霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第二五章 木花開(このはなびらき)〔四五五〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第10巻 霊主体従 酉の巻 篇:第1篇 千軍万馬 よみ:せんぐんばんば
章:第25章 第10巻 よみ:このはなびらき 通し章番号:455
口述日:1922(大正11)年02月25日(旧01月29日) 口述場所: 筆録者:上西真澄 校正日: 校正場所: 初版発行日:1922(大正11)年8月20日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
伊弉諾命の凱旋に、伊弉冊命は戦勝の歌を歌った。そしてあをぎが原の神殿の奥深くに姿を隠した。
続いて木花姫命、日の出神が喜びの歌を歌った。天教山は、神々の歓喜の声に包まれた。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm1025
愛善世界社版:187頁 八幡書店版:第2輯 458頁 修補版: 校定版:194頁 普及版:87頁 初版: ページ備考:
001天雲(あまぐも)伊行(いゆ)きはばかる遠近(をちこち)
002鮮岳(せんがく)清山(せいざん)()()でし
003天教山(てんけうざん)真秀良場(まほらば)
004(こころ)もつくしの(やま)(うへ)
005地底(ちそこ)(くに)より()(いだ)
006(たけ)火口(くわこう)(むか)ひたる
007天津日向(あまつひむか)のあをぎ(はら)
008(きたな)(くに)(いた)りたる
009(しこ)のけがれを(きよ)めむと
010神伊邪那岐(かむいざなぎ)大神(おほかみ)
011()出神(でのかみ)諸共(もろとも)
012千五百軍(ちいほいくさ)()(つど)
013浅間(あさま)(うみ)()()ちて
014御身(おんみ)(けがれ)(はら)ひます
015大神業(だいしんげふ)(いさ)ましき
016(てん)(をしへ)(つゑ)となし
017(すす)衝立船戸神(つきたちふなどがみ)
018(こころ)(おび)(かた)()
019曲言向(まがことむ)けし(かむ)ながら
020道之長乳歯彦(みちのながちはひこ)(かみ)
021国治立(くにはるたち)大神(おほかみ)
022御稜威(みいづ)御裳(みも)になり()でし
023(みち)蘊奥(おくが)時置師(ときおかし)
024一度(いちど)(ひら)()(はな)
025()りては(むす)大御衣(おほみけし)
026(かみ)(こころ)和豆良比能(わづらひの)
027宇斯能御神(うしのみかみ)御褌(みはかま)
028なります(かみ)道俣神(ちまたがみ)
029(こころ)(そら)飽咋(あくぐひ)
030宇斯能御神(うしのみかみ)(かかぶ)りに
031(いただ)(まつ)左手(ゆんで)手纏(たまき)
032(すく)ひの御手(みて)曲神(まがかみ)
033(けが)れの(うへ)奥疎神(おきさかるかみ)
034四方(よも)大海(おほうみ)国原(くにはら)
035(かみ)(こころ)奥津那芸佐毘古(おきつなぎさびこ)
036奥津甲斐弁羅神(おきつかひべらのかみ)
037神世幽界辺疎神(かみよかくりよへざかるのかみ)
038辺津那芸佐毘古(へつなぎさびこ)
039辺津甲斐辺羅神(へつかひべらのかみ)
040十二柱(じふにはしら)(かみ)たちは
041黄泉(よもつ)(しま)()でまして
042この()曲霊(まがひ)(てら)(たま)ふとき
043(けがれ)()れし(かみ)ぞかし
044アヽ(うるは)しく(たふと)さの
045(かぎ)()られぬ神業(かむわざ)
046(かぎ)()られぬ神業(かむわざ)よ。
047 伊邪那美大神(いざなみのおほかみ)
048久方(ひさかた)天津御神(あまつみかみ)言霊(ことたま)
049伊吹(いぶき)狭霧(さぎり)黄泉島(よもつじま)
050黄泉軍(よもついくさ)言向(ことむ)けて
051(やみ)よりくらき烏羽玉(うばたま)
052常夜(とこよ)(そら)()(わた)
053(あめ)(つち)とに()(わた)
054()出神(でのかみ)功績(いさをし)
055この()(ひかり)となりぬべし
056三五(もちひ)(つき)(いや)まさり
057御魂(みたま)(きよ)月照彦(つきてるひこ)
058(かみ)のみことの宣伝使(せんでんし)
059(たふと)御代(みよ)大足彦(おほだるひこ)
060(かみ)のみことの言霊別(ことたまわけ)
061(さか)しき(くに)(たひら)けく
062(せま)けき(くに)弘子(ひろやす)
063(かみ)伊吹(いぶき)(はら)はれて
064()曲神(まがかみ)少彦名(すくなひこな)
065(かみ)(ひかり)高照姫(たかてるひめ)
066(こころ)(きよ)真澄姫(ますみひめ)
067八咫(やあた)(かがみ)純世姫(すみよひめ)
068(きよ)(をしへ)竜世姫(たつよひめ)
069地教(ちけう)(やま)(あら)はれし
070神伊邪那美大神(かむいざなみのおほかみ)
071御稜威(みいづ)(かがや)瑞御魂(みづみたま)
072()望月(もちづき)永遠(とこしへ)
073(まる)(をさ)まる五六七(みろく)()
074天津御国(あまつみくに)国原(くにはら)
075堅磐常磐(かきはときは)常立(とこたち)
076開化(ひら)くる御世(みよ)(たの)しけれ
077天津御神(あまつみかみ)御教(みをしへ)
078一度(いちど)(ひら)()(はな)
079()(にほ)ふなる天教山(てんけうざん)
080(みね)永遠(とこしへ)動揺(ゆるぎ)なく
081天津日嗣(あまつひつぎ)何時(いつ)までも
082(かは)らざらまし(かみ)御世(みよ)
083豊葦原(とよあしはら)瑞穂国(みづほくに)
084御稜威(みいづ)(たか)厳御魂(いづみたま)
085この()(どろ)をことごとく
086(あら)(きよ)むる瑞御魂(みづみたま)
087(いづ)(みづ)との二神柱(ふたはしら)
088(てん)(あら)はれ()(うま)
089(きよ)神世(かみよ)経緯(たてよこ)
090(にしき)御旗(みはた)()りなして
091天津御空(あまつみそら)(ほし)(ごと)
092八洲(やしま)(くに)(すな)(ごと)
093(あめ)益人(ますひと)()()みて
094()永久(とこしへ)永遠(とことは)
095(くも)()()高砂(たかさご)
096(うづ)島ケ根(しまがね)(じやう)(うば)
097千歳(ちとせ)(まつ)(いや)(しげ)
098(さか)()きせぬ(かみ)(くに)
099(かぎ)りも()れぬ青雲(あをくも)
100棚引(たなび)(きは)白雲(しらくも)
101向伏(むかふ)(かぎ)りたてよこの
102(かみ)御稜威(みいづ)(をさ)むべし
103(かみ)御稜威(みいづ)(をさ)むべし』
104(うた)(をは)らせ、105伊邪那美大神(いざなみのおほかみ)あをぎ(はら)神殿(しんでん)(ふか)御姿(みすがた)(かく)(たま)ふ。
106 木花姫命(このはなひめのみこと)満面(まんめん)(ゑみ)(たた)へ、107諸神(しよしん)(まへ)(あら)はれ(たま)ひて声音(せいおん)(ほがら)かに(うた)(たま)ふ。
108豊葦原(とよあしはら)中国(なかくに)
109一輪(いちりん)(きよ)(かん)ばしく
110(にほ)へる(しろ)(うめ)(はな)
111神世(かみよ)(むかし)(めぐ)()
112国治立(くにはるたち)大神(おほかみ)
113()()(こころ)(くば)らせし
114常夜(とこよ)(くに)()(わた)
115曲津軍(まがついくさ)服従(まつろ)ひて
116一度(いちど)(ひら)()(はな)
117うましき御代(みよ)となりにけり
118(やみ)より(くら)()(なか)
119天津御神(あまつみかみ)神言(みこと)もて
120黄泉(よもつ)(しま)天降(あまくだ)
121(しこ)国原(くにばら)言向(ことむ)けて
122()出神(でのかみ)(あらは)れし
123(あめ)(つち)との大道別(おほみちわけ)
124(かみ)(みこと)(いさ)ましく
125事戸(ことど)(わた)琴平別(ことひらわけ)
126(いづ)御魂(みたま)百引千引(ももびきちびき)
127(いは)をも()ぬく誠心(まごころ)
128(つらぬ)(とほ)(くは)(ゆみ)
129弓張月(ゆみはりづき)(そら)(たか)
130(かがや)(わた)神々(かみがみ)
131(いさを)(きよ)天教山(てんけうざん)
132尾根(をね)()()言霊(ことたま)
133(うみ)(かがみ)(うつ)るなり
134(うつ)(かは)るは()(なか)
135(なら)ひと()けど()花姫(はなひめ)
136()(にほ)ふなる(はる)()
137(またた)(うち)(くれなゐ)
138色香(いろか)(なつ)若緑(わかみどり)
139(すず)しき(かぜ)(おく)られて
140四方(よも)山々(やまやま)錦織(にしきお)
141紅葉(もみぢ)()りて木枯(こがらし)
142(かぜ)()(すさ)雪霜(ゆきしも)
143ふる(こと)()にかへり()
144(こころ)(くば)神々(かみがみ)
145(こころ)(くば)神々(かみがみ)
146(はる)(はな)()今日(けふ)()
147(わが)(むね)さへも(ひら)くなり
148(わが)(むね)さへもかをるなり
149かをりゆかしき(かみ)(みち)
150一度(いちど)(ひら)(うめ)(はな)
151一度(いちど)(ひら)(うめ)(はな)
152一度(いちど)(ひら)(うめ)(はな)
153 ()出神(でのかみ)は、154神人(かみがみ)らの総代(そうだい)として凱旋(がいせん)(うた)()ませ(たま)ひぬ。155その(うた)
156()若宮(わかみや)()れませる
157神伊邪那岐(かむいざなぎ)大神(おほかみ)
158(いも)伊邪那美(いざなみ)大神(おほかみ)
159天津御神(あまつみかみ)神言(みこと)もて
160(あめ)(つち)との中空(なかぞら)
161()(わた)されし浮橋(うきはし)
162()たせ(たま)ひて二柱(ふたはしら)
163(つき)御柱大神(みはしらおほかみ)
164(あま)瓊矛(ぬほこ)をさしおろし
165(あふ)(みなぎ)泥海(どろうみ)
166こをろこをろにかきなして
167豊葦原(とよあしはら)中津国(なかつくに)
168筑紫(つくし)日向(ひむか)のたちばなの
169をどのあをぎが(はら)()
170天降(あまくだ)りまし()花姫(はなひめ)
171(かみ)(みこと)諸共(もろとも)
172この()(どろ)(きよ)めつつ
173(うづ)(くに)()(しま)()
174(よろづ)神人(かみびと)()みまして
175山川草木(やまかはくさき)(かみ)()
176大宮柱(おほみやはしら)太知(ふとし)りて
177(しづ)まり(たま)(をり)からに
178天足(あだる)(ひこ)胞場姫(えばひめ)
179(しこ)(たま)より(あらは)れし
180八岐大蛇(やまたをろち)鬼狐(おにきつね)
181(あら)ぶる(かみ)(おとなひ)
182(よろづ)(わざはひ)()(おこ)
183常夜(とこよ)(やみ)となり()てし
184()(てら)さむと(うづ)御子(みこ)
185()出神(でのかみ)事依(ことよ)さし
186大道別(おほみちわけ)名乗(なの)らせて
187世界(せかい)(まが)をことごとに
188言向(ことむ)(やは)せと()(たま)
189(ちから)稜威(いづ)もなき(われ)
190(めぐ)みの(ふか)()花姫(はなひめ)
191三十三相(みそみすがた)()(へん)
192(たす)(たま)ひし御恵(みめぐ)みに
193(ちから)()はりて四方(よも)(くに)
194荒振(あらぶ)(まが)言向(ことむ)けて
195黄泉(よもつ)(しま)(たたか)ひに
196(かみ)御稜威(みいづ)(あら)はせし
197その功績(いさをし)()花姫(はなひめ)
198(かみ)のみことの稜威(いづ)ぞかし
199(いづ)御魂(みたま)瑞御魂(みづみたま)
200三五(もちひ)(つき)御教(みをしへ)
201世界(せかい)(くま)なく()(わた)
202千尋(ちひろ)(うみ)(そこ)(ふか)
203(たつ)宮居(みやゐ)烏羽玉(うばたま)
204(くら)根底(ねそこ)(くに)までも
205天津(あまつ)()かげの永遠(とこしへ)
206(あか)(てら)さむ(かみ)(みち)
207富士(ふじ)鳴門(なると)のこの経綸(しぐみ)
208富士(ふじ)鳴門(なると)のこの経綸(しぐみ)
209(いや)永遠(とこしへ)永遠(とこしへ)
210(かみ)大道(おほぢ)天地(あめつち)
211(とも)(ひら)かむ、いざさらば
212(しづ)まりませよ(もも)(かみ)
213(しづ)まりいませ(もも)(かみ)
214桃上彦(ももがみひこ)(うづ)御子(みこ)
215堅磐常磐(かきはときは)松代姫(まつよひめ)
216(こころ)すぐなる竹野姫(たけのひめ)
217色香(いろか)目出(めで)たき梅ケ香姫(うめがかひめ)
218(かみ)(みこと)三柱(みはしら)
219意富加牟豆美(おほかむづみ)(もも)()
220この()(あらは)厳御魂(いづみたま)
221(みづ)御魂(みたま)何時(いつ)までも
222三五(みいづ)(つき)御教(みをしへ)
223堅磐常磐(かきはときは)(まも)()
224堅磐常磐(かきはときは)(まも)()せ』
225 この御歌(みうた)数多(あまた)神々(かみがみ)歓喜(くわんき)(こゑ)()たされて、226さしもに(たか)天教山(てんけうざん)()るる(ばか)りの光景(くわうけい)なりき。
 
227 ()(はな)(しづ)まり(たま)ふこの(みね)
228  不二(ふじ)三山(みやま)()()(わた)
229大正一一・二・二五 旧一・二九 上西真澄録)