霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第六章 石槍(いしやり)(あめ)〔五九六〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第16巻 如意宝珠 卯の巻 篇:第1篇 神軍霊馬 よみ:しんぐんれいば
章:第6章 第16巻 よみ:いしやりのあめ 通し章番号:596
口述日:1922(大正11)年04月14日(旧03月18日) 口述場所: 筆録者:加藤明子 校正日: 校正場所: 初版発行日:1922(大正11)年12月25日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
神素盞嗚大神、国武彦命、また亀彦、英子姫、悦子姫らは桶伏山の蓮華台上に上り、天神地祇・八百万の神々を集えた。神々は皇大神の出でましを口々に讃えた。
神素盞嗚大神は、国武彦に何事かを密かに任命し、ミロク神政の三十五万年後の再会を約して、丹頂の鶴に乗って東を指して飛んでいった。
国武彦命は亀彦、英子姫、悦子姫らに何事かをささやき、万神に厳格な神示を与えた後、ひとり四王の峰の彼方に姿をお隠しになった。この神界の秘密は容易にうかがい知ることのできるものではない。
亀彦らは再び大江山に進むこととなった。
一方、秋山彦の館を襲った鬼彦らは、神素盞嗚大神を始め、秋山彦ら三五教の神人たちを生け捕ったと思い、囚人の駕籠を担ぎながら大江山の山道を登っていた。
すると、一行を石の槍雨が襲ってその場に打ち倒されてしまう。気がつくと、捕らえたはずの神素盞嗚大神らは駕籠を抜け出して、笑っている。鬼虎は気合を入れるが、今度は矢の雨が一同を襲った。
秋山彦は天の数歌を唱えた。すると魔神らの身体は癒え、あちこちに喜びの声が満ちた。秋山彦が三五教への帰順を促す宣伝歌を歌うと、鬼彦らは感謝の涙に咽んだ。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:
愛善世界社版:78頁 八幡書店版:第3輯 429頁 修補版: 校定版:81頁 普及版:33頁 初版: ページ備考:
001大空(おほぞら)(あを)()(わた)
002山河(やまかは)(きよ)くさやかにて
003(しづ)かに(なが)るる和知(わち)(かは)
004(えだ)()らさぬ音無瀬(おとなせ)
005(かは)(なが)れは(ゆる)やかに
006幾千丈(いくせんぢやう)青絹(あをぎぬ)
007(なが)すが(ごと)くゆらゆらと
008水瀬(みなせ)(ふか)由良(ゆら)(かは)
009神代(かみよ)(めぐ)(きた)(かぜ)
010真帆(まほ)(ふく)らせ(のぼ)()
011(ふか)(めぐみ)河守駅(かうもりえき)
012(かは)中央(なかば)()(いは)
013関所(せきしよ)()えて(やうや)うに
014足許(あしもと)(はや)長谷(はせ)(かは)
015(みづ)落合(おちあひ)右左(みぎひだり)
016左手(ゆんで)(むか)(かぢ)をとり
017(のぼ)河路(かはぢ)長砂(ながすな)
018幾多(いくた)(むら)()()えて
019此処(ここ)聖地(せいち)白瀬橋(しらせばし)
020(した)(くぐ)つて(のぼ)()
021臥竜(ぐわりよう)(まつ)川水(かはみづ)
022(えだ)(ひた)して(うを)(をど)
023(つき)(こづゑ)()(わた)
024向方(むかう)()ゆるは稲山(いねやま)
025丹波(たんば)富士(ふじ)(きこ)えたる
026弥仙(みせん)(やま)雲表(うんぺう)
027(そび)えて()てる雄々(をを)しさよ
028(てき)()ければ味方郷(みかたがう)
029味方平(みかただひら)(ふね)()めて
030四方(よも)国形(くにがた)(なが)むれば
031青垣山(あをがきやま)(めぐ)らせる
032下津岩根(したついはね)竜宮館(りうぐうやかた)
033此処(ここ)()におふ小亜細亜(せうアジア)
034地上()高天(たかあま)(きこ)えたる
035(むかし)聖地(せいち)ヱルサレム
036橄欖山(かんらんざん)由良(ヨルダン)
037景色(けしき)(まさ)聖地(せいち)なり。
038 神素盞嗚大神(かむすさのをのおほかみ)039国武彦命(くにたけひこのみこと)(その)()三人(さんにん)は、040桶伏山(をけふせやま)蓮華台上(れんげだいじやう)(のぼ)らせ(たま)ひ、041天神(てんしん)地祇(ちぎ)八百万(やほよろづ)(かみ)神集(かむつど)へに(つど)(たま)へば、042(みこと)(きよ)言霊(ことたま)(さき)(あらそ)()()(もも)神等(かみたち)043(ところ)(せま)きまで(あつ)まりて、044皇大神(すめおほかみ)()でましを、045(いは)寿(ことほ)有様(ありさま)は、046蓮花(はちすのはな)一時(いつとき)に、047(ひら)()めたる(ごと)くなり。
048 神素盞嗚大神(かむすさのをのおほかみ)は、049国武彦命(くにたけひこのみこと)何事(なにごと)か、050(ひそか)()さし(たま)ひ、051ミロク神政(しんせい)(あかつき)(まで)三十五万年(さんじふごまんねん)(その)(のち)再会(さいくわい)(やく)し、052(たちま)(きた)丹頂(たんちやう)(つる)にヒラリと(またが)り、053中空(ちうくう)(たか)(ひがし)()して()()(たま)ふ。054国武彦命(くにたけひこのみこと)亀彦(かめひこ)(はじ)め、055英子姫(ひでこひめ)056悦子姫(よしこひめ)何事(なにごと)(ささや)(なが)万司(ばんしん)(むか)厳格(げんかく)なる神示(しんじ)(あた)へ、057(ここ)(わか)れて只一柱(ただひとはしら)058四王(よつわう)(みね)彼方(あなた)雄々(をを)しき姿(すがた)(かく)したまひける。
059 (あと)(のこ)されし一男二女(いちなんにぢよ)宣伝使(せんでんし)二神(にしん)()さしの神言(かみごと)(こころ)(そこ)()()きて、060(また)もや此処(ここ)()()でて、061大江(おほえ)(やま)目蒐(めが)けて、062いそいそ(すす)()く。063(ああ)()山上(さんじやう)五柱(いつはしら)は、064如何(いか)なる神策(しんさく)提議(ていぎ)されしぞ。065神界(しんかい)秘密(ひみつ)容易(ようい)窺知(きち)すべからず、066(つき)()つとも()くるとも、067仮令(たとへ)大地(だいち)(しづ)むとも(まこと)(ちから)()(すく)ふ、068(まこと)(かみ)出現(しゆつげん)(ふたた)びミロクの御代(みよ)となり、069世界(せかい)(ことごと)(その)()(やす)むじて、070天地(てんち)(かみ)(めぐ)みを寿(ことほ)ぎ、071(よろこ)び、072(いさ)(たふと)神代(かみよ)(きた)るまで、073()うてはならぬ(かみ)(みち)074()ふに()はれぬ(この)仕組(しぐみ)075坊子頭(ぼうずあたま)か、076禿頭(はげあたま)077(あたま)かくして尻尾(しつぽ)(さき)(すこ)(ばか)()べて()く。078もとより物語(ものがたり)する王仁(おに)も、079(ふで)()(ひと)()(ひと)も、080(なん)だか拍子(へうし)()けたやうな(こころ)いぶせき物語(ものがたり)081(いま)(つつ)みてかく()ふになむ。
082 秋山彦(あきやまひこ)門前(もんぜん)数多(あまた)魔人(まびと)引連(ひきつ)れて、083(あら)はれ()でたる鬼彦(おにひこ)は、084第一着(だいいちちやく)秋山彦(あきやまひこ)(くち)(いし)捻込(ねぢこ)み、085猿轡(さるぐつわ)()ませ、086高手(たかて)小手(こて)(いまし)()き、087(なほ)(すす)みて奥殿(おくでん)(ふか)く、088神素盞嗚(かむすさのを)大神(おほかみ)(はじ)め、089国武彦(くにたけひこ)090紅葉姫(もみじひめ)091英子姫(ひでこひめ)092亀彦(かめひこ)諸共(もろとも)093高手(たかて)小手(こて)()(じば)り、094勝鬨(かちどき)あげて悠々(いういう)大江山(おほえやま)本城(ほんじやう)()して(いさ)(かへ)()く。
095 千歳(ちとせ)老松(らうしよう)生茂(おひしげ)れる山道(やまみち)を、096網代(あじろ)駕籠(かご)()つぎながら、097(かは)()()岩間(いはま)(つた)ひ、098やつと()()魔窟ケ原(まくつがはら)099一同(いちどう)網代(あじろ)駕籠(かご)()ろし周囲(あたり)(いは)(こし)()()け、100(いき)(やす)めながら雑談(ざつだん)(ふけ)る。
101(かふ)『オイ鬼虎(おにとら)102貴様(きさま)竜灯松(りうとうまつ)根本(ねもと)(おい)て、103さしも強敵(きやうてき)なる二人(ふたり)(をんな)ちやつちや104もちやくにせられ、105鬼雲彦(おにくもひこ)御大将(おんたいしやう)()から()()るやうなお目玉(めだま)頂戴(ちやうだい)(いた)して真青(まつさを)になり、106縮上(ちぢみあが)つて()よつたが、107()うだい、108今日(けふ)(おほ)きな(かほ)をして(かへ)れるだらう、109(かへ)つたら(ひと)(おご)らにやなるまいぞ』
110鬼虎(おにとら)『オヽさうだ、111熊鷹(くまたか)112貴様(きさま)らも(おな)(こと)だ、113あの(とき)(ざま)つたら()られたものぢやなかつたよ。114何分(なにぶん)(この)方様(はうさま)御命令(ごめいれい)(どほ)服従(ふくじゆう)せないものだから、115ハーモニイ(てき)行動(かうどう)()いだ()めに(おも)はぬ失敗(しつぱい)(えん)じたのだ。116それにしても(つつし)むべきは(さけ)ではないか、117あの(とき)吾々(われわれ)(さけ)さへ()みて()なかつたら、118アンナ失敗(しつぱい)(えん)じなかつたのだよ』
119熊鷹(くまたか)『ナニ、120(けつ)して失敗(しつぱい)でもない、121二人(ふたり)(をんな)()()がした(ため)(かへつ)素盞嗚尊(すさのをのみこと)所在(ありか)(わか)り、122(わざはひ)(てん)じて(さいはひ)となつたやうなものだ。123何事(なにごと)()(なか)人間(にんげん)万事(ばんじ)塞翁(さいをう)(うま)(くそ)だ、124(しか)今日(けふ)鬼彦(おにひこ)指揮(しき)(よろ)しきを()たる(ため)に、125かういう効果(かうくわ)(もたら)したのだ、126何事(なにごと)(たたか)ひは上下(じやうか)一致(いつち)ノーマル(てき)活動(くわつどう)でなくては駄目(だめ)だワイ、127何程(なにほど)ジヤンジヤヒエールが沢山(たくさん)(そろ)つて()たところで(すべ)ての行動(かうどう)統一(とういつ)()いだならば失敗(しつぱい)目前(まのあたり)だ。128(すべ)何事(なにごと)大将(たいしやう)注意(ちうい)周到(しうたう)なる指揮(しき)命令(めいれい)と、129吾々(われわれ)大将(たいしやう)(たい)する忠実(ちうじつ)至誠(しせい)のベストを(つく)すにあるのだ、130サテ鬼彦(おにひこ)御大将(おんたいしやう)131今日(こんにち)御成功(ごせいこう)(いは)(まを)す、132(これ)鬼雲彦(おにくもひこ)御大将(おんたいしやう)御安心(ごあんしん)貴方(あなた)安心(あんしん)(みな)(もの)安心(あんしん)133(とも)吾々(われわれ)御安心(ごあんしん)だ、134アハヽヽヽ』
135 (この)(とき)頭上(づじやう)(まつ)(しげ)みよりポトリポトリと(いし)団子(だんご)(あめ)(ごと)()(きた)り、136鬼彦(おにひこ)(はじ)め、137鬼虎(おにとら)138熊鷹(くまたか)(その)()一同(いちどう)(からだ)(むか)つて(たた)きつけるやうに()()たり。139一同(いちどう)はアイタヽ、140コイタヽ、141イヽイタイと()げようとすれども、142石雨(いしあめ)槍襖(やりぶすま)(へだ)てられ、143(すこ)しも身動(みうご)きならず頭部(とうぶ)面部(めんぶ)団瘤(たんこぶ)(いく)つとなく(こしら)へけり。144石熊(いしくま)頭上(づじやう)(あふ)途端(とたん)鼻柱(はなばしら)にパチツと(あた)つた拳骨大(げんこつだい)(いし)(はな)をへしやがれ、145()をたらたらと(なが)し、146()をしかめ、147ウンと(その)()(たふ)れたり。148網代(あじろ)駕籠(かご)(なか)(とら)はれたる神々(かみがみ)は、149金城鉄壁(きんじやうてつぺき)(きは)めて安全(あんぜん)無事(ぶじ)150(この)光景(くわうけい)(なが)めて(おも)はず一度(いちど)高笑(たかわら)ひ、151アハヽヽヽ、152オヽホヽヽヽ。
153 (いし)(あめ)はピタリとやみぬ。154神素盞嗚尊(かむすさのをのみこと)(はじ)め、155一同(いちどう)七人(しちにん)はヌツと(この)()(あら)はれたりと()れば猿轡(さるぐつわ)(いましめ)(なは)何時(いつ)()にか()かれ()たりける。
156悦子姫(よしこひめ)『オー皆様(みなさま)()(どく)(こと)出来(でき)ましたナア。157(この)峻嶮(しゆんけん)難路(なんろ)吾々(われわれ)駕籠(かご)()せて、158命辛々(いのちからがら)汗水(あせみづ)()らして(おく)つて()()れました博愛(はくあい)無限(むげん)人足(にんそく)を、159頭部(とうぶ)面部(めんぶ)(きら)ひなく、160支店(してん)開業(かいげふ)して団子(だんご)販売(はんばい)営業(えいげふ)(さかん)奨励(しやうれい)(いた)して()ります。161()うか(みな)さま(おなか)()いたでせう、162あの出店(でみせ)団瘤(たんこぶ)(ひと)(づつ)()つてやつて(くだ)さい、163アハヽヽヽ』
164亀彦(かめひこ)吾々(われわれ)大変(たいへん)(はら)()きました。165支店(してん)売品(ばいひん)では面白(おもしろ)くない、166一層(いつそう)(こと)本店(ほんてん)()から(うへ)目鼻(めはな)()いた団瘤(だんこぶ)(ねぢ)ちぎつて頂戴(ちやうだい)(いた)しませうか。167アハヽヽヽ』
168一同(いちどう)『ホヽヽヽヽ』
169 鬼虎(おにとら)(かほ)(しか)めながら、
170『ヤイヤイ(みな)(やつ)(しつか)りせぬかい、171(いし)(あめ)()つたつてさう屁古垂(へこた)れるものぢやない。172(おれ)除外例(ぢよがいれい)だが、173貴様(きさま)(たち)(はや)元気(げんき)をつけて此奴(こいつ)()(じば)つて仕舞(しま)はねば、174ドンナ(こと)出来(しゆつたい)(いた)すも(わか)らぬぞ。175エイ、176何奴(どいつ)此奴(こいつ)腰抜(こしぬ)けばかりだナア、177鬼掴(おにつかみ)(やつ)178(てき)味方(みかた)感違(かんちが)ひを()よつて、179味方(みかた)頭上(づじやう)石弾(いしだま)()らしよつたのだ。180(てき)石弾(せきだん)()たれたと()ふのならまだしもだが、181味方(みかた)石弾(いしだま)()たれてこの谷川(たにがは)(つゆ)()えるかと(おも)へば、182(おれ)()ンでも()なれぬ(わい)183アヽヽ()うやら(いき)()れさうだ、184オイ貴様(きさま)(たち)185(おれ)女房(にようばう)()ンで()()れ、186最後(いまは)(きは)(ただ)一目(ひとめ)()うて()にたい(かほ)()たい、187そればつかりが黄泉(よみぢ)(まよ)ひだ。188アンアンアン』
189熊鷹(くまたか)『ヤイヤイ何奴(どいつ)此奴(こいつ)(しつか)りせぬかい、190(なん)ぢや、191地獄(ぢごく)から()()りに()たやうな真青(まつさを)(かほ)をしよつて、192ソンナ(よわ)(こと)でこの役目(やくめ)(つと)まらうか、193(しつか)りせぬかい、194アイタヽヽ、195矢張(やつぱ)(おれ)(くる)しい(わい)196(くる)しい(とき)鬼頼(おにだの)みだ、197南無(なむ)鬼雲彦(おにくもひこ)大明神(だいみやうじん)(さま)198吾等(われら)精忠(せいちう)無比(むひ)真心(まごころ)(あは)れみ(たま)ひ、199一時(いちじ)(はや)(いた)みを(とど)め、200(その)反対(はんたい)素盞嗚(すさのを)一派(いつぱ)(やつ)(あたま)(うへ)鋼鉾(まがねのほこ)(あめ)でも()らして(ほろ)ぼし(たま)へ。201それも矢張(やつぱり)貴方(あなた)(ため)ぢや、202一挙両得(いつきよりやうとく)自分(じぶん)(たす)かりや家来(けらい)(たす)かる、203コンナ()(こと)何処(どこ)にあるものか、204エヽナンボ(たの)みても()()けのないバラモン(けう)大神様(おほかみさま)だワイ』
205 (この)(とき)(また)もや鋭利(えいり)なる切尖(きつさき)()いた()(あめ)(ごと)()(きた)り、206鬼彦(おにひこ)以下(いか)魔神(まがみ)身体(しんたい)遠慮会釈(ゑんりよゑしやく)もなく()()ちにける。
207『アヽまたか、208大神様(おほかみさま)感違(かんちがひ)をなされたか、209(てき)はあの(とほ)無事(ぶじ)210味方(みかた)には(はげ)しき征矢(そや)集注(しふちう)211()間違(まちが)へば間違(まちが)ふものだなア、212アイタヽヽヽ(たま)らぬ真実(ほんと)(この)(たび)(いき)()れるぞ、213仕方(しかた)()()ンだら最後(さいご)地獄(ぢごく)(おに)となつて此奴(こいつ)(ども)()るのを()()け、214返報(へんぱう)がへしをしてこます、215ヤイ素盞嗚尊(すさのをのみこと)216(その)()奴等(やつら)(おぼ)えて()れ、217貴様(きさま)()ンだら()(つぶ)れるやうに、218(くち)()けぬやうに、219びくとも(うご)けぬやうにしてやるぞや』
220亀彦(かめひこ)『アハヽヽヽ、221(ほざ)くな(ほざ)くな、222()(つぶ)れる(くち)()けぬ、223(からだ)(うご)かぬやうにしてやらうとは()くも()へたものだワイ、224天下一品(てんかいつぴん)珍言妙語(ちんげんめうご)だ、225モシモシ英子姫(ひでこひめ)さま、226悦子姫(よしこひめ)さま、227(まひ)でも()うたらどうでせう、228コンナ面白(おもしろ)光景(くわうけい)滅多(めつた)に、229大江山(おほえやま)でなくては()られませぬよ』
230『ホヽヽヽヽ』
231 秋山彦(あきやまひこ)両手(りやうて)()み、232(こゑ)(すず)しく(ひと)(ふた)()()(あま)数歌(かずうた)(とな)ふるや、233一同(いちどう)魔神(まがみ)創所(きずしよ)(たちま)(ぬぐ)ふが(ごと)くに()()たり、234彼方(あちら)にも此方(こちら)にも(よろこ)びの(こゑ)235()()ちにける。
236『アヽ(たす)かつた』
237(めう)だ』
238不思議(ふしぎ)だ』
239怪体(けたい)(こと)があるものだワイ』
240(ささや)(はじ)めたり。241秋山彦(あきやまひこ)一同(いちどう)(むか)(こゑ)(すず)しく宣伝歌(せんでんか)(うた)ふ。
242朝日(あさひ)()るとも(くも)るとも
243(つき)()つとも()くるとも
244鬼雲彦(おにくもひこ)(つよ)くとも
245大江(おほえ)(やま)(ふか)くとも
246数多(あまた)部下(てした)はあるとても
247(しらみ)(ごと)弱虫(よわむし)
248(ひと)生血(いきち)朝夕(あさゆふ)
249(あさ)りて(くら)(やつ)ばかり
250沢山(たくさん)(しぼ)つて(たくは)へた
251身体(からだ)(なか)生血(いきち)をば
252()()すための(かみ)(わざ)
253(あたま)(くだ)(いし)(あめ)
254()(しぼ)()征矢(そや)(さき)
255(うしほ)(ごと)(なが)()でぬ
256(われ)(この)()(すく)ふてふ
257人子(ひとご)(つかさ)三五(あななひ)
258(かみ)(をしへ)のまめ(ひと)
259(おに)悪魔(あくま)となり()てし
260(なんぢ)身魂(みたま)谷川(たにがは)
261(きよ)(なが)れに(みそぎ)して
262天津御神(あまつみかみ)のたまひたる
263もとの身魂(みたま)()(なほ)
264今迄(いままで)(をか)せし罪咎(つみとが)
265直日(なほひ)見直(みなほ)()(なほ)
266百千万(ももちよろづ)(あやま)ちを
267直日(なほひ)御霊(みたま)()(なほ)
268神素盞嗚(かむすさのを)大神(おほかみ)
269(めぐみ)(ふか)御教(おんをしへ)
270(きも)(めい)じて(わす)れなよ
271石熊(いしくま)熊鷹(くまたか)鬼熊(おにくま)
272(こころ)(たけ)しき鬼彦(おにひこ)
273此処(ここ)(こころ)()(なほ)
274如何(いか)なる(てき)(てき)とせず
275(すく)(たす)くる(かみ)(みち)
276(まこと)(ちから)()(すく)
277(すく)ひの(かみ)(したが)ふか
278曲津(まがつ)(かみ)心服(まつろ)ふか
279(ぜん)(あく)との国境(くにざかひ)
280(さか)(ひさ)しき天国(てんごく)
281(かみ)御魂(みたま)となり()はり
282(まこと)(ひと)つの三五(あななひ)
283(をしへ)にかへれ百人(ももびと)
284(もと)天地(てんち)分霊(わけみたま)
285(ぜん)もなければ(あく)もない
286善悪邪正(ぜんあくじやせい)超越(てうゑつ)
287(うま)赤子(あかご)()になりて
288天地(てんち)法則(のり)(したが)へば
289(おに)大蛇(をろち)(すさ)ぶなる
290魔窟ケ原(まくつがはら)(たちま)ちに
291メソポタミヤの顕恩郷(けんおんきやう)
292(さか)えの(はな)永久(とこしへ)
293()()(じゆく)(あぢ)もよく
294(こころ)(くだ)いて()(ひと)
295(くる)しめ(なや)(わが)()(また)
296(くる)しむ(こと)()らぬもの
297サア諸人(もろびと)諸人(もろびと)
298(こころ)(そこ)より(あらた)めて
299(まこと)(みち)(かへ)るなら
300(かみ)(すくひ)御手(みて)()
301(さかえ)()てる永久(とこしへ)
302高天(たかま)(すく)(たま)ふべし
303(こたへ)如何(いか)にサア如何(いか)
304(こころ)()めて(かへ)(ごと)
305(こゑ)(すず)しく()れよかし
306(かみ)(なんぢ)()()ひて
307(あつ)(まも)らせ(たま)ふらむ
308あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
309(みたま)幸倍(さちはへ)坐世(ましませ)よ』
310(うた)(をは)れば、311鬼彦(おにひこ)(はじ)一同(いちどう)大地(だいち)はた()()せて、312感謝(かんしや)(なみだ)(むせ)びつつ山岳(さんがく)(ゆる)ぐばかりに(こゑ)(はな)つて()(さけ)びける。
313大正一一・四・一四 旧三・一八 加藤明子録)