霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
テキストのタイプ[?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示[?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌[?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注[?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色
外字1の色
外字2の色

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


誰も知らなかった日本史
〈 2016年6月3日緊急発刊 〉
王仁三郎昇天50年目に発見された新事実が明らかになる!
『切紙神示と共に甦る孝明天皇の遺勅(予言) 誰も知らなかった日本史 皇室に隠された重大な真実』
出口恒(著) 飯塚弘明(協力) ヒカルランド
アマゾン等で絶賛発売中!
本書の中に出てくる資料は「出口王仁三郎大学」でダウンロードできます
【新着情報】2017/3/17 王仁三郎関連書籍のPDFがこちらでダウンロードできます。たくさんあります。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一一章 表教(おもてけう)〔四七八〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第11巻 霊主体従 戌の巻 篇:第2篇 意気揚々 よみ:いきようよう
章:第11章 表教 よみ:おもてきょう 通し章番号:478
口述日:1922(大正11)年03月01日(旧02月03日) 口述場所: 筆録者:北村隆光 校正日: 校正場所: 初版発行日:1922(大正11)年9月10日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
扉を開けて館から出てきた孔雀姫は、満面に笑みをたたえて一同を招きいれた。男たちは孔雀姫の美しさに見とれているが、梅ヶ香姫はなにやら合点した様子で、泰然とニコニコ笑っている。
館の中からは、女の涼しい声で、ウラル教の宣伝歌が聞こえてきた。勝公、八公、鴨公はウラル教の仲間と勘違いして、にわかに元気付いている。一行はどんどん屋敷の奥へと入っていった。
奥の間にいる孔雀姫に、勝公は、あなたはウラル教でしょう、と問いかけるが、孔雀姫は、自分はオモテ教だ、と答える。勝公はにわかに、それなら心機一転オモテ教に改心する、と宣言する。
時公は、なんとなく孔雀姫が梅ヶ香姫に似ていることに気づいた。梅ヶ香姫はなにやら孔雀姫と相通じているようなので、みな孔雀姫は三五教ではないかと気づき始めた。
梅ヶ香姫はすっくと立って宣伝歌を歌い始めた。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:
愛善世界社版:104頁 八幡書店版:第2輯 550頁 修補版: 校定版:104頁 普及版:44頁 初版: ページ備考:
001 (もん)()002細目(ほそめ)(ひら)いて一寸(ちよつと)(のぞ)いた美人(びじん)は、003満面(まんめん)(ゑみ)(たた)(しろ)(やさ)しき()()べて、004一同(いちどう)(むか)手招(てまね)きをし(なが)(はや)くも門内(もんない)姿(すがた)(かく)したりける。
005時公(ときこう)『ヤア孔雀姫(くじやくひめ)とか()くからには、006別嬪(べつぴん)だらうとは(おも)つて()たが、007(おも)つたよりも幾層倍(いくそうばい)別嬪(べつぴん)だ。008一瞥(いちべつ)()天地(てんち)(くつが)へすと()絶世(ぜつせい)美人(びじん)だ。009大抵(たいてい)(もの)はあの()一寸(ちよつと)()られたが最後(さいご)010(こし)(なに)フニヤフニヤになつて仕舞(しま)ふだらう。011(おれ)如何(どう)やら(こし)具合(ぐあひ)(へん)になつて()たぞ』
012 梅ケ香姫(うめがかひめ)(なに)確信(かくしん)あるものの(ごと)泰然(たいぜん)としてニコニコと(わら)ふ。
013勝公(かつこう)『ヤア梅ケ香姫(うめがかひめ)宣伝使(せんでんし)綺麗(きれい)(おも)つたが、014貴方(あなた)のニコニコより(いや)(まさ)るニコニコだ。015一寸(ちよつと)こちらを()いてニタニタと(わら)つた(とき)は、016こちらもシタシタと(おも)つたよ。017舌々(したした)(やつ)舌々(したした)(やつ)タだ』
018鴨公(かもこう)『コレ(とき)さま、019(まへ)(こし)(へん)になつたか、020(わし)(へん)だ』
021時公(ときこう)貴様(きさま)(こし)()けたのだ、022生憎(あひにく)(にしん)()し、023(こま)つた(こと)だ』
024八公(やつこう)(まる)(ひと)(ねこ)みた(やう)()ひやがる、025二進(につち)三進(さつち)も、026()(こし)()けては(うご)けたものぢやない』
027時公(ときこう)(おれ)たちは悠然(ゆつくり)孔雀姫(くじやくひめ)御対面(ごたいめん)(あそ)ばして結構(けつこう)御待遇(おもてなし)()うて()るから、028まあ悠然(ゆつくり)(こし)でも(おろ)し、029ドツコイ()かして其処(そこら)(ぢう)(ゆき)孔雀姫(くじやくひめ)(しろ)(かほ)(おも)つて()てゐるが()いワイ。030サアサ、031梅ケ香姫(うめがかひめ)さま、032這入(はい)りなさいませ、033見掛(みかけ)(どほ)りの茅屋(あばらや)御座(ござ)いまするが、034これが(わらは)住家(すみか)035(こころ)おき()う、036ゆるゆる御逗留(ごとうりう)なして(くだ)さいませ』
037勝公(かつこう)『オイ(とき)さま、038(なに)()ふのだ、039()つともない、040(こし)をペコペコさして(おほ)きな(くち)オチヨボ(ぐち)にしたつて(ふる)()きはせぬぞ』
041時公(ときこう)『マア八釜(やかま)しう()ふない。042孔雀姫(くじやくひめ)さまの(かは)りを(つと)めてるのだ』
043 (この)(とき)044(やかた)(なか)より、
045()めよ(さわ)げよ一寸先(いつすんさき)(やみ)
046(やみ)(あと)には(つき)()
047()(をんな)(すず)しい(こゑ)(ひび)いて()た。
048勝公(かつこう)『ヤア、049此奴(こいつ)豪気(がうき)だ、050矢張(やつぱ)りウラル(けう)だ、051()うなつて()ると三五教(あななひけう)(あんま)(はば)()かぬ。052オイオイ八公(やつこう)053鴨公(かもこう)054安心(あんしん)せい、055此処(ここ)はウラル(けう)だぞ、056貴様(きさま)たちの(はば)()(ところ)だ。057ハイ梅ケ香(うめがか)さま、058生憎(あひにく)(さま)059三五教(あななひけう)でなくて、060(うら)めしいウラル(けう)061ヘン、062()みませぬな、063貴方(あなた)(もん)(そと)()つて()なさい。064サアサ、065(やつ)066(かも)067心配(しんぱい)いらぬ、068()()()()い』
069 (やつ)070(かも)(この)(こゑ)(ちから)()()かした(こし)()(なほ)し、
071(やつ)072(かも)(なに)073ウラル(けう)か、074そいつは面白(おもしろ)い』
075肩臂(かたひぢ)(いか)らして門内(もんない)(すす)()る。
076時公(ときこう)『アハヽヽヽヽ現金(げんきん)(やつ)だ。077これだから貴様(きさま)改心(かいしん)(あた)にならぬと()ふのだ』
078勝公(かつこう)(かな)はん(とき)神頼(かみだの)みだ』
079()(なが)(いきほひ)よく表戸(おもてど)()けて、
080勝公(かつこう)『ヘイ、081御免(ごめん)なせい、082(わたくし)北野(きたの)(むら)勝公(かつこう)()ふウラル(けう)目付役(めつけやく)でげす。083(いま)三五教(あななひけう)宣伝使(せんでんし)生捕(いけど)つて()ました、084ちよつくら一寸(ちよつと)085手剛(てごは)(やつ)だから応援(おうゑん)をお(たの)みします。086折角(せつかく)(たま)()(はづ)したら、087たまり(こぼ)しがありませぬから』
088梅ケ香姫(うめがかひめ)『ホヽヽヽヽ(かつ)さま、089心配(しんぱい)して(くだ)さるな。090()げも(かく)れも(いた)しませぬ。091(わたし)言霊(ことたま)美事(みごと)帰順(きじゆん)させて()せませう』
092勝公(かつこう)『ヘン、093仰有(おつしや)るワイ』
094()(なが)らドシドシと(わが)(いへ)(かへ)つた(やう)心持(こころもち)(おく)(すす)()く。
095 一同(いちどう)勝公(かつこう)(あと)()いて()く。096(あま)(ひろ)(いへ)ではないが、097()ザツパリとした座敷(ざしき)がある。098其処(そこ)(たう)主人公(しゆじんこう)たる孔雀姫(くじやくひめ)一絃琴(いちげんきん)(まへ)()いて(すわ)つて()る。099梅ケ香姫(うめがかひめ)一目(ひとめ)()るなり、
100梅ケ香姫(うめがかひめ)『ヤア、101貴方(あなた)は、102ま………』
103()ひかけて(にはか)(くち)(そで)(つつ)んだ。
104勝公(かつこう)『これこれ、105梅ケ香(うめがか)さま、106ウラル(けう)孔雀姫(くじやくひめ)さまに「貴女(あなた)はまア」だとは(なん)()失礼(しつれい)(こと)(おつ)しやる。107()でも(なん)でもない、108結構(けつこう)(かみ)さまだ』
109時公(ときこう)『ヤア、110一寸(ちよつと)孔雀姫(くじやくひめ)さまとやらにお(たづ)ねしますが、111路傍(ろばう)(つた)ふる(ところ)()れば、112貴女(あなた)此処(ここ)往来(わうらい)する人間(にんげん)(たれ)(かれ)(みな)113()つて仕舞(しま)うと()(こと)だが真実(ほんたう)()ふのですか』
114孔雀姫(くじやくひめ)『ハイ(わらは)往来(ゆきき)(ひと)老若男女(らうにやくなんによ)区別(くべつ)なく()んで()(やう)()()げて………』
115八公(やつこう)『エ、116(なん)と、117()んで()む、118()であげて(まる)章魚(たこ)()でる(やう)にするのですな。119(あつ)()(なか)()れて()でられて、120(まる)コロモ()げにしられて、121()んで()(やう)にするのだなぞと、122(まる)でウラル(ひこ)守護神(しゆごじん)八岐(やまた)大蛇(をろち)御化身(ごけしん)ですか』
123孔雀姫(くじやくひめ)『ホヽヽヽヽ』
124勝公(かつこう)貴女(あなた)はウラル(けう)でせう。125(わたくし)はウラル(けう)目付役(めつけやく)126()()ケチ野郎(やらう)でげすが、127見知(みし)()(くだ)さつて何卒(どうぞ)128可愛(かあい)がつて使(つか)つてやつて(くだ)さいませ』
129孔雀姫(くじやくひめ)(わらは)はウラル(けう)では御座(ござ)いませぬ』
130勝公(かつこう)『エ、131(なん)と、132ウラル(けう)でないと、133そんなら何教(なにけう)御座(ござ)いますか』
134孔雀姫(くじやくひめ)『オモテ(けう)です』
135勝公(かつこう)『ハアハ、136(たたみ)(やう)()ですな、137(たたみ)(やぶ)れて仕替(しか)()いと始終(しじう)オモテゐる、138(わたくし)(たましひ)(なん)だか(へん)になつたから仕替(しか)へて(もら)()いとオモテゐる、139さうするとウラル(けう)とは如何(どん)関係(くわんけい)があるのですか』
140孔雀姫(くじやくひめ)『ウラ、141オモテです、142畢竟(つまり)反対(はんたい)(をしへ)です。143ウラル(けう)のお(かた)()えたら(かた)(ぱし)から()んで(くく)めて……』
144勝公(かつこう)『もしもし(わたくし)もオモテ(けう)になりまする、145(いま)までウラル(けう)は、146面白(おもしろ)()いと(おも)つて()(ところ)
147時公(ときこう)『ハヽヽヽヽ現金(げんきん)(やつ)だな』
148勝公(かつこう)心機一転(しんきいつてん)だ、149刹那心(せつなしん)だ、150こんな(せつ)ない(おも)ひをした(こと)はないわ。151(あん)相違(さうゐ)(うら)152(おもて)153()つから()つから(わけ)(わか)らぬ(やう)になつて仕舞(しま)つた』
154時公(ときこう)『モシモシ梅ケ香(うめがか)さま、155貴女(あなた)何処(どこ)ともなしに此処(ここ)御主人(ごしゆじん)()()てゐらつしやる(やう)だ。156貴女(あなた)もクス野ケ原(のがはら)一寸(ちよつと)()(そこ)なつた(やう)だが、157あの()とは(ちが)ひますかな』
158梅ケ香姫(うめがかひめ)『マアマア(よろ)しい』
159時公(ときこう)『「マアマア(よろ)しい」なんて()(わる)いにきまつたもんだ、160アタ()(わる)い、161()んな(ところ)にマゴマゴとして()つたら如何(どん)()()ふやら()れやしない』
162梅ケ香姫(うめがかひめ)世界(せかい)(おに)はありませぬ。163()()()()ちつけなさい』
164時公(ときこう)梅ケ香(うめがか)さまは(なん)だか(めう)目遣(めづか)ひをして、165此処(ここ)魔神(ましん)さまと以心伝心(いしんでんしん)とか()(やう)(こと)をやつて()ましたな』
166梅ケ香姫(うめがかひめ)『ホヽヽヽヽ』
167勝公(かつこう)『こいつは(へん)だ、168オイ八公(やつこう)169鴨公(かもこう)170此奴(こいつ)三五教(あななひけう)やつかも()れんぞ』
171(やつ)172(かも)(やつ)(かも)三五教(あななひけう)(ちが)ふワイ、173オモテ(けう)だ』
174時公(ときこう)貴様(きさま)175(にはか)(てのひら)(かへ)してオモテ(けう)だなんて寝返(ねがへ)りを()つた(ところ)大持(おほも)もてる()づかひは()いぞ』
176八公(やつこう)(かみ)(おもて)(あら)はれて(ぜん)(あく)とを立別(たてわけ)ると()(こと)があるぢやないか、177これはヒヨツトしたら三五教(あななひけう)一派(いつぱ)かも()れぬぞ』
178 梅ケ香姫(うめがかひめ)スツク()つて宣伝歌(せんでんか)(うた)(はじ)めた。
179大正一一・三・一 旧二・三 北村隆光録)