霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

総説歌(そうせつか)

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第15巻 如意宝珠 寅の巻 篇:前付 よみ:
章:第15巻 よみ:そうせつか 通し章番号:
口述日: 口述場所: 筆録者:松村真澄 校正日: 校正場所: 初版発行日:1922(大正11)年12月5日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
大正壬戌の如月の終わりもつつがなく、輝き渡る言霊の清き神代の物語。
古きを温め、新しく世人に知らす神の道。清き神代を来たさんと、教えの御子に励まされて、口の出も滑らかに月日のお示しをめぐらす。
輝き渡る三五の月の瑞月が、雲を押し分けて地に降り、泉湧き出る奇魂から英語を引き抜き来たり、すらすらと語る物語。
新旧用語をかき集めた言霊は、妙音菩薩の神力と、並んで尊い観自在三十三相また思想の泉の尽きない言霊別神。
霊幸いましまして、厳の御魂のいつまでも、湧き出て尽きぬ瑞御魂、興味は深く感化を布いて行く。
イグノランスの瑞月が、アートに疎き身をもって、文士気取りのアーティストとして、ベストを尽くし身を尽くし、自性の教え・加持の教、尽きぬ巻の糸口を求めてここに記す。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm150003
愛善世界社版:3頁 八幡書店版:第3輯 281頁 修補版: 校定版:3頁 普及版:1頁 初版: ページ備考:
001(ひろ)(ただ)しき(みづのゑ)
002(いぬ)(とし)こそ如月(きさらぎ)
003(つき)(をは)りも(つつが)()
004(かがや)(わた)言霊(ことたま)
005(きよ)神代(かみよ)物語(ものがたり)
006(こころ)(いさ)(いそ)(かみ)
007(ふる)きを(たづ)(あたら)しく
008世人(よびと)()らす(かみ)(みち)
009四方(よも)(さか)えを五六七(みろく)()
010(きよ)神代(かみよ)(きた)さむと
011(をし)への御子(みこ)(はげ)まされ
012(はし)出口(でぐち)(なめ)らかに
013(めぐ)月日(つきひ)御示(おんしめ)
014(きよ)()(くう)()()きて
015(あや)言糸(こといと)あつさりと
016繰返(くりかへ)したる小田巻(をだまき)
017(かず)三五(さんご)大御空(おほみそら)
018(かがや)(わた)瑞月(ずゐげつ)
019(くも)()()けて()(くだ)
020(いづみ)()()奇魂(くしみたま)
021()()(きた)りスラスラと
022英語(えいご)(まじ)りの物語(ものがたり)
023新旧(しんきう)用語(ようご)(たま)(ちり)
024かきて(あつ)むる言霊(ことたま)
025妙音(めうおん)菩薩(ぼさつ)神力(しんりき)
026(なら)びて(たふと)観自在(くわんじざい)
027三十三相(さんじふさんさう)また四相(しさう)
028思想(しさう)(いづみ)滾々(こんこん)
029()きぬ言霊別(ことたまわけ)(かみ)
030(みたま)(さちは)ひましまして
031(いづ)御魂(みたま)のいつ(まで)
032()()()きぬ(みづ)御魂(みたま)
033()めども()きず色艶(いろつや)
034(あぢ)もかはらず常永(とことは)
035インテレストは弥深(いやふか)
036インフルエンスを()きて()
037イグノランスの瑞月(ずゐげつ)
038アートに(うと)()(もつ)
039文士(ぶんし)気取(きど)りのアーテイスト
040ベストを(つく)()をつくし
041自性(じしやう)(をしへ)加持(かぢ)(のり)
042寝物語(ねものがたり)十五夜(じふごや)
043つきせぬ(まき)緒論(いとぐち)
044(もと)めて(ここ)(しる)しおく。