霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
テキストのタイプ[?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示[?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌[?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注[?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色
外字1の色
外字2の色

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


誰も知らなかった日本史
〈 2016年6月3日緊急発刊 〉
王仁三郎昇天50年目に発見された新事実が明らかになる!
『切紙神示と共に甦る孝明天皇の遺勅(予言) 誰も知らなかった日本史 皇室に隠された重大な真実』
出口恒(著) 飯塚弘明(協力) ヒカルランド
アマゾン等で絶賛発売中!
本書の中に出てくる資料は「出口王仁三郎大学」でダウンロードできます
【新着情報】2017/3/17 王仁三郎関連書籍のPDFがこちらでダウンロードできます。たくさんあります。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第二三章 (かみ)慈愛(じあい)〔四五三〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第10巻 霊主体従 酉の巻 篇:第1篇 千軍万馬 よみ:せんぐんばんば
章:第23章 神の慈愛 よみ:かみのじあい 通し章番号:453
口述日:1922(大正11)年02月25日(旧01月29日) 口述場所: 筆録者:松村真澄 校正日: 校正場所: 初版発行日:1922(大正11)年8月20日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
そこへ大自在天・大国彦がやってきて、常世城の広国別が攻め寄せてきた、と伝えた。そして自分はここで広国別を迎え撃つが、大国姫は黄泉島へ行って神軍と最後の決戦をするように命じた。
大国姫が黄泉島へ向かって出立すると、固虎と淤藤山津見がやってきて、大国彦にロッキー城の落城を告げた。大国彦は慌てて二人を連れてロッキー城に駆けつけると、そこには人影もなく、ただ城門が開け放たれているのみであった。
淤藤山津見と固虎は自らの三五教への改心を明かし、大国彦に降伏を迫った。大国彦は最後の力を振り絞って大刀を抜き放ち、二人に撃ってかかる。二人は剣の下をかいくぐり、表門めがけて逃げ出した。
固虎は逃げながら、三五教の教えのために大国彦に反撃できないことを嘆くが、淤藤山津見は固虎に、敵といえどもすべては神の子であり、神の子を傷つけることはできない、と諭し、大国彦に改心を迫るのはまたの機会にしよう、と告げた。
二人を追って来た大国彦は、この会話を聞いて三五教の仁慈に富んだ教えに心を打たれ、大声をあげて泣きはじめた。大国彦は、泣き声を聞きつけた淤藤山津見に対して、改心を申し出た。
淤藤山津見は大国彦に、これから常世城に向かって広国別を言向け和そう、と促した。三人が常世城に向かうと、常世城の竹山彦らの軍勢は案に相違して、歓呼で迎えた。
これより、常世城とロッキー山には、十耀の神旗が翻った。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:
愛善世界社版:172頁 八幡書店版:第2輯 453頁 修補版: 校定版:179頁 普及版:80頁 初版: ページ備考:
001 大国姫命(おほくにひめのみこと)は、002武虎別(たけとらわけ)(とも)に、003(この)()(あや)しき光景(くわうけい)(きも)(うば)はれ、004呆然(ばうぜん)として(なん)(ことば)もなく(たたず)()(をり)しも、005()出神(でのかみ)(しよう)する大自在天(だいじざいてん)大国彦(おほくにひこ)は、006四五(しご)従者(じうしや)(とも)()()(あら)はれ(きた)り、
007『ヤア、008ロッキー(じやう)大変(たいへん)(こと)(おこ)つて()た。009常世城(とこよじやう)常世神王(とこよしんわう)010数多(あまた)軍勢(ぐんぜい)引連(ひきつ)叛逆(はんぎやく)(くはだ)て、011味方(みかた)(おい)ては淤縢山津見(おどやまづみ)012固虎彦(かたとらひこ)(もつ)(これ)(あた)らしめ()れども、013始終(しじう)勝利(しようり)覚束(おぼつか)なし。014(なんぢ)大国姫(おほくにひめ)015(いま)より(ひそ)かに黄泉島(よもつじま)(わた)伊弉冊尊(いざなみのみこと)(しよう)して出陣(しゆつぢん)し、016味方(みかた)士気(しき)鼓舞(こぶ)(もつ)大勝利(だいしようり)(はく)し、017神軍(しんぐん)追払(おつぱら)へよ。018(しか)らば如何(いか)広国別(ひろくにわけ)(いきほひ)(たけ)()(きた)るとも、019(なんぢ)武威(ぶゐ)(おそ)れて(たちま)降服(かうふく)せむ。020本城(ほんじやう)立籠(たてこも)り、021暗々(やみやみ)広国別(ひろくにわけ)(ほろ)ぼされむは(さく)()たるものに(あら)ず。022(われ)(これ)より本城(ほんじやう)(とどま)りて、023()()(てき)()()たむ。024(なんぢ)一時(いちじ)(はや)黄泉島(よもつじま)(むか)へ』
025大国姫(おほくにひめ)委細(ゐさい)承知(しようち)(つかまつ)りました。026(しか)しながら怪事(くわいじ)(おほ)(この)城中(じやうちう)027十二分(じふにぶん)御注意(ごちうい)あれ』
028()()て、029(あま)磐船(いはふね)()りて天空(てんくう)(とどろ)かしながら、030四五(しご)従兵(じうへい)(とも)に、031黄泉島(よもつじま)(むか)つて(いそ)(すす)()く。
032 この(とき)(また)もや門外(もんぐわい)(さわ)がしく、033淤縢山津見(おどやまづみ)は、034固山彦(かたやまひこ)(とも)周章(あわただ)しく()(きた)り、
035()出神(でのかみ)申上(まをしあ)げます。036ロッキー(じやう)は、037最早(もはや)(かたな)()()()き、038(つひ)(てき)占領(せんりやう)する(ところ)となりました』
039日出神(ひのでのかみ)『エヽ腑甲斐(ふがひ)なき奴輩(やつばら)()040(われ)(これ)より広国別(ひろくにわけ)(ぐん)(むか)勝敗(しようはい)(けつ)せむ。041淤縢山津見(おどやまづみ)042固虎(かたとら)043(われ)(つづ)け』
044()ひながら、045駿馬(しゆんめ)(またが)り、046威風(ゐふう)凛々(りんりん)として少数(せうすう)軍卒(ぐんそつ)(ひき)ゐ、047ロッキー山城(さんじやう)(あと)()て、048ロッキー(じやう)(むか)つて()けつくる。
049 ロッキー(じやう)(いた)()れば、050表門(おもてもん)開放(かいはう)され、051一人(ひとり)敵軍(てきぐん)もなければ味方(みかた)(かげ)もなし。052(にせ)()出神(でのかみ)(あや)しみながら、053将卒(しやうそつ)(ひき)ゐて四方(しはう)(こころ)(くば)りつつ奥深(おくふか)(すす)()る。054()れば、055(きつね)(こゑ)四方(しはう)八方(はつぱう)より、
056狐々怪々(こんこんくわいくわい)
057 (せき)として人影(ひとかげ)もなし。
058日出神(ひのでのかみ)合点(がてん)()かぬ(いま)鳴声(なきごゑ)059アイヤ、060淤縢山津見(おどやまづみ)061固虎彦(かたとらひこ)062(のこ)(くま)なく捜索(そうさく)せよ』
063淤縢山津見(おどやまづみ)『オー、064(われ)こそは三五教(あななひけう)宣伝使(せんでんし)065(いま)まで(なんぢ)味方(みかた)()ひしは、066(なんぢ)悪逆無道(あくぎやくぶだう)(こら)さむ(ため)なり。067サア、068()くなる以上(いじやう)尋常(じんじやう)降服(かうふく)するか』
069『エヽ』
070固山彦(かたやまひこ)(なんぢ)()出神(でのかみ)()(いつは)り、071ロッキー(じやう)立籠(たてこも)り、072神界(しんかい)経綸(けいりん)根底(こんてい)より破壊(はくわい)せむとせし悪鬼(あくき)羅刹(らせつ)張本(ちやうほん)073()くなる以上(いじやう)は、074(かく)るるとも()ぐるとも、075最早(もはや)(ちから)(およ)ばぬ。076覚悟(かくご)(いた)せ』
077日出神(ひのでのかみ)『ヤー残念(ざんねん)至極(しごく)078大国姫(おほくにひめ)黄泉島(よもつじま)(むか)つて進軍(しんぐん)し、079部下(ぶか)勇将(ゆうしやう)猛卒(まうそつ)は、080(あるひ)出陣(しゆつぢん)(あるひ)遁走(とんそう)し、081(いま)はわが()(ひと)つの、082如何(いかん)とも(すべ)なし。083サア、084汝等(なんぢら)()るなら()れよ、085(ころ)すなら(ころ)せよ』
086淤縢山津見(おどやまづみ)『アイヤ(にせ)()出神(でのかみ)087よつく()け。088天地(てんち)神明(しんめい)(あい)(もつ)(こころ)となし(たま)ふ。089吾々(われわれ)人間(にんげん)として如何(いかん)ともなし(がた)きは空気(くうき)(みづ)()とである。090()するも()くるも(かみ)御心(みこころ)だ。091(いたづら)(なんぢ)(ごと)(いのち)(うば)ひて(なん)(かう)かあらむ。092仮令(たとへ)肉体(にくたい)()するとも、093(なんぢ)(れい)(ふたた)悪鬼(あくき)となりて天下(てんか)横行(わうかう)し、094妖邪(えうじや)(おこな)ふは()()るが(ごと)し。095(われ)(なんぢ)生命(いのち)(うば)ひて(もつ)事足(ことたる)れりとなすものでない。096(なんぢ)霊魂中(れいこんちう)割拠(かつきよ)せる悪霊(あくれい)()(あらた)めしめ、097(あるひ)退去(たいきよ)せしめ、098改過遷善(かいくわせんぜん)(じつ)()げさせむと(ほつ)するのみ。099三五教(あななひけう)(なんぢ)らの主張(しゆちやう)(ごと)き、100武器(ぶき)(もつ)(ひと)征服(せいふく)し、101(あるひ)他国(たこく)略奪(りやくだつ)するものにあらず。102至仁(しじん)至愛(しあい)(かみ)(をしへ)103よつく(みみ)(あら)つて聴聞(ちやうもん)せよ』
104『オー、105小賢(こざか)しき(なんぢ)言葉(ことば)106()(みみ)()たぬ。107()くなる以上(いじやう)最早(もはや)吾等(われら)(うん)(つき)108(きた)へに(きた)へし都牟刈太刀(つむがりのたち)(あぢ)はつて()よ』
109()ふより(はや)く、110太刀(たち)をズラリと()()いて、111淤縢山津見(おどやまづみ)112固山彦(かたやまひこ)()つて()かるその(いきほひ)(すさま)じく、113(あたか)阿修羅王(あしゆらわう)()(くる)ふが(ごと)し。114淤縢山津見(おどやまづみ)115固山彦(かたやまひこ)(つるぎ)(した)をくぐり、116一目散(いちもくさん)表門(おもてもん)()して()(いだ)す。
117日出神(ひのでのかみ)『ヤア、118卑怯(ひけふ)未練(みれん)(やつ)119ナゼ尋常(じんじやう)勝負(しようぶ)(いた)さぬか』
120固山彦(かたやまひこ)『エヽ残念(ざんねん)だ、121淤縢山津見(おどやまづみ)さま、122如何(いか)三五教(あななひけう)(たま)(をしへ)なればとて、123(かく)(ごと)侮辱(ぶじよく)()けながら、124(はた)()(ほこ)(をさ)めて、125この()()ぐるは卑怯(ひけふ)()られませう。126変事(へんじ)(さい)して(つるぎ)威徳(ゐとく)(あら)はすは、127(かみ)(ゆる)(たま)ふべし』
128淤縢山津見(おどやまづみ)『イヤイヤ、129至仁(しじん)至愛(しあい)(かみ)(こころ)(もつ)(われ)(この)()()ぐるなり。130竜虎(りうこ)(とも)(たたか)はば(いきほ)(たがひ)(まつた)からず。131(かれ)()るか、132()らるるか、133(かれ)(かみ)()134(われ)(かみ)()135(かみ)御子(みこ)同士(どうし)(きず)つけ()ふは、136親神(おやがみ)(たい)して申訳(まをしわけ)なし。137(しばら)(かれ)鋭鋒(えいほう)()けて、138(あらた)めて(とき)(うかが)()(あらた)めしめむと(おも)ふ』
139『エヽ三五教(あななひけう)(まこと)(もつ)()(にく)(をしへ)であるワイ』
140地団駄(ぢだんだ)()んで口惜(くや)しがる。141()出神(でのかみ)()(がく)れに(あと)をつけ(きた)り、142この(はなし)()いて(おほ)いに(おどろ)き、143(おも)はず、
144『ワツ』
145とばかり()()しにける。
146固山彦(かたやまひこ)『ヤア、147なんだか(くら)がりに泣声(なきごゑ)(いた)しますよ』
148淤縢山津見(おどやまづみ)『さうだなア、149(なん)だか(めう)泣声(なきごゑ)だ、150よく()(こゑ)だ。151ヤア、152暗中(あんちう)()(さけ)ぶは何人(なんびと)なるぞ』
153 暗中(あんちう)より、
154(わたくし)()出神(でのかみ)()(いつは)つた大国彦(おほくにひこ)であります。155只今(ただいま)貴方(あなた)仁慈(じんじ)()める御言葉(おことば)()いて、156感涙(かんるい)(むせ)(おも)はず()きました。157(わたくし)今迄(いままで)(あく)翻然(ほんぜん)として()(あらた)めます。158どうぞ御赦(おゆる)(くだ)さいませ』
159淤縢山津見(おどやまづみ)『ホー、160満足々々(まんぞくまんぞく)161()くならば(てき)味方(みかた)もない、162(まつた)兄弟(きやうだい)だ。163兄弟(きやうだい)(たす)けたさに、164(われ)宣伝使(せんでんし)となつて苦労(くらう)(いた)して()るのだ。165貴方(あなた)()らるる(ごと)く、166(われ)(もと)大逆無道(たいぎやくぶだう)醜国別(しこくにわけ)167(かみ)仁慈(じんじ)(あめ)(よく)し、168()(あらた)めて宣伝使(せんでんし)となりし(もの)169かくなる(うへ)貴下(きか)(とも)(これ)より常世城(とこよじやう)(すす)み、170常世神王(とこよしんわう)広国別(ひろくにわけ)(かみ)(をしへ)帰順(きじゆん)せしめむ』
171固山彦(かたやまひこ)『ヤア、172流石(さすが)淤縢山津見(おどやまづみ)さま、173本当(ほんたう)感心(かんしん)だ。174実地(じつち)()教訓(けうくん)()けました。175サアサア()出神(でのかみ)……ではない大国彦(おほくにひこ)殿(どの)176これより常世城(とこよじやう)(むか)ひませう』
177 (おど)上手(じやうず)淤縢山津見(おどやまづみ)178(かた)一方(いつぱう)固山彦(かたやまひこ)179()から()()()出神(でのかみ)の、180意外(いぐわい)憂目(うきめ)大国彦(おほくにひこ)181(いま)(まつた)()(あらた)めて、182(こころ)(こま)(いさ)()ち、183三人(さんにん)一同(いちどう)連銭葦毛(れんぜんあしげ)駿馬(しゆんめ)(またが)り、184魔神(まがみ)(たけ)常世(とこよ)(やみ)常世城(とこよじやう)185(むら)がる(てき)(もの)ともせず、186(かみ)(ちから)信仰(しんかう)(つゑ)に、187生死(せいし)(さかひ)超越(てうゑつ)し、188勇気(ゆうき)()して(てき)群衆(ぐんしう)(むか)つて、189(うま)(ひづめ)(おと)(いさ)ましく、190ハイヨーハイヨと(むち)(くは)へて(すす)()く。
191 竹山彦(たけやまひこ)その()部将(ぶしやう)は、192この光景(くわうけい)()て、193抵抗(ていかう)するかと(おも)ひの(ほか)194馬上(ばじやう)より、
195『ヤア、196大国彦命(おほくにひこのみこと)197ウローウロー、198目出度(めでた)しめでたし、199一時(いちじ)(はや)奥殿(おくでん)()らせられよ』
200(あん)相違(さうゐ)挨拶(あいさつ)ぶり、201大国彦(おほくにひこ)怪訝(けげん)(ねん)()られながら、202淤縢山津見(おどやまづみ)203固山彦(かたやまひこ)(とも)に、204馬上(ばじやう)ゆたかに(おく)(おく)へと(すす)()く。205(いま)まで雲霞(うんか)(ごと)大軍(たいぐん)()えしは、206(ゆめ)(まぼろし)()()せて跡形(あとかた)もなく、207奥殿(おくでん)には嚠喨(りうりやう)たる音楽(おんがく)(ひび)(わた)爽快(さうくわい)()(せま)る。208一同(いちどう)(おく)()端坐(たんざ)し、209天津祝詞(あまつのりと)奏上(そうじやう)宣伝歌(せんでんか)(とな)ふ。
210 (これ)よりロッキー(じやう)常世(とこよ)(しろ)も、211十曜(とえう)神旗(しんき)(ひるが)へり、212神徳(しんとく)讃美(さんび)する(こゑ)天地(てんち)(ひび)き、213常世国(とこよのくに)一時(いちじ)天国(てんごく)楽園(らくゑん)(くわ)したるぞ目出度(めでた)けれ。
214大正一一・二・二五 旧一・二九 松村真澄録)