霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


【新着情報】霊界物語読者アンケート集計結果発表!(7/20)こちらのページです。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第三三章 鰤公(ぶりこう)〔四六三〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第10巻 霊主体従 酉の巻 篇:第3篇 邪神征服 よみ:じゃしんせいふく
章:第33章 第10巻 よみ:ぶりこう 通し章番号:463
口述日:1922(大正11)年02月27日(旧02月01日) 口述場所: 筆録者:藤津久子 校正日: 校正場所: 初版発行日:1922(大正11)年8月20日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
男たちは石凝姥神と一緒に浮橋を渡り、久しぶりに故郷の対岸に帰ってくることができた。男たちの中の鰤公は、一同を代表して石凝姥神に願い出た。
鰤公によると、アルタイ山には蛇掴という悪神が棲んでおり、蛇を食べているのだが、蛇が足りないときには人間を食らう。そのため村人たちは手分けして蛇を獲っているのだが、寒いときにはたいへんな苦労を強いられている、という。
石凝姥神は、そんなことはなんでもない、アルタイ山に登ってその魔神を退治してやる、と請け負った。男たちは石凝姥神を自分の村に案内していく。
村は金谷村という。村は何ゆえかどの家も灯りがついておらず、やや高いところに一柱だけ火がまたたいていた。そこは金谷村に酋長・鉄彦の屋敷であった。
石凝姥神は門外から声を張り上げて宣伝歌を歌い始めた。中から現れた門番の時公は、酋長の娘・清姫が、蛇掴の餌食になろうとしている、と状況を説明した。そして、鰤公の娘もすでに蛇掴に食われてしまったのだ、と語った。
鰤公はそれを聞いてその場に倒れてしまった。
石凝姥神は門をくぐって進み入った。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm1033
愛善世界社版:256頁 八幡書店版:第2輯 484頁 修補版: 校定版:263頁 普及版:117頁 初版: ページ備考:
001 海月(くらげ)なす(ただよ)(くに)(かた)めむと、002(こころ)(かた)石凝姥(いしこりどめ)の、003(かみ)(みこと)宣伝使(せんでんし)004(その)言霊(ことたま)(かは)()の、005四五(しご)土人(どじん)(かた)(あたま)宇智(うち)(かは)006浮木(うきき)(はし)(あぶ)なげに、007やうやう西(にし)打渡(うちわた)り、
008(かふ)『アヽ三五教(あななひけう)宣伝使(せんでんし)(さま)009(かげ)三年(さんねん)()りに故郷(こきやう)(かへ)(こと)出来(でき)ました。010これも(まつた)く、011あなた(さま)のお(かげ)でございます。012(わたくし)(むら)一寸(ちよつと)御立寄(おたちよ)りを(ねが)ひたいのは山々(やまやま)ですが、013そこには一寸(ちよつと)014エヽ一寸(ちよつと)……』
015石凝姥(いしこりどめ)(なん)だ、016()(にく)さうに、017明瞭(はつきり)()はぬかい』
018『オイ鰤公(ぶりこう)019貴様(きさま)(おれ)(かは)つて申上(まをしあ)げて()れないか』
020鰤公(ぶりこう)『ソンナ(うま)(こと)()ふな。021(この)鰤公(ぶりこう)だつて(ひさ)()(かは)(わた)つて、022やつと安心(あんしん)したとこだ、023ソンナ(こと)明瞭(はつきり)()はうものなら、024それ(また)アルタイ(さん)魔神(まがみ)さまにはブリブリと(おこ)られて、025ドンナ災難(さいなん)(おれ)(あたま)ブリ(かか)つて()るか、026(わか)つたものぢやないワ。027さうすれば(うち)(かかあ)めが三年(さんねん)()折角(せつかく)(かへ)つて()て、028()(をとこ)()(をが)んで、029ヤレヤレ(うれ)しやと(おも)つて()たのに、030(まへ)さまは馬鹿(ばか)だから、031ソンナ大事(だいじ)(こと)(しやべ)つて、032こんな()()ふのだと()つて、033ブリブリ(おこ)られて、034(おほ)きな(しり)(おれ)(はう)ブリブリと()られやうものならつまらぬからなア』
035石凝姥(いしこりどめ)『オイ、036貴様(きさま)(たち)(わけ)(わか)らぬ(やつ)だな。037(なに)ブリブリだ』
038(おつ)『イヤ()毎日(まいにち)日日(ひにち)039大雨(おほあめ)ブリブリで、040宇智川(うちがは)はドえらい洪水(こうずゐ)御座(ござ)います。041(うち)(かかあ)ブリブリで腹立(はらた)て、042(なみだ)(あめ)ブリブリになると(こま)りますから、043どうぞ(これ)だけは御許(おゆる)(くだ)さいませ』
044貴様(きさま)たち、045愚図々々(ぐづぐづ)()つて秘密(ひみつ)(あか)さぬならば、046こちらにも(かんが)へがあるぞ。047(また)(いし)(たま)御見舞(おみまひ)(まを)さうか』
048()ひながら、049(ただ)ちに(つち)(にぎ)つて団子(だんご)(つく)(いき)()きかけたるを、
050(かふ)『マアマア()つて(くだ)さいませ。051そんな石玉(いしだま)(もら)つたら、052(わたくし)(あたま)一遍(いつぺん)にポカーンと()れて(しま)ふ、053(たま)つたものぢやない。054胆玉(きもだま)までが(つぶ)れて睾丸(きんたま)(ちぢ)んで(しま)ひます』
055石凝姥(いしこりどめ)『それなら素直(すなほ)に、056(なん)だか秘密(ひみつ)らしい貴様(きさま)(くち)()057白状(はくじやう)せぬかい』
058『ハイハイ、059仕方(しかた)がありませぬ、060さつぱりと(まを)()げます。061エヽ(じつ)は、062(まこと)にそれは、063ほんにほんに、064(しん)に、065エー、066アルタイ(さん)の、067アヽ()(わる)曲神(まがかみ)が、068マアマア、069マアで御座(ござ)いますが』
070貴様(きさま)()(こと)益々(ますます)(わか)らぬ、071真面目(まじめ)(まを)さぬか。072また石玉(いしだま)()れるぞよ』
073『オイ、074鰤公(ぶりこう)075貴様(きさま)(おれ)ばかりに()はさずに、076ちつと責任(せきにん)分担(ぶんたん)したらどうだ』
077鰤公(ぶりこう)『エー仕方(しかた)がない。078どんな(こと)があつても、079三五教(あななひけう)宣伝使(せんでんし)(さま)引受(ひきう)けて(くだ)さいますか』
080石凝姥(いしこりどめ)(なん)でも引受(ひきう)けてやる、081(おどろ)くな、082尋常(じんじやう)真実(しんじつ)(まを)せ』
083『アルタイ(さん)には蛇掴(へびつかみ)()ふ、084それはそれはえらい悪神(わるがみ)()んで()ります。085(その)(かみ)毎日(まいにち)日日(ひにち)(おほ)きな(へび)十二匹(じふにひき)(づつ)餌食(ゑじき)(いた)して()ります。086(その)(へび)がない(とき)には此処(ここ)(あたり)村々(むらむら)沢山(たくさん)子分(こぶん)()れて()て、087(かかあ)(むすめ)(かは)りに()つて(くら)ひますので、088大事(だいじ)女房(にようばう)(むすめ)()はれては(たま)らないので、089村々(むらむら)(もの)各自(めいめい)手分(てわけ)けをして毎日(まいにち)十二匹(じふにひき)(ふと)(へび)()つて、090(これ)をアルタイ(さん)(いはや)(そな)へに()くのです。091(なつ)沢山(たくさん)(へび)()つて()るのも容易(ようい)ですが、092()(さむ)くなると(のこ)らず(つち)(なか)這入(はい)つて(しま)ふので、093(これ)()らうと(おも)へば大変(たいへん)手間(てま)()りますし、094(これ)()らねば女房(にようばう)()をいつの()にやら()つて()はれるなり、095イヤもう(この)(へん)人民(じんみん)は、096大蛇獲(だいじやと)りにかかつては(いのち)がけで御座(ござ)います。097()しもこんな(こと)をあなたに(まを)()げた(こと)が、098アルタイ(さん)魔神(まがみ)蛇掴(へびつかみ)(みみ)へでも(はい)つたら、099それこそ(この)(むら)全滅(ぜんめつ)憂目(うきめ)()はねばなりませぬから、100どうぞ(たす)けて(くだ)さいませ』
101『ヤア、102何事(なにごと)かと(おも)へばソンナ(こと)か、103よしよし。104(この)(はう)がこれからアルタイ(さん)(のぼ)つて(その)蛇掴(へびつかみ)魔神(まがみ)退治(たいぢ)てやらう。105貴様等(きさまら)案内(あんない)せよ』
106一同(いちどう)案内(あんない)(いた)しますが、107三年(さんねん)()りで(やうや)(かへ)つたばかし、108どうぞ一度(いちど)吾家(わがや)(かへ)つて妻子(さいし)面会(めんくわい)した(うへ)案内(あんない)さして(くだ)さい』
109三年(さんねん)()らなかつたのだから、110屹度(きつと)前等(まへら)女房(にようばう)()()はれて(しま)つたかも()れないよ』
111 一同(いちどう)(こゑ)(そろ)へてワアワアと()()すあはれさ。
112石凝姥(いしこりどめ)『オー心配(しんぱい)するな、113滅多(めつた)にそんな(こと)はあるまい。114とも(かく)貴様等(きさまら)(むら)(しば)らく逗留(とうりう)して様子(やうす)(うかが)(こと)としよう』
115一同(いちどう)(とも)彼等(かれら)部落(ぶらく)(すす)()く。
116 この部落(ぶらく)鉄谷村(かなたにむら)()ふ。117一行(いつかう)(この)(むら)入口(いりぐち)差掛(さしかか)つた(ころ)は、118(すで)烏羽玉(うばたま)(やみ)(とばり)(おろ)され、119(そら)には黒雲(こくうん)(ふさ)がり咫尺(しせき)(べん)ぜざる闇黒界(あんこくかい)となりぬ。
120 七八十軒(しちはちじつけん)もある鉄谷村(かなたにむら)は、121何故(なにゆゑ)か、122どの(いへ)にも一点(いつてん)燈火(あかり)もついて()ない。123(かすか)(はな)をすする(おと)()(ごゑ)(きこ)えてゐる。124鰤公(ぶりこう)一行(いつかう)はあまりの(くら)さに吾家(わがや)さへも(わか)らず、125一歩(ひとあし)々々(ひとあし)(つゑ)()たぬ盲目(めくら)(やう)足付(あしつき)をして(さぐ)りさぐり(すす)んで()く。126やや(たか)(ところ)忽然(こつぜん)として一柱(ひとはしら)火光(くわくわう)(またた)(はじ)めた。127石凝姥(いしこりどめ)その()一行(いつかう)(その)()目当(めあて)にドンドンと(すす)んで()()れば、128此処(ここ)鉄谷村(かなたにむら)酋長(しうちやう)鉄彦(かなひこ)屋敷(やしき)である。129(なん)だか秘密(ひみつ)(ひそ)んでゐる(やう)()がする。130石凝姥神(いしこりどめのかみ)門前(もんぜん)()つて(こゑ)(ほがら)かに宣伝歌(せんでんか)(うた)(はじ)めた。131門内(もんない)より(かみなり)(ごと)(こゑ)()()げて、
132『ヤア、133(この)門前(もんぜん)()ちて三五教(あななひけう)宣伝歌(せんでんか)(うた)(やつ)何者(なにもの)だツ。134酋長様(しうちやうさま)御家(おいへ)一大事(いちだいじ)135そんな気楽(きらく)(こと)()つてゐる場合(ばあひ)ではあるまい。136何処(どこ)何奴(なにやつ)()らぬが、137悪戯(ふざけ)真似(まね)(いた)すと(かさ)(だい)()んで(しま)ふぞ』
138 門外(もんぐわい)より鰤公(ぶりこう)(こゑ)張上(はりあ)げ、
139『ヤア、140さう()(こゑ)門番(もんばん)時公(ときこう)ではないか。141(おれ)三年前(さんねんまへ)宇智川(うちがは)向岸(むかふぎし)(わた)つたきり、142丸木橋(まるきばし)()ちたものだから、143今日(けふ)まで(かへ)らなかつたので(むら)様子(やうす)はちつとも()らぬが、144酋長(しうちやう)(いへ)一大事(いちだいじ)とは(なん)だい』
145時公(ときこう)(なん)だも(くそ)もあつたものか、146蛇掴(へびつかみ)曲神(まがかみ)さまに酋長(しうちやう)(むすめ)清姫(きよひめ)さまを今晩中(こんばんちう)にアルタイ(さん)(とりで)人身御供(ひとみごくう)()げねばならぬのだ。147あんな(うつく)しい可惜娘(あたらむすめ)蛇掴(へびつかみ)曲神(まがかみ)餌食(ゑじき)にするのかと(おも)へば、148(おれ)はもう()(どく)()しうて(なに)どころではない。149貴様(きさま)それにも(かか)はらず、150蛇掴(へびつかみ)(きら)ひな宣伝歌(せんでんか)(うた)ふとは(なん)(こと)だい。151貴様(きさま)(むすめ)今年(ことし)(はる)だつたか、152()はれて(しま)うたのだよ』
153 鰤公(ぶりこう)は、
154『エーツ』
155()つた()り、156(その)()にドツと(たふ)()人事不省(じんじふせい)となる。
157(かふ)『オイ、158(おれ)貴様(きさま)のよく()つて()吉公(きちこう)だが、159(もん)()けて()れ。160屹度(きつと)酋長(しうちやう)がお(よろこ)びになる(こと)請合(うけあひ)だ。161(おれ)(すく)ひの神様(かみさま)をお(むか)へして()たのだから、162清姫(きよひめ)さまも屹度(きつと)(たす)かりになるだらう。163(はや)()けないかい』
164『マア(なに)()もあれ、165()けて()ようか』
166時公(ときこう)はやや不安(ふあん)にかられながら、167白木(しらき)(もん)をガラガラと()ける。168石凝姥神(いしこりどめのかみ)は、
169御免(ごめん)
170()ひつつ(もん)(くぐ)つて(すす)()る。
171大正一一・二・二七 旧二・一 藤津久子録)