霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
テキストのタイプ[?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示[?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌[?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注[?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色
外字1の色
外字2の色

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


誰も知らなかった日本史
〈 2016年6月3日緊急発刊 〉
王仁三郎昇天50年目に発見された新事実が明らかになる!
『切紙神示と共に甦る孝明天皇の遺勅(予言) 誰も知らなかった日本史 皇室に隠された重大な真実』
出口恒(著) 飯塚弘明(協力) ヒカルランド
アマゾン等で絶賛発売中!
本書の中に出てくる資料は「出口王仁三郎大学」でダウンロードできます
【新着情報】2017/3/17 王仁三郎関連書籍のPDFがこちらでダウンロードできます。たくさんあります。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第二七章 言霊解(げんれいかい)一〔四五七〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第10巻 霊主体従 酉の巻 篇:第2篇 禊身の段 よみ:みそぎのだん
章:第27章 言霊解一 よみ:げんれいかい一 通し章番号:457
口述日:1920(大正9)年01月15日(旧11月25日) 口述場所: 筆録者:谷村真友[#講演筆録] 校正日: 校正場所: 初版発行日:1922(大正11)年8月20日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
伊邪那岐神は陽神、伊邪那美神は陰神である。天地の陰陽はめぐるが、人の息は双んで出入をなす。人の息は、両神の宮である。
天の浮橋は、水火おのずからめぐって縦横を成す。孕んで胎内に初めて動くのが、天の浮橋である。
伊邪那岐命と伊邪那美命の神徳は、地球を修理固成し、生成化育を止まないようにする御神徳を持ち、発揮する。
伊邪那岐命は天津神の心を奉戴して大地を保ち、善道にいざなう水火様である。伊邪那美命は身体地球の基台となり暗黒界を照らし給う。太陰の活用あり、月の大神様、瑞の御魂である。
伊邪那岐命が『吾は厭醜悪穢国に到りて在りけり』と言ったのは、現代が道義の廃れた状態であることを言うのである。
筑紫の日向の立花の小門の阿波岐原に到り、禊をしたというのは、大々的宇宙の大修祓を断行することを宣言したのである。「筑紫の日向の立花の小門の阿波岐原」は、霊系である高皇産霊神の神業を大成する霊場である。
美曾岐は風と水の霊徳を発揮してあらゆる汚穢を祓い塵埃を清める修祓である。
伊邪那岐命が帯を投げ捨てたというのは、すべての教育・宗教・倫理の学説を、根本から革正する、ということである。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:
愛善世界社版:203頁 八幡書店版:第2輯 464頁 修補版: 校定版:209頁 普及版:92頁 初版: ページ備考:
初出[?]この文献の初出または底本となったと思われる文献です。[×閉じる]神霊界 > 大正10年1月1日号(第133号)【出口王仁三郎執筆】 > 皇典と現代(四)
001   皇典(くわうてん)美曽岐(みそぎ)(だん)
 
002(ここ)(もつ)伊邪那岐大神(いざなぎのおほかみ)()(たま)はく』
003(ここ)(もつ)て』とは(さき)の「黄泉大神(よもつおほかみ)事戸(ことど)(わた)(たま)ひ」云々(うんぬん)御本文(ごほんぶん)()けて()へる言葉(ことば)であります。
004 イザナギ(みこと)御名義(ごめいぎ)は、005大本言霊(おほもとことたま)(すなは)(たい)より解釈(かいしやく)する(とき)は、006(いき)なり、007(さそ)ふなり、008(ならぶ)ことなり、009()にして(すなは)()(かみ)010陽神(やうしん)なり。011イザナミ(みづ)にして陰神(いんしん)なり、012所謂(いはゆる)気誘双神(いざなみのかみ)()御名(みな)であつて、013天地(てんち)陰陽(いんやう)(なら)びて(めぐ)り、014(ひと)(いき)(なら)びて出入(しゆつにふ)呼吸(いき)をなす、015(ゆゑ)呼吸(いき)両神(りやうしん)(いま)すの(みや)である。016(いき)胞衣(えな)(うち)(はじ)めて()くを(なづ)けて天浮橋(あめのうきはし)()ふ。017その意義(いぎ)(おのづか)らと()ふこと、018(めぐ)ることである。019ウキはウキ、020ウクと活用(はたら)き、021ハシはハシ、022ハス活用(はたら)(ことば)である。023(みづ)にして外字(うき)(なり)024(みづ)にして(よこ)をなす、025(すなは)外字(はし)である。026水火(いき)自然(おのづから)(めぐ)り、027浮発(ふはつ)して縦横(たてよこ)()すを天浮橋(あめのうきはし)()ふ。028大本神諭(おほもとしんゆ)に『()大本(おほもと)世界(せかい)大橋(おほはし)029この(はし)(わた)らねば世界(せかい)(こと)(わか)らぬぞよ。030(たて)(よこ)との守護(しゆご)()(ひら)くぞよ。031()大神(おほかみ)(つき)神様(かみさま)は、032(この)()御先祖様(ごせんぞさま)であるぞよ』とあるは()意味(いみ)(ほか)ならぬのであります。
033 天地(てんち)(およ)人間(にんげん)(はじ)めて()(ひら)く、034(これ)二神(にしん)天浮橋(あめのうきはし)()ちてと()ふのである。035(はら)みて胎内(たいない)(はじ)めて(うご)くは、036天浮橋(あめのうきはし)であり(あや)大橋(おほはし)である。037(かく)(ごと)天地(てんち)()()()き、038(ひと)(いき)()()きて、039(その)(すゑ)(しめ)りて(つゆ)(ごと)(たま)()す、040()塩累積成(しほかさなりつもりな)(しま)である。041水火(みづひ)シホであり、042シマ(みづ)なり、043(まどら)かと()(こと)で、044水火累積(しほこり)水円(しま)()し、045(いき)(しめり)をなす、046その(いき)(おの)づと()(かた)まる、047(これ)淤能碁呂嶋(おのころしま)()ふのである。048(えう)するに伊邪那岐(いざなぎ)049伊邪那美(いざなみ)二神(にしん)は、050地球(ちきう)修理固成(しうりこせい)し、051(もつ)生成(せいせい)化々(くわくわ)()まざるの御神徳(ごしんとく)保有(ほいう)し、052(かつ)(これ)発揮(はつき)し、053万有(ばんいう)根元(こんげん)()(たま)大神(おほかみ)である。054(しか)一旦(いつたん)黄泉国(よみのくに)(かみ)(くだ)らせ(たま)へる(とき)伊邪那美(いざなみ)大神(おほかみ)は、055(つひ)一日(いちにち)千人(せんにん)(ころ)さむ、056(まを)(たま)ふに立到(たちいた)つたのであります。057(さら)日本言霊学(につぽんげんれいがく)(よう)より二神(にしん)神名(しんめい)解釈(かいしやく)すれば、058伊邪那岐命(いざなぎのみこと)万有(ばんいう)基礎(きそ)となり土台(どだい)となり、059大金剛力(だいこんがうりき)発揮(はつき)して修理固成(しうりこせい)神業(しんげふ)成就(じやうじゆ)し、060天津神(あまつかみ)(こころ)奉体(ほうたい)して大地(だいち)(たも)ち、061万能(ばんのう)万徳(ばんとく)兼備(けんび)⦿()根元(こんげん)(さだ)め、062永遠無窮(ゑいゑんむきう)()(とほ)し、063天津御祖(あまつみおや)(しん)となり、064善道(ぜんだう)(いざな)火水様(かみさま)である。065(つぎ)伊邪那美命(いざなみのみこと)は、066三元(さんげん)()(たい)根元(こんげん)()し、067身体(しんたい)地球(ちきう)基台(きだい)となり(たま)となりて暗黒界(あんこくかい)(てら)(たま)ふ、068太陰(たいいん)活用(くわつよう)ある神様(かみさま)であつて、069(つき)大神様(おほかみさま)であり、070(みづ)御霊(みたま)である。071(かく)(ごと)尊貴(そんき)円満(ゑんまん)仁慈(じんじ)(かみ)も、072黄泉国(よもつのくに)神去(かむさ)ります(とき)は、073やむを()ずして体主霊従(たいしゆれいじう)(かみ)化生(くわせい)(たま)ふのである。074此処(ここ)には御本文(ごほんぶん)により男神(をがみ)のみの御活動(ごくわつどう)解釈(かいしやく)(たてまつ)るのであります。
075()厭醜悪(いなしこめしこめき)穢国(きたなきくに)(いた)りて()りけり』
076 言霊(げんれい)(あめ)(なり)077(あま)(なり)078自然(しぜん)(なり)079()(なり)080七十五声(しちじふごせい)総名(そうみやう)(なり)081()にして(いう)(なり)082空中(くうちう)水霊(すゐれい)(なり)083これを(もつ)(かんが)ふれば、084()とは宇宙(うちう)万有(ばんいう)一切(いつさい)代名詞(だいめいし)である。085この宇宙(うちう)万有(ばんいう)一切(いつさい)(うへ)醜悪(しうあく)汚穢(をゑ)充満(じうまん)して、086(じつ)黄泉国(よみのくに)状態(じやうたい)立到(たちいた)つたと()(こと)である。087現代(げんだい)(じつ)(てん)()(その)()一切(いつさい)事物(じぶつ)(みな)イナシコメシコメキキタナキ(くに)()()てて()るのである。088政治(せいぢ)外交(ぐわいかう)教育(けういく)実業(じつげふ)道義(だうぎ)(みな)(ことごと)(すた)れて、089(かみ)(まも)(たま)ふてふ天地(てんち)なるを(うたが)ふばかりになつて()()るのであります。
090(ゆゑ)()御身(おほみま)祓為(はらひせ)なと()りたまひて、091筑紫(つくし)日向(ひむか)立花(たちはな)小門(をど)阿波岐原(あはぎはら)(いた)りまして美曽岐(みそぎ)(はら)ひたまひき』
092 大々的(だいだいてき)宇宙(うちう)(およ)国家(こくか)修祓(しうばつ)断行(だんかう)せむと()りたまうたのである。093御神諭(ごしんゆ)に、094三千世界(さんぜんせかい)大洗濯(おほせんだく)095大掃除(おほさうぢ)(てん)御三体(ごさんたい)大神(おほかみ)御命令(ごめいれい)()りて、096(うしとら)金神(こんじん)立替立直(たてかへたてなほ)しを(いた)()になりたぞよ』と(しめ)されたるは、097(すなは)美曽岐(みそぎ)大神事(だいしんじ)であります。
098 実相(じつさう)真如(しんによ)決断力(けつだんりよく)(なり)099照応力(せうおうりよく)(なり)
100 (くらやみ)交代(かうたい)(なり)101三大暦(さんだいれき)本元(ほんげん)(なり)102深奥(しんおう)(きよく)(なり)
103 ()現在(げんざい)(なり)104皇国(くわうこく)北極(ほくきよく)(なり)105天橋立(あまのはしだて)(なり)
106 天賦(てんぷ)(まま)(なり)107産霊子(むすびのこ)(なり)108無障(さはりなき)(なり)
109 顕幽(けんいう)貫徹(くわんてつ)(なり)110無狂(くるひなき)(なり)111本末一貫(ほんまついつくわん)(なり)
112 ()(さだ)(なり)113(くに)億兆(おくてう)()(なり)114真身(まみ)(むすび)(なり)
115 ()()(なり)116際立(きはだ)(かは)(なり)117(ひか)(かがや)(なり)
118 (つづ)(ことば)(なり)
119 対照力(たいせうりよく)(なり)120平均力(へいきんりよく)(なり)121()(あま)(なり)
122 (あふ)(きは)まる(なり)123造化(ざうくわ)(ともな)(なり)124(おや)(くらゐ)(なり)
125 太陽(たいやう)材料(ざいれう)(なり)126天体(てんたい)(たも)(なり)127(はる)(なり)
128 火水(ひみづ)(なり)129真空(しんくう)全体(ぜんたい)(なり)130()調(ととの)(なり)131水素(すゐそ)全体(ぜんたい)(なり)
132 大本初頭(おほもとはじめ)(なり)133大母公(だいぼこう)(なり)134円象入眼(ゑんしやうにふがん)(なり)
135 ()(ひら)(なり)136(あめ)(いろ)(なり)137()(なり)138()(なり)
139 霊魂(れいこん)本相(ほんさう)(なり)140天津御祖(あまつみおや)(しん)(なり)141循環無端(じゆんかんむたん)(なり)
142 切断力(せつだんりよく)(なり)143フアの(むすび)(なり)144辺際(へんさい)()(なり)
145 高皇産霊(たかみむすび)(なり)146本末(ほんまつ)打合(うちあ)(なり)147無量寿(むりやうじゆ)(もとゐ)(なり)
148 以上(いじやう)言霊(ことたま)(つづ)むる(とき)は、149筑紫(つくし)日向(ひむか)(たちばな)小戸(をど)阿波岐原(あはぎはら)は、150実相(じつさう)真如(しんによ)顕彰(けんしやう)にして一切(いつさい)事物(じぶつ)照応(せうおう)し、151決断力(けつだんりよく)具有(ぐいう)して、152暗黒界(あんこくかい)照変(せうへん)し、153神政(しんせい)樹立(じゆりつ)し、154御倉棚(みくらたな)(かみ)なる宇宙(うちう)経綸(けいりん)三大暦(さんだいれき)(すなは)恒天暦(かうてんれき)155太陽暦(たいやうれき)156太陰暦(たいいんれき)大本元(だいほんげん)(きは)めて、157深甚玄妙(しんじんげんめう)(きよく)闡明(せんめい)し、158現在(げんざい)()(さい)する(ため)天橋立(あまのはしだて)なる皇国(くわうこく)北極(ほくきよく)天賦(てんぷ)自然(しぜん)産霊子(むすびのこ)生成化育(せいせいくわいく)して、159障壁(しやうへき)なく(くる)ひなく顕幽(けんいう)貫徹(くわんてつ)160本末一貫(ほんまついつくわん)161(もつ)万象(ばんしやう)押定(おしさだ)め、162真身(しんしん)(むすび)()りて(くに)億兆(おくてう)悉皆(しつかい)完成(くわんせい)し、163光輝(くわうき)(もつ)神徳(しんとく)発揚(はつやう)し、164青天(せいてん)白日(はくじつ)瑞祥(ずゐしやう)(てら)して、165宇宙(うちう)一切(いつさい)大変革(たいへんかく)(もつと)迅速(じんそく)敢行(かんかう)(たま)ひ、166上下一致(しやうかいつち)167顕幽一本(けんいういつぽん)168平均力(へいきんりよく)(もつ)て、169善悪(ぜんあく)美醜(びしう)清濁(せいだく)対照(たいせう)し、170全智全能(ぜんちぜんのう)にして、171(おや)たるの(くらゐ)(たも)ち、172(あふ)(きは)まる霊力(れいりよく)(もつ)造化(ざうくわ)(ともな)ひ、173太陽(たいやう)(ひと)しき稜威(りようゐ)顕彰(けんしやう)して天体(てんたい)保有(ほいう)し、174(はる)長閑(のどか)なる(まつ)()改立(かいりつ)し、175真空(しんくう)全体(ぜんたい)たる霊魂球(れいこんきう)涵養(かんやう)し、176水素(すゐそ)本元(ほんげん)たる(つき)本能(ほんのう)(てら)して、177宇宙(うちう)一切(いつさい)完成(くわんせい)調理(てうり)し、178万有(ばんいう)(むす)びて(いち)()し、179天地(てんち)(まつ)人道(じんだう)(まも)り、180国家(こくか)(たひら)けく(やす)らけく(をさ)(さち)はひ、181男性的(だんせいてき)機能(きのう)発揮(はつき)し、182大仁(だいじん)大慈(だいじ)神心(しんしん)(てら)し、183造化(ざうくわ)機関(きくわん)たる(くらゐ)(たも)ち、184(もと)(うる)はしき神世(かみよ)()(もど)し、185円象入眼(ゑんしやうにふがん)186(すべ)ての(れい)(たい)生命(せいめい)眼目(がんもく)(あた)へ、187大母公(だいぼこう)として()大本(おほもと)となり、188初頭(はじめ)(あら)はれ、189無限(むげん)()無極(むきよく)(ひら)き、190蒼天(さうてん)(いろ)(ごと)(きよ)く、191()(たか)(ひろ)く、192生成化育(せいせいくわいく)(とく)上下(しやうか)末葉(まつえう)(およ)ぼし、193天津御祖神(あまつみおやがみ)(しん)体得(たいとく)し、194循環(じゆんかん)(きは)まりなく、195各自(かくじ)霊魂(れいこん)本相(ほんさう)()(つく)し、196妖邪(えうじや)切断(せつだん)()辺際(へんさい)見極(みきは)め、197言霊力(げんれいりよく)(もつ)破邪顕正(はじやけんせい)し、198本末(ほんまつ)相対(あひたい)して()(きよ)(あら)ひ、199一切(いつさい)無量寿(むりやうじゆ)たるの根基(こんき)達成(たつせい)すべき霊系(れいけい)高皇産霊(たかみむすび)神業(しんげふ)大成(たいせい)する霊場(れいぢやう)()ふことである。200現代(げんだい)()(おい)て、201(かく)(ごと)霊場(れいぢやう)たる神界(しんかい)経綸地(けいりんち)が、202(はた)して日本国(につぽんこく)存在(そんざい)するであらう()203()存在(そんざい)せりとせば、204(その)地点(ちてん)何国(いづくに)(いづ)れの方面(はうめん)であらう()205大本人(おほもとびと)()はず、206日本人(につぽんじん)()はず、207世界(せかい)人類(じんるゐ)は、208(いそ)探究(たんきう)すべき問題(もんだい)であらうと(おも)ふのであります。
209 (つぎ)美曽岐(みそぎ)言霊(ことたま)解釈(かいしやく)すれば、
210 (みづ)(なり)211太陰(たいいん)(なり)212(みつ)(なり)213()(なり)214(みち)(なり)215(たま)()(なり)
216 (かぜ)(たね)(なり)217()衣服(いふく)(なり)218⦿()包裏(つつみ)()(なり)
219 活貫(いきつらぬ)(なり)220(しろ)()(なり)221(いろ)(うしな)(なり)222(よろづ)(わた)(なり)
223 (えう)するに、224所在(あらゆる)汚穢(をゑ)(きよ)塵埃(ぢんあい)(はら)ひ、225(かぜ)(みづ)との霊徳(れいとく)発揮(はつき)して、226清浄(せいじやう)無垢(むく)神世(かみよ)玉成(ぎよくせい)し、227虚栄(きよえい)虚飾(きよしよく)()り、228万事(ばんじ)(わた)りて充実(じうじつ)し、229活気(くわつき)凛々(りんりん)たる神威(しんゐ)顕彰(けんしやう)し、230金甌無欠(きんおうむけつ)神政(しんせい)施行(しかう)して、231宇内(うだい)一点(いつてん)妖邪(えうじや)(とど)めざる大修祓(だいしうばつ)大神事(だいしんじ)()ふのである。232現代(げんだい)趨勢(すうせい)は、233世界(せかい)一般(いつぱん)美曽岐(みそぎ)大神事(だいしんじ)厳修(げんしう)すべき時運(じうん)遭遇(さうぐう)せる(こと)(わす)れては()らぬ。234大本(おほもと)目的(もくてき)(また)235この天下(てんか)美曽岐(みそぎ)断行(だんかう)するに()るのであります。
236(かれ)投棄(なげす)つる御杖(みつゑ)()りませる(かみ)御名(みな)衝立船戸神(つきたつふなどのかみ)
237 御杖(みつゑ)言霊(ことたま)238大金剛力(だいこんがうりき)決断力(けつだんりよく)(たま)(くら)であり、239中腹(ちうふく)成就(じやうじゆ)()(すす)(たま)(たも)つことであつて、240(すなは)(かみ)御力添(みちからぞ)へをする役目(やくめ)であります。241(しか)るに(かみ)は、242この(つゑ)までも()()(たま)うたと()ふことは、243よくも(けが)れたものであります。244現代(げんだい)()へば大政(たいせい)補弼(ほひつ)する大官(たいくわん)のことであります。
245 衝立船戸神(つきたてふなどのかみ)名義(めいぎ)は、246(うへ)(した)との(なか)衝立(つきた)(さへぎ)り、247下情(かじやう)(かみ)(たつ)せしめず、248(かみ)()(しも)()らしめざる近親(きんしん)(かみ)()ふことである。249現代(げんだい)何事(なにごと)にも(すべ)てこの神様(かみさま)(さへぎ)(たま)()(なか)であります。250(つゑ)とも(はしら)とも()るべき守護神(しゆごじん)が、251(かへつ)(ちから)()らず邪魔(じやま)になると()ふので、252伊邪那岐大神(いざなぎのおほかみ)は、253第一着(だいいちちやく)御杖(おんつゑ)()()(たま)うたのであります。
254(つぎ)投棄(なげす)つる御帯(みおび)()りませる(かみ)御名(みな)(みち)長乳歯(ながちは)(かみ)
255 御帯(みおび)言霊(ことたま)は、256霊魂(れいこん)257精神(せいしん)(をさ)(をさ)むることで、258(また)神人(しんじん)合一(がふいつ)連結帯(れんけつたい)である。259光華明彩(くわうかめいさい)260照徹六合(りくがふ)()である。261(すなは)顕界(けんかい)(まつりごと)()すに(あた)りては、262(かなら)精神的(せいしんてき)天地(てんち)人道(じんだう)()(さと)し、263(もつ)億兆(おくてう)をして帰依(きえ)せしめ、264顕界(けんかい)政治(せいぢ)悦服(えつぷく)帰順(きじゆん)せしめねば()らぬのである。265(これ)所謂(いはゆる)(かみ)御帯(みおび)であります。266(かみ)(この)御帯(みおび)(けが)れて使(つか)へなく()つたから()()(たま)うたのであります。
267 (みち)長乳歯(ながちは)意義(いぎ)は、268天理(てんり)人道(じんだう)()宗教家(しうけうか)269教育家(けういくか)270倫理(りんり)学者(がくしや)271敬神(けいしん)尊皇(そんのう)愛国(あいこく)(とな)ふる神道家(しんだうか)272皇道(くわうだう)宣伝者(せんでんしや)273演説(えんぜつ)説教家(せつけうか)(とう)大家(たいか)()(こと)である。274この(おび)投棄(なげす)(たま)ふと()(こと)は、275(すべ)ての教育(けういく)276宗教(しうけう)277倫理(りんり)学説(がくせつ)根本(こんぽん)より革正(かくせい)(たま)ふと()(こと)であります。
278大正九・一・一五 講演筆録 谷村真友