霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第四章 (うめ)(はな)〔四七一〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第11巻 霊主体従 戌の巻 篇:第1篇 長駆進撃 よみ:ちょうくしんげき
章:第4章 第11巻 よみ:うめのはな 通し章番号:471
口述日:1922(大正11)年02月28日(旧02月02日) 口述場所: 筆録者:松村真澄 校正日: 校正場所: 初版発行日:1922(大正11)年9月10日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
二人の横を千匹の狼が走り抜けていった。その物音に目を覚まし、東彦は次は大蛇が出てくるぞ、と時公をおどかした。
そこへ突然美しい女が現れ、梅ヶ香姫だと名乗った。時公は大蛇が化けているのではないかと、えらい権幕で疑ってかかる。梅ヶ香姫は時公をからかって、人間の肉が食いたい、と大蛇のふりをする。
時公は覚悟を決めて、東彦と一緒に大蛇に飲まれよう、と言うが、梅ヶ香姫は冗談であることを明かす。そして、石凝姥宣伝使と、鉄彦も一緒にいると明かすと、二人は草の中から現れた。
一行五人は夜が明けるのを待って、クス野ヶ原の大蛇を言向け和すことになった。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm1104
愛善世界社版:38頁 八幡書店版:第2輯 527頁 修補版: 校定版:38頁 普及版:15頁 初版: ページ備考:
001 東彦(あづまひこ)002時公(ときこう)二人(ふたり)草疲(くたび)()てて、003前後(ぜんご)()らず(あたた)かき(ゆめ)(むす)(をり)しも、004前方(ぜんぱう)より(あわただ)しき何者(なにもの)かの足音(あしおと)(きこ)()た。005二人(ふたり)(この)物音(ものおと)()()まし、006折柄(をりから)(のぼ)半円(はんゑん)(つき)()かし()れば、007巨大(きよだい)なる獅子(しし)(むれ)幾百(いくひやく)ともなく、008二人(ふたり)(ねむ)横側(よこがは)(くも)(かすみ)(はし)()くのであつた。009時公(ときこう)東彦(あづまひこ)(みみ)(くち)()せ、
010『モシモシ、011宣伝使(せんでんし)(さま)012千疋(せんびき)獅子(しし)(とほ)りましたデ、013……()つてますか』
014東彦(あづまひこ)千疋(せんびき)獅子(しし)()ふものがあるか、015あれは千疋(せんびき)(おほかみ)だ。016(まへ)がシヤツチもない宣伝歌(せんでんか)(うた)つて()(なほ)せと()ふに、017()(なほ)さないものだから、018神様(かみさま)(いか)つて、019獅子(しし)(つか)はしてお(まへ)(さが)して御座(ござ)るのだ。020モウおつつけ此方(こちら)引返(ひきかへ)して()時分(じぶん)だ。021(はや)宣伝歌(せんでんか)()(なほ)せ』
022時公(ときこう)『そんな(こと)()つて恐嚇(おどし)たつて、023この(とき)さんは、024時々(ときどき)この()千疋(せんびき)獅子(じし)()ふのだから、025獅子(しし)()(いぬ)(その)(おど)しは()きませぬで……貴方(あなた)()(なほ)しなさい』
026東彦(あづまひこ)『イヤ、027(おまへ)はねぶた()獅子(しし)間違(まちが)つたのだ、028あれは巨大(きよだい)(おほかみ)だよ。029(なん)でも(おほ)きな大蛇(だいじや)(あら)はれたので()げて()たのだ。030キツト(この)(つぎ)(ふと)(やつ)だ。031用心(ようじん)せよ』
032時公(ときこう)(ふと)(やつ)つて、033大蛇(だいじや)ですか』
034東彦(あづまひこ)『さうだ、035大蛇(をろち)といふものは()ういふ草原(くさはら)(かく)れてるものだ。036あまりお(まへ)人間(にんげん)(くさ)(こと)をいふものだから、037大蛇(をろち)(やつ)(ひと)()んでやらうと(おも)つて(あら)はれたのだよ。038(しか)(なが)(この)高彦(たかひこ)さまが御座(ござ)(あひだ)大丈夫(だいぢやうぶ)だ。039マア安心(あんしん)せい』
040時公(ときこう)『あなた、041矢張(やつぱり)化物(ばけもの)だな。042悪魔彦(あくまひこ)だとか()つて()つたと(おも)へば(また)(わし)(たか)だとか、043(とび)だとか、044(とり)とめもない(こと)()(ひと)だ』
045高彦(たかひこ)『マアどうでもよい。046(いま)(なが)(ふと)(やつ)がザーツと(おと)()ててお()ましだ。047(ひと)宣伝歌(せんでんか)でも()かしてやらうかい』
048時公(ときこう)『さうですなア。049宣伝万歌(せんでんばんか)千変万化(せんぺんばんくわ))の言霊(ことたま)妙用(めうよう)(ため)すは(この)(とき)です』
050 ()かる(ところ)忽然(こつぜん)として(うつく)しき(をんな)(あら)はれた。
051(をんな)『ヤア、052(まへ)(とき)さまか。053どうして()んな(ところ)()やしやんしたのだい』
054時公(ときこう)『ヤ、055()やがつたなア。056ヤイ大蛇(をろち)057綺麗(きれい)別嬪(べつぴん)()けやがつて、058(おれ)誤魔化(ごまくわ)さうと(おも)つたつて誤魔化(ごまくわ)せないぞ。059コラツ、060(おれ)(なん)心得(こころえ)()る。061(へび)(つか)んで()蛇掴(へびつか)みの悪神(あくがみ)でさへも、062(おれ)のフンと()いた鼻息(はないき)で、063(くも)(かすみ)()()るといふ(やう)な、064古今無双(ここんむさう)豪傑(がうけつ)だ。065()加減(かげん)姿(すがた)(かく)さんと、066(つか)んで()てやらうか』
067高彦(たかひこ)『アハヽヽヽ』
068時公(ときこう)『コレコレ、069(たか)さん、070(なに)可笑(をか)しい、071千騎一騎(せんきいつき)だ。072(これ)から(とき)さまの腕試(うでだめ)しだ。073チツト都合(つがふ)()宣伝歌(せんでんか)(うた)つて(くだ)さい。074応援(おうゑん)応援(おうゑん)だ』
075高彦(たかひこ)『アハヽヽヽヽ』
076(をんな)『ホヽヽヽ』
077時公(ときこう)『フン、078(なに)(ぬか)しやがる。079(この)(さむ)時分(じぶん)にホヽヽなんて、080(ほう)けやがつて。081(うぐひす)真似(まね)をしたつて(たれ)(その)()()るかい。082呆助(ほうすけ)()が、083とぼけやがるな。084(とき)さんは(とき)()つて()るのだ。085ホヽヽと()うて()(やつ)は、086(うめ)(はな)()時分(じぶん)だ』
087(をんな)『わたしは梅ケ香姫(うめがかひめ)御座(ござ)います』
088時公(ときこう)『ナニツ、089梅ケ香姫(うめがかひめ)もあつたものかい。090梅ケ香姫(うめがかひめ)は、091二日前(ふつかまへ)鉄谷村(かなたにむら)三人連(さんにんづれ)()(はず)だ。092貴様(きさま)一人(ひとり)こんな(ところ)においとく(はず)がない。093貴様(きさま)正体(しやうたい)(とき)さまがチヤーンと見届(みとど)けてあるのだ。094ソレ、095(ふと)(やつ)(なが)(やつ)だらう。096(おれ)天眼通(てんがんつう)百発百中(ひやくぱつひやくちゆう)だ。097(おそ)()つたか、098邪神(じやしん)()が』
099(をんな)『ホヽヽヽ、100(とき)さまのあの気張(きば)(やう)101わたしはお(へそ)(ちや)()かします。102ホヽヽヽ』
103時公(ときこう)『エヽ、104(いや)らしい。105(この)野原(のはら)(よる)夜中(よなか)()()やがつて、106魔性(ましやう)姿(すがた)をして、107(なに)をほざきやがるのだ。108煙草(たばこ)(づう)()ましてやろか』
109高彦(たかひこ)『アハヽヽヽ』
110(をんな)(わらは)(とき)さまの天眼通力(てんがんつうりき)(おそ)()りました、111(さつ)しの(とほ)り、112(ふと)(なが)(この)クス野ケ原(のがはら)(ぬし)御座(ござ)います。113(わらは)沢山(たくさん)獅子(しし)餌食(ゑじき)(いた)して()ります。114一口(ひとくち)(うし)(やう)獅子(しし)十疋(じつぴき)くらゐ()はねば、115()にも(あた)らぬ(やう)()(いた)します。116ホヽヽヽ』
117時公(ときこう)『ヤア、118(いや)らしい(やつ)だ。119コレコレ高彦(たかひこ)さま、120あなたも(おき)ぬか。121なんぼ()んで(うま)れて、122()んで(うま)れると()つても、123こんな(やつ)()まれて()ぬのは、124チツト残念(ざんねん)だ。125サア(おき)(くだ)さい、126(はや)(はや)う』
127高彦(たかひこ)『アハヽヽヽ、128可笑(をか)しい(やつ)だナ。129モシモシ大蛇娘(をろちむすめ)さま、130(まへ)さま、131獅子(しし)ばつかり()つて()つても、132あんまり(めづら)しくなからう。133ここに(ひと)人肉(ひとしし)(あたた)かいのがあるが、134(これ)はどうだな』
135(をんな)『ホヽヽヽヽ、136それは(なに)よりの好物(かうぶつ)137頂戴(ちやうだい)(いた)しませう』
138時公(ときこう)『オヽ、139それがよい、140それがよい。141(へび)(くち)から、142高彦(たかひこ)()()れと()つてる。143此奴(こいつ)をグーと(ひと)()んで、144それで帳消(ちやうけ)しだ』
145(をんな)『イエイエ、146(とき)さまが美味(おいし)さうなお顔付(かほつき)147(にく)具合(ぐあひ)といひ、148コツクリと(はだ)(くろ)美味(うま)さうなお姿(すがた)149ホヽヽヽヽ』
150時公(ときこう)『エイ邪魔(じやま)(くさ)い、151(くち)()け、152獅子(しし)(とう)(くら)うて()(あた)らぬ(やう)(おほ)きな(くち)なら、153(おれ)もトンネルだと(おも)つて()はれてやらう。154(その)(かは)りに(この)(つゑ)()つて()つて()(まは)し、155(はら)(なか)這入(はい)つた(とき)(はらわた)()いて()いて()(まは)してやるから、156さう(おも)へ。157サア、158(はや)正体(しやうたい)(あら)はさぬか』
159(をんな)『わたしの(くち)()(やう)(ねつ)があります。160(くち)()れたが最期(さいご)161()(なか)薄氷(うすこほり)()()んだ(やう)なもの、162(とき)さまのお身体(からだ)も、163鉄棒(てつぼう)もみんな()けて(しま)ひます』
164時公(ときこう)『コイツ都合(つがふ)(わる)いなア。165オイ(たか)さま、166籤引(くじびき)だ。167()()し、168()()し、169(わらひ)()しだ。170()でもない(やう)(こと)()ふものだから(おれ)()ふなんて()ひやがるんだ。171サア、172一緒(いつしよ)附合(つきあひ)だ。173二人(ふたり)(なが)()ましてやらうかい』
174高彦(たかひこ)『アハヽヽヽ』
175(をんな)『モシモシ(とき)さん、176(うそ)ですよ。177(わたし)蛇掴(へびつか)みの岩窟(いはや)清姫(きよひめ)さまの身代(みがは)りになつて、178貴方(あなた)(かつ)いで(いつ)(もら)うた梅ケ香姫(うめがかひめ)です』
179時公(ときこう)(うそ)(やう)な、180本真(ほんま)(やう)(はなし)だが、181そんなら何故(なぜ)(おれ)(とこ)主人(しゆじん)鉄彦(かなひこ)さまと、182石凝姥(いしこりどめ)宣伝使(せんでんし)をどうしたのだ』
183(をんな)二人(ふたり)(とも)此処(ここ)()られます。184アヽモシモシお二人様(ふたりさま)185此処(ここ)へお()(くだ)さいませ』
186 (くさ)(なか)から二人(ふたり)(をとこ)(こゑ)
187『アハヽヽヽ、188オホヽヽヽ』
189 (いま)まで薄雲(うすぐも)(つつ)まれ、190ドンヨリとして()月光(つきかげ)皎々(かうかう)(かがや)(はじ)めた。
191高彦(たかひこ)『ヤア、192貴方(あなた)石凝姥(いしこりどめ)神様(かみさま)193(めづら)しい(ところ)でお()(かか)りました』
194時公(ときこう)『ナーンだ。195全然(まるで)紋狐(もんぎつね)(つま)まれた(やう)だ』
196 (これ)より五人(ごにん)()()くるを()つて、197クス野ケ原(のがはら)大蛇(をろち)言向(ことむ)(やは)(こと)となつたのである。
198大正一一・二・二八 旧二・二 松村真澄録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
10/28霊界物語音読第37、38、63巻と、大本神諭、伊都能売神諭をアップしました。
10/26【霊界物語ネット】大本神諭を「年月日順」で並べた時の順序が、一部おかしいものがあったので修正しました。(os176,192,193,191,235 の5つ)