霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一〇章 立聞(たちぎき)〔四七七〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第11巻 霊主体従 戌の巻 篇:第2篇 意気揚々 よみ:いきようよう
章:第10章 第11巻 よみ:たちぎき 通し章番号:477
口述日:1922(大正11)年03月01日(旧02月03日) 口述場所: 筆録者:藤津久子 校正日: 校正場所: 初版発行日:1922(大正11)年9月10日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
船を降りた一行は、寒風吹きすさぶ荒野を進んで行く。勝公は、この先に白野ヶ原というところがあり、そこには孔雀姫という美しい女の姿をした化け物がおり、人を捕えて食らうのだ、と話し出した。
その話を肴に、時公と勝公は馬鹿話をやっている。一行は孔雀姫の館を訪ねて、言向け和そうとやってきた。
梅ヶ香姫が孔雀姫の館の門に耳を当てて中の様子を探っていると、ウラル教の宣伝歌を歌っているようである。時公、勝公、八公、鴨公は門外で馬鹿話を始めている。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:
愛善世界社版:95頁 八幡書店版:第2輯 547頁 修補版: 校定版:95頁 普及版:40頁 初版: ページ備考:
001 梅ケ香姫(うめがかひめ)時公(ときこう)(おく)られて、002寒風(かんぷう)(すさ)荒野ケ原(あれのがはら)(いさ)んで(すす)()く。003勝公(かつこう)以下(いか)四五(しご)連中(れんちう)もゴロゴロと(あと)()うて()る。004(かたはら)猪小屋(ししごや)()つけ一同(いちどう)此処(ここ)休息(きうそく)する(こと)とはなりぬ。
005勝公(かつこう)(さけ)()もなくて(なん)となくさむしくなつて()た。006見渡(みわた)(かぎ)(あを)(もの)()つたら(ひと)つもなし、007(てん)()綿(わた)()きつめた(やう)真白(まつしろ)()(なか)だ、008()うして()ると天地(てんち)(あひだ)(くろ)(もの)()つたら、009八公(やつこう)鴨公(かもこう)(かほ)だけ(ぐらゐ)のものだ』
010八公(やつこう)『お(まへ)(かほ)(しろ)いからなア』
011勝公(かつこう)(きま)つた(こと)だい、012まだ三五教(あななひけう)宣伝使(せんでんし)素人(しろうと)だもの(しろ)いのは当然(あたりまへ)だ』
013鴨公(かもこう)()らぬ(もの)半分(はんぶん)()らずに(にはか)(しら)()りやがつて、014白々(しらじら)しい白鷺(しらさぎ)孔雀(くじやく)真似(まね)したつて(にはか)(たま)出来(でき)はせぬぞ』
015勝公(かつこう)『ヤア(その)孔雀(くじやく)(おも)()したが、016これから(すこ)(むか)ふに()くと、017黒野ケ原(くろのがはら)といふ(ところ)がある。018(いま)(ゆき)(なに)()白野ケ原(しろのがはら)ぢやが、019其処(そこ)には孔雀姫(くじやくひめ)といふド(えら)化物(ばけもの)()つて、020其処(そこ)(とほ)ると(たれ)(かれ)(みな)()()まれて(しま)ふと()評判(ひやうばん)だ。021ウラル(けう)(やつ)でも三五教(あななひけう)(やつ)でも孔雀姫(くじやくひめ)一寸(ちよつと)(にら)まれたが最後(さいご)022(みんな)(ばか)されて一人(ひとり)(かへ)つて()(もの)がないと()(こと)だ』
023時公(ときこう)『ヤアそれは本当(ほんたう)か、024孔雀姫(くじやくひめ)といふからには、025随分(ずゐぶん)綺麗(きれい)(をんな)だらう。026一体(いつたい)(なに)(くら)ふのだ』
027勝公(かつこう)『それや(きま)つた(こと)よ。028人間(にんげん)(くら)ふのだ。029(おれ)(やう)(くろ)人間(にんげん)でも孔雀姫(くじやくひめ)にかかつたら(みんな)()はれると()(こと)だ』
030時公(ときこう)『そいつは面白(おもしろ)い、031綺麗(きれい)(かほ)をしやがつて人間(にんげん)()ふなぞと鬼娘(おにむすめ)かも()れないよ。032(その)(こゑ)蜥蜴(とかげ)()ふかや時鳥(ほととぎす)」だ。033()(なか)()物騒(ぶつそう)になつて()ると、034彼方(あつち)にも此方(こつち)にも金毛九尾(きんまうきうび)(きつね)八岐(やまた)大蛇(をろち)がはばりやがつて、035何処(どこ)にも此処(ここ)にもさういう(おに)(あら)はれて()るもんだ。036(おれ)(やう)に、037(ひと)でも()つて()ひさうな(こは)(かほ)した(やつ)には本当(ほんたう)(あく)はないもんだ。038(うつく)しい(かほ)した(やつ)人殺(ひとごろ)しをしたり(ひと)(あざむ)いたりする(やつ)(かへつ)(おほ)い、039(つま)悪魔(あくま)(ぜん)仮面(かめん)をかぶつて()(なか)(みだ)すものだからな』
040勝公(かつこう)(とき)さま、041(ひと)肝玉(きもたま)をおつ(ぽり)()して、042孔雀姫(くじやくひめ)正体(しやうたい)調(しら)べて()やうか。043(なに)()けて()るのか()れやせぬぜ』
044時公(ときこう)『お(まへ)雪隠(せんち)(はた)(さる)()はずと()(かき)(やう)(をとこ)だから、045滅多(めつた)孔雀姫(くじやくひめ)だつて(あぢ)(わる)いから()気遣(きづか)ひはないわ。046(さる)()はずといふ(かき)(しぶ)くて(きたな)くて(こま)かくて()へぬ(やつ)だからな』
047勝公(かつこう)『コレコレ(とき)さま、048()(なほ)しなさい』
049時公(ときこう)『また琵琶(びは)(うみ)()つて、050綺麗(きれい)(ふね)()(なほ)さうかい、051(おれ)(やう)(あぢ)のある(をとこ)は、052一寸(ちよつと)険難(けんのん)だ。053ナア梅ケ香姫(うめがかひめ)さま、054あなたクス野ケ原(のがはら)高彦(たかひこ)さまを()つて(くだ)さいと()つたら、055イヤイヤ(とき)さんの(はう)(をとこ)らしくて(いろ)がコツクリ(くろ)くて(にく)がボテボテして(うま)さうだから、056(とき)さんを()べさして頂戴(ちやうだい)なんて仰有(おつしや)つた、057本当(ほんたう)梅ケ香(うめがか)さんに()つて()しいわ』
058勝公(かつこう)『こんな(ところ)(のろ)けない。059(あま)(のろ)けるとソレ(また)大蛇(をろち)先生(せんせい)がノコノコとやつて()るぞ』
060時公(ときこう)大蛇姫(をろちひめ)でも明志丸(あかしまる)でも(なん)でも(かま)はん、061ノロリノロリと(かんが)へてゐる()()のない(あに)さまだ。062貴様(きさま)(やう)野呂間(のろま)とは、063ちつとは(ちが)ふぞ』
064勝公(かつこう)野呂間(のろま)とは(なん)だ、065()(なほ)せ。066(ひと)をノロはば(あな)(ふた)つだ』
067時公(ときこう)(ふた)つも(ひと)つも(あな)があつて(たま)らうか、068あな有難(ありがた)三五教(あななひけう)宣伝使(せんでんし)だ』
069一同(いちどう)『アハヽヽヽヽ』
070梅ケ香姫(うめがかひめ)(みな)さまは気楽(きらく)(かた)ですねえ。071貴方方(あなたがた)一緒(いつしよ)(ある)いて()ると、072マルデ天国(てんごく)旅行(りよかう)()たいだわ』
073鴨公(かもこう)『さうでせう。074(わたくし)(やう)()()のない、075(ほど)()い、076(かゆ)(ところ)()(とど)(をとこ)(くは)はつて()るのですから満雪途上(まんせつとじやう)黒一点(こくいつてん)だからねえ』
077時公(ときこう)『アハヽヽヽ(わら)はしやがる。078万緑叢中(まんりよくそうちゆう)紅一点(こういつてん)梅ケ香(うめがか)(さま)がござると(おも)つて、079此奴(こいつ)(かほ)(しわ)()ばしやがつて、080はしやいで()るな』
081勝公(かつこう)『そんな雑談(ざつだん)一切(ひとき)りにして()かうかい。082これから梅ケ香(うめがか)さまに幾層倍(いくそうばい)とも()れぬ(うつく)しい孔雀姫(くじやくひめ)のお(かほ)拝見(はいけん)だ。083こんなくだらぬ(はなし)をしやべつて()ると、084(また)ノロノロがやつて()るぞ。085(この)()でさへも限換(きりかへ)るとか、086立替(たてかへ)とかがあるさうだのに()りのない(はなし)()めて(いよいよ)膝栗毛(ひざくりげ)立替(たてかへ)立直(たてなほ)しだ。087サア(すす)(すす)め。088何処(どこ)彼処(かしこ)大雪(おほゆき)で、089ゆきつまりだ、090(つま)りて(つま)らんのは(おれ)(ところ)(ばか)りではない。091節季(せつき)になると(おれ)(ところ)(やう)なつまらぬ(いへ)(つま)つてるのは、092掛取(かけと)(ばか)りだ。093サアサア、094()(あし)()(あし)095節季(せつき)になつても(はら)ふものがないから(ゆき)でも(はら)つて()かうかい』
096 勝公(かつこう)(さき)()つて(みち)あけをする。097梅ケ香姫(うめがかひめ)一行(いつかう)雪道(ゆきみち)()みしめながら、098()けつ(まろ)びつ孔雀姫(くじやくひめ)隠家(かくれが)(まへ)近寄(ちかよ)つた。
099時公(ときこう)『オイ勝公(かつこう)100サアサアこれからが戦場(せんぢやう)だ。101貴様(きさま)先陣(せんぢん)(うけたま)はつて()第一(だいいち)孔雀姫(くじやくひめ)()はれるのだ』
102勝公(かつこう)『ヤア(おれ)雪隠(せつちん)(はた)(さる)()はず、103(おれ)(やう)(もの)()つたつて孔雀姫(くじやくひめ)肘鉄砲(ひぢてつぱう)だ。104太鼓(たいこ)(やう)(しるし)()した(やう)なものだ。105それよりも(とき)さま、106梅ケ香(うめがか)さまなら()つて()しいと()つたでないか。107孔雀姫(くじやくひめ)()はれるのも光栄(くわうえい)だぜ』
108時公(ときこう)(なに)光栄(くわうえい)だ。109貴様(きさま)(はう)()()えてるわ、110()ういふ(とき)には製糞器(せいふんき)調法(てうはふ)だ。111(この)(ごろ)(ゆき)()るので人通(ひとどほ)りが(すくな)いから孔雀姫(くじやくひめ)(かつ)ゑてかつかつとして()つて()る、112(あつら)(むき)だ。113其処(そこ)勝公(かつこう)がやつて()けば、114カツしては盗泉(たうせん)(みづ)()むのだ。115イヤ(ここ)(ひと)梅ケ香(うめがか)さまは除外例(ぢよがいれい)として四人(よにん)(その)犠牲者(ぎせいしや)選挙(せんきよ)をやらうかい。116当選(たうせん)した(やつ)犠牲(ぎせい)になるのだ』
117鴨公(かもこう)一騎当千(いつきたうせん)(かつ)さんに、118()つて(もら)はう。119(ひと)選挙(せんきよ)頭痛(づつう)()んでも仕方(しかた)がないからなあ』
120 かく無駄口(むだぐち)()ひながら、121孔雀姫(くじやくひめ)(やかた)(まへ)にピタリと()()いた。122梅ケ香姫(うめがかひめ)手真似(てまね)一同(いちどう)(せい)し、123(もん)()(みみ)()てて(なか)より()(きた)(かすか)(こゑ)()不審(ふしん)さうに(くび)(かたむ)けて()る。
124勝公(かつこう)『モシモシ宣伝使(せんでんし)さま、125(なに)思案(しあん)して御座(ござ)る。126(なん)(ひと)(ほね)でも(かじ)(おと)がいたしますかな』
127梅ケ香姫(うめがかひめ)『サア一寸(ちよつと)合点(がつてん)がゆきませぬ、128()いた(こと)のある(やう)(こゑ)でウラル(けう)宣伝歌(せんでんか)(うた)つて()(やう)です』
129勝公(かつこう)『ヤア()れは(めう)だ。130矢張(やつぱ)りウラル(ひこ)手下(てした)曲神(まがかみ)だな、131ドレドレ(かつ)さまが()いて()ませう。132梅ケ香(うめがか)さま一寸(ちよつと)退()いて(くだ)さい』
133()いながら(もん)節穴(ふしあな)(みみ)()てて、
134勝公(かつこう)『アヽ(きこ)えた(きこ)えた、135オイ、136八公(やつこう)137鴨公(かもこう)138(えら)(こと)()つて()るぞ。139曲神(まがかみ)といふ(やつ)はエライものだ。140(なん)でも()でもちやん()つて()やがる』
141鴨公(かもこう)『どんなことを()つて()るのだ。142一寸(ちよつと)()かして()れ』
143勝公(かつこう)()かすも()かさぬもあつたものかい。144孔雀姫(くじやくひめ)(やつ)(とが)つた(くちばし)をしやがつて、145(はね)をパアと(ひろ)げて、146カカカモヽヽ、147カモコカモコ、148イヤイヤ ヤツヤツ八公(やつこう)カモカ、149()(さが)つて(こし)(から)だ。150カモト(やつ)とを一緒(いつしよ)()はうかククヽヽヽなんて、151ほざいて()やがるのだ。152タツタ(いま)(もん)がギーと()いたが最後(さいご)153貴様(きさま)二人(ふたり)苦寂滅為楽(くじやくめつゐらく)154頓生菩提(とんしやうぼだい)()(どく)なりける次第(しだい)なり』
155(かも)156(はち)『アンアンアンアン、157オンオンオンオン』
158勝公(かつこう)(をとこ)らしくない、159(なに)(ほえ)るのだ。160()つともないぞ』
161鴨公(かもこう)(てん)にも()にもたつた(ひと)つの御命(おいのち)162(さだ)めなき()()ひながら(いま)此処(ここ)(いのち)()られると(おも)へば(これ)()かずに()られようか、163()いて明志(あかし)捨小舟(すてをぶね)()りつく(しま)がないワイヤイ。164アンアンアンアンアン』
165八公(やつこう)『オーンオーンオーンオーンオーン』
166勝公(かつこう)『アハヽヽヽヽ(うそ)(うそ)だ、167鰹節(かつをぶし)()ひたいと()つて()るのだ。168鰹節(かつをぶし)は、169(すなは)所謂(いはゆる)170()りもなほさず、171ヘン(この)(かつ)さんだ。172淡雪(あはゆき)(やう)(はだ)でお月様(つきさま)(やう)(まゆ)(みどり)(したた)(やう)()でオチヨボ(ぐち)(この)(かつ)さまを()ひたいと仰有(おつしや)るんだい、173イヤもう時節(じせつ)()たねばならぬものだ。174(からす)(よめ)孔雀姫(くじやくひめ)だ、175アハヽヽヽ』
176鴨公(かもこう)勝公(かつこう)(やつ)177(ひと)胆玉(きもたま)をデングリ(まは)しやがつた。178よう悪戯(いたづら)をする(やつ)だ』
179勝公(かつこう)(おれ)言霊(ことたま)(えら)いものだらう、180(ことごと)(たま)宿換(やどが)へをさす天下(てんか)無比(むひ)言霊(ことたま)だよ』
181時公(ときこう)『ドレ(おれ)(ひと)()いてやらう』
182(また)もや門口(かどぐち)節穴(ふしあな)(みみ)()てた。
183時公(ときこう)『ヤアこいつは素的(すてき)だ。184(うぐひす)(やう)ハンナリとした(すず)しさうな、185(みだ)(がみ)ではないが、186()ふに()はれぬ、187とくに()かれぬ門内(もんない)光景(くわうけい)188()(ほど)これでは(この)門前(もんぜん)(とほ)つた(やつ)は、189()らず()らずに()はされて()()けられるのは当然(あたりまへ)だ』
190大正一一・三・一 旧二・三 藤津久子録)