霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一六章 玉遊(たまあそび)〔五四二〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第13巻 如意宝珠 子の巻 篇:第4篇 奇窟怪巌 よみ:きくつかいがん
章:第16章 玉遊 よみ:たまあそび 通し章番号:542
口述日:1922(大正11)年03月20日(旧02月22日) 口述場所: 筆録者:北村隆光 校正日: 校正場所: 初版発行日:1922(大正11)年10月30日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
三人が進んで行くと、赤白のゴム毬のようなものが上下左右に浮動していた。毬はどんどん増えていく。
音彦が毬に向かって怒鳴りたてると、玉の中でもっとも大きなものに、目鼻口が現れて、笑い出した。玉は、三人に天の声を聞け、と諭すが、三人は聞く耳を持たずに玉の言うことを非難したり嘲笑したりしている。
玉はついに手足を伸ばし、他の小玉と一緒になって、いっせいに三人に打ってかかった。頭をしたたかに打たれたと思った瞬間、三人は夢から覚めた。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm1316
愛善世界社版:189頁 八幡書店版:第3輯 99頁 修補版: 校定版:190頁 普及版:81頁 初版: ページ備考:
001 (あか)るくなつた(みち)三人(さんにん)(あし)(はや)めて(すす)()く。002前方(ぜんぱう)(あた)つて赤白(あかしろ)護謨毬(ごむまり)(やう)なもの上下(じやうげ)左右(さいう)浮動(ふどう)廻転(くわいてん)してゐる。003音彦(おとひこ)目敏(めざと)(これ)(なが)め、
004音彦(おとひこ)『ヤア駒彦(こまひこ)005(また)面白(おもしろ)いぞ。006(さき)()よ、007魔窟(まくつ)魔神(まがみ)玉突(たまつき)をやつてるわ』
008亀彦(かめひこ)『オー、009あれや野球戦(やきうせん)だ、010流石(さすが)魔窟(まくつ)だな、011(あぢ)(こと)をやりよるわ。012(この)(つぎ)には(また)ダンスの余興(よきよう)()られるかも()れないぞ。013文明(ぶんめい)空気(くうき)(やま)谷々(たにだに)はおろか、014斯様(かやう)地底(ちてい)巌窟(がんくつ)(ない)(まで)もゆき(わた)つてゐるのだね』
015音彦(おとひこ)『マア一寸(ちよつと)ここらで(こし)(おろ)して見物(けんぶつ)(なが)臨時(りんじ)将校(しやうかう)会議(くわいぎ)(ひら)いて、016その結果(けつくわ)吾々(われわれ)魔神(まがみ)打球会(だきうくわい)参加(さんか)するかせないかを決定(けつてい)したら如何(どう)だ』
017亀彦(かめひこ)三人(さんにん)では将校(しやうかう)会議(くわいぎ)()加滅(かげん)なものだな。018(なに)()もあれ、019ゆつくりと見物(けんぶつ)する(こと)仕様(しやう)かい。020ヤアヤア()えるわ()えるわ、021沢山(たくさん)(まり)(あら)はれた、022(じふ)二十(にじふ)になり、023二十(にじふ)四十(しじふ)になり、024四十(しじふ)八十(はちじふ)になり、025八十(はちじふ)百六十(ひやくろくじふ)になり、026百六十(ひやくろくじふ)三百二十(さんびやくにじふ)になり……』
027音彦(おとひこ)『コラコラ、028貴様(きさま)はコンナ(ところ)算術(さんじゆつ)稽古(けいこ)でもするのか』
029亀彦(かめひこ)『ヤア会計(くわいけい)検査院(けんさゐん)決算(けつさん)報告(はうこく)をする必要(ひつえう)があるから、030遺漏(ゐろう)ない(やう)十分(じふぶん)のベストを(つく)して()るのだ。031会計(くわいけい)検査官(けんさくわん)(ほね)()れたものだ』
032音彦(おとひこ)『それは数十万年(すふじふまんねん)()豆人間(まめにんげん)のする(こと)だ。033吾々(われわれ)神代(じんだい)英雄(えいゆう)豪傑(がうけつ)だ。034ソンナ取越苦労(とりこしぐらう)はやめて現実的(げんじつてき)活動(くわつどう)をやらなくてはならぬでは()いか』
035亀彦(かめひこ)智識(ちしき)宝庫(はうこ)とも()ふべき(かめ)サンは、036万年(まんねん)(さき)まで前途(ぜんと)達観(たつくわん)してるから、037天眼通(てんがんつう)(えい)じて仕方(しかた)がない。038コンナ神秘的(しんぴてき)(こと)貴公等(きこうら)には諒解(りやうかい)出来(でき)まいが、039(しか)原始的(げんしてき)頭脳(づなう)発達(はつたつ)せない宣伝使(せんでんし)には無理(むり)もないワイ』
040駒彦(こまひこ)貴様(きさま)如何(どう)してもウラル(けう)(あか)()けないから(すぐ)物質的(ぶつしつてき)智識(ちしき)()したがるのだ。041神代(じんだい)には計算(けいさん)(など)必要(ひつえう)()い。042(かみ)無形(むけい)()043無声(むせい)()き、044無算(むさん)(かぞ)(たま)ふものだ。045ソンナ時代(じだい)適合()はぬ前後(あとさき)そろばん(やう)な、046迂遠(うゑん)(こと)(ぼつ)にした(はう)面倒(めんだう)(くさ)くなくて()からう』
047亀彦(かめひこ)『フト不成立(ふせいりつ)問題(もんだい)提出(ていしゆつ)して非難(ひなん)焦点(せうてん)となつて仕舞(しま)つた。048ヤア仕方(しかた)()い。049本案(ほんあん)撤回(てつくわい)します』
050音彦(おとひこ)撤回(てつくわい)(なに)もあるものか、051吾々(われわれ)白紙(はくし)主義(しゆぎ)だ。052ソンナ愚案(ぐあん)(たちま)(にぎ)(つぶ)しだ』
053亀彦(かめひこ)『それでも上院(じやうゐん)如何(どう)する(つも)りだ。054ヒヒヽヽヽ』
055 三人(さんにん)(また)もや()つて幾百(いくひやく)とも(かぞ)()くせぬ(たま)前後左右(ぜんごさいう)浮動(ふどう)廻転(くわいてん)する中心(ちうしん)()がけて(まつしぐら)進撃(しんげき)せむと一決(いつけつ)し、056音彦(おとひこ)先頭(せんとう)()つて、
057音彦(おとひこ)『ヤイ、058選手(せんしゆ)()らぬのに(たま)ばかり(なん)だ。059コンナ(ところ)民衆(みんしう)運動(うんどう)開始(かいし)しよつて()加減(かげん)()めないか、060不穏当(ふをんたう)だぞ』
061亀彦(かめひこ)『ヤア此奴(こいつ)062中々(なかなか)野球(やきう)にしては(おほ)きいなり、063(おも)たい(たま)だ。064此奴(こいつ)石玉(いしだま)だ。065うつかり衝突(しようとつ)でも仕様(しやう)ものなら大変(たいへん)だ。066ヤイ数多(かずおほ)()(だま)067この(かめ)サンの言霊(ことたま)競争(きやうさう)だ。068如何(どう)だ、069屏息(へいそく)するか』
070(たま)(うち)(さい)巨大(きよだい)なるもの(たちま)()071(はな)072(くち)073(あら)はれて、
074『アハヽヽヽヽ、075(たま)げたか、076(たま)らぬか』
077亀彦(かめひこ)『ヨウ、078矢張(やつぱり)(しこ)巌窟(いはや)(しき)だ。079貴様(きさま)一箇(いつこ)()けでは(きよう)(すくな)い。080何奴(どいつ)此奴(こいつ)一斉(いつせい)()081(はな)082(くち)(あら)はせ』
083御註文(ごちゆうもん)とあれば幾百万(いくひやくまん)でも(あら)はれて()せてやるぞ』
084亀彦(かめひこ)貴様(きさま)(ほたる)(りん)(やう)(やつ)だ。085何程(いくら)にでも(くだ)けよるのだな。086一体(いつたい)全体(ぜんたい)何物(なにもの)だ。087三五教(あななひけう)宣伝使(せんでんし)たまたまの御探険(ごたんけん)だ。088(たま)(かざ)つて歓迎(くわんげい)するのか、089それとも俺達(おれたち)御威勢(ごゐせい)(おそ)れて、090こいつはたまらんと()ふので(さわ)ぐのか。091()(たま)()()(やう)()()はねばならぬぞ。092胆玉(きもたま)デングリ(かへ)るぞ、093オイ玉公(たまこう)094返答(へんたふ)如何(どう)だ』
095巨大(きよだい)(たま)は『ウフヽヽヽヽヽイヒヽヽヽ』を連続(れんぞく)してゐる。
096亀彦(かめひこ)『ヤア怪体(けつたい)(やつ)だ。097(たび)をして()れば(たま)にはコンナ(こと)(なぐさ)みになつて()いが、098()沢山(たくさん)にやつて()よると五月蝿(うるさ)くて(たま)らぬワイ。099一体(いつたい)貴様等(きさまら)目的(もくてき)那辺(なへん)()るのだ。100(かみ)(かは)つて世界(せかい)救済(きうさい)する天下(てんか)宣伝使(せんでんし)だ。101(なん)でも不平(ふへい)(こと)があれば、102(おれ)遠慮(ゑんりよ)()らぬ、103逐一(ちくいつ)開陳(かいちん)したが()からうぞ』
104吾輩(わがはい)(なん)にも()しくない、105普通(ふつう)選挙(せんきよ)(たま)()しさに、106()(みな)霊魂(みたま)一団(いちだん)となつて活動(くわつどう)してゐるのだ』
107音彦(おとひこ)貴様(きさま)共産(きやうさん)主義(しゆぎ)だな。108仰山(ぎやうさん)らしい(たい)()んで(その)(ざま)(なん)だ。109何故(なぜ)代表者(だいへうしや)選定(せんてい)して交渉(かうせふ)せないのか』
110巨大(きよだい)(たま)盲目(めくら)111(つんぼ)(ばか)りだから三人(さんにん)五人(ごにん)代表者(だいへうしや)()つたつて貴様等(きさまら)()には()きはせない。112それだから()むを()多数(たすう)団体(だんたい)()んで()()まる(やう)に、113(きこ)える(やう)甲声(かんごゑ)をあげて団体(だんたい)運動(うんどう)開始(かいし)してるのだ。114(これ)だけ大勢(おほぜい)(たま)(さけ)んで()るのに貴様(きさま)(みみ)には這入(はい)りはしまい』
115亀彦(かめひこ)(なん)だ、116()()(やう)なチツポケな(こゑ)何万(なんまん)(あつ)めたつて、117吾々(われわれ)(みみ)進入(しんにふ)するものか。118第一(だいいち)俺等(おれら)鼓膜(こまく)がすつかり麻痺(まひ)して()るから、119もつと(おほ)きな(こゑ)大声(たいせい)叱呼(しつこ)せないか』
120巨大(きよだい)(たま)大声(たいせい)俚耳(りじ)()らずと()(こと)がある。121(てん)(こゑ)貴様(きさま)(みみ)には()らぬか』
122亀彦(かめひこ)(てん)(こゑ)(いたち)(こゑ)()らぬが、123ソンナ(こと)(さわ)ぐよりも(いたち)最後屁(さいごべ)()らぬ(やう)()をつけたが()からうぞ。124糞蝿(くそばい)(やう)(くさ)いものを()()しよつてブンブンと()(まは)つても、125(もと)(はい)だから敗北(はいぼく)するのは当然(たうぜん)だ。126どうせ優勝劣敗(いうしようれつぱい)127(つよ)(もの)(つよ)い、128(よわ)(もの)(よわ)現代(げんだい)だからジタバタしても駄目(だめ)だよ。129正当(せいたう)(こと)()(やつ)排斥(はいせき)されるものだ。130貴様(きさま)時代(じだい)不忠実(ふちうじつ)(やつ)だ。131処世法(しよせいほふ)(かい)せない馬鹿者(ばかもの)だ。132アハヽヽヽヽ』
133 巨大(きよだい)(たま)は、134()(いか)らし眉毛(まゆげ)逆立(さかだ)て、135鼻息(はないき)(あら)手足(てあし)ニユウ()拳骨(げんこつ)(かた)め、
136(みな)(やつ)137コラコラ(みな)これから直接(ちよくせつ)行動(かうどう)だ』
138亀彦(かめひこ)(むか)つて四方(しはう)八方(はつぱう)より()つてかかる。139亀彦(かめひこ)蠑螺(さざえ)(ごと)拳骨(げんこつ)頭蓋骨(づがいこつ)をしたたかに()たれてアツ()うた途端(とたん)(ゆめ)()めた。
140亀彦(かめひこ)『ヤアコンナ(ところ)にコクリコクリと(ふね)()いで()たワイ。141オイ(おと)サン、142(こま)サン(しり)白根(しろね)()りた(やう)だ。143()加減(かげん)()つて強行的(きやうかうてき)前進(ぜんしん)(つづ)けようかな』
144大正一一・三・二〇 旧二・二二 北村隆光録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
4/18【霊界物語ネット】山吹の花」(吉野山神業の記録)を掲載しました。
4/8【霊界物語ネット】民謡 波の上』と『民謡 月の都』(王仁三郎の歌集)を掲載しました。