霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一〇章 牡丹餅(ぼたもち)〔五六〇〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第14巻 如意宝珠 丑の巻 篇:第3篇 高加索詣 よみ:こーかすまいり
章:第10章 第14巻 よみ:ぼたもち 通し章番号:560
口述日:1922(大正11)年03月24日(旧02月26日) 口述場所: 筆録者:加藤明子 校正日: 校正場所: 初版発行日:1922(大正11)年11月15日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
弥次彦、勝彦、与太彦、六公の四人は、ようやく谷間を這い上がって小鹿山峠の坂道に着いた。
六公は、途中に松屋という飲食所があるので、そこで休もうと提案する。また、弥次彦の奇妙な宣伝使服の重ね着と自分の衣服を交換する。
一行は店に入ると牡丹餅を注文して食べ始めた。食べ終わると、六公は店の下女のお竹に、お釣りは取っておくようにと鷹揚に代金を支払う。しかしお竹は六公の顔を見て六だとわかると、逃げてしまう。
三人は、どういうことかと六公に尋ねると、六公は店を飛び出して逃げてしまった。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm1410
愛善世界社版:169頁 八幡書店版:第3輯 220頁 修補版: 校定版:175頁 普及版:80頁 初版: ページ備考:
001 弥次彦(やじひこ)002勝彦(かつひこ)003与太彦(よたひこ)004六公(ろくこう)四人(よにん)谷間(たにま)()(あが)り、005(やうや)くにして小鹿山峠(こしかやまたうげ)坂道(さかみち)()いた。
006()『ヤア此処(ここ)芝居(しばゐ)序幕(じよまく)(えん)じたところだ。007随分(ずゐぶん)(かぜ)(かみ)(やつ)008(えら)()()はしよつたものだ』
009(ろく)貴方達(あなたがた)羽織(はおり)三枚(さんまい)()て、010(しか)(うへ)()るものを(した)穿()いたりするものだから、011アンナ()()ふたのですよ』
012()(それ)でも上下(うへした)(そろ)ふて()(をさ)めるぞよと神様(かみさま)仰有(おつしや)るのだ。013(しか)六人(ろくにん)宣伝使(せんでんし)から頂戴(ちやうだい)した結構(けつこう)なお召物(めしもの)()()るのに、014神様(かみさま)(ばち)()てると()(はず)もあるまい』
015(ろく)『それでも羽織(はおり)(はかま)穿()くと()(こと)は、016()(かんが)へものですなア』
017()『さうだと()つて、018裸体(らたい)道中(だうちう)もなるまいし、019仕方(しかた)がない(わい)
020(ろく)(この)(たうげ)は、021時々(ときどき)レコード(やぶ)りの(かぜ)()きますから、022随分(ずゐぶん)()をつけて()かずばなりますまい。023この(さか)(くだ)ると(つぎ)十九番目(じふくばんめ)大峠(おほたうげ)です、024その(たうげ)までに二三里(にさんり)展開(てんかい)した曠野(くわうや)があつて、025其処(そこ)には沢山(たくさん)人家(じんか)()(なら)んで()ます。026そこまで()つて一服(いつぷく)しませうか』
027()『さうしませうよ、028(しか)しながらコンナ(ふう)をして、029沢山(たくさん)(ひと)()(ところ)(とほ)るのも(へん)なものだ。030(なん)とか工夫(くふう)はあるまいか』
031(ろく)『ヤア(わたくし)はお(とも)032貴方(あなた)宣伝使(せんでんし)(さま)だ、033()うでせう、034(わたくし)着物(きもの)()()へつこをして村落(そんらく)(とほ)(こと)にしましたら』
035()『さう(ねが)へれば結構(けつこう)だ。036アヽ六公(ろくこう)037(はや)裸体(らたい)となつたのかい、038(なん)()(はや)(をとこ)だなア』
039(ろく)(つる)一声(ひとこゑ)言行(げんかう)一度(いちど)一致(いつち)()ふやり(かた)です、040愚図々々(ぐづぐづ)して()(みづ)()されると(つま)りませぬからなア、041アハヽヽヽ』
042 (ここ)弥次彦(やじひこ)六公(ろくこう)衣服(いふく)着換(きか)へ、043六公(ろくこう)羽織(はおり)三枚(さんまい)(はかま)(なみ)前後(まへうしろ)()ながら、044(つる)(おび)(かた)瓢箪(へうたん)のやうに(こし)(くく)り、
045(ろく)『サアこれで千両(せんりやう)役者(やくしや)早替(はやが)はりだ、046しかし役者(やくしや)だと()ふても、047もう芝居(しばゐ)はやめですよ、048サア()きませうかい』
049と、050ドンドンと(くだ)(ざか)(はし)つて()く。051(やうや)くにして(ふもと)村落(そんらく)()いた。
052(かつ)大分(だいぶ)(はら)(むし)空虚(くうきよ)(うつた)へて()だした、053何処(どこ)此辺(ここら)飲食店(いんしよくてん)でもあれば這入(はい)つて(はら)(こしら)へたいものだなア』
054()055()『サアさうお(あつら)(むき)出来(でき)()れば、056結構(けつこう)だが』
057(ろく)『イヤ、058御心配(ごしんぱい)御無用(ごむよう)059(すこ)(さき)()きますと、060松屋(まつや)()つて、061一寸(ちよつと)した飲食店(いんしよくてん)があります、062其処(そこ)には別嬪(べつぴん)()りますぜ』
063()(それ)豪気(がうき)だ、064ともかく其処迄(そこまで)もう一息(ひといき)だ。065(なん)だか(にはか)元気(げんき)()いた』
066()ひつつ四人(よにん)速度(そくど)(はや)めて駆出(かけだ)した。
067()『ヤア此処(ここ)松屋(まつや)だ。068いよいよ目的(もくてき)地点(ちてん)無事(ぶじ)御到着(ごたうちやく)か、069アハヽヽヽ、070(ひさ)(ぶり)弁才天(べんざいてん)拝観(はいくわん)出来(でき)ると()ふものだ』
071()弁才天(べんざいてん)はどうでも()い、072(はや)御飯(おまんま)()りつきたい(わい)073もう()うなれば色気(いろけ)より食気(くひけ)だ』
074 松屋(まつや)門口(かどぐち)一人(ひとり)下女(げぢよ)()(あら)はれ、
075下女(げぢよ)『モシモシ、076(きやく)サン、077コーカス(まゐ)りですか、078随分(ずゐぶん)(きつ)(さか)でお草臥(くたび)れでせう、079何卒(どうぞ)(ひと)つお(ちや)でも()んで一服(いつぷく)してお(いで)なされませ』
080()()ふにや(およ)ぶ、081吾々(われわれ)一行(いつかう)四人(よにん)松屋(まつや)をさして休息(きうそく)予定(よてい)でお()(あそ)ばしたのだ。082一服(いつぷく)してやらう、083ナンゾ、084小美味(こうまい)ものは()いか』
085下女(げぢよ)(たけ)『ハイハイ、086(なん)でも御座(ござ)います。087(のぞ)次第(しだい)(かね)次第(しだい)です』
088()『チエツ、089(すぐ)(これ)だから(いや)になつて仕舞(しま)ふ、090(かね)(かね)(なん)だ。091矢張(やつぱり)ウラル(けう)空気(くうき)(ただよ)ふてゐるな、092仕方(しかた)()(わい)093(はら)()つては(いくさ)出来(でき)ないから』
094()つて与太彦(よたひこ)(さき)にたち()()む。
095下女(げぢよ)『マア、096マア、097二人(ふたり)のお(かた)098ホヽヽヽヽ、099(めう)(ふう)をなさいまして』
100()(めう)(ふう)でも(なん)でもお(まへ)()れて()れと()いやしないし、101着物(きもの)()して()れとも()やしないから、102いらぬ(くち)(たた)くな、103(はや)小美味(こうまい)ものを()さぬかい』
104 (おく)(はう)から中年増(ちうどしま)()アサンが、105ヒヨコヒヨコとやつて()て、
106(ばば)『アヽこれはこれはお客様(きやくさま)107よう一服(いつぷく)して(くだ)さいました。108(なん)なと御註文(ごちゆうもん)次第(しだい)109仰有(おつしや)つて(くだ)さいませ』
110(ろく)牡丹餅(ぼたもち)()いかなア』
111(ばば)『ヘエヘエ、112御座(ござ)います、113彼岸(ひがん)牡丹餅(ぼたもち)(いま)(こしら)へた(ところ)114ヌクヌクのホコホコの、115()から()るやうなのが、116沢山(たくさん)(にぎ)つてあります』
117()(はじめ)(にぎ)つた(やつ)真黒(まつくろ)けと(ちが)ふかね』
118(ばば)滅相(めつさう)な、119(きよ)めた(うへ)にも(きよ)めた、120清潔(きれい)牡丹餅(ぼたもち)です。121牡丹餅(ぼたもち)(きら)ひなお(かた)此処(ここ)(にぎ)(まま)がございます。122貴方達(あなたがた)遠方(ゑんぱう)(かた)()えますが、123随分(ずゐぶん)(あし)達者(たつしや)なお(かた)らしい、124(まる)牡丹餅(ぼたもち)のやうな健脚家(けんきやくか)だ。125毎日(まいにち)コーカス(まゐ)りの道者(だうしや)(とほ)られますが、126牡丹餅(ぼたもち)のお(きやく)(すくな)い、127握飯(にぎりめし)随分(ずゐぶん)(おほ)いやうですワ。128オホヽヽヽ』
129()()アサン、130牡丹餅(ぼたもち)のお(きやく)だとか、131握飯(にぎりめし)のお(きやく)だとか、132それや一体(いつたい)(なん)(こと)だい。133(おれ)(かほ)牡丹餅(ぼたもち)のやうな不恰好(ぶかつかう)だと()ふて嘲弄(てうろう)するのだな』
134(ばば)『オホヽヽヽ、135(それ)(たとへ)御座(ござ)います。136握飯(にぎりめし)(まる)い、137牡丹餅(ぼたもち)一寸(ちよつと)(かど)()つて()る。138或時(あるとき)握飯(にぎりめし)牡丹餅(ぼたもち)とがマラソン競争(きやうさう)をやりました。139さうしたところが、140(まる)(はう)握飯(にぎりめし)()たねばならぬ(はず)だのに、141中途(ちうと)平太張(へたば)つて仕舞(しま)つて、142牡丹餅(ぼたもち)はとうとう決勝点(けつしようてん)まで安着(あんちやく)されて名誉(めいよ)優勝旗(いうしようき)()(はい)りました。143そこで饅頭(まんじう)がやつて()て、144牡丹餅(ぼたもち)よ、145(まへ)一寸(ちよつと)()てもぼたぼたして(あし)(おそ)いと(おも)つたに、146勝利(しようり)()たのは()うした(わけ)かと(たづ)ねよりたら、147牡丹餅(ぼたもち)()ふには、148(わたくし)あづきつけとるから道中(だうちう)安心(あんしん)だと、149オホヽヽヽ』
150()『ナアーンダイ、151この(はら)()いとるのに(おと)(ばなし)をしよつて、152気楽(きらく)()アサンだなア』
153(ばば)『コンナ(はな)しでもして、154(きやく)サンを(たら)かし(ひま)()れて(はら)()かし、155その(あひだ)牡丹餅(ぼたもち)()いて(しん)ぜると()此方(こなた)(かんが)へ、156もう一寸(ちよつと)()つて(くだ)さい、157(いま)(めし)()いて()ります、158(すぐ)小豆(あづき)(ころも)()せて、159どつさり()つて(もら)ひます』
160()『ヤアヤア牡丹餅(ぼたもち)()けば、161(にはか)咽喉(のど)(むし)がグウグウと催促(さいそく)をし()した。162(なん)でもよいから手早(てばや)くやつて(くだ)さい』
163()『オイ与太公(よたこう)164此処(ここ)には素敵(すてき)別嬪(べつぴん)(むすめ)があるぢやないか、165貴様(きさま)()うだ。166思召(おぼしめし)()いか』
167()『どうだ、168女子(ぢよし)国有(こくいう)にして()(くに)さへもあるのだから、169吾々(われわれ)四人(よにん)(なん)とかして四国(しこく)協調(けふてう)結果(けつくわ)彼奴(あいつ)国有(こくいう)にしたらどうだ。170毎晩(まいばん)交代(かうたい)にあの尤物(いうぶつ)をエンプレスして(たのし)まうぢやないか』
171(かつ)『ソンナ エンプレスと()ふやうな(こと)をやると此処(ここ)人気娘(にんきむすめ)を、172(この)(むら)(ほこ)りとして()るのだから、173貴様(きさま)村民(そんみん)怨府(えんぷ)となるかも()れないぞ。174とは()ふものの(たて)から()ても(よこ)から()ても、175三十三相(さんじふさんさう)具備(ぐび)したあななし(ひめ)だ。176(をとこ)(うま)れた甲斐(かひ)には()めて一遍(いつぺん)(くらゐ)はエンプレスをやつて()たいやうな()もせぬでは()いが、177(なに)()ふても(いか)めしい三五教(あななひけう)宣伝使(せんでんし)だから、178どうする(こと)出来(でき)やしない、179(たから)(やま)(はい)つて裸体(らたい)(かへ)るやうな心持(こころもち)がする(わい)
180(ばば)『サアサア(みな)サン、181牡丹餅(ぼたもち)出来(でき)た、182(あが)りなさいませ』
183()『これはこれは有難(ありがた)御座(ござ)います、184マア(ゆつ)くりと頂戴(ちやうだい)(いた)しませう』
185(ばば)『サア(わたくし)がついで()げませう』
186()『ヘイ、187ヘイ、188ヘイ、189アヽ、190それは結構(けつこう)ですが、191(おな)(こと)ならあのそれ、192(うめ)サンによそつて(もら)へば一入(ひとしほ)193美味(おいし)いやうな()(いた)します(わい)
194(ばば)『ホヽヽヽヽ、195貴方(あなた)もよほど苦労人(くらうにん)()える(わい)196渋皮(しぶかは)のやうなお()で、197牡丹餅(ぼたもち)()つて()げても、198()()しますまい、199(わたくし)()るのがお()()らねば、200もう牡丹餅(ぼたもち)()べて(もら)(こと)真平(まつぴら)御免(ごめん)(かうむ)ります』
201()『マア、202マア、203マア()つて(くだ)さい、204これは冗談(じやうだん)ですよ、205さう()()けて(もら)つては(こま)ります』
206(ばば)冗談(じやうだん)から(ひま)()る。207瓢箪(へうたん)から(こま)()る。208青瓢箪(あをべうたん)黒焦(くろこげ)のやうな(かほ)をして年寄(としより)()()らないの、209スツポンのと、210それやお(まへ)(なに)()ふのだ。211さう老人(としより)見下(みさ)げたものぢやない、212人間(にんげん)(とし)をとつて(こけ)がついて()(ほど)(ねうち)出来(でき)るのだよ』
213(かつ)左様(さやう)左様(さやう)214御尤(ごもつと)もだ』
215(ばば)『ソンナら勝手(かつて)()つて()ひなさい』
216()アサンはむつとした(かほ)をして(おく)()る。217四人(よにん)熊手(くまで)のやうな()()して、218餓虎(がこ)のやうに、219グイグイと()()み、
220四人(よにん)『ヨー美味(うま)い、221コンナ美味(おいし)牡丹餅(ぼたもち)は、222(へそ)()()つてから()つた(こと)がないワイ。223コンナ(やつ)なら、224一遍(いつぺん)(はら)(はぢ)けても(かま)はぬ、225(ひやく)でも二百(にひやく)でも咽喉(のど)(むし)御苦労(ごくらう)御苦労(ごくらう)()ふて(すべ)()んで仕舞(しま)ふやうだ』
226堆高(うづたか)()んであつた沢山(たくさん)牡丹餅(ぼたもち)一息(ひといき)(たひら)げてしまつた。
227下女(げぢよ)のお(たけ)『お(きやく)サン、228よういけましたなア、229(こめ)相場(さうば)(くる)ひますぜ、230(かは)りはどうです』
231()餅屋(もちや)喧嘩(けんくわ)で、232餅論(もちろん)だ。233(はや)()したり()したり』
234(たけ)『マアマアお(きやく)サン、235貴方達(あなたがた)(かんぬき)(むか)ふに()る、236(つの)()えたお(かた)のやうな(かた)ですなア、237モウ モウ モウ(あき)れましたよ』
238()()うでもよい、239(はや)()して(もら)はうかい、240(はら)(むし)得心(とくしん)したやうだが、241()(した)()とが羨望(せんばう)(ねん)()られて()るやうだ。242(おな)(ひと)つの(からだ)だ、243(はら)ばかり可愛(かあい)がつて、244()(した)とを埒外(らちぐわい)()()すと()ふのも、245吾々(われわれ)宣伝使(せんでんし)として(なさけ)(わきま)へぬと()ふものだ。246アハヽヽヽ』
247(たけ)『サアサア、248(かは)りが出来(でき)ました。249(ゆつ)くりお(あが)りなさいませ』
250 四人(よにん)(また)もや一斉(いつせい)二膳片箸(にぜんかたはし)同盟軍(どうめいぐん)(つく)つて、251複縦陣(ふくじうぢん)(そな)へを()り、252爆弾(ばくだん)のやうな牡丹餅(ぼたもち)(また)もやパクつき(はじ)めた。
253()『オイお(たけ)サン、254馬鹿(ばか)にするない、255見本(みほん)美味(うま)(やつ)()しよつて、256これは大変(たいへん)(あぢ)(わる)いぢやないか、257一番(いちばん)(さき)()したやうな(やつ)()して()れないかい、258上皮(うはかは)(はう)には(うま)(やつ)(なら)べよつて、259(した)になる(ほど)不味(まづ)牡丹餅(ぼたもち)(なら)べといたつて、260(おれ)(した)がよく御存(ごぞん)じだぞ』
261(たけ)『それや(なに)()ふのぢや、262美味(うま)いも不味(まづい)もあつたものか、263(みな)(おな)(あぢ)(つく)つてあるのですよ、264(まへ)サン(はら)()つた(とき)()つたから美味(うま)かつたのだ。265(はら)(ふく)れてから(なに)()つたからつて美味(うま)(こと)はありやしない。266ソンナ小言(こごと)()ふのなら、267()ふだけの権利(けんり)がない、268食物(しよくもつ)(あぢ)(たい)しては()(どく)ながら神経(しんけい)麻痺(まひ)だ。269サアサア()加減(かげん)()つたらお(あし)をお(はら)ひなさい』
270(ろく)懐中(くわいちう)より)『それ、271剰金(つり)()らないぞ、272(あと)はお(まへ)小遣(こづか)ひだ』
273(たけ)(おほ)きに有難(ありがた)御座(ござ)いました』
274(かほ)見上(みあ)ぐる途端(とたん)に、
275『ヤアお(まへ)(ろく)サンだつたかい』
276(ころ)げるやうにして裏口(うらぐち)をさして姿(すがた)(かく)して仕舞(しま)つた。
277()『オイ(ろく)278貴様(きさま)(つみ)(ふか)(やつ)だ。279(なに)(これ)には秘密(ひみつ)(こも)つて()るだらう、280それだから松屋(まつや)()らう()らうと()ひよつたのだなア、281()でも蒟蒻(こんにやく)でも()かぬ(やつ)だ。282目出度(めでた)(ところ)()せつけよつて、283(あま)馬鹿(ばか)にするない』
284『ヤア、285(なん)でもよい、286退却(たいきやく)々々(たいきやく)
287羽織(はおり)(はかま)をバサバサと穿(うが)ちながら、288一散(いつさん)()()した。289三人(さんにん)()むを()ず、
290『オイ六公(ろくこう)()つた』
291 六公(ろくこう)(あと)()()(なが)ら、
292『マツたも松屋(まつや)もあつたものかい、293マア、294一所(いつしよ)()てこないかい』
295(いき)せき()つて(はし)()す。296三人(さんにん)は、
297『あゝ合点(がてん)()かぬ突発(とつぱつ)事件(じけん)だ。298仕方(しかた)がない、299ソンナラそろそろ()かうかい』
300(また)もや牡丹餅腹(ぼたもちばら)(ゆす)りながら、301六公(ろくこう)(あと)追跡(つゐせき)する。
302大正一一・三・二四 旧二・二六 加藤明子録)
303(昭和一〇・三・一五 於高雄港口官舎 王仁校正)
   
オニド関連サイト最新更新情報
10/28霊界物語音読第37、38、63巻と、大本神諭、伊都能売神諭をアップしました。
10/26【霊界物語ネット】大本神諭を「年月日順」で並べた時の順序が、一部おかしいものがあったので修正しました。(os176,192,193,191,235 の5つ)