霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
テキストのタイプ[?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示[?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌[?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注[?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色
外字1の色
外字2の色

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第二章 一目(ひとつめ)(ばけ)〔四六九〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第11巻 霊主体従 戌の巻 篇:第1篇 長駆進撃 よみ:ちょうくしんげき
章:第2章 一目お化 よみ:ひとつめおばけ 通し章番号:469
口述日:1922(大正11)年02月28日(旧02月02日) 口述場所: 筆録者:藤津久子 校正日: 校正場所: 初版発行日:1922(大正11)年9月10日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
東彦は時公とともにアーメニヤに通じる野を進んで行く。時公ははかない命の人間だから、ちょっと休憩しましょう、と宣伝使に話しかけるが、東彦は人間は千万年も生き通しだから心配するな、と取り合わない。
時公は、人間は死なないなどというのは化け物だ、と本気で東彦を疑い出す。その様を見て東彦は面白がりつつ、これが神の教えだと時公をたしなめた。
そうしているうちに、芳香が四辺に満ち、美しい音楽がどこからともなく響いてきた。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:
愛善世界社版:18頁 八幡書店版:第2輯 520頁 修補版: 校定版:18頁 普及版:7頁 初版: ページ備考:
001 東彦(あづまひこ)(かみ)宣伝使(せんでんし)時公(ときこう)(ともな)ひ、002()てしもなきクス野ケ原(のがはら)(すす)みつつ宣伝歌(せんでんか)(うた)()く。
003三五教(あななひけう)宣伝使(せんでんし)
004天津御神(あまつみかみ)神言(かみごと)
005八十(やそ)曲津(まがつ)許々多久(ここたく)
006醜女(しこめ)探女(さぐめ)言向(ことむ)けて
007百八十神(ももやそがみ)八十人(やそびと)
008(かみ)(まこと)大道(おほみち)
009(すく)はんものと海山(うみやま)
010()えてやうやうクスの(はら)
011北光彦(きたてるひこ)(かみ)ならで
012一目(ひとめ)(まが)におどかされ
013(まど)かな(ゆめ)(やぶ)られて
014()()四方(よも)(なが)むれば
015(とら)(おほかみ)(さけ)(ごゑ)
016枯野(かれの)(わた)(かぜ)(おと)
017(さむ)さに(ふる)(その)(とき)
018(おも)ひもよらぬ(とき)さんの
019(とき)()つての御愛嬌(ごあいけう)
020(おほ)きな法螺(ほら)()(かぜ)
021(また)もや(ねむ)りを()ましつつ
022(ここ)二人(ふたり)(ころ)()
023(みづ)()らさぬ三五(あななひ)
024(かみ)(をしへ)(とも)となり
025(さび)しき野辺(のべ)(にぎは)しく
026(すす)()くこそ(たの)しけれ
027朝日(あさひ)()るとも(くも)るとも
028(つき)()つとも()くるとも
029(かぜ)荒野(あれの)(おほかみ)
030獅子(しし)大蛇(をろち)千万(ちよろづ)
031(まが)一度(いちど)(せま)るとも
032などか(おそ)れむ敷島(しきしま)
033(かみ)(をしへ)宣伝使(せんでんし)
034(かみ)御水火(みいき)()(はら)
035()言霊(ことたま)()()らし
036(まこと)明志(あかし)(みづうみ)
037(わた)りて(また)もや荒野原(あれのはら)
038(とら)()野辺(のべ)膝栗毛(ひざくりげ)
039(こころ)(こま)(むち)うちて
040(かがみ)(ごと)琵琶(びは)(うみ)
041(かみ)(すく)ひの(ふね)()
042(こころ)(かた)磐樟(いはくす)
043(ふね)(ちから)にアーメニヤ
044(まが)(みやこ)()(むか)
045(この)()(つく)りし神直日(かむなほひ)
046(こころ)(ひろ)大直日(おほなほひ)
047直日(なほひ)御霊(みたま)伊都能売(いづのめ)
048()出神(でのかみ)()(はな)
049(かみ)(をしへ)(つゑ)として
050道奥(みちのく)までも(つつが)なく
051(すす)()くこそ(たの)しけれ』
052時公(ときこう)宣伝使(せんでんし)(さま)御蔭(おかげ)で、053(ひと)(とほ)つた(こと)のない(やう)なこの曠原(かうげん)を、054()らず()らずの(あひだ)(すす)んで()ました。055(しか)大分(だいぶ)膝栗毛(ひざくりげ)草臥(くたび)れた(やう)ですから一杯(いつぱい)(みづ)でも()ましてやりませうか』
056東彦(あづまひこ)『マア、057()かうぢやないか。058一足々々(ひとあしひとあし)アーメニヤに近寄(ちかよ)るのだからな。059日天様(につてんさま)でも一分間(いつぷんかん)御休(おやす)みにならぬのだから、060(やす)むのは勿体(もつたい)ない』
061時公(ときこう)一息々々(ひといきひといき)アーメニヤに(ちか)づくのは結構(けつこう)だが、062この(あひだ)石凝姥(いしこりどめ)宣伝使(せんでんし)言葉(ことば)に、063吾々(われわれ)()うして天下(てんか)()めに活動(くわつどう)して()るのは、064一息々々(ひといきひといき)墓場(はかば)(ちか)づいて()くのだと()はれました。065そんなことを()くと人間(にんげん)(たよ)りなくて(あし)(だる)くて()()になりませぬわ。066(なが)月日(つきひ)(みじか)(いのち)だ。067一寸(ちよつと)一服(いつぷく)しませうかい』
068東彦(あづまひこ)人間(にんげん)一息々々(ひといきひといき)墓場(はかば)(ちか)づいて、069それから墓場(はかば)(むか)ふの(くに)()くのだ。070吾々(われわれ)目的(もくてき)墓場(はかば)()えるのだよ』
071時公(ときこう)(はか)(ちか)づくなぞと、072ハカない浮世(うきよ)か、073ハカある浮世(うきよ)か、074()つから()つからはかばかしうないわ。075馬鹿々々(ばかばか)しい(やう)()がします』
076東彦(あづまひこ)人生(じんせい)目的(もくてき)はそこにあるのだ。077(ひと)()(かは)()(かは)り、078若返(わかがへ)若返(わかがへ)幽界(いうかい)現界(げんかい)出入(しゆつにふ)して、079永遠無窮(ゑいゑんむきう)(いのち)をつないで()くものだ。080千年(せんねん)万年(まんねん)不老不死(ふらうふし)だよ。081(まへ)たちもこの()(うま)れて、082(とき)さまと()うて威張(ゐば)()らして()るのは(わづ)かに四十年(しじふねん)(ばか)りだが、083(まへ)御本体(ごほんたい)何万年前(なんまんねんまへ)から(うま)れて()るのだ』
084時公(ときこう)一寸(ちよつと)()つて(くだ)さい』
085()ひながら(みち)ばたの(くさ)(うへ)にドツカと(こし)(おろ)し、086眉毛(まゆげ)(つば)をつけ、
087時公(ときこう)『オイオイ(ばけ)さま、088御交際(おつきあい)一服(いつぷく)せぬか。089化物(ばけもの)やアクマは(ぬか)(こと)通録(つうろく)せぬと()(こと)だが、090矢張(やつぱ)貴様(きさま)尻尾(しつぽ)()しやがつた』
091東彦(あづまひこ)『お(まへ)また(にはか)(きた)なげにものを()()したな』
092時公(ときこう)(きま)つた(こと)だ。093化物(ばけもの)のアクマ(ひこ)叮嚀(ていねい)なことを()つて関係(かかりあ)つて()ようものなら、094どんな()()はしやがるか(わか)るものぢやない。095そろそろ()()れかかつたものだから本性(ほんしやう)(あら)はしやがつた』
096東彦(あづまひこ)『アハヽヽヽヽ』
097 時公(ときこう)は、
098(わか)らぬ(やつ)だな』
099(くび)(かたむ)けてゐる。
100人間(にんげん)一度(いちど)()んだら二度(にど)()なん(かは)りに、101一度(いちど)(うま)れたら二度(にど)(うま)れるものか。102()きたり()んだりする(やつ)(きつね)(たぬき)だ。103(きつね)七化(ななば)(たぬき)八化(やば)け、104(ばけ)(かは)(あら)はし()れむ』
105東彦(あづまひこ)(しり)半信半疑(はんしんはんぎ)一寸(ちよつと)()いて()ながら、
106『やつてやろか、107(しか)本物(ほんもの)だつたら(おれ)(ばち)(あた)るから(こま)るし、108なんともかとも正体(しやうたい)(わか)らぬ(やつ)ぢや。109(おれ)()(くれ)になると(あさ)元気(げんき)引換(ひきか)へて(ある)草臥(くたび)れて(あし)(ぼう)になつて、110如何(いか)我慢(がまん)時公(ときこう)さまでも一服(いつぷく)したい(やう)になつて()るのに、111()(くれ)になるほど元気(げんき)()きやがるのが(ひと)つの不思議(ふしぎ)だ。112化物(ばけもの)といふ(やつ)()さりになつたらはしやぐ(やつ)だ』
113鉄棒(てつぼう)()突立(つきた)てながら、114東彦(あづまひこ)(かほ)をイヤらしきほど(にら)みつける。
115『ハヽア十分(じふぶん)()(ひか)らして(わし)(かほ)調(しら)べて()くが()い。116夜分(やぶん)になつてから誤解(ごかい)されては(こま)るからな』
117 時公(ときこう)(すこ)(あたま)(かたむ)け、
118人間(にんげん)三分(さんぶ)化物(ばけもの)七分(しちぶ)か、119人三化七(にんさんばけしち)120夜分(やぶん)になると、121人一化九(にんいちばけきう)になるのだらう。122()んでは(うま)れ、123(うま)れては()ぬなんて手品師(てじなし)役者(やくしや)のやうな(こと)()ひやがつて、124真面目(まじめ)白状(はくじやう)せんと(とき)さまの(うで)には(ほね)があるぞ。125()(これ)()い』
126(ひだり)()をニユーと()ばし、127(ふし)くれ()つたり気張(きば)つたりといふ力瘤(ちからこぶ)だらけの(うで)(まく)り、128(みぎ)()にて(ひだり)(うで)をたたいて()せる。
129東彦(あづまひこ)『アハヽヽヽ、130面白(おもしろ)いおもしろい。131こんな(さび)しい(ところ)結構(けつこう)俳優(わざおぎ)()せて(もら)つて、132(たび)(つか)れも(わす)れて(しま)つた。133()()へば(また)()(くれ)はしやぐ化物(ばけもの)といふか()らんが、134本当(ほんたう)()(かへ)つた(やう)()がして元気(げんき)ますます旺盛(わうせい)だ』
135時公(ときこう)(かしこ)(やう)でも流石(さすが)曲津神(まがつかみ)だ。136到頭(たうとう)白状(はくじやう)しやがつた。137貴様(きさま)(おに)亡者(まうじや)だらう。138()んで()やがる証拠(せうこ)には、139(いま)()(かへ)つた(やう)()がすると(ぬか)したではないか。140サアどうぢや。141もう()うなる(うへ)貴様(きさま)(はう)から白状(はくじやう)したのだから()(みち)はあるまい。142執念深(しふねんぶか)くこの()(まよ)うて()よつて……(ひと)()化物(ばけもの)()が』
143東彦(あづまひこ)『アハヽヽヽヽ』
144時公(ときこう)亡者(まうじや)(おも)へば(なん)だか其処(そこ)らが、145もじやもじやして気分(きぶん)(わる)くなつて()た』
146東彦(あづまひこ)『お(まへ)()(とばり)をサラリと()げて、147(みみ)(ふた)()つて(わし)()(こと)()()くのだ、148見違(みちが)聞違(ききちが)ひをするな。149直日(なほひ)見直(みなほ)聞直(ききなほ)しといふ(こと)がある。150さうしたら、151(いま)までお(まへ)ほざいた悪言暴語(あくげんばうご)発根(ほつこん)善言美詞(ぜんげんびし)()(なほ)(やう)になる』
152時公(ときこう)『ヘン、153馬鹿(ばか)にするない。154(ひと)()化物(ばけもの)ぢやあるまいし、155(ふた)()(にい)さまだぞ。156化物(ばけもの)のやうに()(とばり)(おろ)したり、157(みみ)(ふた)をして(たま)るか。158三五教(あななひけう)宣伝歌(せんでんか)をみん(ごと)()はつりやがつて、159見直(みなほ)()(なほ)せなぞと莫迦(ばか)にするない』
160 この(とき)()()はれぬ芳香(はうかう)四辺(しへん)()ち、161錚々(そうそう)たる音楽(おんがく)何処(いづこ)ともなく(きこ)()たる。
162大正一一・二・二八 旧二・二 藤津久子録)