霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第二三章 和解(わかい)〔五四九〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第13巻 如意宝珠 子の巻 篇:第5篇 膝栗毛 よみ:ひざくりげ
章:第23章 第13巻 よみ:わかい 通し章番号:549
口述日:1922(大正11)年03月21日(旧02月23日) 口述場所: 筆録者:谷村真友 校正日: 校正場所: 初版発行日:1922(大正11)年10月30日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
夜、トイレに行きたくなった二人は、梯子を取られてしまったので、お茶を汲む土瓶の中に小便をして、それを返した。
怒ったお竹の母は、小便入りのお茶を二人に出した。このことで、二人はお竹の父母と喧嘩を始めてしまう。見物人が集まって大騒ぎになるが、そこへ六人の宣伝使がやってきて、宣伝歌を歌った。
一同は宣伝歌にあわせて踊り舞い、喧嘩は収まった。そして一行はコーカス山に向かって進んで行った。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm1323
愛善世界社版:272頁 八幡書店版:第3輯 129頁 修補版: 校定版:272頁 普及版:119頁 初版: ページ備考:
001 弥次彦(やじひこ)002与太彦(よたひこ)二人(ふたり)は、003また大土瓶(おほどびん)(ちや)をガブガブと(のこ)らず()んでしまつた。
004『エー気分(きぶん)(わる)い、005沢山(たくさん)(ちや)()んで洗濯(せんたく)をした(つも)りだが、006(なん)だかまだ(くち)(ねば)つくやうだ。007洗濯(せんたく)をしても矢張(やつぱり)(はら)(なか)(みづばな)もあれば鼻汁(はなじる)雑居(ざつきよ)して()るのだから、008気持(きも)ちがあまり()えぬワイ。009(まへ)殺生(せつしやう)(やつ)だ、010(みづばな)()()うだと(さき)()うて()れればよいものを、011(はら)(わる)いなア』
012(おれ)(はら)がへつて(わる)いが、013貴様(きさま)鱈腹(たらふく)()つて、014もつたいない理窟(りくつ)()ふとは、015よほど(はら)(わる)(やつ)だ。016アヽ(あま)沢山(たくさん)()んだので小便(せうべん)仕度(した)くなつた。017梯子(はしご)(なに)()つて仕舞(しま)つて(おり)(こと)出来(でき)やしない。018此処(ここ)でやれば(した)()るし、019()()れる(やう)になつて()たワ、020どう()ようか()らぬて』
021与太彦(よたひこ)都合(つがふ)()いものがある、022この土瓶(どびん)(なか)にやつたらどうだ、023(した)()気遣(きづか)ひはないぞ』
024()ひながら、025かはるがはる(あわ)(だつ)茶色(ちやいろ)小便(せうべん)()()けるまでに半分(はんぶん)ばかり()めた。026二人(ふたり)(たび)(つか)れでグツスリと寝込(ねこ)んでしまつた。027ソロソロ(きこ)ゆる(にはとり)(こゑ)028小鳥(ことり)(こゑ)
029弥次彦(やじひこ)『ヤー(はる)()(みじか)いものだ、030此処(ここ)へこけたと(おも)へば早鶏(はやとり)(こゑ)だ、031折角(せつかく)(けむり)()くなつたと(おも)へば(また)そろそろ()()しよつて(くすぶ)るワイ。032アヽ(けむ)たい(けむ)たい』
033 婆々(ばばあ)(した)より、
034二階(にかい)のお(きやく)さま、035土瓶(どびん)()ろして(くだ)さらぬか』
036『ヨシヨシ』
037弥次彦(やじひこ)土瓶(どびん)(かぎ)()()けツルツルと()()ろした。038(しばら)くすると、039婆々(ばばあ)が、
040『お(きやく)さま(にぎ)(めし)だ、041(かぎ)(おろ)したり』
042 弥次彦(やじひこ)はツルツルと(かぎ)(おろ)す。043婆々(ばばあ)はまたもや十文字(じふもんじ)(しば)つた(ざる)(にぎ)(めし)()つて(ひつ)かける。
044『オイ与太公(よたこう)045今日(けふ)大丈夫(だいぢやうぶ)だ、046どつさりと(いただ)いて()ようかい』
047『イヤモウ閉口(へいこう)だ、048()(みじか)いのに二人前(ふたりまへ)(いただ)いて、049おまけに土瓶(どびん)(ちや)沢山(たくさん)()んだものだから、050臨月(りんげつ)(かか)アの(はら)のやうに筋張(すぢば)つてポンポンだ。051(まへ)052遠慮(ゑんりよ)せずに(いただ)いて(しま)へ』
053(おれ)(なん)となく(はら)がすかぬ、054マア()めて()かうかい』
055『お(なか)がすいても空腹(ひもじ)うないと()ふが、056空腹(ひもじ)いときのまずいものなし、057ひだるいときの(きたな)いものなしぢや、058(ひと)奮発(ふんぱつ)して(いつ)(むつ)(たひら)げたらどうだい弥次彦(やじひこ)
059『ヤアどう(おも)つても胸膨(むなぶく)れがして()()にならぬワイ。060それよりも(ちや)なと(もら)つて(はら)(ふく)らさうぢやないか。061モシモシ(ばあ)サン、062どつさりお(ちや)(くだ)さらぬか』
063婆々(ばばあ)(した)から、
064高取村(たかとりむら)旦那(だんな)さま、065(ちや)都合(つがふ)よく()きました、066あまり(あつ)くもなし、067ぬるくもなし、068()(ごろ)ですぜ。069サア(かぎ)(おろ)して(くだ)さい』
070(かぎ)最前(さいぜん)から(おろ)して()つて()るのだ』
071『アヽ、072ホンニ()りてをつたなア、073(とし)()ると目脂(めやに)074鼻汁(はなじる)075いやもうじじむさいものだ』
076()ひながら、077手鼻(てばな)をかんでその()土瓶(どびん)(つる)()(かぎ)引掛(ひつか)けた。078弥次彦(やじひこ)手早(てばや)手繰上(たくりあ)げて、
079『また婆々(ばばあ)手鼻(てばな)をかんだ()(ちや)()んで()れたが、080(ちや)(なか)にはまさか鼻汁(はなじる)這入(はい)つてゐまい。081マア(ゆつ)くりと茶腹(ちやばら)でも(ふく)らかさうかい』
082()ひながら(たが)ひに()つたくり、083(あらそ)ひつつ七八分(しちはちぶ)まで()んで仕舞(しま)つたが、084(なん)となく(めう)(にほひ)(はな)にプンプンとする。
085『オイこの(ちや)怪体(けつたい)(にほひ)がするぢやないか、086(なん)だか塩辛(しほから)(あぢ)の、087よい(しほ)加減(かげん)(ちや)だと(おも)うて()んだが、088この(にほひ)(なん)だか()()はぬぢやないか、089のう与太彦(よたひこ)
090()ひながら(した)(のぞ)いて、
091『コレコレお(ばあ)さま、092この(ちや)(くさ)つとらせぬかいなア。093(めう)(にほひ)がするぞ』
094『なに(くさ)つて()るものかい、095昨夜(ゆうべ)(わか)した(ところ)だ、096(げん)にお(まへ)さまが昨夜(よんべ)()んだ(のこ)りの(うへ)(ちや)()して()かして()げたのだ。097(くさ)つて()気遣(きづか)ひは()いわいなア』
098『ヤー此奴(こいつ)(たま)らぬ、099どうしようか、100オイ与太公(よたこう)
101仕方(しかた)がないなア。102(おのれ)()づるものは(おのれ)(かへ)るぢや。103他人(ひと)小便(せうべん)ぢやあるまいし、104自分(じぶん)小便(せうべん)自分(じぶん)()んだのだ、105疝気(せんき)(くすり)ぢやと(おも)へば、106マア辛抱(しんばう)するのだなア。107あんまり常平生(つねへいぜい)から、108バリバリバリ()くものだから、109因劫(いんがふ)(むく)(きた)つて自業自得(じごうじとく)で、110(おほかみ)(やう)にバリを()まされたのだ。111ペツペツペツペツ』
112 ガア、113ガラガラガラと(のど)(ゆび)()()んで()()す、114柴屋(しばや)簀子(すのこ)()れて反吐水(へどみづ)(した)(とほ)(おやぢ)禿頭(はげあたま)にダラダラと(なが)()ちた。
115『チエツ、116(ねずみ)(やつ)117(あたま)から小便(せうべん)をかけよつて、118ヤー小便(せうべん)(ばか)りぢやないぞ、119飯粒(めしつぶ)(まじ)つて()る。120ヤアこれは大方(おほかた)二階(にかい)のお(きやく)だらう、121()しからぬ(やつ)ぢや。122(むすめ)世話(せわ)になつた旦那(だんな)123主人(しゆじん)だと(おも)ふから二階(にかい)()めてやれば(あたま)から反吐(へど)(ひつ)かけるなんて不人情(ふにんじやう)きはまる。124ヨシ先方(せんぱう)がさうなら此方(こつち)了見(れうけん)がある。125コレお(たけ)126梯子(はしご)()(こと)はならぬぞ、127何時(いつ)までも天井(てんじやう)(まつ)()んで焚物(たきもん)になるとこまで(くす)べてやるのだ。128本当(ほんたう)(ひと)馬鹿(ばか)にして()る。129コラ二階(にかい)兵六玉(ひやうろくだま)130どうするのだ』
131『モシモシ(おやぢ)さま、132(わし)ぢやない、133あれは(ねずみ)ぢや。134(ねずみ)悪戯(いたづら)(まで)吾々(われわれ)転嫁(てんか)させられては弥次彦(やじひこ)(こま)るよ』
135馬鹿(ばか)()ふない、136(ねずみ)反吐(へど)をつくかい、137田舎者(ゐなかもん)だと(おも)つて(あま)馬鹿(ばか)にするな』
138弥次彦(やじひこ)『コラコラお(たけ)139梯子(はしご)()さぬかい』
140『ハイいま()します、141チヨット()つて(くだ)さい。142小用(こよう)して()るから』
143与太彦(よたひこ)用事(ようじ)()ましてから()して()げますとは、144洒落(しやれ)てけつかるワイ』
145(おやぢ)『コラお(たけ)146(おや)(ゆる)しもなしに梯子(はしご)をかけると()(こと)があるか』
147『それでも、148可愛(かあい)がつて(くだ)さつた旦那(だんな)さまぢやもの、149(おや)(なん)()つても(わたくし)()して()げます。150サアサア(はや)くこれに()つて()りて()(くだ)さい』
151()れと()つたつて、152コンナヒヨロヒヨロの(はし)()にどうして()れるのだ。153(あぶ)なくつて仕方(しかた)がない』
154()るのがいやなら、155両方(りやうはう)親柱(おやばしら)をグツと()いて大股(おほまた)(また)げて()りて(くだ)さい。156二人(ふたり)一緒(いつしよ)(また)げると梯子(はしご)()れます。157マア、158旦那(だんな)さまから(さき)い』
159旦那(だんな)さまから(さき)いなんて馬鹿(ばか)にしてやがる。160エー仕方(しかた)がない。161(かま)()(むか)ふに(にぎ)られて、162()れる(はう)此方(こちら)()つて()るやうなものだから、163この柴屋(しばや)から無事(ぶじ)着陸(ちやくりく)する(まで)は、164(ねこ)(かぶ)つて大人(おとな)しうして()ろかい、165この与太(よた)ヤンも』
166 二人(ふたり)(やうや)()りて()た。167弥次彦(やじひこ)(つら)(ふく)らして、
168『コラ婆々(ばばあ)169(ひと)小便(せうべん)()ましよつて馬鹿(ばか)にするない』
170『この(ひと)(なに)()ふのだい、171(たれ)小便(せうべん)()ましました。172(まへ)さまが勝手(かつて)にこいて()んだのぢやないか。173あんまり勿体無(もつたいな)(こと)をなさるから、174(こら)しめの(ため)小便(せうべん)だとは()つて()つたけれど、175(わざ)とに(その)(まま)にして()いたのだよ。176ソンナ道楽(だうらく)(こころ)で、177コーカス(まゐ)りをしたつて神様(かみさま)は、178彼方(あつちや)()いて御座(ござ)るわ。179本当(ほんたう)自堕落(じだらく)兵六玉(ひやうろくだま)だナア。180奉公人(ほうこうにん)一人(ひとり)使(つか)(ひと)だから、181チツトは行儀(ぎやうぎ)ぐらゐ()つた(かた)だと(おも)うて()たのに、182あまりの仕打(しうち)愛想(あいさう)()きた。183(わし)()貧乏(びんぼう)して()つても、184綺麗(きれい)(もの)(きたな)(もの)ぐらゐは(わきま)へて()る。185アタ勿体(もつたい)ない、186先祖(せんぞ)(ゆづ)りの履歴(りれき)のついた、187大事(だいじ)なお土瓶(どびん)小便(せうべん)をこかれて、188どうしてこれが使(つか)へるものか。189サア(もと)(とほ)りにして(くだ)され、190婆々(ばばあ)承知(しようち)しませぬぞや』
191土瓶(どびん)(ひと)つくらゐ(なん)だ、192それほど()しけりや()うて(かへ)してやるわ。193(なん)大層(たいそう)らしい。194三銭(さんせん)五銭(ごせん)土瓶(どびん)を』
195『この土瓶(どびん)三銭(さんせん)五銭(ごせん)ぢや()へませぬ、196百両(ひやくりやう)から(いた)しますよ』
197(きん)土瓶(どびん)でも百両(ひやくりやう)()せばあるのに、198(なん)ぢやコンナ()黒気(くろけ)蛸土瓶(たこどびん)をあまり()()()ふな。199足許(あしもと)()()みよつて年寄(としより)(くせ)(よく)(かは)(ふか)(やつ)だ。200棺桶(くわんをけ)片足(かたあし)突込(つきこ)んで()つて欲張(よくば)つて(なん)になる、201(くま)(ばば)()が』
202『この土瓶(どびん)()るほど()うた(とき)三銭(さんせん)だつたさうだが、203曽祖父(ひいぢいさん)(だい)から家宝(かほう)となつて(いま)まで()つて()(もの)だ。204三銭(さんせん)(かね)()()()つて百五十年(ひやくごじふねん)(あひだ)勘定(かんぢやう)して()なさい、205百両(ひやくりやう)なら(やす)いものだよ』
206(なん)勘定(かんぢやう)(たか)(ばば)アだなア、207こいつア、208ウラル(けう)だよ与太公(よたこう)
209『ウラルもウランもあるものか、210百両(ひやくりやう)だつて千両(せんりやう)だつて、211(いへ)(たから)()つて(たま)るものか』
212弥次彦(やじひこ)(たこ)なら(あし)もつくだらうが、213此奴(こいつ)(あし)()胴瓶(どうびん)ばかりだから、214(もと)より利足(りそく)()(はず)がないわ』
215与太彦(よたひこ)(かたち)あるものは(かなら)(ほろ)び、216()ふものは(はな)れると()ふのは()(なか)(なら)ひだ。217(あきら)めて()くが()からう、218後生(ごしやう)(ため)だよ』
219(おやぢ)()んだ、220()いて()れば親重代(おやぢゆうだい)土瓶(どびん)(けがら)はしい小便(せうべん)()れよつたのか、221モウ了見(れうけん)ならぬ、222(おれ)のとこの(たから)(だい)なしにしよつたナ』
223弥次彦(やじひこ)『エー(ちひ)さい(こと)()かすない、224土瓶(どびん)小便(せうべん)()れたのがそれほど(はら)()つのなら、225吾々(われわれ)胴腹(どうばら)小便(せうべん)()れよつた貴様(きさま)こそ了見(れうけん)ならぬ(やつ)だ。226胴瓶(どうびん)土瓶(どびん)いぢりの薬鑵(やくわん)老爺(おやぢ)227土瓶(どびん)薬鑵(やくわん)一緒(いつしよ)にポカンと()つてやらうか』
228(おやぢ)(ひと)(いへ)厄介(やくかい)になつて()きながら、229(なん)()劫託(ごふたく)をこきよるのだ。230コラ、231(とし)()つてもこれでもヤンチヤ(とら)サンと綽名(あだな)()つた(この)(はう)だぞ』
232()ひながら(にぎ)(こぶし)(かた)めてポカンとやつた。
233 与太彦(よたひこ)は、
234『この耄碌(まうろく)老爺(おやぢ)235(なに)をしやがる』
236(また)もや鉄拳(てつけん)(かた)めて薬鑵頭(やくわんあたま)をポカンとやる。237老爺(おやぢ)甲声(かんごゑ)()して(おこ)る、238(たけ)()く、239(ばば)はわめく、240弥次(やじ)はカンカンになつて()(まは)る。241(おもて)(とほ)数多(あまた)参詣者(さんけいしや)は『ヤア喧嘩(けんくわ)喧嘩(けんくわ)だ』と面白(おもしろ)がり黒山(くろやま)(ごと)(あつ)まつて()る。
242(かふ)『コラ一体(いつたい)(なん)喧嘩(けんくわ)だ』
243(おつ)土瓶(どびん)薬鑵(やくわん)喧嘩(けんくわ)ださうな』
244 ワイワイと野次馬連(やじうまれん)(さわ)いで()る、245()かる(ところ)烏帽子(ゑぼうし)246狩衣(かりぎぬ)247(いか)めしく馬上(ばじやう)ゆたかに(すす)()宣伝使(せんでんし)一行(いつかう)ありき。248宣伝使(せんでんし)(うま)()め、249ツカツカと群集(ぐんしふ)()けてこの(いへ)()()み、
250『アヽ、251(まへ)サンは弥次彦(やじひこ)サン与太彦(よたひこ)サンぢやないか』
252『ホー、253貴様(あなた)(しこ)巌窟(いはや)でお()(かか)つた宣伝使(せんでんし)(さま)254エライ(ところ)でお()にかかりました』
255 宣伝使(せんでんし)六人(ろくにん)(こゑ)(そろ)へて()()ちながら、
256(かみ)(おもて)(あら)はれて
257(ぜん)(あく)とを立別(たてわ)ける
258この()(つく)りし神直日(かむなほひ)
259(こころ)(ひろ)大直日(おほなほひ)
260(ただ)何事(なにごと)(ひと)()
261直日(なほひ)見直(みなほ)聞直(ききなほ)
262()(あやま)ちは詔直(のりなほ)せ』
263(うた)(はじ)めたる。264この(こゑ)()れて弥次彦(やじひこ)265与太彦(よたひこ)(はじ)め、266老爺(おやぢ)婆々(ばばあ)もお(たけ)も、267(いま)までの(あらそ)ひをケロリと(わす)れ、268(とも)()()(をど)(くる)ふ。
269音彦(おとひこ)『アヽ世直(よなほ)世直(よなほ)し、270サーサ(みな)さまコーカス(ざん)(まゐ)りませう』
271一同(いちどう)有難(ありがた)う』
272大正一一・三・二一 旧二・二三 谷村真友録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
10/28霊界物語音読第37、38、63巻と、大本神諭、伊都能売神諭をアップしました。
10/26【霊界物語ネット】大本神諭を「年月日順」で並べた時の順序が、一部おかしいものがあったので修正しました。(os176,192,193,191,235 の5つ)