霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

言霊反(ことたまかへし)

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第11巻 霊主体従 戌の巻 篇:前付 よみ:
章:第11巻 よみ:ことたまかえし 通し章番号:
口述日: 口述場所: 筆録者:王仁 校正日: 校正場所: 初版発行日:1922(大正11)年9月10日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
第七巻の総説で、王仁は明治三十三年以降、顕真実の神業であったのに対し、開祖は大正五年まで未顕真実であった、と書いた。それを批判をする信者があるようだ。
しかし、開祖は未顕真実の「境遇」にあったと書いたのである。それは経のお役として、世の中が曇っていて時機が至らなかったために、大正五年までは、やむを得ず経の御用を十分に顕すことができなかった、という意味である。
また、神諭に「緯はサトクが落ちる」「緯はいろいろのことがある」とあるので、緯の役目の意義を疑う人がある。緯の役は千変万化の神業であるから、かえって神的活動、大苦心の様を現したのである。
霊界物語も、神道とか大本といった小さな世界のことだけを扱っているのではない。宇宙の外に立って神示のままを口述したものなのである。いかなる法難や一部信徒の無理解も意に介せず、ただ自己自身の体験と神示によって忌憚なく述べただけである。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm110001
愛善世界社版:前付 1頁 八幡書店版:第2輯 503頁 修補版: 校定版:前付 1頁 普及版:前付 1頁 初版: ページ備考:
001王仁
 
002 霊界物語(れいかいものがたり)第七巻(だいしちくわん)総説(そうせつ)(おい)て、
003教祖(けうそ)明治(めいぢ)二十五年(にじふごねん)より大正(たいしやう)五年(ごねん)まで、004前後(ぜんご)二十五年間(にじふごねんかん)未顕真実(みけんしんじつ)境遇(きやうぐう)にありて神務(しんむ)奉仕(ほうし)し、005神政(しんせい)成就(じやうじゆ)基本的(きほんてき)神業(しんげふ)先駆(せんく)(つと)められたのである。006女子(によし)入道(にふだう)明治(めいぢ)三十一年(さんじふいちねん)であるが、007未顕真実(みけんしんじつ)神業(しんげふ)(どう)三十三年(さんじふさんねん)まで(まる)二ケ年間(にかねんかん)で、008その()顕真実(けんしんじつ)神業(しんげふ)である。009霊的(れいてき)()ふならば、010教祖(けうそ)よりも十八年(じふはちねん)(さきが)けて顕真実(けんしんじつ)境域(きやうゐき)(すす)んで()たのは、011筆先(ふでさき)直筆(ぢきひつ)熟読(じゆくどく)さるれば(わか)りませう』
012(しる)したのを()て、013大変(たいへん)不平(ふへい)(なら)べられ、014()変性女子(へんじやうによし)教祖(けうそ)よりも自己(じこ)(はう)先輩(せんぱい)だ、015観察力(くわんさつりよく)がエライ、016顕真実(けんしんじつ)(さかひ)(はや)(たつ)して()ると()つて、017教祖(けうそ)(をしへ)根底(こんてい)より(くつが)へし、018自己(じこ)本位(ほんゐ)をたて()かうとする野心(やしん)発露(はつろ)だと、019随分(ずゐぶん)矢釜敷(やかましき)議論(ぎろん)があるさうですが、020顕幽(けんいう)一体(いつたい)021経緯(けいゐ)不二(ふじ)真相(しんさう)(わか)らないと、022そんな(つま)らぬ(こと)()はねばならなくなるのです。023()(かんが)へて御覧(ごらん)なさい。024教祖様(けうそさま)経糸(たていと)御役(おやく)025女子(によし)緯糸(よこいと)御用(ごよう)(しめ)されてあります。026経言(けいげん)一々万々(いちいちばんばん)確固(かくこ)不易(ふえき)神示(しんじ)であり、027緯糸(よこいと)操縦与奪(さうじゆうよだつ)028其権有我(そのけんいうが)神業(しんげふ)奉仕(ほうし)せなくてはなりませぬ。029教祖(けうそ)経糸(たていと)御用(おやく)でありながら、030時機(じき)(いた)らざるため()むを()ず、031やはり操縦(さうじう)与奪(よだつ)其権有我(そのけんいうが)(てき)神業(しんげふ)奉仕(ほうし)されなくてはならない地位(ちゐ)()ち、032是非(ぜひ)なく未顕真実(みけんしんじつ)(てき)筆先(ふでさき)(あら)はして役員(やくゐん)信者(しんじや)(いまし)められた意味(いみ)であつて、033教祖(けうそ)御自身(ごじしん)(おい)神意(しんい)(さと)(たま)はなかつたといふのではない。034第七巻(だいしちくわん)総説(そうせつ)熟読(じゆくどく)されよ。
035十八年間(じふはちねんかん)未顕真実(みけんしんじつ)境遇(きやうぐう)にあつて神業(しんげふ)奉仕(ほうし)し』
036とある文句(もんく)を、037境遇(きやうぐう)二字(にじ)()(まなこ)()けて(かんが)へれば判然(はんぜん)するでせう。
038 また女子(によし)三十三年(さんじふさんねん)から顕真実(けんしんじつ)神業(しんげふ)奉仕(ほうし)し、039霊的(れいてき)()ふならば、040十八年(じふはちねん)(さきが)けて顕真実(けんしんじつ)境域(きやうゐき)(すす)んで()ると()(こと)誤解(ごかい)し、041大変(たいへん)()にして()方々(かたがた)所々(ところどころ)にあるやうですが、042(これ)男子(なんし)女子(によし)経糸(たていと)緯糸(よこいと)相互的(さうごてき)関係(くわんけい)(あきら)かになつて()ないからの誤解(ごかい)である。043変性女子(へんじやうによし)としては教祖(けうそ)経糸(たていと)(したが)つて、044神界経綸(しんかいけいりん)神機(しんき)織上(おりあげ)ねばならぬ御用(ごよう)である。045(しか)(なが)明治(めいぢ)三十一年(さんじふいちねん)(はじ)めて帰神(きしん)となり、046一々万々(いちいちばんばん)確固(かくこ)不易(ふえき)(てき)神業(しんげふ)参加(さんか)しつつ、047(どう)三十三年(さんじふさんねん)(いた)るまで(わが)神定(しんてい)本務(ほんむ)(あら)ざる経糸的(たていとてき)神務(しんむ)奉仕(ほうし)して、048女子(によし)真実(しんじつ)なる神業(しんげふ)(あら)はし()ざる境遇(きやうぐう)にありし(こと)を、049二年間(にねんかん)未顕真実(みけんしんじつ)神業(しんげふ)であつたと()つたのであります。
050 いよいよ明治(めいぢ)三十三年(さんじふさんねん)一月(いちぐわつ)より出口家(でぐちけ)養子(やうし)となり、051教祖(けうそ)経糸(たていと)(たい)(わたくし)緯糸(よこいと)神業(しんげふ)奉仕(ほうし)したと()ふのである。052(しか)るに神界(しんかい)(こと)(きは)めて複雑(ふくざつ)にして、053男子(なんし)女子(によし)相並(あひなら)びたりとて、054教祖(けうそ)として(ただち)経糸(たていと)のみの御用(ごよう)(あそ)ばす(わけ)には()かない。055経緯(たてよこ)両面(りやうめん)(わた)りて筆先(ふでさき)御用(ごよう)(あそ)ばしたのは、056(とき)(いきほひ)()むを()なかつたのであります。057女子(によし)(もと)より緯糸(よこいと)御用(ごよう)のみなれば、058緯役(よこやく)として顕真実(けんしんじつ)御用(ごよう)自然(しぜん)(つと)まつたのである。
059 (しか)るに大正(たいしやう)五年(ごねん)九月(くぐわつ)(いた)つて、060教祖(けうそ)従前(じうぜん)経緯(たてよこ)両面(りやうめん)神業(しんげふ)奉仕(ほうし)(あそ)ばす必要(ひつえう)()きまでに神業(しんげふ)発展(はつてん)せられたるを(もつ)て、061いよいよ男子(なんし)緯糸(たていと)(やく)としての真実(しんじつ)(あら)はし(たま)(こと)()られたのであります。062それよりは経糸(たていと)経糸(たていと)063緯糸(よこいと)緯糸(よこいと)判然(はんぜん)区劃(くくわく)()くやうになつて()たのであります。064(これ)でも(いま)疑念(ぎねん)()れない方々(かたがた)は、065第七巻(だいしちくわん)総説(そうせつ)幾回(いくくわい)反読(はんどく)して(くだ)さい。
066 また神諭(しんゆ)文中(ぶんちう)に、
067(よこ)はサトクが()ちたり、068(いと)()れたり色々(いろいろ)(いた)すぞよ』
069(しめ)されあるを誤解(ごかい)して()(ひと)(おほ)いらしい。070サトクが()ちると()ふのは(けつ)して失敗(しつぱい)意味(いみ)でない。071千変万化(せんぺんばんくわ)身魂(みたま)使用(しよう)して神業(しんげふ)奉仕(ほうし)せなくては()らぬから、072俗人(ぞくじん)耳目(じもく)には(がう)見当(けんたう)のとれ(がた)い、073神的(しんてき)大活動(だいくわつどう)074大苦心(だいくしん)()(しめ)されたものである。075また途中(とちう)(いと)()れたりと()意味(いみ)は、076到底(たうてい)三千世界(さんぜんせかい)一貫(いつくわん)大神業(だいしんげふ)なれば単調的(たんてうてき)には()くものでない。077また(にしき)(はた)幾度(いくど)色糸(いろいと)取替(とりか)へねば立派(りつぱ)模様(もやう)織上(おりあが)らぬものである。078色糸(いろいと)取替(とりか)へるのは(すなは)(いと)()れるのである。079サトクも一本(いつぽん)二本(にほん)三本(さんぼん)では(にしき)(はた)()れぬ。080(かふ)のサトクを(おと)して(おつ)のサトクを(ひろ)()げ、081また(おつ)のサトクを(おと)して(へい)のサトク、082(へい)(おと)して(てい)(ぼう)()(かは)るがはるサトクと(いと)取替(とりか)へると()(ふか)神意(しんい)表示(へうじ)である。
083 (えう)するに変性男子(へんじやうなんし)(たて)御役(おやく)なれども、084あまり世界(せかい)(くも)つて()たために、085大正(たいしやう)五年(ごねん)までは男子(なんし)としての顕真実(けんしんじつ)神業(しんげふ)奉仕(ほうし)(たま)時機(じき)()なかつたと()ふことである。086女子(によし)女子(によし)として明治(めいぢ)三十三年(さんじふさんねん)より奉仕(ほうし)する(こと)()地位(ちゐ)におかれて、087()相応(さうおう)神業(しんげふ)従事(じうじ)して()たと()ふだけである。
088 (しか)(なが)ら、089大正(たいしやう)五年(ごねん)九月(くぐわつ)以後(いご)教祖(けうそ)単純(たんじゆん)なる経糸(たていと)御用(ごよう)()れて、090女子(によし)もまた緯糸(よこいと)として層一層(そういつそう)女子(によし)神業(しんげふ)判然(はんぜん)として()たのは、091いはゆる経緯不二(けいゐふじ)神理(しんり)である。092未顕真実(みけんしんじつ)顕真実(けんしんじつ)云々(うんぬん)問題(もんだい)(これ)大略(たいりやく)(わか)るでありませう。
093
094 霊界物語(れいかいものがたり)(もと)より大本(おほもと)とか神道(しんだう)とか()つたやうな、095小天地(せうてんち)齷齪(あくそく)して()るのではない。096真理(しんり)太陽(たいやう)心天(しんてん)(たか)(かがや)かせ、097宇宙(うちう)(そと)()つて、098(すこ)しも(へん)せず、099神示(しんじ)のままを口述(こうじゆつ)するのである以上(いじやう)は、100殿堂(でんだう)経文(きやうもん)などを(だつ)し、101自由自在(じいうじざい)境地(きやうち)()つて如何(いか)なる法難(はふなん)をも甘受(かんじゆ)し、102少数(せうすう)信徒(しんと)反感(はんかん)をも()(かい)せず、103自己(じこ)自身(じしん)体験(たいけん)神示(しんじ)()つて忌憚(きたん)なく()べたままである。
   
オニド関連サイト最新更新情報
10/28霊界物語音読第37、38、63巻と、大本神諭、伊都能売神諭をアップしました。
10/26【霊界物語ネット】大本神諭を「年月日順」で並べた時の順序が、一部おかしいものがあったので修正しました。(os176,192,193,191,235 の5つ)