霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


【新着情報】霊界物語読者アンケート集計結果発表!(7/20)こちらのページです。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第二五章 (みかんのこ)(まひ)〔四九二〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第11巻 霊主体従 戌の巻 篇:第5篇 乾坤清明 よみ:けんこんせいめい
章:第25章 第11巻 よみ:みかんのこのまい 通し章番号:492
口述日:1922(大正11)年03月04日(旧02月06日) 口述場所: 筆録者:加藤明子 校正日: 校正場所: 初版発行日:1922(大正11)年9月10日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
コーカス山の曲神らを追い払った神素盞嗚大神は、両刃の剣を神実として神殿に鎮祭し、大地の霊力・金勝要神、大地の霊力・国治立大神の二柱を祭った。
祭典に際して、秋月姫は舞い、祝歌を歌った。
この世を作った元津神である、国治立大神が根底の国に現れて、百の悩みを身に受け、闇に隠れてこの世を守ってくださっている。
その勲功を助けようと、天津神の御言により、天教山には神伊弉諾大神、神伊弉冊大神が現れた。その御霊幸いて、神素盞嗚大神の身体がなり出でました。
また神伊弉諾大神の鼻より、神素盞嗚大神の霊魂が生り出でた。そして、神伊弉諾大神は神素盞嗚大神に、大海原を治めるようにと任命された。
曲津神たちが大海原をかき乱したが、今日コーカス山は開けることになった。
深雪姫はまた、神素盞嗚大神の御偉勲を祝歌に歌いこんだ。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm1125
愛善世界社版:237頁 八幡書店版:第2輯 598頁 修補版: 校定版:241頁 普及版:103頁 初版: ページ備考:
001 コーカス(ざん)曲津神(まがつかみ)(ども)を、002天津誠(あまつまこと)言霊(ことたま)伊吹(いぶき)伊吹(いぶ)(はら)ひ、003(いま)邪気(じやき)(まつた)払拭(ふつしき)され、004風塵(ふうぢん)(とど)めざるに(いた)りぬ。
005 (ここ)神素盞嗚大神(かむすさのをのおほかみ)は、006両刃(もろは)(つるぎ)神実(かむざね)として神殿(しんでん)華々(はなばな)しく鎮祭(ちんさい)し、007大地(だいち)霊魂(れいこん)なる金勝要大神(きんかつかねのおほかみ)008霊力(れいりよく)なる国治立大神(くにはるたちのおほかみ)二柱(ふたはしら)(まつ)り、009荘厳(さうごん)なる祭典(さいてん)(おこな)(たま)ひ、010祭官(さいくわん)としては、011天之児屋根命(あめのこやねのみこと)天津(あまつ)祝詞(のりと)奏上(そうじやう)し、012太玉命(ふとたまのみこと)太玉串(ふとたまぐし)(たてまつ)り、013天之目一箇命(あめのまひとつのみこと)はアルプス(さん)鋼鉄(まがね)(もつ)両刃(もろは)(つるぎ)(つく)り、014(これ)神実(かむざね)として奉安(ほうあん)し、015石凝姥命(いしこりどめのみこと)神饌長(しんせんちやう)となり、016時置師神(ときおかしのかみ)017八彦(やつひこ)018鴨彦(かもひこ)神饌(しんせん)(はこ)び、019大歳神(おほとしのかみ)祓戸(はらひど)(しう)し、020(まつ)(たけ)(うめ)(もも)()御巫(みかんのこ)聖職(せいしよく)(つか)へまつり、021(つき)(ゆき)(はな)三柱(みはしら)(ここ)忽然(こつぜん)として(あら)はれ、022(うた)(うた)(まひ)()ひ、023この祭典(さいてん)(にぎは)したまひける。024(その)(とき)秋月姫(あきづきひめ)(うた)
025(この)()(つく)りし元津祖(もとつおや)
026国治立(くにはるたち)大神(おほかみ)
027根底(ねそこ)(くに)(あら)はれて
028(もも)(なや)みを()けたまひ
029(やみ)(かく)れて()(まも)
030(その)功勲(いさをし)(たす)けむと
031天津御神(あまつみかみ)御言(みこと)もて
032天教山(てんけうざん)(あら)はれし
033神伊弉諾(かむいざなぎ)大御神(おほみかみ)
034(その)妻神(つまがみ)()れませる
035神伊弉冊(かむいざなみ)大神(おほかみ)
036御霊(みたま)(さち)はひましまして
037神素盞嗚(かむすさのを)大神(おほかみ)
038身体(からたま)なり()でましましぬ
039神伊弉諾(かむいざなぎ)大神(おほかみ)
040(うづ)御鼻(みはな)()れませる
041(その)神霊(かむみたま)(さちは)ひて
042(みこと)御霊(みたま)にかかりまし
043大海原(おほうなばら)(ただよ)へる
044豊葦原(とよあしはら)瑞穂国(みづほくに)
045(をさ)(たま)へと言依(ことよ)さし
046(たま)ひし(うづ)神言(かみごと)
047(うづな)ひまして朝夕(あさゆふ)
048(こころ)(くば)らせ(たま)へども
049天足(あだる)(ひこ)胞場姫(えばひめ)
050(しこ)霊魂(みたま)になり()でし
051八岐大蛇(やまたをろち)醜狐(しこぎつね)
052(あし)曲鬼(まがおに)八十曲津(やそまがつ)
053(うと)(たけ)びて(あま)(はら)
054大海原(おほうなばら)()(みだ)
055(あや)しき(くも)天地(あめつち)
056非時(ときじく)さやる(やみ)()
057()らして(かみ)御心(みこころ)
058こたへまさむと千万(ちよろづ)
059(こころ)(くだ)かせ(たま)ひしが
060黒白(あやめ)もわかぬコーカスの
061(やま)岩戸(いはと)今日(けふ)あけて
062(こころ)(たの)しき神祭(かむまつ)
063(まつ)(をさ)むる(うづ)(みや)
064天津(あまつ)祝詞(のりと)(こゑ)(きよ)
065珍玉串(うづたまぐし)のいや(たか)
066神酒(みき)(みかのへ)高知(たかし)りて
067海河山野(うみかはやまぬ)種々(くさぐさ)
068(うづ)御幣帛(みてくら)(たてまつ)
069(あめ)(つち)とは一時(ひととき)
070(ひかり)(かがや)美詞(みやびごと)
071堅磐(かきは)常盤(ときは)松代姫(まつよひめ)
072春夏秋冬(はるなつあきふゆ)(ととの)ひて
073(ふし)(あや)またぬ竹野姫(たけのひめ)
074(かみ)(いさを)一時(ひととき)
075(ひら)梅ケ香姫(うめがかひめ)(つかさ)
076淤縢山津見(おどやまづみ)正鹿山(まさかやま)
077津見(づみ)(みこと)真心(まごころ)
078(そら)()(わた)秋月(あきづき)
079(ひかり)此処(ここ)深雪姫(みゆきひめ)
080(まこと)(みち)橘姫(たちばなひめ)
081(うづ)(みこと)宣伝使(せんでんし)
082鋼鉄(まがね)(あかがね)アルプスの
083(やま)尾上(をのへ)のいと(たか)
084(めぐみ)(ふか)琵琶(びわ)(うみ)
085山野(やまぬ)海川(うみかは)おしなべて
086(つか)へまつらむ(うづ)(みや)
087(かみ)(まこと)(こと)()
088みやびの(はな)(たふと)けれ
089みやびの(いき)(かしこ)けれ』
090 深雪姫(みゆきひめ)(ふたた)()つて祝歌(しゆくか)奏上(そうじやう)したり。091(その)(うた)
092青木(あをき)(はら)(くら)ぶべき
093コーカス(ざん)()(つも)
094深雪(みゆき)()れて今日(けふ)(はる)
095御稜威(みいづ)(たか)()(わた)
096高天原(たかあまはら)()れませる
097(かみ)御舎(みあらか)千木(ちぎ)(たか)
098大宮柱(おほみやばしら)太知(ふとし)りて
099(つか)へまつれるウラル(ひこ)
100ウラルの(ひめ)真心(まごころ)
101天地(あめつち)かけて(つく)したる
102これの(うつ)しき(くに)(みや)
103金勝要(きんかつかね)大御神(おほみかみ)
104国治立(くにはるたち)大神(おほかみ)
105(たま)(ちから)御守(みまも)りに
106大海原(おほうなばら)主宰神(つかさがみ)
107神素盞嗚(かむすさのを)大神(おほかみ)
108(あら)はれまして永久(とこしへ)
109(うづ)宮居(みやゐ)(しづ)まりて
110天津神人(あまつかみびと)国津神(くにつかみ)
111(もも)草木(くさき)(いた)るまで
112(めぐみ)(つゆ)掛巻(かけまく)
113(かしこ)(かみ)詔勅(みことのり)
114()(なほ)すてふ麻柱(あななひ)
115(かみ)(をしへ)宣伝使(せんでんし)
116山川(やまかは)(わた)荒野(あれの)わけ
117(ゆき)()みわけ(しも)()
118(さむ)けき(かぜ)(くしけづ)
119非時(ときじく)(あめ)にゆれながら
120(をさ)まる御代(みよ)深雪姫(みゆきひめ)
121(かみ)みゆき(いま)此処(ここ)
122(あら)はれ(たま)ふぞ(うれ)しけれ
123コーカス(ざん)(みね)(たか)
124(あめ)にます(かみ)国津神(くにつかみ)
125(かみ)(ひかり)(あら)はして
126大海原(おほうなばら)(ただよ)へる
127瑞穂(みづほ)(くに)永久(とこしへ)
128いと(たひら)けく(やす)らけく
129(をさ)めたまへや素盞嗚(すさのを)
130(かみ)(みこと)司神(つかさがみ)
131黒雲(くろくも)四方(よも)(ふさ)がりて
132()常闇(とこやみ)となるとても
133月日(つきひ)水火(いき)より()れませる
134()皇神(すめかみ)神霊(かむみたま)
135(たま)(つるぎ)()(かざ)
136(しこ)村雲(むらくも)()(はら)
137(はら)(きよ)めて天津(あまつ)()
138御国(みくに)(いま)天照(あまてらす)
139皇大神(すめおほかみ)御前(おんまへ)
140(いみ)じき(いさを)経緯(たてよこ)
141(にしき)(はた)()りなして
142御国(みくに)(をさ)めたまへかし
143千代(ちよ)八千代(やちよ)万代(よろづよ)
144(きみ)(いさを)のいや(たか)
145(きみ)(よはひ)のいや(なが)
146(さち)(おほ)かれと()ぎまつる』
147(うた)(をは)(しと)やかに(もと)()につきにけり。
148大正一一・三・四 旧二・六 加藤明子録)
149(昭和一〇・二・一九 於長浜住茂登旅館 王仁校正)