霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一三章 上天丸(じやうてんまる)〔五三九〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第13巻 如意宝珠 子の巻 篇:第3篇 探険奇聞 よみ:たんけんきぶん
章:第13章 第13巻 よみ:じょうてんまる 通し章番号:539
口述日:1922(大正11)年03月18日(旧02月20日) 口述場所: 筆録者:外山豊二 校正日: 校正場所: 初版発行日:1922(大正11)年10月30日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
宣伝歌は、岩窟を守る神であると名乗り、宣伝使たちに注意を与え、これ以上の進入を脅す内容であった。
しかし一同は怖じずに進んで行く。行く手に光が見えたところで、頭上の岩石が大きな音を立てて唸り始めた。
一同は一目散に光めがけて走っていくと、そこは向こうも見えないくらいの広場で、天井が開けて空が見えた。そして、四方は高い岩壁に囲まれている。
鷹彦はにわかに羽を出して空に上っていってしまった。後に残された宣伝使たちは、端座して祝詞を奏上する。すると轟音を響かせて天の鳥船が降りてきた。
鳥船からは日の出別命、岩窟の中で出あった女宣伝使、そして鷹彦が現れた。日の出別命は岩窟探検の終わりを宣言すると、一同を鳥船に招き入れた。
鳥船は爆音と共に天空に姿を隠した。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm1313
愛善世界社版:161頁 八幡書店版:第3輯 90頁 修補版: 校定版:161頁 普及版:69頁 初版: ページ備考:
001(かみ)(おもて)(あら)はれて
002(ぜん)(あく)とを立別(たてわ)ける
003(しこ)(いはや)()(きた)
004三五教(あななひけう)宣伝使(せんでんし)
005鼻息(はないき)(あら)鷹彦(たかひこ)
006(かた)そに()えて(やは)らかき
007岩彦(いはひこ)亀彦(かめひこ)駒彦(こまひこ)
008(おと)名高(なだか)布留野原(ふるのはら)
009これの(いはや)(まよ)()
010千尋(ちひろ)(ふか)陥穽(おとしあな)
011二度(にど)吃驚(びつくり)為体(ていたらく)
012あゝ(いた)ましや(いた)ましや
013(これ)から(さき)真暗黒(まくらがり)
014幾百千(いくひやくせん)とも(かぎ)りなき
015(しこ)曲津(まがつ)(むらが)りて
016(なれ)生命(いのち)(あらし)()
017颶風(はやて)(むか)灯火(ともしび)
018()()るばかり身魂(みたま)をば
019いろいろさまざま(さいな)まれ
020二度(にど)(かへ)らぬ()(くに)
021旅路(たびぢ)をなすが()(どく)ぢや
022われは(いはや)(まも)(かみ)
023汝等(なんぢら)一行(いつかう)(あは)れみて
024生命(いのち)(たす)けむその(ため)
025此処(ここ)(あら)はれ()をつける
026()をつけられるその(とき)
027きかねば(あと)()うなろと
028われは(かま)はぬ(あはれ)みの
029(こころ)(もつ)()げてやる
030あゝ(かな)はぬぞ(かな)はぬぞと
031魂消(たまげ)(こし)をぬかすより
032一時(いちじ)(はや)(もと)(みち)
033(きびす)(かへ)して退(しりぞ)けよ。
034ウヽヽ、ルヽヽ、サヽヽ、イヽヽ』
035()つた()異声怪音(いせいくわいおん)はピタリと()まりける。
036梅彦(うめひこ)『オイ(みな)連中(れんちう)037一寸(ちよつと)ここで相談(さうだん)をして()ようか。038(いきほひ)(まか)して軽々(かるがる)しく(すす)むは智者(ちしや)()()(ところ)では()いぞ』
039岩彦(いはひこ)『エーナアンだ。040弱音(よわね)()きよつて一体(いつたい)貴様(きさま)(なに)目標(めあて)に、041ソンナ卑怯(ひけふ)(こと)()ふのだ。042(こゑ)(おそ)ろしいのか、043(こゑ)(こは)くつて(かみなり)()()(なか)()きて()れるか』
044梅彦(うめひこ)(こゑ)(こは)いのぢやないが、045その(こゑ)(ぬし)をよく探究(たんきう)して、046その(うへ)策戦(さくせん)計画(けいくわく)をやらうかと()ふのだ』
047鷹彦(たかひこ)(なに)かまふものか。048(いづ)悪魔(あくま)巣窟(そうくつ)だ。049これ(くらゐ)余興(よきよう)がなくては進撃(しんげき)するのも張合(はりあひ)がないワ』
050梅彦(うめひこ)進撃(しんげき)すると()つたつて()隧道(トンネル)馬鹿(ばか)(くら)いぢやないか』
051岩彦(いはひこ)(くら)くても(かま)ふものか。052いはゆる暗中飛躍(あんちうひやく)だ。053百鬼(ひやくき)暗行(あんかう)岩窟(がんくつ)だもの、054此方(こちら)厄鬼(やくき)となつて対抗(たいかう)運動(うんどう)をやれば、055()れで()いのだ』
056 (かす)向方(むかう)(やや)(ひかり)()(まる)(あな)()(はじ)めた。
057岩彦(いはひこ)『オイオイ、058モウ(さき)()えた。059()(かく)あの(あか)(あな)目標(めあて)(すす)むことにしよう』
060 頭上(づじやう)岩石(がんせき)猛烈(まうれつ)なる音響(おんきやう)()ててウヽヽヽと(うな)(はじ)めた。061鼓膜(こまく)破裂(はれつ)しさうな巨音(きよおん)である。062一同(いちどう)(みみ)(ゆび)()(なが)一目散(いちもくさん)(まる)(ひかり)目標(めあて)(すす)()く。063(やうや)此処(ここ)()いて()れば、064()(とど)かぬばかりの広場(ひろば)がある。065さうして上面(うはつら)(くも)()えてゐる。066四辺(あたり)幾千丈(いくせんぢやう)とも()れぬ岩壁(いはかべ)(もつ)(かこ)まれありて、067坦々(たんたん)たる大道(だいだう)四方(しはう)八方(はつぱう)(つう)じゐたり。
068鷹彦(たかひこ)『ホー、069此処(ここ)(あめ)八衢(やちまた)のやうな(ところ)だ。070前達(まへたち)は、071マア悠乎(ゆつくり)相談(さうだん)をして(これ)から本当(ほんたう)妖怪窟(えうくわいくつ)進撃(しんげき)して()れ。072(おれ)(しば)らく御免(ごめん)(かうむ)る』
073()ふより(はや)(せな)両翼(りやうよく)左右(さいう)にひろげ、074()ばたき(なが)中空(ちうくう)()(あが)り、075この(いはや)脱出(だつしゆつ)して(しま)つた。
076岩彦(いはひこ)『アヽ()出別(でわけ)には()てられ、077魔性(ましやう)(をんな)には()げられ、078鷹彦(たかひこ)(かへ)つて(しま)ひ、079(これ)から前途(ぜんと)遼遠(れうゑん)暗澹(あんたん)()(ところ)になつて、080吾々(われわれ)五人(ごにん)()(のこ)されたのだから、081この(さき)はよほど注意(ちうい)をせなくてはいかぬぞ。082(すこ)()()いた(やつ)()ればよいのに、083ガラクタばつかり(のこ)つて()るものぢやから、084如何(どう)にも()うにも(さく)(ほどこ)しようがないワイ』
085音彦(おとひこ)『コラ岩公(いはこう)086失敬(しつけい)なことを()ふな。087(かす)ばつかりとは(なん)だ。088(のこ)りものに(ふく)があるぞ。089もう()うなれば(ちから)にするのは(かみ)ばつかりだ。090サーサ天津(あまつ)祝詞(のりと)だ』
091()(なが)音彦(おとひこ)墜道(いはみち)端坐(たんざ)して祝詞(のりと)奏上(そうじやう)する。092四人(よにん)(つづ)いて一生懸命(いつしやうけんめい)になつて合唱(がつしやう)して()る。093何処(どこ)ともなく天空(てんくう)(とどろ)かし(きた)(あま)鳥船(とりふね)は、094五人(ごにん)端坐(たんざ)する(まへ)爆音(ばくおん)すさまじく降下(かうか)した。095(なか)より()出別命(でわけのみこと)096鷹彦(たかひこ)097以前(いぜん)(をんな)三人(さんにん)(あら)はれ(きた)り、
098()出別(でわけ)『ヤア(みな)さま、099苦労(くらう)であつた。100巌窟(がんくつ)探険(たんけん)はこれで終結(しうけつ)だ。101()岩壁(がんぺき)到底(たうてい)人間(にんげん)として()(のぼ)(わけ)にも()かないから、102(むか)ひに()たのだ、103サア(はや)()つたがよからう』
104岩彦(いはひこ)『これはこれは、105(なに)から(なに)までお()つけられまして有難(ありがた)うございます。106流石(さすが)()出別命(でわけのみこと)さまだ。107(ひと)(しやう)たるものは()うなくてはならぬ道理(だうり)だ』
108鷹彦(たかひこ)『オイ岩公(いはこう)109うまいな、110巧妙(かうめう)辞令(じれい)だ。111この八衢(やちまた)()()えても、112これが(すこ)()けば(みな)()(つま)つてゐるのだから、113未練(みれん)(のこ)さず(はや)くこの(ふね)()つたらよからう』
114岩彦(いはひこ)(たれ)がコンナ怪体(けつたい)巌窟(がんくつ)未練(みれん)があつて(たま)るか。115天女(てんによ)のやうな女神(めがみ)さまと一緒(いつしよ)(あま)鳥船(とりふね)()つて、116天国(てんごく)遊行(いうぎやう)するかと(おも)へば(じつ)有難(ありがた)い。117サア(みな)(もの)(はや)()らうかい』
118()(なが)五人(ごにん)はヒラリと()()つた。
119 (また)もや鳥船(とりふね)巨大(きよだい)なる爆音(ばくおん)(ひびき)(とも)に、120何処(いづく)とも()天空(てんくう)姿(すがた)(かく)しける。
121大正一一・三・一八 旧二・二〇 外山豊二録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
10/28霊界物語音読第37、38、63巻と、大本神諭、伊都能売神諭をアップしました。
10/26【霊界物語ネット】大本神諭を「年月日順」で並べた時の順序が、一部おかしいものがあったので修正しました。(os176,192,193,191,235 の5つ)