霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


【新着情報】霊界物語読者アンケート実施中! こちらからどうぞ。〆切りは7月17日です。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一八章 水牛(すゐぎう)〔五一四〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第12巻 霊主体従 亥の巻 篇:第3篇 天岩戸開(三) よみ:あまのいわとびらき(三)
章:第18章 第12巻 よみ:すいぎゅう 通し章番号:514
口述日:1922(大正11)年03月10日(旧02月12日) 口述場所: 筆録者:藤津久子 校正日: 校正場所: 初版発行日:1922(大正11)年9月30日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
嵐が晴れて、月が皓皓と橘島を照らした。船客一同は歓呼の声をあげた。船の一隅から大男が立ち上がり、宣伝歌を歌い始めた。一同に、身も心も清めて誠の言霊で神に祈れ、と諭した。
船客の甲は、この奇瑞を目の当たりにして、改心の言を口にした。乙は、今宣伝歌を歌った宣伝使は、以前に黒野ヶ原の孔雀姫の館で会ったと気づいた。
この船客たちは、孔雀姫の館で時置師神によって三五教にいったんは改心したように見せかけて、コーカス山の中腹でウラル教に寝返ろうとした、牛、馬、鹿、虎の四人の捕り手たちであった。
四人は、時置師にあいさつしようかしまいか、思案している。牛公は躊躇していると、時置師の方から見つけて、声をかけられてしまった。
時置師は牛公の身体中の悪魔を引き裂いてやろう、というと、牛公を掴んで海の中に投げ入れてしまった。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm1218
愛善世界社版:152頁 八幡書店版:第2輯 681頁 修補版: 校定版:161頁 普及版:65頁 初版: ページ備考:
001 (いま)まで暗黒(あんこく)(つつ)まれたる天地(てんち)は、002忽然(こつぜん)として(あら)はれ()でたる三五(さんご)(つき)(てら)されて、003(あか)さも(あか)(くれ)(うみ)(はるか)(おき)(うか)()でたる橘島(たちばなじま)(なが)めて、004船客(せんきやく)一同(いちどう)船端(ふねばた)(たた)いて歓呼(くわんこ)(さけ)びいや(たか)く、005(おき)(かもめ)(うた)ふが(ごと)く、006(よろこ)(いさ)むで島影(しまかげ)()がけて(すす)()く。007船頭(せんどう)(こゑ)(すず)しく、008春風(はるかぜ)(おく)られて(うた)(はじ)めたり。
009(うみ)(そこ)には竜宮(りうぐう)()える
010(あめ)(つち)との真釣(まつ)()
011(おれ)竜宮(りうぐう)(たから)()たい
012(なみ)(ひら)いて(くれ)(うみ)
013 (ふね)一隅(いちぐう)より、014大男(おほをとこ)ヌツクと()つて、
015(つき)()るとも(くれ)(うみ)
016コーカス(ざん)彼方(あなた)より
017(あら)はれ(きた)(むらさき)
018(くも)(むか)へて(なが)むれば
019黄金(こがね)(たま)白玉(しらたま)
020天津乙女(あまつをとめ)(ゆき)(はだ)
021(はな)姿(すがた)(つき)(まゆ)
022橘姫(たちばなひめ)神司(かむづかさ)
023御供(みとも)(かみ)(したが)へて
024常夜(とこよ)(やみ)(てら)さむと
025()(くだ)りたる御姿(みすがた)
026橘姫(たちばなひめ)深雪姫(みゆきひめ)
027(くま)なく()れる秋月姫(あきづきひめ)
028(かみ)(みこと)白雲(しらくも)
029(そら)()(のぼ)雄々(をを)しさよ
030コーカス(ざん)()(のぼ)
031ウラルの(ひめ)醜神(しこがみ)
032言向(ことむ)()はし(かみ)(まつ)
033(つか)へおほせて(くだ)()
034石凝姥(いしこりどめ)宣伝使(せんでんし)
035神伊邪那岐(かむいざなぎ)大神(おほかみ)
036御帯(みおび)()れし時置師(ときおかし)
037(かみ)(みこと)宣伝使(せんでんし)
038石凝姥(いしこりどめ)(いし)よりも
039(かた)腹帯(はらおび)()(なほ)
040(とき)じく(おそ)曲神(まがかみ)
041(やま)尾毎(をごと)()(はら)
042(かは)()(ごと)()()らし
043(はらひ)(きよ)めて(くれ)(うみ)
044国武丸(くにたけまる)()()むで
045(すす)(をり)しも和田津神(わだつかみ)
046(しこ)(ささや)曲言(まがこと)
047(いか)らせ(たま)ひて時津風(ときつかぜ)
048(なみ)荒立(あらだ)旋風(つむじかぜ)
049(ふね)(くだ)かむとする(とき)
050天教(てんけう)地教(ちけう)黄金山(わうごんざん)
051永久(とは)()れます三五(あななひ)
052(かみ)(みこと)(ひら)きたる
053いとも(たふと)太祝詞(ふとのりと)
054(こころ)(きよ)めて()りつれば
055天津神(あまつかみ)たち国津神(くにつかみ)
056大海原(おほうなばら)()れませる
057(かみ)(うべな)(たま)ひしか
058(かぜ)(しづ)まり(なみ)さへも
059いと(おだや)かに(をさ)まりぬ
060(あふ)げば(たふと)(かみ)(しま)
061橘姫(たちばなひめ)(まも)ります
062その神島(かみしま)()のあたり
063(たか)(かがや)大空(おほぞら)
064(つき)(こころ)(まか)せつつ
065罪科(つみとが)(おも)諸人(もろびと)
066(けが)れを()せて(すす)()
067祓戸(はらひど)四柱(よはしら)大御神(おほみかみ)
068(はら)はせ(たま)現身(うつそみ)
069(つみ)(けが)れや(たま)(あか)
070(あか)(こころ)皇神(すめかみ)
071御前(みまへ)(きよ)(たてまつ)
072()出神(でのかみ)(ひと)()
073(なら)ひて(まこと)(ささ)(もの)
074(つか)(まつ)らむ今日(けふ)(たび)
075国武丸(くにたけまる)(いま)()れる
076百人(ももびと)千人(ちびと)万人(よろづびと)
077(めぐ)みも(ふか)天地(あめつち)
078(かみ)(こころ)(うれ)しみて
079()(たましひ)荒磯(あらいそ)
080(しほ)(きよ)めて(つか)へよや
081(すべ)天地(てんち)大神(おほかみ)
082(まこと)(みち)(かな)ひなば
083(ただ)一口(ひとくち)言霊(ことたま)
084(かみ)(うべな)(たま)ふべし
085(いの)れや(いの)諸人(もろびと)
086(こころ)(ひと)つに(いの)るべし
087アヽ惟神(かむながら)々々(かむながら)
088御霊(みたま)(さちは)ひましませよ』
089(うた)つて(もと)(せき)()く。
090(かふ)『イヤお(かげ)で、091神様(かみさま)(この)()()ると()(こと)明瞭(はつきり)して()(やう)だ。092吾々(われわれ)()(とき)に、093宣伝使(せんでんし)(いの)つて()れなかつたら、094今頃(いまごろ)魚腹(ぎよふく)(はうむ)られて()(ところ)だつた。095(てん)からは(うる)はしい女神様(めがみさん)沢山(たくさん)(とも)()れて(あら)はれ、096(なん)とも()れぬ(かをり)(たか)(はな)()らして(くだ)さつた。097もう()(かぎ)神様(かみさま)(こと)(おれ)(うたが)はない。098(かみ)()いと(おも)へばある。099()ると(おも)へば()い。100()(かく)101(こころ)(まこと)(ひと)つに(かみ)宿(やど)つて(くだ)さると()(こと)()けは承知(しようち)出来(でき)たよ』
102(おつ)『それだから、103(おれ)何時(いつ)()うて()るのだ。104(かみ)(みと)める(まで)のお(まへ)(こころ)と、105(かみ)(みと)めてからのお(まへ)(こころ)と、106どれ()(ちが)ふか』
107(かふ)(なん)だか今迄(いままで)()()(なか)不安(ふあん)で、108(むか)ふが(くら)(やう)何時(いつ)恟々(びくびく)として、109世間(せけん)(おそ)(ひと)(うたが)ひ、110(つひ)には女房(にようばう)(まで)(うたが)つて、111修羅(しゆら)妄執(まうしふ)(なや)まされてゐたが、112今日(けふ)(はじ)めて世界晴(せかいば)れがした(やう)爽快(さうくわい)(こころ)になつたよ。113これと()ふのも矢張(やつぱり)吾々(われわれ)(まも)(たま)ふ、114大慈(だいじ)大悲(だいひ)神様(かみさま)御恵(みめぐ)みは()ふも(さら)なり、115三五教(あななひけう)宣伝使(せんでんし)真心(まごころ)()めて、116天地(てんち)にお(いの)(くだ)さつたお(かげ)だナア』
117(おつ)(いま)118宣伝歌(せんでんか)(うた)はれたのは、119(まへ)(たれ)だか()つてるか』
120(かふ)(なん)だか()いた(やう)(こゑ)だが、121(あんま)りよく(かは)つて()るので早速(さつそく)には(おも)()せない』
122(おつ)『あの(かた)何時(いつ)やら、123黒野ケ原(くろのがはら)孔雀姫(くじやくひめ)(やかた)御目(おめ)(かか)つた御方(おかた)ぢやないか』
124(へい)『さうださうだ、125捕手(とりて)(むか)つた(とき)孔雀姫(くじやくひめ)(やかた)で、126吾々(われわれ)五人(ごにん)(もの)が、127(ねこ)(つま)むだ(やう)(ひつさ)げられ、128どうなる(こと)かと震々(ぶるぶる)(ふる)つて()(ところ)129(さけ)()まして結構(けつこう)(をしへ)()かして()れた宣伝使(せんでんし)だ。130その(とき)俺達(おれたち)が、131捕手(とりて)(やく)(いや)になつたから()めると()つたら「お前達(まへたち)はそれが天職(てんしよく)だから」と仰有(おつしや)つた(かた)だ。132(なん)(わる)(こと)出来(でき)ぬものだなア。133世間(せけん)(ひろ)いと()つても、134何処(どこ)出会(でつくわ)すか(わか)つたものぢやない。135オイお前達(まへたち)もお(れい)(かたがた)136コーカス(ざん)御無礼(ごぶれい)(はたら)いた(こと)をお()びしようぢやないか』
137(かふ)『そいつは一寸(ちよつと)(かんが)(もの)だぞ。138(うし)139(うま)140鹿(しか)141(とら)四人(よにん)随分(ずゐぶん)寝返(ねがへ)りを()つて、142あつちに()きこつちに()(あま)()くない(こと)をやつてゐるから、143迂闊(うつかり)名乗(なの)つて()ようものなら、144今度(こんど)こそ、145どんな()()ふか(わか)りやしない。146マア()らぬ(かほ)して()(こと)だなア』
147(てい)『それでも(なん)だか()まぬ(やう)心持(こころもち)がする、148一視同仁(いちしどうじん)(むね)とする三五教(あななひけう)宣伝使(せんでんし)(さま)がどうして吾々(われわれ)(くる)しめる(やう)(こと)をなさるものか。149従順(すなほ)名乗(なの)つて、150()びもし御礼(おれい)申上(まをしあ)げたら()うだ』
151(かふ)『お前達(まへたち)はそれで()いが、152この牛公(うしこう)(いはや)(なか)まで、153沢山(たくさん)宣伝使(せんでんし)引張(ひつぱり)()むで(くる)しめた、154ウラル(ひめ)捕手(とりて)(かしら)だつたから、155到底(たうてい)(おれ)()けは(たす)かりつこはない。156貴様(きさま)(たち)名乗(なの)つて()ると(その)(ついで)(おれ)(こと)(あら)はれて()るから(おれ)(たす)けると(おも)つて名乗(なの)るのは見合(みあは)して()れないか』
157(おつ)『そんな、158股倉(またぐら)(なに)やらを(はさ)むで()(やう)気味(きび)(わる)(こと)出来(でき)るものかい。159(この)(ふね)には三五教(あななひけう)宣伝使(せんでんし)六人(ろくにん)()つて(ござ)るぞ。160()(かく)従順(すなほ)に、161()()つて(この)()(のが)れるのだ、162改心(かいしん)した(やう)(かほ)して()れば()いのだ。163(しか)しながら俺達(おれたち)(こころ)(そこ)から改心(かいしん)して()るのだが、164どうしても貴様(きさま)発根(ほつこん)改心(かいしん)出来(でき)ねば、165貴様(きさま)()けは柔順(おとなし)うして改心(かいしん)らしう()せて()れば()いぢやないか。166(むか)ふの(はう)から、167オイ、168其処(そこ)()るのは(うし)169(うま)170鹿(しか)171(とら)ぢやないかと()はれてからは(あんま)()()かぬぢやないか。172月様(つきさま)御出(おで)ましになつて、173其処(そこ)らが(あか)くなり、174(かぜ)()むで(なみ)がをさまり、175ヤレ(らく)ぢやと(おも)へば三五教(あななひけう)宣伝使(せんでんし)(かほ)がアリアリと()()した。176こちらが()えると同様(どうやう)に、177(むか)ふも俺達(おれたち)(かほ)()きとほる(やう)()えて()るに(ちが)ひない。178嗚呼(ああ)()(つき)(うら)めしいが(くも)るのも(うら)めしいだらうな、179牛公(うしこう)
180牛公(うしこう)『マアマア一寸(ちよつと)思案(しあん)さして()れ。181(なん)だか大勢(おほぜい)(まへ)で、182謝罪(あやま)つたり(しか)られたりするのは()つとも()くない。183マア()(ところ)まで()かうぢやないか』
184(へい)貴様(きさま)淡白(あつさり)せぬ(もの)(ぐさ)(をとこ)だナア。185徳利(とくり)味噌(みそ)()めて(さか)()つて()(やう)(をとこ)だ。186綺麗(きれい)座敷(ざしき)真中(まんなか)で、187(かみしも)()けた(まま)188沢山(どつさり)(くそ)()れて、189()つにも()たれずと()体裁(ていさい)だ。190貴様(きさま)牛公(うしこう)だから、191最前(さいぜん)からグヅグヅ()つて、192謝罪(あやま)りに()かうと()ふのにビクともせぬのは、193大方(おほかた)(また)牛糞(うしくそ)でも(はさ)むで()るのだらう。194(てい)()く、195(あま)(うみ)()れて(こは)かつたので牛糞(うしくそ)()たと白状(はくじやう)せぬかい』
196牛公(うしこう)鹿公(しかこう)()(とほ)り、197(おほ)きな(こゑ)では()へぬが、198(じつ)(うご)(こと)出来(でき)ぬのだよ、199(くそ)忌々(いまいま)しい』
200 かく(かた)(をり)しも、201時置師(ときおかし)宣伝使(せんでんし)は、202スツクと()つて此方(こなた)に、203(ひと)()けて(すす)(きた)り、
204『イヤ牛公(うしこう)か、205随分(ずゐぶん)貴様(きさま)(わる)(やつ)だ、206()うだ、207最前(さいぜん)(あらし)()(おも)つたか。208貴様(きさま)(やう)悪人(あくにん)()つて()るものだから、209竜神様(りうじんさん)御立腹(ごりつぷく)(あそ)ばしたのだ。210(わし)がこれから貴様(きさま)身体(からだ)悪魔(あくま)を、211引抜(ひきぬ)いてやらう』
212(なに)213(わたし)(くび)引抜(ひきぬ)く。214それはマア()つて(くだ)さい』
215(いや)216()うた(とき)笠脱(かさぬ)げと()(こと)がある。217(とき)()つての時置師(ときおかし)荒料理(あられうり)だ、218其処(そこ)(うご)くな』
219(おつ)『オイ牛公(うしこう)220本当(ほんたう)(うご)くな、221(うご)くと(くさ)いからな』
222 時置師神(ときおかしのかみ)委細(ゐさい)(かま)はず、223牛公(うしこう)(まへ)(すす)むで()る。224牛公(うしこう)は、225キヤアと一声(ひとこゑ)(さけ)(なが)(つき)()(わた)(なみ)()がけて、226ザンブと(ばか)()()み、227ブルブルブルと(おと)()てて(くろ)姿(すがた)(あと)白波(しらなみ)()()せにけり。
228 折柄(をりから)順風(じゆんぷう)真帆(まほ)()げたる国武丸(くにたけまる)(なん)容赦(ようしや)もなく(この)悲劇(ひげき)()()てて(さき)(さき)へと進行(しんかう)(つづ)くる。
229大正一一・三・一〇 旧二・一二 藤津久子録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
6/22【霊界物語ネット】霊界物語読者アンケートに、三鏡の目次を以前のように戻して欲しいという要望があったので戻してみました。三鏡のトップページに「水鏡」「月鏡」「玉鏡」全部の目次が表示されます。