霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


【新着情報】霊界物語読者アンケート集計結果発表!(7/20)こちらのページです。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

序文(じよぶん)

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第16巻 如意宝珠 卯の巻 篇:前付 よみ:
章:第16巻 よみ:じょぶん 通し章番号:
口述日:1922(大正11)年04月16日(旧03月20日) 口述場所: 筆録者: 校正日: 校正場所: 初版発行日:1922(大正11)年12月25日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
いよいよこの十六巻より、太古における日本国内の物語となります。十五巻までは、天教山と大台ケ原山を除いて、すべて外国の物語でした。
神素盞嗚大神の八人の娘の一人・英子姫は、メソポタミヤの顕恩郷から邪神によって舟に流され、日本海に至って丹後の国天の橋立付近の竜燈松の根元に安着します。
しかし大江に割拠するバラモン教の鬼雲彦の手下らによって種々の辛酸を嘗め、由良の港の秋山彦の館に逃れます。
そして父・神素盞嗚大神および国治立命の御分霊なる国武彦命に面会し、大江山の白狐・鬼武彦らに救われます。
その他、ウラナイ教棟梁の高姫・黒姫らの大活動によって、剣尖山麓の禊の大修行や、皇大神の貴の御舎の建設が成る物語や、悦子姫ら一行が天の真奈井嶽に向かって豊国姫命のご降臨地を訪ねる一幕など、厳の御魂、瑞の御魂の大神が、綾の高天原の蓮華台上に、神秘的経綸の基礎を開き給う深遠なる経緯の大略を述べました。
引き続き数巻に渡り、内地の物語が続きます。
数十万年前の神代の物語ですが、神様の意思を表白するために、便宜上近代の言語を用いていますので、ご諒承ください。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm160001
愛善世界社版:前付 1頁 八幡書店版:第3輯 399頁 修補版: 校定版:前付 1頁 普及版:前付 1頁 初版: ページ備考:
001 いよいよ本巻(ほんくわん)より、002古称(こしよう)自転倒島(おのころじま)すなはち現代(げんだい)日本国内(にほんこくない)における、003太古(たいこ)霊界物語(れいかいものがたり)となりました。004十五巻(じふごくわん)までは天教山(てんけうざん)および大台ケ原山(おほだいがはらさん)(のぞ)(ほか)すべて海外(かいぐわい)諸国(しよこく)物語(ものがたり)です。
005 本巻(ほんくわん)には、006神素盞嗚大神(かむすさのをのおほかみ)()みませる八乙女(やおとめ)御一人(おひとり)007英子姫(ひでこひめ)が、008メソポタミヤの顕恩郷(けんおんきやう)より、009邪神(じやしん)のために老朽船(らうきうせん)()せられて海原(うなばら)(なが)され、010(やうや)くにして日本海(にほんかい)横断(よこぎ)り、011丹後国(たんごのくに)(あま)橋立(はしだて)附近(ふきん)竜燈松(りうとうまつ)根元(ねもと)安着(あんちやく)し、012大江山(おほえやま)割拠(かつきよ)せるバラモン(けう)大棟梁(だいとうりやう)鬼雲彦(おにくもひこ)部下(ぶか)悪党(わるもの)どもに出会(であ)ひ、013種々(しゆじゆ)辛酸(しんさん)()め、014(つひ)には由良(ゆら)(みなと)人子(ひとご)(つかさ)秋山彦(あきやまひこ)(やかた)()(のが)れ、015ゆくりなくも、016(ちち)素盞嗚大神(すさのをのおほかみ)および国治立命(くにはるたちのみこと)御分霊(おんわけみたま)なる国武彦命(くにたけひこのみこと)面会(めんくわい)し、017大江山(たいかうざん)(しづ)まり(たま)鬼武彦(おにたけひこ)一派(いつぱ)白狐(びやくこ)(すく)はれ、018(あるひ)はウラナイ(けう)棟梁株(とうりやうかぶ)019高姫(たかひめ)020黒姫(くろひめ)死者狂(しにものぐるひ)大活動(だいくわつどう)より、021剣尖山麓(けんさきさんろく)谷川(たにがは)における御禊(みそぎ)修業(しうげふ)022皇大神(すめおほかみ)(うづ)御舎(みあらか)建設(けんせつ)ならびに(あめ)真名井嶽(まなゐだけ)(むか)つて、023悦子姫(よしこひめ)四五(しご)従者(じゆうしや)(とも)(すす)()り、024豊国姫尊(とよくにひめのみこと)御降臨地(ごかうりんち)(たづ)ぬる一条(いちでう)や、025(いづ)御魂(みたま)026(みづ)御魂(みたま)大神(おほかみ)が、027(あや)高天原(たかあまはら)蓮華台上(れんげだいじやう)に、028神秘的(しんぴてき)経綸(けいりん)基礎(きそ)(ひら)(たま)深遠(しんゑん)なる経緯(けいゐ)大略(たいりやく)()べて()きました。029(なほ)引続(ひきつづ)数巻(すうくわん)(わた)内地(ないち)物語(ものがたり)であります。
030 数十万年前(すふじふまんねんぜん)神代(かみよ)物語(ものがたり)にも(かか)はらず、031近代(きんだい)言語(げんご)(また)出来事(できごと)などを引証(いんしよう)して()りますから、032懐疑(くわいぎ)(ねん)(もつ)(むか)へらるる読者(どくしや)もありませうが、033神々様(かみがみさま)意思(いし)表白(へうはく)する便宜上(べんぎじやう)(もち)ひられたのでありますから、034()しからず御諒解(ごりやうかい)(ねが)ひます。
035  大正十一年旧三月二十日
036於瑞祥閣 王仁識