ)けつかる。178モシモシ御上使(ごじやうし)179(もの)註文(ちゆうもん)する(とき)には前金(ぜんきん)()りますぜ。180あなたが中門(なかもん)(ひら)けと仰有(おつしや)るなら、181此方(こちら)にも註文(ちゆうもん)がある』
182 かくする(うち)183中門(なかもん)はサラリと(ひら)いた。184逆国別(さかくにわけ)乗馬(じやうば)のまま中門(なかもん)(くぐ)らむとする。185高彦(たかひこ)186倉彦(くらひこ)頓狂(とんきやう)(こゑ)()して、
187『ヤア、188この(もん)みだりに()るべからず。189下馬下乗(げばげじやう)だツ、190(さが)れツ』
191呶鳴(どな)りつけるを、192逆国別(さかくにわけ)数人(すうにん)家来(けらい)(とも)に、193委細(ゐさい)かまはず(おく)(おく)へと(すす)()る。
194高彦(たかひこ)『たうとう我慢(がまん)(つよ)い、195這入(はい)つて仕舞(しま)ひよつた』
196倉彦(くらひこ)門番(もんばん)権威(けんゐ)もよい加減(かげん)なものだなア。197貴様(きさま)()(とほ)り、198倉彦(くらひこ)照山彦(てるやまひこ)で、199貴様(きさま)鷹取別(たかとりわけ)になるかも()れないぞ。200まア、201そんな心配(しんぱい)らしい(かほ)をすな。202ヨウヨウ、203(もん)()()かないものだから、204吾々(われわれ)無断(むだん)駕籠(かご)(みつ)つも這入(はい)つて()よる。205また昨年(さくねん)(ふゆ)のやうに、206(まつ)207(たけ)208(うめ)化物(ばけもの)かも()れないぞ』
209『これが出世(しゆつせ)(みちび)きだ。210昨年(さくねん)もさうだつたらう。211三人(さんにん)(をんな)()て、212(つぎ)(つよ)照彦(てるひこ)がやつて()(あば)れよつて、213その(あと)へまた三人(さんにん)綺麗(きれい)(をんな)這入(はい)つて()ただろう。214その(とき)騒動(さうだう)のお(かげ)で、215蟹彦(かにひこ)(やつ)216(いま)立派(りつぱ)三軍(さんぐん)(しやう)となりよつたのだ。217うまいうまい』
218()ひながら(もん)ぴしやり()め、219(かんぬき)をおろし、
220『サアサア、221これから(つぎ)(まく)だ。222また(つよ)(やつ)(やぶ)つて這入(はい)つて()るまで、223()けてはならないぞ』
224 この(とき)何処(いづく)ともなく、225破鐘(われがね)のやうな(こゑ)がして、
226天狗(てんぐ)鼻高彦(はなたかひこ)227(こころ)目倉彦(めくらひこ)228(いま)(うん)(ひら)かぬぞよ。229ウワハヽヽヽ』
230 二人(ふたり)(おも)はず(こゑ)する(はう)(むか)つて仰天(ぎやうてん)したり。
231大正一一・二・二三 旧一・二七 加藤明子録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
10/28霊界物語音読第37、38、63巻と、大本神諭、伊都能売神諭をアップしました。
10/26【霊界物語ネット】大本神諭を「年月日順」で並べた時の順序が、一部おかしいものがあったので修正しました。(os176,192,193,191,235 の5つ)