霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一四章 鏡丸(かがみまる)〔四八一〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第11巻 霊主体従 戌の巻 篇:第2篇 意気揚々 よみ:いきようよう
章:第14章 第11巻 よみ:かがみまる 通し章番号:481
口述日:1922(大正11)年03月01日(旧02月03日) 口述場所: 筆録者:外山豊二 校正日: 校正場所: 初版発行日:1922(大正11)年9月10日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
松代姫、梅ヶ香姫の一行は、時公らを引き連れて、琵琶の湖のほとりに着いた。風を避けて二三日逗留したのち、湖を渡るために鏡丸の客となった。
船中の客は、コーカス山の大気津姫についての噂をしていた。それによると、コーカス山の山奥に豪勢な宮殿を建てて、民を絞り、自分の眷属だけが栄華に暮らしている、という。
大気津姫を言向け和しに行った、竹野姫という素盞嗚命の御使いも、行ったきり帰ってこないという。一行はコーカス山に登って、大気津姫を言向け和すことにした。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm1114
愛善世界社版:131頁 八幡書店版:第2輯 560頁 修補版: 校定版:131頁 普及版:55頁 初版: ページ備考:
001 松代姫(まつよひめ)002梅ケ香姫(うめがかひめ)時公(ときこう)()引伴(ひきつ)れ、003一望(いちばう)千里(せんり)雪野原(ゆきのはら)を、004日数(ひかず)(かさ)ねて(つい)琵琶(びは)(うみ)岸辺(ほとり)()いた。005湖上(こじやう)風波(ふうは)(はげ)しきため(やむ)()ず、006二三日(にさんにち)()岸辺(ほとり)(むな)しく()(すご)し、007(やうや)船中(せんちう)(ひと)となつた。008()(ふね)()鏡丸(かがみまる)()ふ。009数十人(すうじふにん)乗客(じやうきやく)(さき)(あらそ)うて鏡丸(かがみまる)()(うつ)り、010一行(いつかう)五人(ごにん)もやつと安心(あんしん)したものの(ごと)船中(せんちう)(きやく)となりける。
011松代姫(まつよひめ)『ヤア、012随分(ずゐぶん)(えら)(ゆき)でしたな。013()塩梅(あんばい)ではコーカス(ざん)は、014随分(ずゐぶん)()んで()りませう』
015時公(ときこう)『イヤ、016御心配(ごしんぱい)には(およ)びませぬ。017貴方(あなた)のやうな(いろ)(しろ)宣伝使(せんでんし)がお()でになれば、018(ゆき)(はう)から遠慮(ゑんりよ)して()えて(しま)いますよ。019アハヽヽ、020此処(ここ)にも勝公(かつこう)(やう)(やつ)()つて()ると宣伝(せんでん)都合(つがふ)()いのだが、021ネエ梅ケ香姫(うめがかひめ)さま、022(ふね)()ると(おも)()しますわ』
023梅ケ香姫(うめがかひめ)『ホヽヽヽ、024(うた)でも(うた)つたら、025(また)ウラル(けう)(かた)()つてゐて一芝居(ひとしばゐ)(はじ)まるかも()れませぬな』
026 ()(うみ)明志(あかし)(うみ)(くら)べて余程(よほど)(ひろ)(したが)つて(なみ)(たか)く、027航路(かうろ)日数(につすう)がかかるのである。028船客(せんきやく)退屈(たいくつ)(まぎ)れに口々(くちぐち)彼方(あちら)此方(こちら)一団(いちだん)となつて、029世間話(せけんばなし)(ふけ)つてゐる。
030(かふ)()(なか)には(めう)(こと)があるものだな。031アルタイ(ざん)には蛇掴(へびつか)みと()目玉(めだま)(よつ)つある悪神(わるがみ)()つて、032大蛇(をろち)()つたり、033(ひと)()うさうだし、034クス野ケ原(のがはら)には(ひと)()化物(ばけもの)()たり、035大蛇(をろち)(ひと)()んだり、036随分(ずゐぶん)物騒(ぶつそう)()(なか)だ』
037(おつ)『そんな(こと)038()らぬものがあるかい、039彼程(あれほど)名高(なだか)(はなし)を、040()れよりもモツトモツト(めづら)しい(はなし)がある。041前達(まへたち)(おく)(みみ)には()這入(はい)つて()るまい』
042(かふ)莫迦(ばか)()へ、043(おれ)()(みみ)だ。044世間(せけん)(うはさ)一番(いちばん)(この)(みみ)這入(はい)るのだ。045さうして()もよく()く、046(はな)もよく()く、047(くち)もよく()く、048(おれ)(した)(さけ)善悪(よしあし)もよく()くなり、049()(あし)()くなり、050(うで)()けば、051威喝(をどし)()く、052()れでも(おれ)精神(せいしん)は、053きかん気者(きもの)だぞ。054愚図々々(ぐづぐづ)(ぬか)すと承知(しようち)をしないぞ』
055(おつ)『アハヽヽヽ、056蟷螂(かまきり)のやうな三角(さんかく)(つら)しやがつて、057()ばつかりギヨロギヨロ()いて(えら)さうに()ふない』
058(かふ)『そんなら(なん)だい。059()いてやらうかい』
060(おつ)『それ()たか、061(しつか)()け。062このごろ黒野ケ原(くろのがはら)雪婆(ゆきんばば)のやうな玲瓏(れいろう)(たま)(ごと)孔雀姫(くじやくひめ)()ふ、063それはそれは(すこぶ)別嬪(べつぴん)魔神(まがみ)(あら)はれて、064其処(そこ)(とほ)つた(やつ)は、065(たれ)(かれ)(みんな)()はれて(しま)ふと()うことだ』
066(かふ)『ウンさうか、067それは初耳(はつみみ)だ。068(てん)(くち)あり、069(かべ)(みみ)ありと()(こと)だが、070(おれ)(とこ)(うち)(おれ)(からだ)(おな)じやうに(かべ)(にく)(みな)()ちて、071(ほね)ばつかりだから、072(かべ)からも()かして()れなんだのだ。073マアお(まへ)御壁(おかべ)(めづら)しい(はなし)(ほね)()つて()かうかい』
074珍公(ちんこう)『オイオイ、075前達(まへたち)そんな(ふる)(はなし)今頃(いまごろ)(なん)()つてるのだい。076モツトモツト(あた)らしい珍無類(ちんむるゐ)珍談(ちんだん)があるのだ。077(この)(ちん)さまは(みみ)(さと)いからな』
078(かふ)『オイ珍公(ちんこう)079口上(こうじやう)ばつかり(なら)べやがつて(あと)()はぬかい』
080珍公(ちんこう)(いま)()うて()かすから小男鹿(さをしか)耳振(みみふ)()てて、081(かしこ)(かしこ)(きこ)()せ』
082(かふ)(はや)()はぬかい』
083珍公(ちんこう)八釜敷(やかましう)()ふない。084さう安売(やすう)りしては値打(ねうち)()いわ。085貴様(きさま)(とこ)(かか)(しり)のやうな()()いた(かみ)さまが(あら)はれたといのう』
086(かふ)(おれ)(とこ)(かか)(しり)みたいなとは(なん)だ。087(うす)化物(ばけもの)でも()たのか』
088珍公(ちんこう)(うす)ぢやないわ、089貴様(きさま)もよつぽど薄野呂(うすのろ)だ。090(なん)でも(おほ)きな団尻姫(だんじりひめ)とか()(かみ)さまが(あら)はれたのだ』
091(おつ)『アハヽヽヽ、092フン(なに)(ぬか)しやがるのだ。093(えら)さうに()きはつりやがつて、094()りもせぬ(くせ)()(がほ)しやがつて、095(けつ)(あき)れるワイ』
096珍公(ちんこう)『オー、097(しり)(おも)()した。098大気津姫(おほげつひめ)だ』
099(かふ)『その大気津姫(おほげつひめ)()うしたと()ふのだ』
100珍公(ちんこう)『マア(だま)つて()け。101(なん)でも其奴(そいつ)はな、102美味(うまい)ものが()きで、103(うつく)しい着物(きもの)()たうて、104綺麗(きれい)な、105立派(りつぱ)(いへ)()てて、106沢山(たくさん)男衆(をとこしう)や、107女子衆(をなごしう)使(つか)つて、108栄耀栄華(えいようえいぐわ)(くら)(やつ)だと()ふことだ』
109(かふ)(たれ)だつて、110美味物(うまいもの)()きに(きま)つて()る。111身体(からだ)()(やぶ)りの出来(でき)るような着物(きもの)()るより、112(かひこ)(やはら)かな着物(きもの)(この)むのは、113(べつ)大気津姫(おほげつひめ)ぢやなくつても、114(おれ)(とこ)大尻姫(おほげつひめ)でも(おな)(こと)だ。115世界中(せかいぢう)美味物(うまいもの)(きら)ひな(やつ)があるか。116人間(にんげん)()たり、117()うたりするのが(たの)しみだ、118(めづら)しさうに(なに)(ぬか)しやがるのだ』
119珍公(ちんこう)『わかりきつた、120(きま)つたこと()ふのが、121(めづ)らしいのだ。122(いま)()(なか)(わか)らぬことの、123(きま)りの()(こと)()(やつ)が、124(みな)彼奴(あいつ)(かしこ)いとか、125学者(がくしや)だとか、126悧巧(りかう)だとか()はれる()(なか)だ。127本当(ほんたう)真直(まつすぐ)(こと)()(やつ)は、128(みな)莫迦(ばか)にする()(なか)だ。129これが逆様(さかさま)()(なか)()ふのだよ』
130(かふ)(かんが)へて()れば、131そンなものだなア。132(それ)でも()(なか)裏表(うらおもて)があるものだ。133マア一寸(ちよつと)この(うみ)(のぞ)いて()い。134()うして(ふね)()つて(あたま)(うへ)にして、135吾々(われわれ)()つて()(つも)りだが、136(かがみ)(いけ)水鏡(みづかがみ)(のぞ)いて()ると、137(ふね)下向(したむ)きになりやがつて、138貴様等(きさまら)(あたま)下向(したむき)になつてゐるわ、139これが()(なか)(こと)(かがみ)(うつ)つて()るのだ』
140 時公(ときこう)はこの(はなし)(みみ)(すま)して興味(おもしろ)がつて()いてゐた。141(たちま)()(おこ)し、142三人(さんにん)(まへ)にバタリと胡床(あぐら)をかき、
143時公(ときこう)『ヤア、144最前(さいぜん)から御話(おはなし)(うけたま)はれば、145(めづら)しさうな(めづら)しくないやうな、146(めう)御話(おはなし)()きました。147一体(いつたい)その大気津姫(おほげつひめ)とやらは、148何処(どこ)()るのですか』
149(かふ)『お(まへ)さまは何処(どこ)(ひと)()らぬが、150(ひと)(もの)(たづ)ねるのに名乗(なの)りを()げずに(なん)のことだ、151()名乗(なの)りなさい。152行儀(ぎやうぎ)()らぬ(ひと)だな』
153時公(ときこう)『アー、154これは失礼(しつれい)しました、155(わたくし)()時々(ときどき)脱線(だつせん)すると()時公(ときこう)(まを)します』
156(おつ)『あまり(おほ)きな(をとこ)がやつて()るので、157(むね)どきどきした。158大気津姫(おほげつひめ)(はなし)なら(わたくし)本家(ほんけ)本元(ほんもと)だ。159()いて(もら)ひませう』
160時公(ときこう)『アヽ、161それは有難(ありがた)う』
162(おつ)『その大気津姫(おほげつひめ)はコーカス(ざん)山奥(やまおく)に、163立派(りつぱ)宮殿(きうでん)(つく)り、164沢山(たくさん)家来(けらい)()れて、165(なん)でも人民(じんみん)(あぶら)(しぼ)つて、166自分等(じぶんら)眷属(けんぞく)ばかりが栄耀栄華(えいようえいぐわ)(くら)して()るさうです。167(この)(あひだ)素盞嗚命(すさのをのみこと)さまの御使(おつかひ)とやらが、168大気津姫(おほげつひめ)(ひと)帰順(きじゆん)さすとか、169(なん)とか()つて()つた()(かへ)つて()ませぬと()(もつぱ)らの評判(ひやうばん)です』
170時公(ときこう)『それは(なん)といふ(かた)です』
171(おつ)『サア、172(なん)といふ(かた)()(わす)れたが、173(なん)でも(なが)いやうな()であつた』
174(かふ)『その(をんな)大蛇姫(をろちひめ)(ちが)ふか。175大蛇(をろち)()(やつ)随分(ずゐぶん)(なが)いものだ。176さうして(をんな)だてらにそンな(ところ)一人(ひとり)()くなんて、177よほど(ふと)(やつ)だぜ。178大方(おほかた)クス野ケ原(のがはら)大蛇(をろち)化物(ばけもの)かも()れぬ。179大蛇姫(をろちひめ)大気津姫(おほげつひめ)との(たたか)ひは随分(ずゐぶん)見物(みもの)だらう』
180珍公(ちんこう)『でも(たけ)のやうな()だつたぞ』
181時公(ときこう)竹野姫(たけのひめ)()御方(おかた)(ちが)ふか』
182珍公(ちんこう)『アー、183その竹野姫(たけのひめ)だ。184その(をんな)(ゆき)()るのに(ただ)一人(ひとり)185(つき)()るとも(かく)るとも、186(ゆき)()むとも(とけ)るとも、187大直日(おほなほひ)だとか、188大気津姫(おほげつひめ)だとか、189見直(みなほ)すとか、190()(なほ)すとか、191(えら)さうに()つて(やま)(のぼ)つた()り、192(ゆき)(とざ)されたのか、193大気津姫(おほげつひめ)にしてやられたのか一向(いつかう)その()消息(せうそく)がわからぬといふことだ。194(をんな)だてらに豪胆(がうたん)にも、195()んな猛獣(まうじう)大蛇(だいじや)ばかりの(やま)()くから、196そんな()()うのですな』
197時公(ときこう)『はてな』
198梅ケ香姫(うめがかひめ)『モシモシ(ねえ)さま、199(いま)(はなし)(なか)(ねえ)さまのことぢやありますまいか。200()しさうだつたら(わたくし)()うしませう』
201松代姫(まつよひめ)『イヤ、202心配(しんぱい)なさるな。203何処(どこ)()つても神様(かみさま)二人(ふたり)()れだ。204この(つち)(うへ)(みな)国治立命(くにはるたちのみこと)(さま)金勝要神(きんかつかねのかみ)(さま)と、205素盞嗚命(すさのをのみこと)(さま)とが御守護(ごしゆご)(あそ)ばす御地面(ごぢめん)だから、206屹度(きつと)神様(かみさま)御用(ごよう)をして()竹野姫(たけのひめ)207滅多(めつた)なことはありませぬよ』
208梅ケ香姫(うめがかひめ)(ねえ)さま、209さうでしたねエ。210(あま)心配(しんぱい)してつひ(まよ)ひました。211一日(いちにち)(はや)くコーカス(ざん)とやらへ()つて、212(ねえ)さまに(ちから)をつけて()げませうか』
213松代姫(まつよひめ)『まだ貴女(あなた)心配(しんぱい)をなさる。214そんな取越苦労(とりこしくらう)()りませぬ』
215梅ケ香姫(うめがかひめ)『ホヽヽヽ』
216時公(ときこう)『モシモシ御姉妹様(ごきやうだいさま)217()うやらこれは竹野姫(たけのひめ)さまのことらしい(やう)(おも)はれます。218(ひと)つコーカス(ざん)()(あが)つて、219時公(ときこう)一働(ひとはたら)(いた)します。220マー()てゐて(くだ)さい』
221松代姫(まつよひめ)()うなさるの』
222時公(ときこう)『その大気津姫(おほげつひめ)()(やつ)改心(かいしん)すればよし、223改心(かいしん)せぬとあれば素盞嗚命(すさのをのみこと)(さま)御威勢(ごゐせい)()つて、224()つて()つて()(まは)し、225乾児(こぶん)(やつ)らを(のこ)らず血祭(ちまつ)りにしてやりませうかい』
226梅ケ香姫(うめがかひめ)(また)しても(とき)さま、227そんな乱暴(らんばう)なことを()ひますか。228()(なほ)しなさい』
229時公(ときこう)明志丸(あかしまる)から(いま)鏡丸(かがみまる)()(なほ)したとこです』
230梅ケ香姫(うめがかひめ)『マアマアよろしい。231悠然(ゆつくり)()(おち)つけて手荒(てあら)いことをせぬやうに、232三五教(あななひけう)宣伝歌(せんでんか)言向(ことむけ)(やは)しませう』
233時公(ときこう)三五教(あななひけう)表教(おもてけう)()ふのですか。234(たれ)(かれ)(この)(うた)()くものは賛成(さんせい)せぬものはありませぬ、235大持(おほも)てに()()てる大持(おほも)(けう)ですな。236其処(そこ)(かみ)(おもて)(あら)はれると()ふのでせう。237これからコーカス(ざん)()(あが)つて、238(ぜん)(あく)とを立別(たてわけ)ませうかい』
239 五日五夜(いつかいつよ)航海(かうかい)無事(ぶじ)に、240(やうや)(ふね)西岸(せいがん)()いた。241乗客(じやうきやく)(さき)(あらそ)つて上陸(じやうりく)する。242五人(ごにん)悠々(いういう)として(うた)(うた)(なが)(また)もや西北(せいほく)()してコーカス(ざん)()あて(すす)()くのであつた。
243大正一一・三・一 旧二・三 外山豊二録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
9/15【霊界物語ネット】王仁文庫の第三篇「瑞能神歌」を掲載しました。