霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

凡例(はんれい)

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第16巻 如意宝珠 卯の巻 篇:前付 よみ:
章:第16巻 よみ:はんれい 通し章番号:
口述日:1922(大正11)年12月 口述場所: 筆録者:編者 校正日: 校正場所: 初版発行日:1922(大正11)年12月25日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる] 主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:
愛善世界社版:前付 6頁 八幡書店版:第3輯 修補版: 校定版:305頁 普及版: 初版: ページ備考:校定版では加筆して「あとがき」になっている。
001一、002序文(じよぶん)にもある(とほ)り、003本巻(ほんくわん)より古称(こしよう)自転倒島(おのころじま)すなはち現代(げんだい)日本国(にほんこく)舞台(ぶたい)とせる物語(ものがたり)()つた(わけ)で、004一層(いつそう)読者(どくしや)興味(きようみ)()(おこ)すことであらうと(おも)ひます。
005一、006本巻(ほんくわん)(うち)に『大江山』といふ地名(ちめい)()()ますが、007鬼武彦(おにたけひこ)(しづ)まれる(はう)の『大江山』はタイカウザンと()み、008鬼雲彦(おにくもひこ)割拠(かつきよ)せる(はう)の『大江山』は、009オホエヤマと()むのですから御注意(ごちうい)(くだ)さい。
010一、011本巻(ほんくわん)より『(たま)(いしずゑ)』と(だい)して、012瑞月(ずゐげつ)先生(せんせい)(みづか)執筆(しつぴつ)せらるる文章(ぶんしやう)掲載(けいさい)されることになりました。013これは直接(ちよくせつ)物語(ものがたり)』に関係(くわんけい)ある(わけ)ではありませんが、014霊的(れいてき)研究熱(けんきうねつ)勃興(ぼつこう)せる今日(こんにち)015(かなら)ずや読者(どくしや)多大(ただい)なる歓迎(くわんげい)()くべきものだらうと(おも)ひます。016これによつて、017顕幽神(けんいうしん)三界(さんかい)真理(しんり)018死後(しご)生活(せいくわつ)019天国(てんごく)状況(じやうきやう)020根底(ねそこ)(くに)状況(じやうきやう)(とう)について、021今日(こんにち)まで何人(なんぴと)(いへど)断定(だんてい)()ざる真理(しんり)闡明(せんめい)されてゆくに相違(さうゐ)ありませぬ。
022  大正十一年十二月
023編者識