霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

信天翁(あはうどり)

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第14巻 如意宝珠 丑の巻 篇:前付 よみ:
章:第14巻 よみ:あほうどり 通し章番号:
口述日:1922(大正11)年03月23日(旧02月25日) 口述場所: 筆録者:谷村真友 校正日: 校正場所: 初版発行日:1922(大正11)年11月15日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
イカサマ新聞紙が現れて、次のように悪口を言っている。
曲亭馬琴の向こうを張って、止めども無しにだらだらと長い寝言の物語。その内容といえば、大本の幹部の誰彼を標的にして、また現世の有名な人士の名前を借りてきて、神に仕立て上げて大本の現在・過去・未来を描いているのだが。
王仁の妄想を注入し、解からないように粉飾し、聖書や仏典から種を漁りつつ、幹部の他は誰も知らないカラクリだなぞと強弁して、アホダラ長い物語だ。
馬鹿でかい字で原稿を書いて、二万六千七百枚書いた、と自称している云々。
そんな原稿がどこにあるのか。いかに新聞紙の責任を自覚してない記者が書いたといっても、無責任にも程がある。呆れて言葉も出ない次第である。
それだけではない。瑞月の一身上について捏造記事を書いて中傷悪罵の限りを尽くし、快哉を叫んでいるとは、非人道にも程がある。
彼らの心に潜む醜の邪神をいち早く祓い清めて、真心に救わせ給へ。天地の尊き神の前に願い奉る。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm140002
愛善世界社版:前付 7頁 八幡書店版:第3輯 154頁 修補版: 校定版:前付 7頁 普及版:前付 5頁 初版: ページ備考:
001曲亭(きよくてい)馬琴(ばきん)(むかふ)()
002()()()しにダラダラと
003(なが)寝言(ねごと)物語(ものがたり)
004その内容(ないよう)大本(おほもと)
005幹部(かんぶ)誰彼(たれかれ)目標(もくへう)
006(みこと)仮名(かりな)附会(ふくわい)して
007(また)もや現世(げんせ)有名(いうめい)
008人物(じんぶつ)数多(あまた)()()たり
009△△の(かみ)仕立(した)()
010大本教(おほもとけう)過去(くわこ)未来(みらい)
011現在(げんざい)までも(ゑが)()
012王仁(わに)妄想(もうさう)挿入(さうにふ)
013(わか)らぬ(やう)扮色(ふんしよく)
014江原(えはら)小弥太(こやた)(つく)りたる
015新旧約(しんきうやく)大乗経(だいじやうきやう)
016(うま)(たね)をば(あさ)りつつ
017幹部(かんぶ)(ほか)()()らぬ
018カラクリなりと強誣(きやうぶ)なし
019阿呆陀羅(あほだら)(なが)物語(ものがたり)
020なぞとケチをば()けて()
021イカサマ新聞紙(しんぶんし)(あら)はれた
022(かれ)記述(きじゆつ)面白(おもしろ)
023一丁(いつちやう)(ばか)(とほ)くから
024()()くる(やう)大字(だいじ)にて
025()いた原稿(げんかう)二十二巻(にじふにくわん)
026二万六千七百枚(にまんろくせんしちひやくまい)
027自称(じしよう)して()云々(うんぬん)
028()くも馬鹿気(ばかげ)(こと)をいふ
029ソンナ原稿(げんかう)世界中(せかいぢう)
030(さが)しても()らう(はず)()
031馬鹿(ばか)(つく)すも(ほど)がある
032いかに新聞紙(しんぶんし)責任(せきにん)
033()らぬ記者(きしや)だと飯田(いひた)とて
034コリヤ(また)ゑらい脱線(だつせん)
035時候(じこう)(せい)逆上(のぼ)せたか
036無責任(むせきにん)にも(ほど)がある
037(あま)りの(こと)(あき)()
038言葉(ことば)()ない次第(しだい)なり
039それのみならず瑞月(ずゐげつ)
040一身上(いつしんじやう)相関(あひくわん)
041捏造(ねつざう)記事(きじ)満載(まんさい)
042中傷(ちうしやう)悪罵(あくば)のありたけを
043(つく)して快哉(くわいさい)(さけ)ぶとは
044非人道(ひじんだう)にも(ほど)がある
045アヽ惟神(かむながら)々々(かむながら)
046御霊(みたま)(さち)はひましまして
047彼等(かれら)(こころ)(ひそ)みたる
048(しこ)邪神(まがみ)逸早(いちはや)
049祓清(はらひきよ)めて真心(まごころ)
050(すく)はせ(たま)天地(あめつち)
051(たふ)とき(かみ)御前(おんまへ)
052(つつし)(ゐやま)()(まつ)る。
053  大正十一年十月
054王仁識
   
オニド関連サイト最新更新情報
10/28霊界物語音読第37、38、63巻と、大本神諭、伊都能売神諭をアップしました。
10/26【霊界物語ネット】大本神諭を「年月日順」で並べた時の順序が、一部おかしいものがあったので修正しました。(os176,192,193,191,235 の5つ)