霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

モノログ

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第13巻 如意宝珠 子の巻 篇:前付 よみ:
章:モノログ よみ:ものろぐ 通し章番号:
口述日:1922(大正11)年09月20日(旧07月29日) 口述場所: 筆録者:王仁 校正日: 校正場所: 初版発行日:1922(大正11)年10月30日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
この物語は、全巻を通じて三大潮流が渦巻く大編著であるから、一冊や二冊拾い読みをしたくらいでは、到底その真相を捉えることはできないのである。
まず全巻を読み終えた後でなければ、いかなる批判も加えることはできない。
中には、御伽噺の出来損ないみたいな批評を加えている人もいるようだが、霊界物語は少しも人意をくわえない、神の言葉そのままを写すのだから、この点をとくと考えていただきたい。
仁慈無限の神様より万物を見れば、一切が善であり愛である。ただ人間としての行動から誤解が生じ、それからもろもろの罪悪をひきおこし、邪気と成り天地を曇らせ、神を汚し道を破り、自業自得的に災禍を招くのである。
この神著によって、善悪不二、正邪一如、顕幽一致の絶対的な真理は、明白になると確信するものである。
この物語は宇宙精神の一斑を説示したものである。病人がこの物語を聞かせられてたちまち全快するのも、人間の頭脳の栄養物であるからである。大本の大精神ものこの中にあり、信徒の羅針盤となるべきものである。
また洋の東西や人種を問わず、修身斉家の基本、国を治める規範となるべきものである。
大本信徒においては、心の障壁を取り払って虚心坦懐に、本書に包含されている五味の真相を明らかにして欲しい。
こう記す間に、万寿苑瑞祥閣の上空に二羽の鴻鶴がゆるやかに飛翔し、しばらくして大公孫樹に一羽、堀端の松に一羽、羽を休めてついに竹林に姿を隠した。丹波で鶴を見るのは数十年来ないことで、大本瑞祥会に対する何らかの神示慶徴であろうと、役員らの口々の評定に上っていたことを記す。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm130001
愛善世界社版:前付 1頁 八幡書店版:第3輯 27頁 修補版: 校定版:前付 1頁 普及版:前付 1頁 初版: ページ備考:
001 この霊界(れいかい)物語(ものがたり)は、002全巻(ぜんくわん)(つう)じて三大(さんだい)潮流(てうりう)不断(ふだん)幹流(かんりう)し、003時々(ときどき)大小(だいせう)渦巻(うづまき)(おこ)つて()りますが、004何分(なにぶん)にも大編著(だいへんちよ)でありますから、005一冊(いつさつ)二冊(にさつ)(くらゐ)(ひろ)()みを()たぐらゐでは、006到底(たうてい)その真相(しんさう)捕捉(ほそく)する(こと)出来(でき)ませぬ。007()全巻(ぜんくわん)読了(どくれう)された(うへ)でなければ、008如何(いか)なる批判(ひはん)(くは)へる(こと)出来(でき)ない(やう)()つて()ります。009()(わが)身魂(みたま)宇宙(うちう)(ぐわい)()き、010無我(むが)無心(むしん)境地(きやうち)()つて本書(ほんしよ)抱含(はうがん)されたる大精神(だいせいしん)見極(みきは)めて(もら)()いものであります。
011 読者(どくしや)(なか)には霊界(れいかい)物語(ものがたり)もマンザラ()てたものではないが、012天地(てんち)剖判(ばうはん)だとか、013神示(しんじ)宇宙(うちう)だとか、014常世(とこよ)会議(くわいぎ)だとか、015人間(にんげん)元祖論(ぐわんそろん)(ごと)きは折角(せつかく)神著(しんちよ)をして無価値(むかち)たらしむるものだ、016霊界(れいかい)物語(ものがたり)右様(みぎやう)脱線的(だつせんてき)文章(ぶんしやう)さへ削除(さくぢよ)すれば、017時代(じだい)(おく)れの拙劣(せつれつ)小説(せうせつ)として()るべきものに()るだらうと、018注意(ちゆうい)(あた)へて()れた(ひと)もありました。019(また)(なか)には霊界(れいかい)物語(ものがたり)(うち)脱線的(だつせんてき)文章(ぶんしやう)は、020口述者(こうじゆつしや)頑迷(ぐわんめい)不霊(ふれい)悪霊(あくれい)憑依(ひようい)して喋舌(しやべ)()てた(とき)作物(さくぶつ)だから筆録者(ひつろくしや)(おい)(これ)取捨塩梅(しゆしやあんばい)して発表(はつぺう)すると()いのだが、021(なに)()つても絶対的(ぜつたいてき)服従(ふくじう)(もつ)最大(さいだい)善事(ぜんじ)誤解(ごかい)して()迷信家(めいしんか)だから、022薩張(さつぱり)仕末(しまつ)()へない、023小波山人(さざなみさんじん)でも()んで()訂正(ていせい)させたらおトギ(ばなし)(くらゐ)には()るだらうと、024コボして()人々(ひとびと)もあつたさうです。025口述者(こうじゆつしや)としても合点(がてん)()(かね)(てん)多少(たせう)ないでも()いが、026(なん)()つても惟神(かむながら)(まか)して(すこ)しも人意(じんい)(くは)へない、027(かみ)言葉(ことば)その(まま)(うつ)()すのですから、028この(てん)(とく)とお(かんが)へを(ねが)ひたいものです。029仁慈(じんじ)無限(むげん)なる神様(かみさま)(はう)より、030天地(てんち)(かん)万物(ばんぶつ)御覧(ごらん)()つた(とき)は、031一切(いつさい)神人(しんじん)禽獣(きんじう)虫魚(ちうぎよ)草木(さうもく)(いた)るまで、032(いつ)として(ぜん)ならざるは()(あい)ならざるは()いのであります。033(ただ)人間(にんげん)としての行動(かうどう)(うへ)(おい)て、034誤解(ごかい)より(しやう)ずる諸多(しよた)罪悪(ざいあく)不知不識(しらずしらず)(あひだ)発生(はつせい)して()れが邪気(じやき)となり、035天地間(てんちかん)汚濁(をだく)(くも)らせ、036(みづか)(かみ)(けが)(みち)(やぶ)り、037自業自得(じごうじとく)(てき)災禍(さいくわ)(まね)くに(いた)るものであります。038善悪(ぜんあく)不二(ふじ)039正邪(せいじや)一如(いちによ)040顕幽(けんいう)一致(いつち)真諦(しんたい)は、041この神著(しんちよ)()つて明白(めいはく)()(こと)確信(かくしん)する次第(しだい)であります。042この物語(ものがたり)(すべ)宇宙(うちう)精神(せいしん)一斑(いつぱん)説示(せつじ)したものであります。043大病人(たいびやうにん)などが枕頭(ちんとう)にてこの物語(ものがたり)()()かされ、044即座(そくざ)病気(びやうき)全快(ぜんくわい)する(くらゐ)(なん)でも()事実(じじつ)であります、045(これ)()ても人間(にんげん)頭脳(づなう)営養物(えいやうぶつ)たる(こと)(わか)ります。046大本(おほもと)大精神(だいせいしん)は、047この(しよ)()つて感得(かんとく)さるべきものでありますから、048大本(おほもと)信徒(しんと)()つては(もつと)必用(ひつよう)羅針盤(らしんばん)なるのみならず、049(やう)東西(とうざい)()はず、050人種(じんしゆ)如何(いかん)(ろん)ぜず、051修身斉家(しうしんせいか)基本的(きほんてき)教訓書(けうくんしよ)ともなり、052(だい)にしては治国平天下(ちこくへいてんか)軌範(きはん)たるべき神書(しんしよ)たる(こと)(しん)ずるのであります。053大本(おほもと)信徒(しんと)諸氏(しよし)よ、054変性男子(へんじやうなんし)だとか、055変性女子(へんじやうによし)だとかの言句(げんく)跼蹐(きよくせき)せず、056(すべ)ての(こころ)障壁(しやうへき)撤廃(てつぱい)し、057虚心(きよしん)坦懐(たんくわい)(もつ)本書(ほんしよ)包含(はうがん)する(ところ)五味(ごみ)真相(しんさう)闡開(せんかい)されむことを希望(きばう)する次第(しだい)であります。
058 ()(しる)(とき)しも万寿苑(まんじゆゑん)瑞祥閣(ずゐしやうかく)上空(じやうくう)二羽(には)鴻鶴(こうのつる)ゆるやかに飛揚(ひやう)しつつありしが、059(しばら)くありて大公孫樹(おほいてふ)一羽(いちは)060堀端(ほりばた)松樹(しようじゆ)(うへ)一羽(いちは)()まりて羽根(はね)(やす)め、061(つひ)には竹林(ちくりん)(なか)にその瑞姿(ずゐし)(かく)しました。062丹波(たんば)(くに)にて(つる)()ると()(こと)は、063数十年来(すうじふねんらい)あまり()かぬことであつて、064大本瑞祥会(おほもとずゐしやうくわい)(たい)する(なに)かの神示(しんじ)慶徴(けいちよう)なるべしと、065役員等(やくゐんら)口々(くちぐち)評定(ひやうじやう)面白(おもしろ)く、066記念(きねん)のため一筆(ひとふで)(ここ)附記(ふき)しておきます。
067 大正十一年九月二十日 旧七月二十九日 午前十一時
068   王仁識
   
オニド関連サイト最新更新情報
4/18【霊界物語ネット】山吹の花」(吉野山神業の記録)を掲載しました。
4/8【霊界物語ネット】民謡 波の上』と『民謡 月の都』(王仁三郎の歌集)を掲載しました。