霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


【新着情報】霊界物語読者アンケート集計結果発表!(7/20)こちらのページです。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

総説歌(そうせつか)

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第16巻 如意宝珠 卯の巻 篇:前付 よみ:
章:第16巻 よみ:そうせつか 通し章番号:
口述日:1922(大正11)年04月05日(旧03月09日) 口述場所: 筆録者:松村真澄 校正日: 校正場所: 初版発行日:1922(大正11)年12月25日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
二十五年の時津風、待ちに待った三月三日に、天地の神の集まる園に、民は小径をなして集い来る。
豊国姫命の分霊にして瑞の御魂の開け口である大八洲彦命の、三五の月の教えは、五六七殿に、神代を明かす物語となる。これを清く伝えて末の世の鑑となそう。
その礎を固めた瑞霊は、厳霊を経となす。緯機織り成す瑞月の過去・現在・未来にわたって述べる言の葉も栄える。
天の橋立や文殊の知恵の神心を表す。身は虚空蔵の空に置き、妙音菩薩、最勝妙如来、三十三相観世音、また大日如来と現れる日の出神の御活動。
木の花咲耶姫神は、松の神代の開くまで深い経綸を弥仙山に仕組み、曲津の荒ぶ世の中に、心を配り気を配ってこの世を渡す地蔵尊である。神も悪魔も助け行く。
大慈大悲の弥勒神が現れ出て治める世は、亀の齢のように永く、また隅々まで荒波に漂う世人を救おうと綾の高天原に現れて、教えを流す。
しかし闇に迷う人は、神の光も見えない。そんな中、春の嵐に吹かれながらも、教御祖を祀った珍の御舎を伏し拝み、身を横たえて神霊の厳しい鞭に打たれながら、横に立って述べてゆく。
神素盞嗚大神の八人の娘子が、メソポタミヤの楽園を後にして、父の遭難を風の便りに聞いて、豊葦原の八洲国を西や東へ隈なく尋ね来る。姿をやつして、父にめぐり合おうと御跡を慕う、悲しい神代の経緯を述べる。
三月三日に因んだ、瑞の御魂の和魂である大八洲彦命の神実を、五六七殿に演芸の守り神と祀り、誠ひとつの教え子は、二心あらじと仕え行く。
御世の栄えはいつまでも、神徳かおる大八洲、常世の闇を照らす十曜の神紋が輝く棟を眺めつつ。
玉の御柱をつき固めて栄える御代を待つ。御国の先祖と現れた国常立大神の教えを開き、教えの光は朝日と照らして輝き、馥郁と教えの花は香る。
遠い神代の昔から幾億年の末までも見極めつくす神の言葉を、うなじに受けて説き明かす。三五の月の数は満ちて、四四十六の菊の巻。九月八日の神界の錦の機の糸口を、道の友と結ぶも嬉しい。
五六七の末まで堅磐常磐に宣り伝える。口の車や筆の梶は果てしもなく進んで行く。今日の生日ぞめでたいことである。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm160003
愛善世界社版:3頁 八幡書店版:第3輯 401頁 修補版: 校定版:3頁 普及版:1頁 初版: ページ備考:
001廿五年(にじふごねん)(とき)(かぜ)
002()ちに()つたる三月三日(さんぐわつみつか)
003(うめ)()れども桃李(もも)(はな)
004()馥郁(ふくいく)天地(あめつち)
005(かみ)(あつ)まる(その)(うち)
006(もの)()はねどおのづから
007小径(こみち)をなして(つど)()
008(たみ)(ゆたか)豊国姫(とよくにひめ)
009(うづ)(みこと)分霊(わけみたま)
010(みづ)御魂(みたま)(ひら)(ぐち)
011(ふか)(めぐみ)大八洲彦(おほやしまひこ)
012(かみ)(つかさ)遠近(をちこち)
013(かがや)(わた)三五(あななひ)
014(つき)(をしへ)五六七殿(みろくでん)
015神代(かみよ)()かす物語(ものがたり)
016(きよ)(つた)へて(すゑ)()
017(かがみ)となさむ(いしずゑ)
018修理固成(つくりかため)瑞霊(みづみたま)
019(いづ)(みたま)(たて)となし
020緯機(よこはた)()りなす瑞月(ずゐげつ)
021過去(くわこ)未来(みらい)現在(げんざい)
022(わた)りて()ぶる(こと)()
023(さか)ゆる(あま)橋立(はしだて)
024文珠(もんじゆ)智慧(ちゑ)神心(かみごころ)
025()虚空蔵(こくうざう)(そら)()
026妙音菩薩(めうおんぼさつ)最勝妙如来(さいしようめうによらい)
027三十三相(さんじふさんさう)観世音(くわんぜおん)
028大日如来(だいにちによらい)(あら)はれし
029()出神(でのかみ)御活動(みはたらき)
030()(はな)四方(よも)咲耶姫(さくやひめ)
031(まつ)神世(かみよ)(ひら)くまで
032(ふか)経綸(しぐみ)弥仙山(みせんざん)
033曲津(まがつ)(すさ)()(なか)
034(こころ)(くば)()(くば)
035(この)()(わた)地蔵尊(ぢざうそん)
036(かみ)悪魔(あくま)(たす)()
037大慈(だいじ)大悲(だいひ)弥勒神(みろくしん)
038(あら)はれ()でて(しら)()
039(かめ)(よはひ)瑞祥閣(ずゐしやうやかた)
040御空(みそら)(たか)舞鶴(まひづる)
041神代(かみよ)(さち)冠島(かむりじま)
042(かしこ)御代(みよ)大島(おほしま)
043(ひと)()まるる沓島(くつじま)
044小島(こじま)(はて)(いた)(まで)
045あら有難(ありがた)荒波(あらなみ)
046(ただよ)世人(よびと)(たす)けむと
047(あや)高天原(たかま)(あら)はれて
048(をしへ)(なが)和知(わち)(かは)
049金竜(きんりう)銀竜(ぎんりう)()(あそ)
050(あや)(にしき)錦水亭(きんすゐてい)
051言霊閣(ことたまかく)大空(おほぞら)
052(くも)(あつ)して(そび)ゆれど
053(やみ)(まよ)へる(ひと)()
054(かみ)(ひかり)三重(みへ)(たふ)
055(うめ)さく(その)常磐木(ときはぎ)
056小松(こまつ)(しげ)れる竜宮館(たつやかた)
057(はる)(あらし)()かれつつ
058教御祖(をしへみおや)(まつ)りたる
059(うづ)御舎(みあらか)ふしをがみ
060()(よこ)たへて神霊(しんれい)
061(きび)しき(むち)()たれつつ
062(よこ)()てりて()べてゆく
063神素盞嗚(かむすさのを)大神(おほかみ)
064()ませ(たま)ひし八柱(やはしら)
065(こころ)(やさ)しき乙女子(おとめご)
066メソポタミヤの楽園(らくゑん)
067(あと)(なが)めて四方(よも)(くに)
068(ちち)(みこと)遭難(さうなん)
069(かぜ)便(たよ)りに()きしより
070豊葦原(とよあしはら)八洲国(やしまくに)
071西(にし)(ひがし)北南(きたみなみ)
072(くに)八十国(やそくに)八十(やそ)(しま)
073(くま)なく尋来(まぎ)大神(おほかみ)
074(めぐ)()はむと御跡(おんあと)
075(した)(こころ)()(たて)
076(たま)りかねてぞ種々(いろいろ)
077姿(すがた)をやつし()(たま)
078(かな)しき神代(かみよ)経緯(いきさつ)
079三月三日(みつきみつか)(ちな)みたる
080(みづ)御魂(みたま)和魂(にぎみたま)
081(かしこ)御代(みよ)大八洲彦(おほやしまひこ)
082(かみ)(つかさ)神実(かむざね)
083高天原(たかあまはら)神集(かみつど)
084教司(をしへつかさ)信徒(まめひと)
085(あか)(こころ)(はな)(ひら)
086(かみ)(みやこ)五六七殿(みろくでん)
087(いつ)(まつ)りて演芸(わざおぎ)
088(まも)りの(かみ)(いは)ひつつ
089(まこと)(ひと)つの教子(をしへご)
090(かみ)(きみ)とに(ふたごころ)
091(われ)あらめやと(つか)()
092(みよ)(さかえ)(いつ)までも
093(むつ)(さか)えよ(なな)(くに)
094神徳(しんとく)かをる(おほやしま)
095(ここの)(ばな)()()でて
096常夜(とこよ)(やみ)()らし()
097(とえう)神紋(しんもん)きらきらと
098(かがや)(むね)(なが)めつつ
099(たま)御柱(みはしら)つき(かた)
100(さか)ゆる御代(みよ)松村(まつむら)(松村仙造)
101御国(みくに)先祖(せんぞ)仙造(せんざう))と()れませる
102国常立(くにとこたち)大神(おほかみ)
103(をしへ)(ひら)北村(きたむら)
104隆々(りうりう)(ひか)(かみ)(のり)(北村隆光)
105外山(とやま)(かすみ)かきわけて
106豊二(ゆたかに)(のぼ)朝日影(あさひかげ)(外山豊二)
107(やま)()()()らしつつ
108百花(ももばな)千花(ちばな)(ふくいく)(山上郁太郎)
109(かがや)(わた)()みわたり
110(かほ)るもゆかし(のり)(はな)
111(とほ)つ(藤津神代(かみよ)(むかし)より
112幾億年(いくおくねん)(すゑ)(まで)(藤津久子)
113()きはめ(つく)(ひさかた)
114(かみ)御言(みこと)をいや加藤(かとう)(加藤明月)
115(うなじ)()けて()()かす
116三五(さんご)(つき)(かず)みちて
117四四十六(ししじふろく)(きく)(まき)
118九月八日(くぐわつやうか)神界(しんかい)
119(にしき)(はた)糸口(いとぐち)
120(むす)ぶも(うれ)(みち)(とも)
121(さかえ)五六七(みろく)(すゑ)(まで)
122堅磐常磐(かきはときは)()(つた)
123(くち)(くるま)(ふで)(かぢ)
124(はて)しもあらず(すす)()
125今日(けふ)生日(いくひ)芽出(めで)たけれ
126あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
127(みたま)幸倍(さちはへ)坐世(ましませ)よ。
128大正一一・四・五 旧三・九 松村真澄録)