霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


【新着情報】霊界物語読者アンケート集計結果発表!(7/20)こちらのページです。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一三章 転腹(てんぷく)〔四八〇〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第11巻 霊主体従 戌の巻 篇:第2篇 意気揚々 よみ:いきようよう
章:第13章 第11巻 よみ:てんぷく 通し章番号:480
口述日:1922(大正11)年03月01日(旧02月03日) 口述場所: 筆録者:加藤明子 校正日: 校正場所: 初版発行日:1922(大正11)年9月10日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
松代姫が宣伝歌を歌っている折しも、館の門前には十手を持ったウラル彦の捕り手たちが五人、中をうかがっていた。
孔雀姫を捕らえに来た様子だが、案に相違して館内には多くの人がいるので、中に踏み込むのをためらって、馬鹿話をしている。
時公は中から出て行って、捕り手たちに啖呵を切ると、四人を一度に掴んで館の中に引き入れてしまった。勝公、八公、鴨公の三人も、残りの一人を担いでくる。
時公は捕り手たちをお神酒でもてなした。そして、三五教への改心を説いた。捕り手たちは以外の饗応に感じて、熱心な三五教の信者となった。
松代姫一行は、雪の中を竹野姫を追って出発して行った。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm1113
愛善世界社版:121頁 八幡書店版:第2輯 556頁 修補版: 校定版:122頁 普及版:51頁 初版: ページ備考:
001 松代姫(まつよひめ)が、002(いもうと)梅ケ香姫(うめがかひめ)面会(めんくわい)したる(うれ)しさに(うた)(うた)つて()真最中(まつさいちう)003表門(おもてもん)(あら)はれたる黒頭巾(くろずきん)(かぶ)つて()十手(じつて)()つた(をとこ)004門内(もんない)様子(やうす)(うかが)ひながら、
005(かふ)『オイ俺達(おれたち)もアーメニヤのウラル(ひこ)盤古神王(ばんこしんわう)から命令(めいれい)()けて此処(ここ)捕手(とりて)(むか)つたのだが、006どうも(うち)様子(やうす)(あや)しいぞ。007ぐじやぐじや一人(ひとり)ぢやないらしい、008(なん)でも五六人(ごろくにん)(こゑ)がして()る。009一人(ひとり)ぐじやぐじや(ひめ)でさへも、010こんな荒男(あらをとこ)五人(ごにん)()()()()はぬのに、011五六人(ごろくにん)()るとすれば一寸(ちよつと)容易(ようい)手出(てだ)しは出来(でき)ない、012なんぼぐじやぐじや(ひめ)でも一寸(ちよつと)ぐじやりとは仕居(しを)らぬかも()れぬ』
013(おつ)貴様(きさま)(なに)(ぬか)すのぢや、014ぐじやぐじや(ひめ)ぢやと()(こと)があるか、015くしやくしや(ひめ)だ』
016(へい)馬鹿(ばか)()ふな、017九尺姫(くしやくひめ)()ふのだ、018貴様(きさま)のとこの(かか)九尺(くしやく)二間(にけん)(やぶ)()に、019(むね)つづき小屋(ごや)(くら)して、020九尺々々(くしやくくしやく)()かして()るが、021マアあンなものだらうかい』
022(てい)『さあ、023くしやくしやと悪口(わるくち)()うと、024今頃(いまごろ)にや、025貴様(きさま)のところのお(なべ)が、026くしやんくしやんと、027くしやみ(ひめ)になつて()るかも()れないぞ』
028()(わか)らぬ(やつ)だなあ、029杓姫(しやくひめ)()ふのだ、030杓子(しやくし)のやうな(かほ)をして()るから杓姫(しやくひめ)だよ、031さてもさても()()りの(わる)(やつ)だ。032貴様(きさま)(やう)(やつ)相手(あひて)になつて()ると(しやく)(さは)つて仕様(しやう)がない、033いづれ何処(どこ)かの飯盛女(めしもりをんな)でもやとつて()(かか)にしやがつたのか、034(たれ)やらの(つく)つた川柳(せんりう)にも「飯盛(めしもり)りをしてるお(なべ)杓子顔(しやくしがほ)」と()(こと)がある、035マアそんな代物(しろもの)だらう』
036(かふ)馬鹿(ばか)()へ、037ぐじやぐじや(ひめ)天下(てんか)美人(びじん)だと()(こと)だ。038其奴(そいつ)(にら)まれたが最後(さいご)039どんな(やつ)でも、040ぐじやぐじやになつて仕舞(しま)ふ。041それで、042ぐじやぐじや(ひめ)()ふのだ。043オイオイ一寸(ちよつと)()いて()ろ、044三杯酢(さんばいず)にするとか、045()でて()ふとか、046美味(うま)からうとか、047()つて()やがるぞ。048貴様(きさま)愚図々々(ぐづぐづ)しとると、049ぐじやぐじや(ひめ)化女(ばけをんな)()はれて仕舞(しま)ふか(わか)らぬぞ』
050(へい)『オイ、051臆病風(おくびやうかぜ)(さそ)はれて、052大事(だいじ)使命(しめい)(はた)せない(やう)(こと)出来(でき)たら、053それこそ(かへ)つて上役(うはやく)(なん)()つて()みつかれるか(わか)りやせぬ』
054(てい)此方(こちら)()みつかれるか、055()んで()みつかれるか、056どちらにしても(たす)かりつこはない、057前門(ぜんもん)(おほかみ)058後門(こうもん)(とら)だ。059(ひと)肝玉(きもだま)()して乱入(らんにふ)(およ)ぶとしようかい』
060()『オイ、061乱入(らんにふ)結構(けつこう)だが、062彼奴(あいつ)ぐにやぐにや(ひめ)だから、063ニユーだぞ』
064(かふ)(なに)がニユーだい』
065()『それでもニユーはニユーだ。066古狸(ふるたぬき)化入道(ばけにふだう)だ。067八畳敷(はちでふじき)睾丸(きんたま)投網(とあみ)をうつたやうにパーツと()せやがつたら、068それこそたまつたものぢやない。069(すぐ)()はれて仕舞(しま)つて白骨(はくこつ)になつて(さら)されるのだ。070それだからよく()(こと)だ。071(あした)睾丸(かうがん)(ゆふべ)白骨(はくこつ)だ』
072(おつ)厚顔(こうがん)貴様(きさま)(こと)だ。073本当(ほんたう)鉄面皮(てつめんぴ)(やつ)だから、074かういふ(とき)にや貴様(きさま)先導(せんだう)にや都合(つがふ)がよい。075愚図々々(ぐづぐづ)せぬと、076サアサア貴様(きさま)から這入(はい)つたり這入(はい)つたり。077オイ松公(まつこう)078梅公(うめこう)079(なに)愚図々々(ぐづぐづ)しやがるのだ。080オヂオヂして()ると今度(こんど)(たけ)さまが拳骨(げんこつ)をお見舞(みまひ)(まを)すぞ』
081 門内(もんない)にて時公(ときこう)(この)(こゑ)()き、
082時公(ときこう)(なん)だ、083失敬(しつけい)(やつ)だ。084松代姫(まつよひめ)さまを松公(まつこう)だの、085梅ケ香姫(うめがかひめ)さまを梅公(うめこう)だの、086竹公(たけこう)だのと馬鹿(ばか)にして()やがる。087愚図々々(ぐづぐづ)()かすと(つま)(つぶ)してやるぞ』
088梅ケ香姫(うめがかひめ)『コレコレ(とき)さま、089(まへ)さまはそれだから(こま)る。090二言目(ふたことめ)には(つま)()すなぞと、091そんな乱暴(らんばう)はやめて(くだ)さい。092(ひと)(はな)(つま)みして(いや)がります』
093時公(ときこう)(はな)(つま)みしたつてあんな(こと)()はして()いて男甲斐(をとこがひ)もない、094(だま)つて()るのが(つま)らぬぢやありませぬか。095つまり、096(えう)するに、097(すなは)ち、098(きつね)(つま)まれたやうなものですな。099()(かく)一寸(ちよつと)門口(かどぐち)(のぞ)いて()てやりませうか』
100梅ケ香姫(うめがかひめ)(のぞ)いて()るのも宜敷(よろし)いが、101温順(おとな)しくして相手(あひて)にならぬやうにしなさいや。102神様(かみさま)のやうに(まこと)(みち)(はう)(つま)()げてやるのは宜敷(よろし)いが、103(わし)(すずめ)(つま)んだやうな乱暴(らんばう)(こと)をしてはいけませぬぜ』
104時公(ときこう)『ハイハイ、105承知(しようち)(いた)しました。106(つま)()げてやります、107かみさま(はう)へ』
108()ひながら(かた)(ゆす)つて門口(かどぐち)(むか)つた。
109時公(ときこう)『サア、110梅ケ香(うめがか)(さま)のお(ゆる)しだ。111(つま)()げるなら、112かみ(はう)へだと()(こと)だ。113(おれ)(かみ)(うへ)まで(つか)()げてやらうかい。114最前(さいぜん)から(うで)()つてりうりういつてた(ところ)だ。115マアこれで溜飲(りういん)()がると()ふものだ』
116独語(ひとりごち)ながら(もん)をガラリと()けた。117五人(ごにん)捕手(とりて)十手(じつて)(にぎ)つた(まま)118不意(ふい)開門(かいもん)(はと)豆鉄砲(まめでつぱう)をくつたやうな面構(つらがま)へして、119時公(ときこう)巨大(きよだい)姿(すがた)凝視(みつ)めて()る。
120時公(ときこう)『ヤイヤイ、121古今独歩(ここんどくぽ)122天下(てんか)無類(むるゐ)123絶世(ぜつせい)美人(びじん)孔雀姫(くじやくひめ)(さま)御門前(ごもんぜん)()つて、124愚図々々(ぐづぐづ)()かすは何奴(なにやつ)なるぞ。125その(はう)はウラル(けう)捕手(とりて)()える。126(その)十手(じつて)(なん)だツ。127此処(ここ)()つて()い。128そんな苧殻(をがら)のやうな(ほそ)(やつ)()ちやがつて、129百本(ひやくぽん)でも千本(せんぼん)でも一緒(いつしよ)にかためてぽきぽきと()つて仕舞(しま)つて()らうか。130オイコラ、131蛇掴(へびつか)みのやうに貴様(きさま)(つか)()げてやらうか』
132松公(まつこう)『ヤア、133この(はう)貴様(きさま)()(とほ)り、134ウラル(けう)捕手(とりて)役人(やくにん)だ。135尋常(じんじやう)()(まは)せ』
136時公(ときこう)『この(はう)は、137アルタイ(ざん)蛇掴(へびつか)みの親分(おやぶん)138大蛇掴(をろちつか)みだ。139サア尋常(じんじやう)()をまはせ。140ヤア、141()はんさきに()(まは)しやがつて、142(たふ)れて()やがる。143(こし)(よわ)(やつ)144いや()(よわ)(やつ)だ。145改心(かいしん)(いた)さぬとまさか(とき)にキリキリ(まひ)(いた)して眩暈(めまひ)()るぞよ』
146 かかる(ところ)へまたもや勝公(かつこう)がやつて()た。
147勝公(かつこう)『オヤ、148此奴(こいつ)面白(おもしろ)い、149(くろ)(ばう)150屁古垂(へこた)れ、151猪口才(ちよこざい)な、152貴様(きさま)捕手(とりて)役人(やくにん)らしいが、153(はや)(つかま)へて(かへ)らぬかい。154愚図々々(ぐづぐづ)(いた)すと(かみ)(みち)(つか)()げるぞ。155こんな(よわ)(やつ)には、156(おれ)のやうな豪傑(がうけつ)(くら)()らぬ。157八公(やつこう)鴨公(かもこう)()()げさせて()んで()はしてやろかい。158大分(だいぶん)(えら)(かん)じでさむがつて()るのだから、159()でて、160天麩羅(てんぷら)にして()つたら、161ちつとは(あたた)まるかも()れぬなア。162(とき)さま、163(ついで)一人(ひとり)づつ(つま)()げて、164孔雀姫(くじやくひめ)(さま)にお()にかけたらどうだらう』
165時公(ときこう)『それや面白(おもしろ)い。166(おれ)四人(よにん)(やつ)(りやう)()(つか)んで、167かみ(はう)(つか)()げるから、168貴様(きさま)一人(ひとり)だけ(つま)()げて()い』
169()ひながら、170強力無双(がうりきむさう)時公(ときこう)四人(よにん)一時(いちじ)両手(りやうて)(にぎ)り、171頭上(づじやう)(たか)(ささ)げながら、
172時公(ときこう)『ヤア、173(もん)邪魔(じやま)になる。174(こま)つたもんだ、175(ちひ)さい(もん)だ、176(ひく)(もん)だ、177おまけに此奴(こいつ)(よわ)もんだなア』
178()ひながら、179ピシヤリ(もん)()めた。180()めた拍子(へうし)にガタリと(くるる)はおりた。181勝公(かつこう)(そと)から、
182勝公(かつこう)『オイオイ、183()けぬか()けぬか。184此奴(こいつ)中々(なかなか)手強(てごは)(やつ)だ。185オイオイ、186(たす)(ぶね)だ』
187時公(ときこう)『オイオイ、188(やつ)189(かも)190勝公(かつこう)(そと)(あわ)()いて()る。191(まへ)加勢(かせい)()つて()い』
192(やつ)193(かも)『よし()た』
194二人(ふたり)(くるる)()けて表門(おもてもん)()()した。195やつとの(こと)一人(ひとり)捕手(とりて)(かつ)いで這入(はい)つて()た。
196時公(ときこう)『サアサア、197捕手(とりて)のお(かた)198(つまづ)(いし)(えん)(はし)だ。199マア一杯(いつぱい)御神酒(おみき)頂戴(ちやうだい)なさい。200(けつ)して(どく)(はい)つて()はしない、201(わたくし)毒味(どくみ)をして()せる』
202()ひながら、203神前(しんぜん)神酒(みき)をおろし、
204時公(ときこう)『お(さき)失礼(しつれい)
205()ひながら、206自分(じぶん)一杯(いつぱい)ぐつとやり、
207時公(ときこう)『サア、208この(とほ)りだ。209(いただ)いた(いただ)いた』
210松公(まつこう)『これはこれは(おも)ひがけない。211(ころ)されるかと(おも)つたら、212御神酒(おみき)(いただ)くのか。213(なに)より好物(かうぶつ)だ』
214竹公(たけこう)(ゆめ)牡丹餅(ぼたもち)だ』
215梅公(うめこう)地獄(ぢごく)(さけ)だ。216サア春公(はるこう)217秋公(あきこう)218貴様(きさま)一杯(いつぱい)頂戴(ちやうだい)せい』
219松公(まつこう)『ヤア、220これはこれは酌姫(しやくひめ)(さま)
221鴨公(かもこう)『お生憎(あいにく)此処(ここ)には酌姫(しやくひめ)()ない、222この(かも)さまがついで()げませうかい。223(かも)(さかな)一杯(いつぱい)(あが)つて、224(あと)宣伝歌(せんでんか)(めづら)しい(うた)()かして(もら)ふのだ』
225竹公(たけこう)(おも)ひがけない御馳走(ごちそう)(あづ)かり、226(いのち)(たす)けて(もら)つて有難(ありがた)御座(ござ)います。227ヤア、228もう捕手(とりて)役人(やくにん)では()()かない、229今日(けふ)からすつかり廃業(はいげふ)しませう』
230時公(ときこう)捕手(とりて)役人(やくにん)はお(まへ)天職(てんしよく)だ。231それをやめたら(なに)をする(つも)りだ』
232竹公(たけこう)(わたくし)元来(ぐわんらい)(げい)()し、233これと()仕事(しごと)もありませぬ』
234時公(ときこう)『さうだらう、235(この)()(なか)(なに)もせず(くら)(やつ)(ごく)(つぶ)しだ、236娑婆(しやば)(ふさ)ぎだ。237捕手(とりて)役人(やくにん)はお(まへ)天職(てんしよく)だからやめてはいかぬ。238(おれ)をアーメニヤ(まで)()れて(かへ)つて、239(まへ)手柄(てがら)にせい』
240松公(まつこう)『メヽ滅相(めつさう)な。241貴方(あなた)のやうなお(かた)()れて(かへ)らうものなら、242それこそ大騒動(おほさうどう)(おこ)ります』
243時公(ときこう)『ハヽヽヽヽ、244(なん)(よわ)捕手(とりて)だなア』
245梅公(うめこう)『アヽ、246(なん)仰有(おつしや)つても捕手(とりて)(やく)(いや)になつた。247何時(いつ)(いのち)()くなるか(わか)つたものぢやない。248仕事(しごと)(おほ)いのに(ひと)(いや)がる捕手(とりて)役人(やくにん)になるとは、249(なん)たる因果(いんぐわ)(うま)れつきだ』
250とそろそろ(さけ)(まは)つて()()す。
251勝公(かつこう)『ウハヽヽ、252面白(おもしろ)面白(おもしろ)い。253()上戸(じやうご)(あら)はれた』
254時公(ときこう)(いま)(まへ)(いのち)(あぶな)いから、255捕手(とりて)(やく)()めると()つたが、256さう無茶苦茶(むちやくちや)()ぬものではない。257()くるも()ぬるも(みな)神様(かみさま)思召(おぼしめし)だ。258なんぼ()なうと(おも)つても神様(かみさま)のお(ゆる)しが()ければ()(こと)出来(でき)ぬ。259()ぬまい()ぬまいと(おも)つても神様(かみさま)幽界(いうかい)()れて()くと仰有(おつしや)つたら(さけ)()みながらでも()なねばならぬぞ。260(めし)()()もどうなるか(わか)らぬ(ひと)(いのち)だ。261何事(なにごと)神様(かみさま)にお(まか)せして(その)()(つと)めを神妙(しんめう)(つと)めるがよからう』
262 (ここ)五人(ごにん)捕手(とりて)意外(いぐわい)饗応(きやうおう)(かん)じ、263いづれも三五教(あななひけう)熱心(ねつしん)なる信者(しんじや)となつた。
264 松代姫(まつよひめ)一行(いつかう)寒風(かんぷう)(くしけづ)られながら、265(よろこ)(いさ)んで(ゆき)(みち)を、266ザクザクと(すす)()くのであつた。
267大正一一・三・一 旧二・三 加藤明子録)