霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


【新着情報】霊界物語読者アンケート実施中! こちらからどうぞ。〆切りは7月17日です。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一五章 大気津姫(おほげつひめ)(だん)(一)〔四八二〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第11巻 霊主体従 戌の巻 篇:第3篇 言霊解 よみ:ことたまかい
章:第15章 第11巻 よみ:おおげつひめのだん(一) 通し章番号:482
口述日:1920(大正9)年01月16日(旧11月26日) 口述場所: 筆録者:谷村真友[#講演筆録] 校正日: 校正場所: 初版発行日:1922(大正11)年9月10日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
古事記において、天の真奈井の誓約において、素尊の御魂の清明無垢が証明されたため、素尊の部下たちの不満が勃発し、そのために天の岩戸の大事件が発生したのであった。
素尊はその責任を負って、「千位の置戸を負わせられ」て追放されたのであった。千位の置戸とは、一天万乗の位、群臣の上に立つ位を放棄させられて、という意味である。
素尊は万神万有のいっさいの罪科を一身に負って、自ら罪人となって天地の神明に潔白な心性を表示されたのである。世界一切の万類を救うために身を犠牲に供することを、千位の置戸というのである。
「髭を切り」とは、社会的な重要な役職をすべて放擲させられた、ということである。
「手足の爪を抜かしめて」とある手足の爪は、私有財産一切のことである。
「神追い(カムヤラヒ)」とは、ヤは天地自然の大道に帰って万民を教え導くことである。ラは寸暇なき神業奉仕者となることである。ヒとは、天地経綸の司宰者である人の本霊を顕して無上の尊厳を保つことである。すなわち、神追いとは単に神様を追放するということではないのである。
世の中には絶対的な平等もなければ絶対的な差別もない。差別的平等なる天理天則を悟り、もって自らの髭を切り、手足の爪を抜いて天下のために真に意義のある生活に入るべきである。
「食物(おしもの)」とは、衣食住の三種を総称したものである。大気津姫とは、物質文明の極点で、みなこぞってあらゆる贅沢をなし始めたことを言うのである。
それにたいして素尊は、八百万の神々に対して正衣正食することをお諭しになったのである。
世の中が進むについて、国風に合致しない悪風習が現れてきたのである。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm1115
愛善世界社版:143頁 八幡書店版:第2輯 564頁 修補版: 校定版:143頁 普及版:61頁 初版: ページ備考:
初出[?]この文献の初出または底本となったと思われる文献です。[×閉じる]神霊界 > 大正10年2月1日号(第134号)【出口王仁三郎執筆】 > 皇典と現代(五)
派生[?]この文献を底本として書かれたと思われる文献です。[×閉じる]出口王仁三郎著作集 > 第二巻「変革と平和」 > 第三部 『霊界物語』の思想 > 大気津姫の段
001 『於是(ここに)002八百万(やほよろづ)神共(かみども)(はか)りて、003速須佐之男命(はやすさのをのみこと)千位(ちくら)置戸(おきど)()はせ、004(また)(ひげ)()り、005手足(てあし)(つめ)をも()かしめて、006(かむ)(やら)ひに(やら)ひき』
007 (ここ)天照大神(あまてらすおほかみ)速須佐之男命(はやすさのをのみこと)(あめ)真奈井(まなゐ)誓約(せいやく)によりて、008清明無垢(せいめいむく)素尊(すそん)御魂(みたま)009三女神(さんぢよしん)(あら)はれ(たま)ひしより、010素尊(すそん)部下(ぶか)諸神等(しよしんら)不平(ふへい)勃発(ぼつぱつ)し、011(つひ)(あま)岩戸(いはと)大事変(だいじへん)湧起(ゆうき)せしめ、012一時(いちじ)天津神国(あまつかみくに)も、013葦原(あしはら)中津国(なかつくに)常暗(とこやみ)()となり、014(つい)八百万(やほよろづ)(かみ)(たち)(あめ)安河原(やすかはら)(かむ)(つど)ひに(つど)ひて、015神議(かむはか)りに(はか)(たま)ひ、016結局(けつきよく)大海原(おほうなばら)主神(しゆしん)たりし速須佐之男命(はやすさのをのみこと)千位(ちくら)置戸(おきど)()はせ、017(また)(ひげ)()り、018手足(てあし)(つめ)をも()かしめて、019天上(てんじやう)より(かむ)(やら)ひに(やら)(たま)ふの()むを()ざるに立到(たちいた)つたのであります。
020 『千位(ちくら)置戸(おきど)()はせて』と()意義(いぎ)は、021一天万乗(いつてんばんじやう)(くらゐ)で、022群臣(ぐんしん)023百僚(ひやくれう)024百官(ひやくくわん)(うへ)()高御座(たかみくら)()はせ(すなは)放棄(はうき)させてと()(こと)であります。025(ちち)伊邪那岐大神(いざなぎのおほかみ)より、026大海原(おほうなばら)なる大地球(だいちきう)統治権(とうぢけん)附与(ふよ)されて、027天下(てんか)君臨(くんりん)(たま)ふべき素尊(すそん)でありますけれ(ども)028高天原(たかあまはら)()ける(あま)岩戸(いはと)(へん)大責任(だいせきにん)()ひて、029衆議(しうぎ)結果(けつか)千万(ちよろづ)(かみ)(うへ)()千位(ちくら)置戸(おきど)()(たま)ふに(いた)つたのであります。030(すべ)万神(ばんしん)万有(ばんいう)一切(いつさい)罪科(ざいくわ)一身(いつしん)負担(ふたん)して、031(みづか)罪人(ざいにん)となつて、032天地(てんち)神明(しんめい)潔白(けつぱく)なる心性(しんせい)表示(へうじ)されたのであります。033()温順(をんじゆん)善美(ぜんび)なる(みこと)御精霊(ごせいれい)(しよう)して(みづ)御魂(みたま)()ふのである。034基督(キリスト)十字架(じふじか)釘付(くぎづ)けられて万民(ばんみん)(つみ)(あがな)ふと()ふのも、035(えう)するに千位(ちくら)置戸(おきど)()うたと(おな)意味(いみ)であります。036世界(せかい)一切(いつさい)万類(ばんるゐ)(すく)(ため)()犠牲(ぎせい)(きよう)する(こと)は、037(すなは)千位(ちくら)置戸(おきど)()ふのである。038現今(げんこん)(ごと)(つみ)(けがれ)()ち、039腐敗(ふはい)(きよく)(たつ)せる地上(ちじやう)(また)040至仁(しじん)至愛(しあい)なる(みづ)御魂(みたま)(かみ)贖罪(とくざい)ある(ため)に、041大難(だいなん)小難(せうなん)()り、042小難(せうなん)消失(せうしつ)するのである。043アヽ一日(いちにち)(はや)く、044片時(へんじ)(すみや)かに、045天下(てんか)国家(こくか)(ため)犠牲(ぎせい)となる()き、046(みづ)御魂(みたま)守護(しゆご)ある真人(しんじん)各所(かくしよ)出現(しゆつげん)して、047(すで)倒壊(たうくわい)せむとする世界(せかい)現状(げんじやう)救済(きうさい)せむことを希望(きばう)して()まぬ次第(しだい)である。
048 『(また)(ひげ)()り』と()意義(いぎ)は、
049 は、050(れい)であり、051()御子(みこ)(てう)(つか)へて政治(せいぢ)(てら)言霊(ことたま)であり、
052 実名(じつめい)職掌(しよくしやう)である。
053 (すなは)自分(じぶん)官吏(くわんり)ならば官職(くわんしよく)()し、054会社(くわいしや)重役(ぢゆうやく)()すと()(こと)を、055()くと()ふのである。056(ぞく)(なに)()らずに(たか)(ところ)()まつてエラサウに(ぬか)すと、057(ひげ)()いてやらうかなぞと()ふのも、058不信任(ふしんにん)表白(へうはく)した言葉(ことば)である。059高位(かうゐ)高官(かうくわん)(ひと)や、060大会社(だいくわいしや)重役(ぢゆうやく)や、061大教育家(だいけういくか)なぞが大本(おほもと)教義(けうぎ)でなくては天下(てんか)国家(こくか)(すく)(こと)出来(でき)ない(こと)心底(しんてい)より承認(しようにん)(なが)ら、062()充分(じうぶん)決心(けつしん)がつかずして現在(げんざい)地位(ちゐ)恋々(れんれん)として、063自己(じこ)名利(めいり)栄達(えいたつ)にのみ腐心(ふしん)して、064大本(おほもと)(をしへ)人眼(ひとめ)(しの)んで(とほ)くより研究(けんきう)し、065世人(せじん)()られる(こと)(はばか)つて()()うな立派(りつぱ)人士(じんし)沢山(たくさん)()るが、066(かく)(ごと)(ひと)至忠(しちう)思君(しくん)思国(しこく)日本魂(やまとだましひ)振起(しんき)して、067公然(こうぜん)大本(おほもと)信者(しんじや)名乗(なの)り、068現代(げんだい)(たか)位地(ゐち)なり、069名望(めいばう)眼中(がんちう)()かず、070()むを()ざれば(げん)位地(ゐち)(なげう)つて、071天下(てんか)国家(こくか)(ため)に、072大本(おほもと)主義(しゆぎ)天下(てんか)実行(じつかう)する(やう)になつた(とき)が、073所謂(いはゆる)(ひげ)()つて、074真個(しんこ)神明(しんめい)大君(おほぎみ)社会(しやくわい)とに奉仕(ほうし)出来(でき)(とき)であります。
075 『手足(てあし)(つめ)まで()かしめて、076(かむ)(やら)ひに(やら)(たま)ひき』と()意義(いぎ)は、
077 手足(てあし)(つめ)とは私有(しいう)財産(ざいさん)(こと)である。078()(つめ)現代(げんだい)所謂(いはゆる)動産物(どうさんぶつ)(あし)(つめ)不動産物(ふどうさんぶつ)である。079(えう)するに一切(いつさい)地位(ちゐ)(なげう)ち、080一切(いつさい)財産(ざいさん)(かへり)みず、081物質的(ぶつしつてき)欲望(よくばう)()てて神明(しんめい)(みち)天下(てんか)宣伝(せんでん)する(こと)が、082(かむ)(やら)ひに(やら)ひきと()(こと)になるのである。083従来(じうらい)俗界(そくかい)(はな)れて、084至聖(しせい)085至美(しび)086至直(しちよく)なる大神(おほかみ)(みち)(つか)(まつ)(こと)(かむ)やらひと()ふのである。
087 言霊(ことたま)調(しら)べる(とき)は、
088 天地(てんち)自然(しぜん)大道(だいだう)(かへ)り、089世界(せかい)(おや)たる覚悟(かくご)(もつ)万民(ばんみん)(をし)(みちび)き、090八方(はつぱう)事物(じぶつ)(あきら)かに指示(しじ)する(こと)である。
091 は、092(ぞく)より(しん)(かへ)りて、093従来(じうらい)体主霊従的(たいしゆれいじうてき)行動(かうどう)翻然(ほんぜん)として(あらた)め、094無量寿(むりやうじゆ)にして生死(せいし)(ほか)超然(てうぜん)として産霊(むすび)大道(だいだう)実行(じつかう)し、095霊系(れいけい)高皇産霊神(たかみむすびのかみ)神業(しんげふ)翼賛(よくさん)し、096極乎(きよくこ)として間断(かんだん)なく惟神(かむながら)大道(だいだう)天下(てんか)宣伝(せんでん)し、097実行(じつかう)して、098寸暇(すんか)()神業(しんげふ)奉仕者(ほうししや)となる(こと)である。
099 は、100天理(てんり)人道(じんだう)(あきら)かにし、101神妙(しんめう)不可測(ふかそく)神機(しんき)透徹(とうてつ)し、102過去(くわこ)103現在(げんざい)104未来(みらい)(あきら)かに了知(れうち)し、105達観(たつくわん)し、106天地経綸(てんちけいりん)大司宰者(だいしさいしや)たる(ひと)本能(ほんのう)霊徳(れいとく)(あら)はし、107(もつ)⦿()根底(こんてい)(むす)(まも)り、108無上(むじやう)尊厳(そんげん)(たも)(こと)である。
109 (ゆゑ)(かむ)(やら)ひは、110神様(かみさま)追放(つゐはう)したり、111退去(たいきよ)させたりすると()意義(いぎ)では()い。112漢字(かんじ)退漢字(かんじ)区別(くべつ)ある(こと)()反省(はんせい)すべきである。113この(てん)古事記(こじき)撰録者(せんろくしや)(もつと)()(もち)ゐたる(てん)にして、114(じつ)()親切(しんせつ)周到(しうたう)なる注意(ちうい)とは感謝(かんしや)すべき(こと)であります。
115 『(かむ)(やら)ひ』と()(こと)大本(おほもと)(うつ)して()(とき)は、116第一(だいいち)(かく)役員(やくゐん)(ごと)きは、117(すべ)(ひげ)()手足(てあし)(つめ)まで()きて大本(おほもと)神追(かむやら)ひに(やら)はれ(たま)うた人々(ひとびと)であります。118(しか)(なが)現今(げんこん)社会(しやくわい)(すべ)てが(みぎ)諸子(しよし)(ごと)くに神追(かむやら)ひに(やら)はれ、119(かつ)(また)(ひげ)()手足(てあし)(つめ)まで()かしめられては(かへ)つて天下(てんか)政治(せいぢ)(みだ)し、120産業(さんげふ)発達(はつたつ)阻止(そし)し、121国力(こくりよく)(よわ)める(こと)になりますから、122神様(かみさま)神業(しんげふ)直接(ちよくせつ)奉仕(ほうし)すべき身魂(みたま)因縁(いんねん)ある真人(しんじん)のみに(つな)()けて、123大本(おほもと)御引寄(おひきよ)せに()つたのであります。124(ゆゑ)身魂(みたま)因縁(いんねん)()人々(ひとびと)は、125最初(さいしよ)から何程(なにほど)熱心(ねつしん)神業(しんげふ)奉仕(ほうし)せむとしても、126神様(かみさま)から御使(おつか)ひに()らぬから、127何等(なんら)かの機会(きくわい)不平(ふへい)(おこ)して脱退(だつたい)せなくてはならぬ(やう)破目(はめ)(おちい)り、128(つひ)には某々(ぼうぼう)()()(ごと)犬糞的(けんぷんてき)悪胴(わるどう)()ゑて、129一生懸命(いつしやうけんめい)大本(おほもと)攻撃(こうげき)(はじ)める(やう)()るのであります。130(また)(ふか)因縁(いんねん)()人士(じんし)で、131(ひげ)()()ね、132手足(てあし)(つめ)()()ねて、133(とほ)くから奉仕(ほうし)されて()人々(ひとびと)もまだまだ沢山(たくさん)にあります。134大本(おほもと)神業(しんげふ)直接(ちよくせつ)奉仕(ほうし)する真人(しんじん)と、135(また)間接(かんせつ)神業(しんげふ)奉仕(ほうし)されて()人士(じんし)とがあります。136(これ)(ひげ)()ると()らないとの差異(さい)でありますが、137因縁(いんねん)ある人士(じんし)勇猛(ゆうまう)果断(くわだん)一日(いちじつ)(はや)く、138神業(しんげふ)直接(ちよくせつ)参加(さんか)せられたいものであります。139さうで()ければ天下(てんか)跳梁跋扈(てうりやうばつこ)せる八岐(やまた)大蛇(をろち)(ほろ)ぼし、140(あめ)(した)至治泰平(しぢたいへい)ならしむる神業(しんげふ)完全(くわんぜん)遂行(すゐかう)する(こと)出来(でき)ないのであります。141()(なか)には小官(せうくわん)小吏(せうり)(ひげ)(ばか)(たくは)へて尊大(そんだい)()真意(しんい)了解(れうかい)出来(でき)(くせ)に、142(どぜう)(なまづ)()うな貧乏鬚(びんばふひげ)()みながら、143大本(おほもと)淫祠(いんし)だの邪教(じやけう)だのと、144(おほ)きな(くち)()けて(どろ)()き、145田螺(たにし)(かへる)(をど)かして、146大本(おほもと)入信(にふしん)せむとする可憐(かれん)純良(じゆんりやう)同胞(どうはう)精神(せいしん)(にご)さむとして()るのが沢山(たくさん)ある。147(また)()(なか)には、148手足(てあし)(つめ)()くどころか、149(つめ)(さき)()(とも)して利己主義(りこしゆぎ)一遍(いつぺん)人物(じんぶつ)があつて()()(つめ)()ぎすまし、150(たか)(すずめ)(ねら)(やう)に、151()れよしに浮身(うきみ)をやつして()厄介(やくかい)現代(げんだい)である。152(また)現代(げんだい)(ごと)詰込(つめこ)主義(しゆぎ)教育法(けういくはふ)(つね)精神(せいしん)自由(じいう)束縛(そくばく)し、153自然(しぜん)良智(りやうち)良能(りやうのう)発達(はつたつ)妨害(ばうがい)して()るのであるから、154(とこ)()飾物(かざりもの)()鉢植(はちうゑ)面白(おもしろ)珍木(ちんぼく)出来(でき)るが、155(いへ)(はしら)となる良材(りやうざい)到底(たうてい)出来(でき)るものでない。156天才(てんさい)教育(けういく)閑却(かんきやく)無理(むり)無態(むたい)(えだ)()つたり()げたり、157(ほそ)銅線(どうせん)(しば)()けたり、158突介棒(つつかいぼう)をかうたり、159()()つたり、160(ひね)つたり、161四方(しはう)八方(はつぱう)()げまはして、162(ちひ)さい()(こしら)へて、163高価(かうか)()()ける植木商(うゑきしやう)(おな)教育(けういく)()(かた)であるから、164到底(たうてい)(ろく)人材(じんざい)(うま)()づるものでない。165一日(いちにち)(はや)くこの(つめ)()()つて(しま)はねば、166帝国(ていこく)前途(ぜんと)(じつ)風前(ふうぜん)灯火(ともしび)であります。167現代(げんだい)個人(こじん)()つて国家(こくか)あるを(わす)れ、168自党(じたう)ありて他党(たたう)あるを(わす)れて()る。169他党(たたう)(いへど)(また)国家(こくか)社会(しやくわい)一部(いちぶ)で、170(おな)じく()人間(にんげん)儔侶(ちうりよ)たるものであるが、171(まつた)(これ)()らざるが(ごと)状況(じやうきやう)である。172(ゆゑ)朋党(ほうたう)(うち)(あひ)(せめ)ぎ、173(そと)環境(くわんきやう)虎視(こし)耽々(たんたん)として間隙(かんげき)(じやう)ぜむとするの(あやふ)きに(そな)ふるの(みち)()らず、174(じつ)国家(こくか)前途(ぜんと)(うれ)へざらむとするも(あた)はざる次第(しだい)である。175アヽ(いま)(とき)(おい)大偉人(だいゐじん)出現(しゆつげん)し、176(もつ)国家(こくか)国民(こくみん)惨状(さんじやう)(すく)ふもの()くんば帝国(ていこく)前途(ぜんと)(じつ)暗澹(あんたん)たりと()ふべきである。177()には絶対(ぜつたい)平等(べうどう)()ければ、178(また)絶対(ぜつたい)差別(さべつ)()い、179平等(べうどう)(うち)差別(さべつ)あり、180差別(さべつ)(うち)平等(べうどう)があるのである。181蒼々(さうさう)として(たか)きは(てん)である。182茫々(ばうばう)として(ひろ)きは()である。183(かく)(ごと)くにして(すで)上下(じやうげ)あり、184何人(なんびと)(すみ)(しろ)しと()(ゆき)(くろ)しと()ふものがあらう()185政治家(せいぢか)も、186宗教家(しうけうか)も、187教育家(けういくか)(この)(とき)(この)(さい)188差別的(さべつてき)平等(べうどう)なる天理(てんり)天則(てんそく)覚知(かくち)し、189(もつ)天下万民(てんかばんみん)(ため)に、190(なんぢ)(たくは)ふる高慢(かうまん)なる城壁(じやうへき)(のぞ)き、191(もつ)(その)大切(たいせつ)(おも)(ところ)(ひげ)()れ。192()暴力(ばうりよく)(もち)ゆる手足(てあし)(つめ)()()り、193(もつ)不惜身命(ふしやくしんめい)194天下(てんか)(ため)意義(いぎ)ある(しん)生活(せいくわつ)()れ。195(かく)(ごと)くにして(はじ)めて天壤(てんぜう)無窮(むきう)皇運(くわううん)扶翼(ほよく)したてまつり、196御国(みくに)永遠(ゑいゑん)保全(ほぜん)し、197祖先(そせん)遺風(ゐふう)顕彰(けんしやう)し、198(もつ)神国(しんこく)神民(しんみん)天職(てんしよく)(まつた)うする(こと)出来(でき)るのである。
199 『(また)食物(おしもの)大気津比売(おほげつひめ)(かみ)()ひたまひき』
200 食物(おしもの)言霊返(ことたまかへ)しは、201である。202(いのち)であり、203()づる(いき)である。204(すなは)生命(せいめい)(もと)となるのが食物(しよくもつ)である。205またクイ(もの)クイ(つま)る。206衣服(いふく)(また)207キモノと()ふのである。208()なり、209(くさ)(なり)210()なりの活用(くわつよう)あり。211(ゆゑ)()(しよく)とは、212生命(せいめい)保持(ほぢ)する(うへ)(もつと)必要(ひつえう)なものである。213(ゆゑ)(ひと)オシ(もの)クイ(もの)とに()つて、214イキ()るのである。215(また)(ひと)住居(すまゐ)イヘ()ふ。216イヘ霊返(たまかへ)しは、217となる。218(すなは)()であり、219(えな)である。220(えう)するに、221衣食住(いしよくぢゆう)三種(さんしゆ)総称(そうしよう)して、222食物(おしもの)()ひ、223()()ふのであります。
224 大気津姫(おほげつひめ)といふ言霊(ことたま)は、225(えう)するに、226物質文明(ぶつしつぶんめい)極点(きよくてん)(たつ)したる(ため)227天下(てんか)(こぞ)つて美衣(びい)美食(びしよく)大廈(たいか)高楼(かうろう)安臥(あんぐわ)して所在(あらゆる)贅沢(ぜいたく)(つく)し、228体主霊従(たいしゆれいじう)頂上(ちやうじやう)(たつ)したる(こと)を、229大気津姫(おほげつひめ)()ふのであります。230糧食(りやうしよく)かて)の霊返(たまかへ)しは、231となり、232被衣(かぶと)霊返(たまかへ)しは()り、233家居(かくれ)霊返(たまかへ)しは(また)となる。234(ゆゑ)衣食住(いしよくぢゆう)(おほい)発達(はつたつ)し、235()非常(ひじやう)なる驕奢(けうしや)に、236世界中(せかいぢう)(そろ)うてなつて()たことを大気津姫(おほげつひめ)()ふのであります。
237 『()(たま)ひき』と()ふのは、238(こま)やかの言霊(ことたま)239(あきら)かの言霊(ことたま)である。240(えう)するに、241素盞嗚尊(すさのをのみこと)八百万(やほよろづ)(かみ)(たい)して、242正衣(せいい)正食(せいしよく)し、243清居(せいきよ)すべき(みち)を、244(さと)しになつたのを『()(たま)ひき』と、245言霊学上(げんれいがくじやう)()ふのであつて、246(けつ)して乞食(こじき)非人(ひにん)食物(しよくもつ)哀求(あいきう)する(やう)意味(いみ)では()いのであります。
247 『(ここ)大気津比売(おほげつひめ)248(はな)249(くち)(および)(しり)より、250種々(くさぐさ)味物(ためつもの)取出(とりい)で、251種々(くさぐさ)(つく)(そな)へて(たてまつ)る』
252 (はな)()(こと)は、253(はな)やかなるの意義(いぎ)であつて、254立派(りつぱ)高価(かうか)衣服(いふく)のことである。255(くち)()(こと)食餌(しよくじ)意味(いみ)する。256(しり)()(こと)は、257(しり)落着(おちつ)けて起臥(きぐわ)する、258家居(かきよ)意味(いみ)するのである。259種々(くさぐさ)味物(ためつもの)』とは、260色々(いろいろ)臭気(しうき)紛々(ふんぷん)たる獣肉(じうにく)虫類(むしるゐ)(こと)である。261(また)種々(くさぐさ)(つく)(そな)へて(たてまつ)る』と()(こと)は、262獣類(じうるゐ)毛皮(けがは)()たり、263(ほね)(くし)(かふがい)や、264(その)()道具(だうぐ)愛用(あいよう)したり、265(とり)(むし)()(かは)で、266日用品(にちようひん)(つく)つたり、267人間(にんげん)住居(すまゐ)する(いへ)(なか)便所(べんじよ)(つく)つたり、268天則(てんそく)(やぶ)つて(ひと)住居(すまゐ)(つく)るに檜材(ひのきざい)(もち)ゐたり、269屋根(やね)()くにも檜皮(ひのきがは)で、270(あたか)神社(じんじや)()うに、271(ぶん)()ぎた(こと)()したりする(こと)を、272種々(くさぐさ)(つく)(そな)へて(たてまつ)ると()ふのである。273(たてまつ)ると()ふのは、274(した)から上位(じやうゐ)(はう)(たてまつ)ることであるが、275()御本文(ごほんもん)(たてまつ)ると()意味(いみ)は、276進歩(しんぽ)すると()ふことである。277(えう)するに物質文明(ぶつしつぶんめい)発達(はつたつ)進歩(しんぽ)せる結果(けつくわ)278国風(こくふう)合致(がつち)せざる、279衣食住(いしよくぢう)進歩(しんぽ)せる悪風潮(あくふうてう)()して、280クサグサ(たてまつ)ると()ふのであります。
281大正九・一・一六 講演筆録 谷村真友