霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一四章 (くし)岩窟(がんくつ)〔五八一〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第15巻 如意宝珠 寅の巻 篇:第3篇 神山霊水 よみ:しんざんれいすい
章:第14章 第15巻 よみ:くしのがんくつ 通し章番号:581
口述日: 口述場所: 筆録者:北村隆光 校正日: 校正場所: 初版発行日:1922(大正11)年12月5日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
実は娘は木花姫命の化身であり、高国別の心を固めようとして問答を仕掛けたり、引っ掛け戻しをしたりしていたのであった。
木花姫命は、岩窟を探検して魔神に悩まされる多数の生霊を救うように、と高国別に命じて姿を消した。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm1514
愛善世界社版:174頁 八幡書店版:第3輯 344頁 修補版: 校定版:174頁 普及版:79頁 初版: ページ備考:
001 高国別(たかくにわけ)はドサリと陥穽(おとしあな)()()んだ。002以前(いぜん)(をんな)003(また)もや追掛(おひかけ)(きた)り、
004『ホヽヽヽヽ』
005(わら)(なが)ら、006何時(いつ)()にか金線(きんせん)()()ろし、007高国別(たかくにわけ)(あご)()つかけ、008振釣瓶(ふりつるべ)手繰(たぐ)(やう)にプリンプリンと()()げる。009高国別(たかくにわけ)(のど)()()げられ、010(また)もや(もと)(あな)(くち)(あが)つて()た。
011『ホヽヽヽヽ、012あのマア(あを)いお(かほ)
013高国別(たかくにわけ)『エー、014(また)しても(また)しても、015()悪戯(いたづら)をする(をんな)だなア。016繊弱(かよわ)(をんな)分際(ぶんざい)として荒男(あらをとこ)(あご)(つな)()け、017()(あげ)るとは不届千万(ふとどきせんばん)な、018飽迄(あくまで)図々(づうづう)しい(やつ)だ。019()()りとは(ちから)(つよ)(をんな)だなア』
020『オホヽヽヽ、021何処(どこ)までも執着心(しふちやくしん)(つな)(はな)れませぬよ。022(この)(もの)見込(みこ)みを()けて(かみ)(つな)()けたら(はな)さぬぞよ、023引掛(ひつかけ)(もど)しの(この)仕組(しぐみ)024()いた(くち)(すぼ)まるまいがな』
025(ひと)腮太(あごた)(かた)(かた)金線(きんせん)引掛(ひきか)けよつて()いた(くち)(すぼ)んで仕舞(しま)つた(わい)026コウ(これ)()よコンナ(かた)がつきよつた』
027(のど)(かた)はついたが(わたし)かたは、028如何(どう)してつけて(くだ)さる』
029『エー、030五月蝿(うるさ)(やつ)だ、031かたをつけるも、032つけぬも()つたものかい。033貴様(きさま)(おれ)とは夫婦(ふうふ)でも()ければ味方(みかた)でも()い、034(また)不倶戴天(ふぐたいてん)(かたき)でも()いのだ。035あまりチヨツカイを()すと将来(しやうらい)()めにならぬぞ』
036貴方(あなた)037ちつと見方(みかた)(ちが)ひは(いた)しませぬか、038(かた)(まこと)(こころ)(もつ)飽迄(あくまで)(かみ)(みち)(すす)まねばなりますまい。039軽挙妄動(けいきよもうどう)(つつし)慎重(しんちよう)態度(たいど)(もつ)(かみ)(みち)(つか)ふるが貴方(あなた)のお(やく)
040『エー味方(みかた)(ちが)ふの、041(かたき)(ちが)ふのと、042あた八釜(やかま)しい(わい)043一体(いつたい)貴様(きさま)何者(なにもの)だ、044如何(どう)()()ちぬ代物(しろもの)だなア』
045(わらは)()()ちぬ代物(しろもの)()りませぬが、046貴方(あなた)(あな)()ちる代物(しろもの)だ。047ホヽヽヽ、048一寸(ちよつと)()てて御覧(ごらん)049(わらは)正体(しやうたい)(わか)らぬ(やう)(こと)で、050如何(どう)して(この)地底(ちてい)岩窟(がんくつ)探険(たんけん)出来(でき)ませうか。051第一着手(だいいちちやくしゆ)として(わらは)素性(すじやう)()審神(さには)して(くだ)さい』
052(あゝ)053邪魔臭(じやまくさ)いな、054(まへ)(はう)から「(わらは)何々(なになに)何々(なになに)じや」と自白(じはく)せぬかい。055さうしたら(この)(はう)(せい)(じや)か、056(しん)()かと()(こと)審神(さには)して()るのだ』
057『ホヽヽヽヽ、058デモ審神者(さには)の、059(さぐ)審神者(さには)の、060ヘボ審神者(さには)サン、061(わらは)のネームを()かねば審神(さには)出来(でき)ませぬか、062貴方(あなた)には神様(かみさま)御守護(ごしゆご)(ゼロ)ですな』
063(なん)だ、064審神者(さには)には審神者(さには)としての権能(けんのう)があるのだ、065(ひと)(もの)(たづ)ねるのに何故(なぜ)自分(じぶん)のネームを名告(なの)らないのか、066(わらは)(なに)()てて御覧(ごらん)」ナンテ、067まるで十字街(じふじがい)(たつ)てる旅人(たびびと)が「(わし)何方(どちら)()くか()つてますか」と(たづ)ねる(やう)なものだ。068ソンナ理窟(りくつ)何処(どこ)にあるかい、069(はや)名告(なの)らないか』
070『ホヽヽヽヽ、071(まへ)サンは丁度(ちやうど)(わたし)()(ところ)何処(どこ)御座(ござ)います」と、072(ひと)(たづ)ねる(やう)審神者(さには)だ。073ソンナ審神者(さには)如何(どう)して地底(ちてい)岩窟(がんくつ)探険(たんけん)出来(でき)ませうぞ。074(わらは)素性(すじやう)がはつきり(わか)(まで)075千遍(せんべん)でも万遍(まんべん)でも(つな)()けて引掛(ひつかけ)(もど)しをしますから覚悟(かくご)をなさいませ、076ホヽヽヽ』
077『アーア「進退(しんたい)()(きは)まる」とは(ここ)(こと)だ、078黐桶(とりもちをけ)(あし)をつツ()んだ(やう)(もの)だ、079(こま)つたな。080オイオイ(をんな)081()加減(かげん)洒落(しやれ)()いたら如何(どう)だ、082神界(しんかい)御経綸(ごけいりん)妨害(ばうがい)(いた)すと()めにならぬぞ。083如何(どう)だ、084神界(しんかい)(なんぢ)(つみ)奏上(そうじやう)(いた)さうか』
085(なん)()つても(はな)しはせぬ、086いや一寸(ちよつと)(うご)かしはせぬ、087(うご)くなら(うご)いて御覧(ごら)うじ、088ホヽヽヽヽ』
089『アーア、090仕方(しかた)()いなア、091いやもう(いづ)れの(かみ)()りませぬが、092トコトン往生(わうじやう)(いた)しました。093何卒(どうぞ)今迄(いままで)御無礼(ごぶれい)094気障(きざはり)千万(せんばん)御座(ござ)いませうとも、095(ひろ)(あつ)大御心(おほみこころ)見直(みなほ)聞直(ききなほ)(くだ)さいまして御勘弁(ごかんべん)(ねが)ひます。096(はな)高国別(たかくにわけ)()うなつちや(だい)なしだ、097(この)(はな)薩張(さつぱ)常世城(とこよじやう)鷹取別(たかとりわけ)ぢやないがベシヤベシヤだ』
098『ホヽヽヽヽ、099此鼻々々(このはなこのはな)100不細工屋姫(ぶさいくやひめ)低国別(ひくくにわけ)サン、101合点(がてん)がゆきましたか』
102『オヽヽ、103いつたいつた、104いやもう、105ずんと合点(がてん)がいつた(わい)
106『ソンナラ()てて御覧(ごらん)
107『マアマア()(ぱり)(をんな)ぢや。108怪体(けつたい)(わけ)(わか)らぬ女神(めがみ)だな』
109(わたし)のネームは(なん)(まを)しますか』
110『サア(なん)(まを)して()いやら、111一向(いつかう)合点(がてん)がゆかぬ、112大方(おほかた)(まへ)サンはジユピターの(かみ)であらう』
113 (をんな)(くび)左右(さいう)()り、
114(ちが)(ちが)う』
115『ソンナラ、116ジユピターの(かみ)のシスターだらう』
117(ちが)(ちが)う』
118『アポロの女神(めがみ)か、119アテーナの女神(めがみ)か、120あてなア、121合点(がてん)()かぬ(こと)だ』
122『お(まへ)()(ぽど)アポーロ(阿呆(あほう))の男神(をがみ)だよ、123オホヽヽヽ』
124『アヽ()うなると天下(てんか)審神者(さには)(なみ)大抵(たいてい)では()(わい)
125『さうさ、126(にはか)信心(しんじん)(にはか)審神者(さには)では(この)女神(めがみ)正体(しやうたい)(わか)りますまい』
127(はな)をチヨンと(おさ)へて()せた。128高国別(たかくにわけ)(たちま)大地(だいち)平伏(へいふく)し、
129(これ)(これ)御無礼(ごぶれい)(いた)しました。130いやもう梅花(ばいくわ)春陽(しゆんやう)()うて一度(いちど)にパツと(ひら)(ごと)爛漫(らんまん)たる桜花(おうくわ)(ごと)(こころ)(やみ)(ひら)けました。131貴神(あなた)天教山(てんけうざん)()します木花姫(このはなひめ)(みこと)(さま)
132両手(りやうて)(あは)せて拝跪(はいき)する。133(たちま)空中(くうちう)微妙(びめう)音楽(おんがく)(きこ)え、134馥郁(ふくいく)たる梅花(ばいくわ)(にほひ)135(はな)(せま)るよと()()如何(いかが)はしけむ、136女神(めがみ)姿(すがた)(けぶり)()えて、137野路(のぢ)()(わた)(かぜ)(ゆき)さへ(まじ)つてちらつき(はじ)めた。
138 (この)(とき)捩鉢巻(ねじはちまき)139(たすき)十文字(じふもんじ)(あや)どり、140(いき)せききつて(この)()(あら)はれた一人(ひとり)(をとこ)141大地(だいち)にピタリと(かしら)()げ、
142『もうしもうし、143高国別(たかくにわけ)神様(かみさま)144カナンの(うち)御逗留(ごとうりう)(あそ)ばす立派(りつぱ)なお(かた)から、145大事変(だいじへん)突発(とつぱつ)したから貴神様(あなたさま)()んで()いと(あふ)せられました。146サア一時(いちじ)(はや)(わたし)(あと)についてお(かへ)(くだ)さいませ。147タヽヽ大変(たいへん)(こと)出来(でき)ました』
148『ナニ、149須佐之男之尊(すさのをのみこと)(さま)(それがし)(かへ)れと仰有(おつしや)つたか、150はて、151合点(がてん)()かぬ(こと)だワイ』
152双手(もろて)()んで小丘(こをか)(うへ)端坐(たんざ)した(まま)(かんが)()んで()る。153地底(ちてい)よりは何者(なにもの)(こゑ)とも()らぬ、
154『ヤアヤア、155高国別(たかくにわけ)156(なに)愚図々々(ぐづぐづ)(いた)して()る、157(はや)地底(ちてい)岩窟(がんくつ)這入(はい)つて()ないか、158岩窟内(がんくつない)には大惨事(だいさんじ)突発(とつぱつ)(いた)して()るぞ。159(ひと)(すく)ふは宣伝使(せんでんし)(やく)だ、160数十人(すうじふにん)生霊(いきりやう)をみすみす見殺(みごろ)しに(いた)すか』
161呶鳴(どな)(ごゑ)(きこ)えて()た。
162 (をとこ)は、
163『もしもし高国別(たかくにわけ)サン、164大神(おほかみ)御命令(ごめいれい)御座(ござ)います、165サアサア(はや)御越(おこ)(くだ)さいませ。166神様(かみさま)御命令(ごめいれい)には一時(いちじ)(はや)立帰(たちかへ)れ、167愚図々々(ぐづぐづ)(いた)さば主従(しゆじゆう)(えん)をきるとの(きび)しき御仰(おんあふ)せ、168サア(はや)くお()(くだ)さい』
169 地底(ちてい)岩窟(がんくつ)より、
170『ヤア高国別(たかくにわけ)171(なんぢ)数十人(すうじふにん)生霊(せいれい)見殺(みごろ)しに(いた)所存(しよぞん)か、172宣伝使(せんでんし)天職(てんしよく)(なん)心得(こころえ)()る。173九死一生(きうしいつしやう)場合(ばあひ)だ、174一刻(いつこく)(はや)岩窟(がんくつ)侵入(しんにふ)して人命(じんめい)(すく)へ』
175『もしもし何卒(どうぞ)(はや)くお(かへ)(くだ)さい、176大神様(おほかみさま)一大事(いちだいじ)
177大神様(おほかみさま)一大事(いちだいじ)とは如何(いか)なる(こと)突発(とつぱつ)いたしたか、178詳細(まつぶさ)物語(ものがた)れよ』
179 (をとこ)は、
180大神様(おほかみさま)には数百人(すうひやくにん)のウラナイ(けう)魔神(まがみ)十重(とへ)二十重(はたへ)取囲(とりかこ)まれ、181衆寡(しうくわ)(てき)せず御身辺(ごしんぺん)刻々(こくこく)危機(きき)(ひん)(たま)ふ。182(はや)(はや)くお(かへ)(あそ)ばせ、183(とき)(おく)れては一大事(いちだいじ)184(かなら)(かなら)躊躇(ちうちよ)逡巡(しゆんじゆん)して呑臍(どんぜい)(くい)(のこ)(たま)ふな』
185 地底(ちてい)岩窟(がんくつ)より、
186『ヤアヤア高国別(たかくにわけ)187数十人(すうじふにん)生霊(いきりやう)見殺(みごろ)しに(いた)所存(しよぞん)か、188()(きた)りて可憐(かれん)なる彼等(かれら)生命(いのち)(すく)へ』
189両方(りやうはう)より絞木(しめぎ)にかかつた高国別(たかくにわけ)はホツと一息(ひといき)190()やせん()くや詮術(せんすべ)もなくなく(なみだ)()れて()る。191(ちう)(じん)との板挟(いたばさ)みになつた高国別(たかくにわけ)(ちう)ならむとすれば(じん)ならず、192(じん)ならむとすれば(ちう)ならず、193(こころ)(ちう)(をか)(うへ)194双手(もろて)()んで(ふか)思案(しあん)(しづ)()る。195地底(ちてい)岩窟(がんくつ)よりは阿鼻叫喚(あびけうくわん)(こゑ)196益々(ますます)(はげ)しく()にとる(ごと)耳朶(じだ)をうつた。
197『アヽ如何(いか)にせむ、198彼方(あちら)たてれば此方(こちら)がたたぬ、199此方(こちら)たてれば彼方(あちら)がたたぬ、200両方(りやうはう)たつれば()がたたぬ』
201両刃(もろは)(けん)()るより(はや)両肌(もろはだ)()いで、202(ひだり)脇腹(わきばら)にグツと()()てむとする(をり)しもあれ、203忽然(こつぜん)として(この)()(あら)はれたる以前(いぜん)女神(めがみ)204(たちま)高国別(たかくにわけ)右手(みぎて)をグツト(おさ)へて(うご)かさず。205高国別(たかくにわけ)()藻掻(もが)()()(はな)ち、206(また)もや両刃(もろは)(つるぎ)(わが)脇腹(わきばら)()()てむとする(をり)しも、207以前(いぜん)女神(めがみ)飛鳥(ひてう)(ごと)()びかかり、208両刃(もろは)(つるぎ)手早(てばや)くもぎ()(こゑ)(おごそ)かに、
209(なんぢ)(ちう)(じん)との分水嶺(ぶんすゐれい)()(その)去就(きよしう)(まよ)ひ、210(いま)(みづか)()(ころ)さむとせしは不覚(ふかく)(いた)りなり、211()()(こころ)落付(おちつ)けよ。212神須佐之男(かむすさのを)大神(おほかみ)御安泰(ごあんたい)()しますぞ、213(なんぢ)真心(まごころ)(ため)さむ()め、214木花姫之命(このはなひめのみこと)()(へん)じて(むか)への(をとこ)となり、215所存(しよぞん)(ほぞ)(かた)めしめむとなしたる神業(かむわざ)なり。216須佐之男尊(すさのをのみこと)神変(しんぺん)不思議(ふしぎ)神力(しんりき)(おは)しませば心慮(しんりよ)(わづら)はすに(およ)ばず、217一時(いちじ)(はや)地底(ちてい)岩窟(がんくつ)()ちて、218魔神(まがみ)(なや)まされつつある数多(あまた)生霊(せいれい)(すく)へ』
219言葉(ことば)(をは)ると(とも)女神(めがみ)姿(すがた)(をとこ)(かげ)(けぶり)(ごと)()()せた。220高国別(たかくにわけ)地底(ちてい)岩窟(がんくつ)目蒐(めが)けて()(をど)らしヒラリと()()んだ。221岩窟(がんくつ)意外(いぐわい)(ひろ)幾十丁(いくじつちやう)ともなく前方(ぜんぱう)開展(かいてん)して()る。222高国別(たかくにわけ)(あし)(はや)神歌(しんか)(うた)(なが)(さき)(さき)へと(すす)んで()く。
223大正一一・四・三 旧三・七 北村隆光録)