霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


【新着情報】霊界物語読者アンケート集計結果発表!(7/20)こちらのページです。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第二一章 帰顕(きけん)〔五八八〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第15巻 如意宝珠 寅の巻 篇:第4篇 神行霊歩 よみ:しんこうれいほ
章:第21章 第15巻 よみ:きけん 通し章番号:588
口述日: 口述場所: 筆録者:外山豊二 校正日: 校正場所: 初版発行日:1922(大正11)年12月5日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
一行は、金砂、銀砂、真珠を敷き詰めた清庭を進んで行くと、黄錦の制服を着た神人が迎え出た。それは言依別命であった。言依別命は一行を宮殿の奥へ招きいれ、国祖・国治立命に面会した。
次に、神素盞嗚命に面会した。神素盞嗚命は、言依別命ら一行四人は、聖地の有様を観覧してから現界に復帰し、使命を果たした後に再び高天原に帰り来るように、と神命を申し渡した。
その後、一行は松彦の案内で聖地の様子を見聞した後、松彦から与えられた四つの金色の翼を着けると、気がつけば河鹿峠の谷底に倒れていた。馬は辺りで草を食んでいる。
一行は高天原の様子を見せてもらったご神恩に感謝し、天津祝詞を奏上すると、馬に乗って山中を進んでいった。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm1521
愛善世界社版:266頁 八幡書店版:第3輯 378頁 修補版: 校定版:264頁 普及版:122頁 初版: ページ備考:
001 松彦(まつひこ)一行(いつかう)金砂(きんさ)002銀砂(ぎんさ)003真珠(しんじゆ)一面(いちめん)()きつめたる清庭(すがには)(すす)(をり)しも、004二三(にさん)従者(じゆうしや)(とも)なひ、005黄錦(わうきん)制服(せいふく)(ちやく)したる顔色(がんしよく)(うる)はしく、006姿(すがた)何処(どこ)となく優美(いうび)高尚(かうしやう)なる神人(しんじん)(あら)はれ(きた)り、007莞爾(くわんじ)として松彦(まつひこ)(むか)ひ、
008松彦(まつひこ)殿(どの)009御苦労(ごくらう)なりしよ。010()()(おく)にて休息(きうそく)あれ。011オー玉彦(たまひこ)012厳彦(いづひこ)013楠彦(くすひこ)殿(どの)よくマア御出(おい)(くだ)さいました』
014 三柱(みはしら)(この)(こゑ)(なん)とも()()温味(あたたかみ)あるにフト(かほ)()ぐれば、015(かは)(ほとり)にて(わか)れたる言依別(ことよりわけ)(みこと)なりける。
016 三人(さんにん)(おどろ)(なが)ら、
017『ヤア貴神(あなた)言依別命(ことよりわけのみこと)(さま)
018()つたきり、019(うれ)(なみだ)をハラハラと(なが)してゐる。020言依別命(ことよりわけのみこと)は、
021御一同(ごいちどう)此方(こちら)御出(おい)でなされ』
022(さき)()ちて(あゆ)み、023(ゆる)やかに(うる)はしき宮殿(きうでん)階段(かいだん)(のぼ)()く。
024 一行(いつかう)(おそ)(おそ)(あと)(つづ)く。025(うる)はしき桧造(ひのきづく)りの宮殿(きうでん)真中央(まんなか)に、026四人(よにん)()ゑられた。027言依別命(ことよりわけのみこと)数多(あまた)(うる)はしき男女(だんぢよ)侍神(じしん)(めい)じ、028玉杯(たまもひ)(さけ)()り、029(めづ)らしき果物(このみ)()へて差出(さしだ)(すす)むる。030一同(いちどう)意外(いぐわい)待遇(たいぐう)狂喜(きやうき)し、031()()(どころ)()らず、032(なん)となく(こころ)いそいそとして落着(おちつ)きかねし風情(ふぜい)なり。
033 寸時(しばらく)休憩(きうけい)(のち)034言依別命(ことよりわけのみこと)三人(さんにん)(ともな)ひ、035()()(かほ)れる(うる)はしき廊下(らうか)(つた)ひて、036(おく)(おく)へと(ともな)()く。037言依別(ことよりわけ)拍手(はくしゆ)(をは)り、038神言(かみごと)奏上(そうじやう)するや(にしき)(とばり)をサツト押開(おしひら)()(きた)白髪(はくはつ)老神(らうしん)039莞爾(くわんじ)として一同(いちどう)(まへ)(あら)はれ(たま)ひ、
040(なんぢ)言依別命(ことよりわけのみこと)以下(いか)三人(さんにん)神司(かむつかさ)041よくも(まゐ)りしよな。042(なんぢ)()高天原(たかあまはら)荘厳(さうごん)胸底(きようてい)(ふか)畳込(たたみこ)み、043聖地(せいち)状況(じやうきやう)十分(じふぶん)視察(しさつ)し、044数日(すうじつ)此処(ここ)滞留(たいりう)して聖地(せいち)空気(くうき)()身魂(みたま)(きよ)め、045(ふたた)現界(げんかい)(あら)はれ、046(なんぢ)(のこ)りの使命(しめい)(はた)し、047(しか)して(のち)(あらた)めて此処(ここ)(かへ)()られよ。048われこそは国祖(こくそ)国治立命(くにはるたちのみこと)なるぞ』
049(げん)として(をか)すべからざる威容(ゐよう)(ゑみ)(たた)へ、050(かる)一礼(いちれい)して奥殿(おくでん)()らせ(たま)うた。
051 言依別(ことよりわけ)以下(いか)三人(さんにん)は、052(うれ)しさに(むね)(せま)り、053(なん)応答(いらへ)なくばかり、054(うれ)(なみだ)(とき)(うつ)るをも()らず俯向(うつむ)きゐる。055(また)もや威厳(ゐげん)(なか)温情(おんじやう)(こも)れる(こゑ)にて、
056(なんぢ)言依別命(ことよりわけのみこと)(ならび)玉彦命(たまひこのみこと)057厳彦命(いづひこのみこと)058楠彦命(くすひこのみこと)059(なんぢ)至誠(しせい)()高天原(たかあまはら)(つう)じたり。060悠々(いういう)聖地(せいち)状況(じやうきやう)観覧(くわんらん)し、061(ふたた)現界(げんかい)復帰(ふくき)して(なんぢ)使命(しめい)(はた)せし(うへ)062(あらた)めて此処(ここ)(かへ)(きた)れ。063われこそは豊国姫神(とよくにひめのかみ)分霊(わけみたま)(いな)伊都能売(いづのめ)身魂(みたま)064神素盞嗚(かむすさのを)なるぞ』
065(こゑ)(すず)しく()らせ(たま)へば、066一同(いちどう)(おも)はず、067ハツと(かしら)(もた)御顔(おかほ)(なが)むれば、068三五(さんご)(つき)御顔色(おんかんばせ)(たと)ふるに(もの)()気高(けだか)さに、069(また)もやハツと(かしら)()ぐる()刹那(せつな)070微妙(びめう)言葉(ことば)につれて徐々(しづしづ)奥殿(おくでん)()らせ(たま)後姿(うしろすがた)(はるか)(はい)(たてまつ)り、071(また)もや恭敬(きようけい)礼拝(れいはい)感謝(かんしや)(なみだ)(むせ)びつつ、072祝詞(のりと)(こゑ)(うれ)(なみだ)湿(しめ)(ばか)りなりき。
073 この(とき)何処(いづこ)よりともなく(あら)はれ(きた)以前(いぜん)天使(てんし)松彦(まつひこ)は、
074松彦(まつひこ)『ヤア皆様(みなさま)075結構(けつこう)でございました。076大神様(おほかみさま)(めい)()つて、077これから神界(しんかい)一部(いちぶ)御案内(ごあんない)いたしませう。078サア御出(おい)でなさいませ』
079御殿(ごてん)(さが)り、080スタスタと(すす)()く。081四人(よにん)松彦(まつひこ)(あと)(つづ)く。082松彦(まつひこ)十重(とへ)高楼(たかどの)四人(よにん)(みちび)き、083四方(よも)風景(ふうけい)(ゆび)さして一々(いちいち)説明(せつめい)(あた)ふる。
084 金銀(きんぎん)(なみ)(たた)へたる(みづうみ)四方(しはう)(かこ)み、085金銀(きんぎん)()()りたる五色(ごしき)(ふね)は、086右往左往(うわうさわう)往来(わうらい)しつつありき。087(はるか)彼方(かなた)()かべる(ごと)()ゆる(まつ)生茂(おひしげ)(ひと)つの(しま)(しめ)し、088松彦(まつひこ)は、
089()(しま)三十八万年(さんじふはちまんねん)(むかし)090顕恩郷(けんおんきやう)(とな)へて南天王(なんてんわう)(まも)(たま)ひし楽園(らくゑん)でありました。091大地(だいち)傾斜(けいしや)(もと)(ふく)してより、092(いま)御覧(ごらん)(ごと)低地(ていち)(のこ)らず湖水(こすゐ)となり、093(ただ)高山(かうざん)(いただ)きのみ(あたま)(あら)はし、094(いま)国治立大神(くにはるたちのおほかみ)御安息場所(おやすみばしよ)となりました。095()のきらきらと(かがや)(ひかり)は、096十曜(とえう)神紋(しんもん)でございます』
097言依別(ことよりわけ)三十八万年(さんじふはちまんねん)とは、098それは何時(いつ)から計算(けいさん)しての年数(ねんすう)でございますか』
099松彦(まつひこ)素盞嗚大神(すさのをのおほかみ)100(てん)高天原(たかあまはら)神退(かむやら)ひに退(やら)はれ(たま)ひし()より計算(けいさん)しての年数(ねんすう)でございます』
101言依別(ことよりわけ)『アア(しか)らば最早(もはや)数十万年(すふじふまんねん)年月(ねんげつ)()たるか。102はて不思議千万(ふしぎせんばん)103合点(がてん)()かぬことであるワイ』
104松彦(まつひこ)神界(しんかい)時間(じかん)はありませぬ。105これも現界(げんかい)より()ての年数(ねんすう)です。106アレアレ四方(よも)御覧(ごらん)なさいませ。107(みこと)御退隠(ごたいいん)時代(じだい)は、108()(なみ)(ただよ)(あた)りは(のこ)らず(うる)はしき(やま)でございました。109また(すこ)しく(ひがし)(あた)つて(ちい)さき、110(くろ)(かげ)()えまするのは、111(いにしへ)のシナイ(ざん)(いただき)でございます。112()くの(ごと)世態(せたい)一変(いつぺん)し、113陸地(りくち)大湖水(だいこすゐ)となり、114(うみ)各所(かくしよ)(あたら)しき島嶼(たうしよ)続出(ぞくしゆつ)しました』
115(はな)(をり)しも、116(うる)はしき羽翼(うよく)(なら)べて十四五(じふしご)(とり)117()十重(とへ)(たふ)()(きた)り、118五人(ごにん)(まへ)羽根(はね)(やす)めける。
119 ()れば(とり)()しは見誤(みあやま)りにて、120羽根(はね)()へたる(ちい)さき人間(にんげん)なりき。121松彦(まつひこ)一同(いちどう)(むか)ひ、
122(かれ)天地(てんち)(あひだ)往来(わうらい)し、123神々(かみがみ)御言葉(おことば)(つた)ふる使神(つかいがみ)であります。124地上(ちじやう)世界(せかい)炎熱(えんねつ)(はなはだ)しく(あひ)()りたれば、125(いま)(つみ)(かる)神人(しんじん)(のこ)らず、126()御国(みくに)移住(いぢう)をすることになつてゐます。127そのために空中(くうちう)郵便(ゆうびん)開始(かいし)され、128つまり()使(つかい)三十世紀(さんじつせいき)(むかし)()ける郵便配達夫(ゆうびんはいたつふ)(やく)(つと)むるものでございますよ。129()御国(みくに)御用(ごよう)がございますれば、130此処(ここ)手紙(てがみ)御書(おか)きなさいませ。131この十重(とへ)神殿(しんでん)()はば(てん)()との文書(ぶんしよ)往復(わうふく)(つかさど)一等(いつとう)郵便局(ゆうびんきよく)のやうなものです』
132言依別(ことよりわけ)吾々(われわれ)神代(かみよ)文字(もじ)()つてゐますが、133今日(こんにち)時代(じだい)文字(もじ)大変(たいへん)(かは)つてゐませうね』
134松彦(まつひこ)(むかし)のやうに今日(こんにち)時代(じだい)は、135毛筆(まうひつ)や、136鉛筆(えんぴつ)や、137万年筆(まんねんひつ)などの必要(ひつえう)はありませぬ。138(ただ)指先(ゆびさき)(もつ)空中(くうちう)七十五声(しちじふごせい)文字(もじ)(しる)せば、139配達夫(はいたつふ)(ただち)配達(はいたつ)して()れますよ。140(わたくし)(ひと)手本(てほん)()せませう。141この交通(かうつう)機関(きくわん)廿一世紀(にじふいつせいき)初期(しよき)から開始(かいし)されたのですよ』
142(みぎ)(ゆび)(もつ)空中(くうちう)七十五声(しちじふごせい)片仮名(かたかな)(つづ)りて、143(ひと)つの()(つく)り、
144『サア、145これで手紙(てがみ)()けました。146文字(もじ)言語(げんご)(はつ)する時代(じだい)となつて()ました』
147()つて(わら)つてゐる。148四人(よにん)(みみ)(かたむ)けて(めづ)らしき文字(もじ)(こゑ)()かむと(つと)めける。149文字(もじ)(こゑ)音楽(おんがく)(ごと)(きこ)()たりぬ。150()文面(ぶんめん)()れば、
151唯今(ただいま)()高天原(たかあまはら)(まこと)(かみ)(をしへ)(つた)ふる言依別命(ことよりわけのみこと)152玉彦(たまひこ)153厳彦(いづひこ)154楠彦(くすひこ)四柱(よはしら)御出(おい)でになり、155国治立(くにはるたち)大神様(おほかみさま)156(また)神素盞嗚(かむすさのを)大神様(おほかみさま)御対面(ごたいめん)(あそ)ばされ、157唯今(ただいま)十重(とへ)高楼(たかどの)御上(おあが)がりになつて、158四辺(あたり)景色(けしき)(なが)めてゐられます。159(てん)高天原(たかあまはら)(おい)()方々(かたがた)(たい)して御用(ごよう)がございますれば、160(すぐ)御返事(ごへんじ)(くだ)さいませ。161左様(さやう)なら』
162明瞭(はつきり)(きこ)えて()た。163使(つかい)(かみ)空中(くうちう)文字(もじ)をクルクルと()(なが)ら、164羽根(はね)(あひだ)にはさみ、165天空(てんくう)目蒐(めが)けて電光石火(でんくわうせきくわ)(ごと)()()りぬ。
166松彦(まつひこ)(いま)御返事(ごへんじ)(まゐ)りませうよ。167(しばら)四辺(あたり)景色(けしき)(なが)めて御待(おま)(くだ)さいませ』
168 三人(さんにん)(おどろ)きて、
169『モシ言依別(ことよりわけ)(みこと)さま、170(めう)なものですなア。171随分(ずゐぶん)()(なか)(ひら)けました。172二十世紀(にじつせいき)時代(じだい)人間(にんげん)文明(ぶんめい)極致(きよくち)(たつ)したとか、173神界(しんかい)秘密(ひみつ)(さぐ)つたとか、174時代(じだい)征服(せいふく)したとか()うて()時代(じだい)もありましたが、175今日(こんにち)になつて()れば(じつ)幼稚(えうち)なものですな』
176(はな)しゐる。177(この)(とき)以前(いぜん)使(つかい)は、178(いなづま)(ごと)(この)()(くだ)()たりぬ。179(しか)して松彦(まつひこ)空中(くうちう)返書(へんしよ)手渡(てわた)(なが)ら、180(また)もや()()(ごと)東天(とうてん)()して()()りにける。181()文面(ぶんめん)()ふ。
182(てん)高天原(たかあまはら)より返事(へんじ)(いた)します。183唯今(ただいま)御申越(おまをしこ)しの言依別命(ことよりわけのみこと)(ほか)三人(さんにん)は、184()現界(げんかい)(つく)()神業(しんげふ)数多(あまた)あれば、185一度(いちど)現界(げんかい)御帰(おかへ)(くだ)され()し。186時代(じだい)三十五万年(さんじふごまんねん)(いにしへ)(かへ)して、187河鹿峠(かじかたうげ)谷底(たにそこ)帰顕(きけん)せしめられ()し。188(みぎ)御返事(ごへんじ)(まを)します。189()高天原(たかあまはら)消息(おとづれ)(つかさ)松彦(まつひこ)殿(どの)
190空中(くうちう)文字(もじ)返書(へんしよ)(こゑ)(はつ)して、191自然(しぜん)物語(ものがた)りゐる。
192玉彦(たまひこ)『アア未来(みらい)()結構(けつこう)だナア。193吾々(われわれ)(この)(まま)神界(しんかい)にゐたいものだが、194アーア三十五万年(さんじふごまんねん)()苦労(くらう)()まさねば、195此処(ここ)()ることは出来(でき)ぬのかなア。196アヽ仕方(しかた)がありませぬ、197左様(さやう)なら、198松彦(まつひこ)(さま)199これから御暇(おいとま)(いた)します』
200 松彦(まつひこ)は、
201皆様(みなさま)202(しば)らく御待(おま)(くだ)さいませ。203空中(くうちう)交通機(かうつうき)()げませう』
204(また)もや指先(ゆびさき)にて空中(くうちう)に、205何事(なにごと)(しる)()刹那(せつな)206金色(こんじき)燦然(さんぜん)たる(とり)(つばさ)(ごと)きもの四組(よくみ)207何処(いづこ)ともなく(この)()(くだ)()たりぬ。
208『サア(これ)御着(おつ)けなされ』
209()ふより(はや)自然的(しぜんてき)四人(よにん)(かた)(あた)りに、210金色(こんじき)(つばさ)はピタリとくいつきたり。211四人(よにん)一度(いちど)に、
212『アアこれは立派(りつぱ)だナア』
213()ばたきを(こころ)むるや、214()益々(ますます)(たか)空中(くうちう)()()がり、215一瀉千里(いつしやせんり)(いきほひ)(もつ)電波(でんぱ)よりも(はや)く、216西(にし)(そら)目蒐(めが)けて(すす)()く。217眼下(がんか)(よこ)たはる四人(よにん)肉体(にくたい)218ハツと見下(みおろ)途端(とたん)(われ)(かへ)四辺(あたり)()れば、219河鹿河(かじかがは)谷底(たにそこ)(たふ)()たるなり。220()()(こま)如何(いか)にと()れば、221無心(むしん)(うま)河辺(かはべり)青草(あをくさ)をグイグイとむしりゐたりける。
222言依別(ことよりわけ)『アア(しばら)くの(あひだ)223()(とほ)くなつたと(おも)へば、224()(がた)い、225高天原(たかあまはら)状況(じやうきやう)やら、226数十万年後(すうじふまんねんご)世界(せかい)状況(じやうきやう)()せて(もら)つた。227これも(まつた)国治立尊(くにはるたちのみこと)228神素盞嗚尊(かむすさのをのみこと)(ひろ)き、229(あつ)御恵(みめぐ)みだ。230サア一同(いちどう)此処(ここ)禊身(みそぎ)(しう)し、231天津祝詞(あまつのりと)奏上(そうじやう)して、232(いさぎよ)大神(おほかみ)御隠退場(ごいんたいぢやう)参向(さんかう)(いた)しませう』
233()(きよ)め、234(くち)(そそ)拍手(はくしゆ)(こゑ)(いさ)ましく、235天津祝詞(あまつのりと)奏上(そうじやう)(をは)つて(また)もや(こま)にヒラリと(またが)り、236天馬(てんば)(くう)()ける(ごと)く、237()軽々(かるがる)しく坂道(さかみち)()して、238(みち)なき小柴(こしば)山中(さんちう)一目散(いちもくさん)(のぼ)()く。
239大正一一・四・四 旧三・八 外山豊二録)
   
逆リンク[?]このページにリンクを張っている外部サイトを自動的に探して表示します。ブログの場合、トップページやカテゴリページは無視されます。エントリーのページだけです。該当ページからすでにリンクが削除されている場合もありますが、反映されるのに数週間かかります。[×閉じる]逆リンク集はこちら