霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第二〇章 (すく)(ぶね)〔五一六〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第12巻 霊主体従 亥の巻 篇:第3篇 天岩戸開(三) よみ:あまのいわとびらき(三)
章:第20章 第12巻 よみ:すくいぶね 通し章番号:516
口述日:1922(大正11)年03月10日(旧02月12日) 口述場所: 筆録者:加藤明子 校正日: 校正場所: 初版発行日:1922(大正11)年9月30日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
時置師の祈りによって、海神が大亀となり、牛公を助けたのであった。牛公は助けられて改心の思いを吐露する。
時置師は、次は誰の番だ、と残った三人に問いかけると、馬、鹿、虎は泣き出したり、理屈をこねて逃げようとしたり、おかしな問答を繰り返している。
月が没して、黄金の朝日が海から昇ってきた。宣伝使を始めとする船中の人々は、朝日に向かって拍手再拝し、神恩を口々に感謝する。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:
愛善世界社版:167頁 八幡書店版:第2輯 687頁 修補版: 校定版:177頁 普及版:72頁 初版: ページ備考:
001 三五教(あななひけう)宣伝使(せんでんし)時置師神(ときおかしのかみ)真心(まごころ)()めし(その)(いの)りに、002(わだ)(かみ)(かん)(たま)ひけむ、003巨大(きよだい)なる大亀(おほがめ)となり、004海面(かいめん)(うか)ばせ(たま)うた。005牛公(うしこう)(かめ)()より時置師神(ときおかしのかみ)(むか)つて、006(なみだ)(なが)しながら合掌(がつしやう)する。
007時置師(ときおかし)『アヽ、008(わたくし)のお(いの)りも、009神様(かみさま)のお(つげ)(とほ)効験(かうけん)(あら)はれて、010(いのち)(たす)けられ(かへ)つて()た。011サア結構々々(けつこうけつこう)012(はや)(この)(ふね)()つたり()つたり』
013 (かめ)(ふね)(むか)つて(ちか)づいて()る。014時置師神(ときおかしのかみ)右手(めて)をグツと()ばし、015牛公(うしこう)(せな)(ねこ)(つか)むやうな調子(てうし)にてグツと(つか)むで船中(せんちう)(すく)()げた。016ゴボンゴボンと水音(みづおと)()てて(かめ)海中(かいちう)姿(すがた)(かく)した。
017時置師(ときおかし)牛公(うしこう)さま、018竜宮(りうぐう)見度(みた)いと()つて()たが、019()られたかな』
020牛公(うしこう)『イヤ牛々(もうもう)()られる(どころ)(くる)しくつて(くる)しくつて、021二三遍(にさんぺん)(いき)()()れて(しま)ひました。022さうすると貴方様(あなたさま)(うみ)(そこ)(くぐ)つて()(わたくし)(こし)(しつか)(にぎ)り、023(すく)()げて(くだ)さつたと(おも)へば(かめ)()024こんな有難(ありがた)(こと)御座(ござ)いませぬ。025モウ(もう)牛公(うしこう)今日(けふ)(かぎ)二本(にほん)(つの)()りまする』
026時置師(ときおかし)神様(かみさま)有難(ありがた)(こと)(わか)つたら(なに)より結構(けつこう)だ。027オー、028そこな鹿(しか)さま、029(うま)さま、030(とら)さま、031前達(まへたち)一度(いちど)竜宮(りうぐう)()つて()たらどうだ。032都合(つがふ)によつたら(また)(おれ)(たす)けに()つてやらうも()れぬが、033それは(その)(とき)都合(つがふ)だ。034万一(まんいち)(おれ)(たす)けに()かなくつても、035因縁(いんねん)(おも)うて(あきら)めるのだ。036サア(うし)(つぎ)には(うま)かな』
037と、038グツと馬公(うまこう)(はう)(むか)つて猿臂(えんび)()ばす。
039馬公(うまこう)『ウマウマウマ()つて(くだ)さいませ、040それは(あんま)りで御座(ござ)います。041こんな(こと)があらうと(おも)つて、042(ひと)(いや)がる目付役(めつけやく)捕手(とりて)役人(やくにん)をすつぱりと今日(けふ)から()めますと()つたのに、043貴方(あなた)はお(まへ)天職(てんしよく)だから()めなと仰有(おつしや)つたぢや御座(ござ)いませぬか。044それだから(わたくし)捕手(とりて)(やく)をして三五教(あななひけう)宣伝使(せんでんし)随分(ずゐぶん)(くるし)めたのですが、045かう()えても従順(すなほ)(をとこ)046貴方(あなた)仰有(おつしや)(とほ)(かた)(まも)つて()たものを、047今更(いまさら)竜宮(りうぐう)へやるとは胴欲(どうよく)だ。048アンアンアン、049オンオンオン』
050時置師(ときおかし)『アハヽア、051此奴(こいつ)(めう)(うま)だ。052()(かは)れば(かは)るものだなア。053ヒンヒンと()うて()(うま)沢山(たくさん)あるが、054アンアンオンオンと()(うま)(こゑ)()(はじ)めだ。055アハヽヽヽ、056こんな嘶声(なきごゑ)をする(うま)面白(おもしろ)くないから、057今度(こんど)(おな)()(あし)鹿(しか)(ばん)だ。058鹿(しか)はカイロと()くさうだ。059かう()えても(うみ)には(みち)がついて()る。060海路(かいろ)があるのだ。061鹿(しか)なれば(うみ)(なか)()()むでも滅多(めつた)(こま)りはすまい。062カイロウ(おも)へば()(かへ)れるから、063(ふね)にさへも櫂艪(かいろ)がついて()る。064サア鹿公(しかこう)065(まへ)(ばん)だぞ』
066鹿公(しかこう)(うま)海馬(かいば)()つて(うみ)にでも()むで()ます。067(とら)千里(せんり)(やぶ)でも()()えると()ふのですから、068竜宮行(りうぐうゆき)馬公(うまこう)虎公(とらこう)適任(てきにん)でせう。069鹿(しか)()(やつ)(やま)(おく)()(やつ)で、070(うみ)一向(いつかう)不調法(ぶてうはふ)御座(ござ)います。071さうして(いま)(はる)御座(ござ)います。072春駒(はるこま)()つて(うま)時節(じせつ)073(たけのこ)()春先(はるさき)(とら)時節(じせつ)074鹿(しか)(あき)時節(じせつ)075(あき)まで()つて(もら)ひませう。076三五教(あななひけう)(をしへ)にも、077時世時節(ときよじせつ)には(かみ)(かな)はぬと仰有(おつしや)るぢや御座(ござ)いませぬか。078竜宮行(りうぐうゆき)をする(もの)シカク(ちが)ひます』
079時置師(ときおかし)『アハヽヽ、080面白(おもしろ)面白(おもしろ)い、081しかたがないなア、082それなら(おも)()つて虎公(とらこう)かな』
083虎公(とらこう)『モシモシ、084(わたくし)不適任(ふてきにん)です。085虎穴(こけつ)()らずんば虎児(こじ)()ずと()つて、086(やま)(あな)()つて(あな)(なか)こけついて()代物(しろもの)ですから、087竜宮行(りうぐうゆき)(しやう)()ひませぬ。088ウミ父上(ちちうへ)母様(ははさま)何処(どこ)にどうして御座(ござ)るやら、089こけつ(まろ)びつ(さが)して()れば、090人目(ひとめ)(こころ)奥山(おくやま)の、091巌窟(いはや)(なか)佗住居(わびずまゐ)092どうぞ(ゆる)して(くだ)さいませ』
093時置師(ときおかし)(さすが)虎公(とらこう)だ。094名詮自称(みやうせんじしやう)095とらまへどころのない(こと)()(やつ)だ。096そんなら竜宮行(りうぐうゆき)はこれで免除(めんぢよ)してやらう。097(その)(かは)りに(おれ)について()るのだ』
098虎公(とらこう)『ハイハイ、099竜宮行(りうぐうゆき)さへ()めさせて(くだ)されば、100何処(どこ)へでもお(とも)(いた)します』
101時置師(ときおかし)(わし)()(こと)(なん)でも()くなア。102張子(はりこ)(とら)のやうにまさか(とき)になつて(くび)(よこ)()りはせぬかな』
103虎公(とらこう)『トラ御心配(ごしんぱい)(くだ)さいますな、104(けつ)して違背(ゐはい)(いた)しませぬ』
105時置師(ときおかし)『これから橘島(たちばなじま)(ふね)()いたら、106あの(しま)には(おほ)きな(とら)棲居(すまゐ)をして()(こと)()いて()るだらうなア』
107虎公(とらこう)トラもう(むかし)(むかし)のトラ(むかし)から()いて()ります』
108時置師(ときおかし)『トラ(むかし)()(こと)があるか、109(さる)(むかし)だらう』
110虎公(とらこう)十二(じふに)干支(えと)(とら)(うら)(さる)111(うし)のうらは(ひつじ)だから一寸(ちよつと)(おもて)(はう)から申上(まをしあ)げました』
112時置師(ときおかし)橘島(たちばなじま)(とら)(あな)には(おほ)きな(とら)二匹(にひき)棲居(すまゐ)をして()る。113さうして(この)(ごろ)沢山(たくさん)()()むで()ると()(こと)だ。114(その)()(とら)まへに()くのが虎公(とらこう)(やく)だ。115(とら)()虎公(とらこう)はいい釣合(つりあひ)だ、116虎穴(こけつ)()らずんば虎児(こじ)()ず、117どうだ(つと)めるだらうなア』
118虎公(とらこう)『トラ、119モー、120ニヤン、121です、122シカと、123ウマくやれませぬワ』
124 (つき)西海(せいかい)(ぼつ)し、125久振(ひさしぶり)にて東海(とうかい)(なみ)()つて金色(こんじき)太陽(たいやう)隆々(りうりう)(のぼ)(きた)る。126その光景(くわうけい)()()はれぬ爽快(さうくわい)畏敬(ゐけい)(ねん)()たれざるを()ざりしと()ふ。
127 宣伝使(せんでんし)(はじ)船中(せんちう)人々(ひとびと)は、128この太陽(たいやう)(むか)つて拍手(はくしゆ)再拝(さいはい)129口々(くちぐち)神恩(しんおん)感謝(かんしや)する(こゑ)(てん)にも(とど)くばかりなりける。
130大正一一・三・一〇 旧二・一二 加藤明子録)