霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
テキストのタイプ[?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示[?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌[?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注[?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色
外字1の色
外字2の色

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

余白歌

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第12巻 霊主体従 亥の巻 篇:余白歌 よみ:
章:余白歌 よみ:よはくか 通し章番号:
口述日: 口述場所: 筆録者: 校正日: 校正場所: 初版発行日:1922(大正11)年9月30日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる] 主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:
愛善世界社版: 八幡書店版: 修補版: 校定版: 普及版: 初版: ページ備考:
いたづきの()(よこ)たへて(みち)のため
御国(みくに)(ため)神書(みふみ)あみたり〈序文(再)〉
()とあぶら(しぼ)るが(ごと)心地(ここち)して
われは霊界物語(れいかいものがたり)あみぬ〈序文(再)〉
滝津瀬(たきつせ)のわが(なみだ)にて濁世(にごりよ)
(あら)ふと(おも)へば(たの)しかりけり〈序文(前)(再)〉
(にこ)りたる()にも(ひかり)()(たま)
雲霧(くもきり)はらひてわれ()()でぬ〈序文(前)(再)〉
こはたれしわが大本(おほもと)御教(みをしへ)
(かみ)(ちから)にたてなほしたる〈総説歌(再)〉
曲神(まがかみ)()げゆくあとにわれひとり
(かみ)御書(みふみ)をあらはしにけり〈総説歌(再)〉
(たま)()生命(いのち)(まと)にあみし神書(みふみ)
(かみ)御国(みくに)(おも)へばなりけり〈総説歌(再)〉
人草(ひとぐさ)大御宝(おほみたから)(とな)ふるも
天津御神(あまつみかみ)御子(みこ)なればなり〈第1章〉
再度(ふたたび)(うま)(かは)らぬ現身(うつそみ)
(いのち)あるうちまこと(つく)せよ〈第1章〉
()(あか)湯水(ゆみづ)(きよ)(あら)へども
(あら)(がた)きは(こころ)なりけり〈第6章〉
(ひと)()(かみ)をはなれて一日(ひとひ)だも
()(さか)ゆべき(みち)なきを()〈第7章(再)〉
()()きて()きの(かぎ)りを天地(あめつち)
(みち)にいそしめ(かみ)御子(みこ)たち〈第7章(再)〉
(とき)(こゑ)()げつつ(せま)曲神(まがかみ)
やらひつ霊界物語(れいかいものがたり)あみぬ〈第8章(再)〉
八雲立(やくもた)出雲(いづも)(くに)国造(こくぞう)
菩日(ほひ)(みこと)御裔(みすへ)なりけり〈第19章〉
草木(くさき)さへ科戸(しなど)(かぜ)()すものを
(ひと)真心(ますごころ)(うご)かざらめや〈第19章〉
(みち)(まよ)(ひと)(こころ)天津日(あまつひ)
(まこと)(ひかり)()らぬがゆゑなり〈第23章〉
この(のり)天照神(あまてるかみ)(みち)なれば
()()(ひと)(ひかり)つき()〈第23章〉
言霊(ことたま)のたすくる(くに)()ひながら
その言霊(ことたま)(みだ)(ひと)のみ〈第27章(再)〉
かかる()にわが皇道(すめみち)のなかりせば
この神国(かみくに)(みだ)れはてなむ〈第27章(再)〉
()(さま)(あき)(ゆふ)なにながめつつ
わが皇道(すめみち)(たふと)さを()〈第27章(再)〉
たてよこの(かみ)のよさしの綾錦(あやにしき)
(はた)のかがやく()とはなりけり〈第29章(再)〉
(再は再版の略)

[この余白歌は八幡書店版霊界物語収録の余白歌を参考に作成しました]