霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

総説歌(そうせつか)

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第11巻 霊主体従 戌の巻 篇:前付 よみ:
章:第11巻 よみ:そうせつか 通し章番号:
口述日: 口述場所: 筆録者:王仁 校正日: 校正場所: 初版発行日:1922(大正11)年9月10日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
久方の天津御空の八重雲をかきわけて、天降りました諾冊の二柱の大神は、五六七の御代を建てんと天教山の阿波岐原に現れた。
国大立大神(=豊国姫神)は、神素盞嗚と現れた。そして月照彦、大足彦、少彦名神、弘子彦の四柱を国々の守りの神となした。
このように、神素盞嗚大神は、神伊弉諾大神のご命令のままに、生き魂を四方に配らせたのだが、再び邪神邪霊がはびこって、世界を乱し始めた。
神素盞嗚大神は、天教山、地教山、黄金山、万寿山、霊鷲山に集まった神司たちを各方面に遣わして、醜の雲霧を払い行く物語である。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm110004
愛善世界社版:3頁 八幡書店版:第2輯 513頁 修補版: 校定版:3頁 普及版:1頁 初版: ページ備考:
001久方(ひさかた)天津御空(あまつみそら)八重雲(やへくも)
002伊都(いづ)千別(ちわ)きに掻別(かきわ)けて
003天降(あも)りましたる諾冊(なぎなみ)
004(かみ)(みこと)二柱(ふたはしら)
005豊葦原(とよあしはら)瑞穂国(みづほくに)
006(つく)りなさむと千万(ちよろづ)
007(こころ)つくしの立花(たちはな)
008天教山(おど)阿波岐原(あはぎはら)()れまして
009八尋(やひろ)殿(との)()たてまし
010月日(つきひ)(きよ)澄渡(すみわた)
011五六七(みろく)御代(みよ)()てむとて
012大海原(おほうなばら)(ただよ)へる
013(くに)(つかさ)豊国(とよくに)
014(ひめ)(みこと)瑞御魂(みづみたま)
015神素盞嗚(かむすさのを)(かみ)()
016(もも)神人(かみびと)(たひら)けく
017(をさ)めしめむとし(たま)ひし
018大御心(おほみこころ)潮沫(しほなわ)
019こおろこおろにかき(みだ)
020(やま)()()(かは)()
021八十(やそ)曲津(まがつ)のさやりゐて
022山川(やまかは)どよみ国土(くにつち)
023(よろづ)(もの)(みな)(さや)
024常夜(とこよ)(やみ)となり(ひび)
025豊国姫(とよくにひめ)()れませる
026国大立(くにひろたち)大神(おほかみ)
027神素盞嗚(かむすさのを)(あら)はれて
028月照彦(つきてるひこ)大足彦(おほだるひこ)
029少名彦神(すくなひこかみ)弘子(ひろやす)
030(ひこ)(みこと)国々(くにぐに)
031(まも)りの(かみ)(こと)よさし
032天津誠(あまつまこと)のあななひの
033(をしへ)(ひら)(たま)へども
034(まが)のみたまの(たけ)くして
035天足(あだる)(ひこ)胞場姫(えばひめ)
036(けが)()てたる分霊(わけみたま)
037(すゑ)つみたまの(おに)大蛇(をろち)
038醜女(しこめ)探女(さぐめ)曲神(まがかみ)
039なりてこの()(みだ)しける
040神素盞嗚(かむすさのを)大神(おほかみ)
041神伊弉諾(かむいざなぎ)大神(おほかみ)
042()さしのままに生魂(いくみたま)
043四方(よも)(くば)らせ(たま)へども
044(ひま)()(こま)()(くる)
045黒白(あやめ)()かぬ(やみ)()
046黄泉(よもつ)(しま)(たたか)ひは
047(かみ)稜威(みいづ)()ぎつれど
048あちらこちらに()りはてし
049八岐(やまた)大蛇(をろち)曲鬼(まがおに)
050(しこ)(きつね)醜魂(しこたま)
051(あなど)(がた)(いきほひ)
052八洲(やしま)(くに)掻乱(かきみだ)
053堅磐(かきは)常盤(ときは)(かみ)()
054(たて)(よこ)との二柱(ふたはしら)
055(あら)はれまして野立彦(のだちひこ)
056野立(のだち)(ひめ)御心(みこころ)
057(くば)らせ(たま)ひて麻柱(あななひ)
058(みち)(ひら)かせ天地(あめつち)
059(ふさ)がる(しこ)村雲(むらくも)
060伊吹(いぶき)(はら)ひに(はら)はむと
061(かみ)御鼻(みはな)になりませる
062神素盞嗚(かむすさのを)大神(おほかみ)
063天教(てんけう)地教(ちけう)(かみ)(やま)
064黄金山(わうごんざん)万寿山(まんじゆざん)
065霊鷲山(れいしうざん)(あつ)まりし
066(かみ)(つかさ)言依(ことよ)さし
067大海原(おほうなばら)(ただよ)へる
068八洲(やしま)(くに)(ひら)かむと
069青雲別(あをくもわけ)宣伝使(せんでんし)
070白雲別(しらくもわけ)三葉彦(みつばひこ)
071東雲別(しののめわけ)久方(ひさかた)
072(ひこ)(みこと)(つか)はして
073(かみ)稜威(みいづ)高彦(たかひこ)
074天児屋根(あめのこやね)神司(かむつかさ)
075天津祝詞(あまつのりと)神言(かみごと)
076(しこ)雲霧(くもきり)(はら)()
077あゝ(いさ)ましき(かみ)(わざ)
078(かみ)御業(みわざ)物語(ものがたり)
079十余(とをま)(ひと)つの(まき)(はじ)めに
080高天原(たかあまはら)神々(かみがみ)
081()しき(たふと)活動(はたらき)
082三五(さんご)(つき)(おも)(きよ)
083()(あか)すこそ目出度(めでた)けれ。
   
オニド関連サイト最新更新情報
10/28霊界物語音読第37、38、63巻と、大本神諭、伊都能売神諭をアップしました。
10/26【霊界物語ネット】大本神諭を「年月日順」で並べた時の順序が、一部おかしいものがあったので修正しました。(os176,192,193,191,235 の5つ)