霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
テキストのタイプ[?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示[?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌[?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注[?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色
外字1の色
外字2の色

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第九章 虎猫(とらねこ)〔四七六〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第11巻 霊主体従 戌の巻 篇:第2篇 意気揚々 よみ:いきようよう
章:第9章 虎猫 よみ:とらねこ 通し章番号:476
口述日:1922(大正11)年03月01日(旧02月03日) 口述場所: 筆録者:池沢原次郎 校正日: 校正場所: 初版発行日:1922(大正11)年9月10日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
時公は、鉄彦の命で梅ヶ香姫の護衛をするべく、後を追って来て船中でやっとめぐり合えたところ、勝公が梅ヶ香姫に襲い掛かろうとしたので、助けたのであった。
時公に捕まった勝公は、あべこべに三五教の教えを楯にして、許しを請う。梅ヶ香姫も時公も、勝公のちゃっかりした物言いに思わず笑ってしまう。
八公、鴨公も時公の強さに恐れ入って降参するが、勝公は軽口をたたいて皆を笑わせている。そして船中にわかに一同は三五教に改心し、コーカス山に魔神を言向け和しに乗り込むこととなった。
おりしも、船は西岸のタカオに到着した。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:
愛善世界社版:88頁 八幡書店版:第2輯 545頁 修補版: 校定版:88頁 普及版:37頁 初版: ページ備考:
001 梅ケ香姫(うめがかひめ)乱暴者(らんばうもの)三方(さんぱう)より()めかけられ(やや)(こま)りゐる、002其処(そこ)時公(ときこう)(あら)はれて勝公(かつこう)(こら)して()れたのでヤツト(むね)()(おろ)し、
003梅ケ香姫(うめがかひめ)『ヤア(とき)さま、004よい(ところ)()(くだ)さつた、005五月蝿(うるさ)いお(かた)宣伝(せんでん)したつて()(みみ)のない(たこ)(やう)(かた)ですからな』
006時公(ときこう)『あゝ左様(さやう)御座(ござ)いませう。007(きた)(もり)人間(にんげん)はこの界隈(かいわい)でも一番(いちばん)没分暁漢(わからずや)()(ところ)ですから』
008梅ケ香姫(うめがかひめ)貴方(あなた)009クス野ケ原(のがはら)開墾(かいこん)()うなさつたの』
010時公(ときこう)『ヤア、011開墾(かいこん)開墾(かいこん)ですが、012御主人(ごしゆじん)が……()うも梅ケ香姫(うめがかひめ)(さま)のお()(うへ)(あん)じられてならない、013可愛(かあ)(むすめ)生命(いのち)(たす)けて(くだ)さつた(かた)ですから、014村中(むらぢう)(もの)()んでそれに開墾(かいこん)させる、015(まへ)(あと)(した)つて目的(もくてき)(たつ)せられるまでお(とも)をせよ……と仰有(おつしや)つたので、016(わた)りに(ふね)だ、017何時(いつ)までも百姓(ひやくしやう)をして()るより貴方(あなた)のお(あと)(した)つて、018()らぬ(くに)宣伝歌(せんでんか)(うた)つてぶらつくのも、019(とき)()つての(たのし)みと(よろこ)(いさ)んでやつて()ました(ところ)が、020(みな)さまの行衛(ゆくゑ)見失(みうしな)ひもう(この)(うみ)(わた)つてあちらへお()でになつた(こと)(おも)つて、021(ふね)(なか)乗込(のりこ)みグツスリと寝入(ねい)つて()ました。022(ところ)(なん)だかワイワイと喧嘩(けんくわ)(やう)(こゑ)()()まし()れば貴方(あなた)のお(うた)023(うれ)しや神様(かみさま)のお引合(ひきあは)せと(おも)つて()矢先(やさき)に、024勝公(かつこう)とやらが(あば)れかけたものだから一寸(ちよつと)悪戯(いたづら)をして()ました』
025梅ケ香姫(うめがかひめ)『あゝ左様(さやう)だつたのですか、026これからこの(かつ)さまを()うなさるの』
027時公(ときこう)『まだ腹案(ふくあん)がありませぬ、028()うなとする(つもり)です』
029勝公(かつこう)『モシモシ(とき)さま、030()けて()つのが(かつ)さまの筆法(ひつぱふ)だ、031()つて(かぶと)()()めるといふ(こと)があるが、032貴方(あなた)三五教(あななひけう)宣伝使(せんでんし)強力(がうりき)()えるが、033(ただ)何事(なにごと)(ひと)()直日(なほひ)見直(みなほ)()(なほ)し、034()(あやま)ちはのり(なほ)せといふ宣伝歌(せんでんか)御承知(ごしようち)か』
035梅ケ香姫(うめがかひめ)『ホヽヽヽ、036まあ(かつ)さまの頓智(とんち)()(こと)
037時公(ときこう)『エイ仕様(しやう)がない、038反対(あべこべ)逆襲(ぎやくしふ)しやがつてよう神様(かみさま)(かさ)()(やつ)だ』
039勝公(かつこう)『それが神様(かみさま)(をしへ)です、040矢張(やつぱ)神様(かみさま)(えら)いものですなア。041神酒(みき)あがらぬ(かみ)はないとやら、042()いも(あま)いもよく()つて()られる、043貴方(あなた)宣伝使(せんでんし)だから(さけ)()んだら(わる)いか()らぬが、044神酒(みき)はいくらあがつても差支(さしつかへ)ありますまい』
045時公(ときこう)『オイオイ(かつ)さま、046()うやらお(まへ)宣伝使(せんでんし)(やう)だ、047(まる)きり(おれ)がお説教(せつけう)()いて()(やう)だな』
048勝公(かつこう)『それはさうですとも、049三五教(あななひけう)天地(てんち)(かへ)ると()つたのぢやから、050(てん)()となり()(てん)となり天地顛倒(てんちてんたふ)だ。051貴方(あなた)(ひと)(くる)しむのを()(てん)としてカヘリ()ぬといふ調子(てうし)だが()(かみ)慈悲(じひ)といふ(こと)()つて()ますか』
052梅ケ香姫(うめがかひめ)『ホヽヽヽ、053たうとう(かつ)さんも三五教(あななひけう)()けましたな。054これから「(まけ)さま」と()(あらた)めなさい』
055勝公(かつこう)『ハイ、056大神(おほかみ)まけのまにまに』
057時公(ときこう)洒落(しやれ)ない、058この(さむ)いのに洒落(しやれ)どころか』
059勝公(かつこう)洒落(しやれ)どころか、060(さけ)(どころ)だ。061マア一寸(ちよつと)(さけ)(わる)けりやお神酒(みき)でもあがつてから、062その(むづ)かしい(かほ)(なほ)して梅ケ香(うめがか)さまのお(しやく)(ねが)つて一杯(いつぱい)やつたら如何(どう)だ。063さうすればお(まへ)さまの七六(しちむつ)かしい(かほ)一度(いちど)(ひら)(うめ)(はな)だ。064オイ(やつ)065(かも)066(なに)をクスクス(わら)ひやがる、067此処(ここ)クス野ケ原(のがはら)とは(ちが)ふぞ』
068八公(やつこう)『オイ勝公(かつこう)069(うへ)には(うへ)があるものだな。070貴様(きさま)(つよ)(やつ)だと(おも)つたが今日(けふ)(ざま)(なん)だ』
071勝公(かつこう)『なに(おれ)(つよ)いのだ、072向方(むかふ)はも(ひつ)(つよ)いだけの(こと)だ』
073鴨公(かもこう)(つよ)(こと)(つよ)いが負惜(まけをし)みばかり(つよ)(をとこ)だから可笑(をか)しいワイ』
074時公(ときこう)『オイ勝公(かつこう)どつこい(かつ)さま、075(まへ)さまは(いま)までウラル(けう)手先(てさき)をやつてゐたと()(こと)だが(ふね)(なか)では(ねこ)(かぶ)つて()上陸(じやうりく)したが最後(さいご)076また()()(つめ)()てて虎猫(とらねこ)真似(まね)をするのぢやないか』
077勝公(かつこう)トラ078(ねこ)から(わか)りませんな。079(しか)しながら(ひと)(かみ)()080(かみ)(みや)だ、081(かつ)さまの身魂(みたま)(なか)木花咲耶姫(このはなさくやひめ)さまがお(しづ)まりになつて仰有(おつしや)るのだ。082(かつ)さまは矢張(やつぱ)(かつ)さま、083(うつ)つた(かみ)さまは(かみ)さまだ。084(わたくし)肉体(にくたい)(をが)むと(おも)うたら(あて)(ちが)ふが、085(かみ)さまを(をが)むと(おも)つてサアサア梅ケ香(うめがか)さま、086(とき)さま、087(をが)んだ(をが)んだ。088有難(ありがた)いぞ、089勿体(もつたい)ないぞ、090(なん)でもよう()かはるぞ、091神酒(みき)(そな)へぬか』
092時公(ときこう)馬鹿(ばか)にするない、093(この)(はな)()(はな)もあつたものかい。094獅子舞(ししまひ)(やう)はなをしやがつてハナハナもつて不都合(ふつがふ)千万(せんばん)だ』
095勝公(かつこう)(あま)(さむ)いので冷酒(ひやざけ)()()かぬから一寸(ちよつと)()()れて神懸(かむがか)りになつたのだ』
096一同(いちどう)『アハヽヽヽヽ』
097梅ケ香姫(うめがかひめ)『オホヽヽヽ』
098勝公(かつこう)『アヽヽヽヽとか、099ホヽヽヽヽとか(あま)アホアホ()つて()れない。100(みな)()つて(たか)つてアホアホ()(こゑ)がゴツチヤになつて仕舞(しま)つて面白(おもしろ)くもない。101(この)(あひだ)三五教(あななひけう)宣伝使(せんでんし)北光(きたてる)(かみ)とかが(きた)(もり)小六(こむつ)かしい説教(せつけう)をして()(その)(とき)に、102()(をは)りが()て、103世間(せけん)人間(にんげん)(いま)(かな)はぬと()最後(さいご)五分間(ごふんかん)になると、104色々(いろいろ)宗教(しうけう)信仰(しんかう)して()(もの)信仰(しんかう)せぬ(やつ)(かな)はぬ(とき)神頼(かみだの)みと()つて、105夫々(それぞれ)宗教(しうけう)(をが)(こゑ)(ひと)ツになつて、106南無(なむ)アーメン法蓮(ほふれん)陀仏(だぶつ)107とほかみゑみため、108(たす)(たま)へ、109かんながら妙々(めうめう)(きこ)えるので(かみ)さまも()れが()うだか()くのに(こま)るから、110世間(せけん)(やつ)(たす)かりたい(たす)かりたいと(ひと)ツになつて、111「かむながらたまちはへませ」と()(こゑ)(きこ)える(やつ)だけ(たす)けてやると()うて()た、112それと(おな)(でん)だ。113一時(いちじ)(こゑ)(そろ)へてアホアホと(おれ)()うたところで、114足並(あしなみ)がドツコイ舌並(したなみ)(そろ)はぬものだから、115()()けた(かほ)をして(わら)ふのだろ。116ホントにあほらしい』
117八公(やつこう)『オイオイ勝公(かつこう)118そない(おこ)るな。119あの海上(かいじやう)()い、120貴様(きさま)友達(ともだち)アホ(どり)(はね)(ひろ)げて空中(くうちう)自由自在(じいうじざい)翔廻(かけまは)つて()るぢやないか。121あいつはアホ(どり)()ふけれど()()くと信天翁(しんてんをう)だ』
122勝公(かつこう)『ヤアよくのり(なほ)して()れた、123天教山(てんけうざん)(かみ)(をしへ)(しん)ずる(をう)だ、124(しろ)(ひげ)()えて()らぬけれど、125やがてオキナ手柄(てがら)をして(かへ)つて()瑞祥(ずゐしやう)だ。126オイ八公(やつこう)127鴨公(かもこう)128貴様(きさま)信天翁(しんてんをう)になつて(いま)までのウラル(けう)(てのひら)(かへ)した(やう)打遣(うちや)つて、129三五教(あななひけう)信者(しんじや)となつて、130いよいよコーカス(ざん)悪魔(あくま)退治(たいぢ)出掛(でか)けたら如何(どう)だ』
131八公(やつこう)貴様(きさま)改心(かいしん)する(ほど)だから屹度(きつと)()(をしへ)だらう。132貴様(きさま)から宣伝使(せんでんし)さまに(ねが)つて()れないか』
133勝公(かつこう)(ねが)ふも(たの)むもあつたものか。134宣伝使(せんでんし)(さま)(かみ)のお使(つかひ)だから、135直接(ちよくせつ)貴様(きさま)(かみ)さまに(ねが)つたら()いのだよ、136ナア梅ケ香姫(うめがかひめ)(さま)137勝公(かつこう)(まを)(こと)間違(まちが)つて()ますか』
138梅ケ香姫(うめがかひめ)『それでよろしい、139マアマアようそんな()になつて(くだ)さいました。140神様(かみさま)有難(ありがた)いお(かた)です』
141時公(ときこう)三五教(あななひけう)142万歳(ばんざい)…………』
143 かく(はな)(をり)しも、144(ふね)西岸(せいがん)タカオ(みなと)安着(あんちやく)したりけり。
145大正一一・三・一 旧二・三 池沢原次郎録)