霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一〇章 白狐(びやくこ)出現(しゆつげん)〔六〇〇〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第16巻 如意宝珠 卯の巻 篇:第1篇 神軍霊馬 よみ:しんぐんれいば
章:第10章 第16巻 よみ:びゃっこのしゅつげん 通し章番号:600
口述日:1922(大正11)年04月14日(旧03月18日) 口述場所: 筆録者:北村隆光 校正日: 校正場所: 初版発行日:1922(大正11)年12月25日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
鬼雲彦が無念の思いにその場に沈んでいると、鬼雲彦妻子の死体は巨大な白狐に還元し、這い出した。手下と見えた鬼彦らも、白狐の正体をあらわして、鬼雲彦を取り囲む。
鬼雲彦は暴れ狂い、鬼ヶ城山を指して逃げていった。多くの従卒も鬼雲彦に続いた。しかし鬼ヶ城山方面からは、亀彦宣伝使らが向かって来た。鬼雲彦は元来た道を逃げ戻り、大江山本城に逃げ込んだ。
本城で妻の鬼雲姫と合流したが、夫婦共に城内の井戸に落ち込んでしまった。そこを亀彦に引き上げられた。
一方、鬼武彦はさいぜん、鬼彦らを閉じ込めた洞窟の蓋岩を開けた。鬼彦一行は大江山本城に戻ってみると、鬼雲彦夫婦が、亀彦らに囲まれて説諭を受けていた。
鬼彦一行は亀彦らと宣伝歌を唱和した。いたたまれなくなった鬼雲彦夫婦は、一目散に駆け出して伊吹山方面指して逃げていった。
鬼武彦は、大江山は邪神の集まる霊界の四辻であるので、神政成就の暁まで、自分がここを守護することを宣言した。
亀彦、英子姫、悦子姫は鬼武彦の働きと神術を激賞した。そして東を指して進んで行った。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm1610
愛善世界社版:126頁 八幡書店版:第3輯 447頁 修補版: 校定版:130頁 普及版:56頁 初版: ページ備考:
001八洲(やしま)(くに)()(めぐ)
002この()(くも)らす自在天(じざいてん)
003自由自在(じいうじざい)活動(くわつどう)
004(つづ)けて(ここ)婆羅門(ばらもん)
005大棟梁(だいとうりやう)(あふ)がれし
006鬼雲彦(おにくもひこ)猛将(まうしやう)も、
007 最愛(さいあい)(つま)非業(ひがう)最後(さいご)(また)もや(つづ)いて子女(しぢよ)(あさ)ましき(この)姿(すがた)()(むね)()()(ばか)り、008(こん)()え、009(はく)(ほろ)びる(ごと)心地(ここち)(なが)らドツカと(その)()打倒(うちたふ)無念(むねん)(なみだ)にくれ()たり。010鬼彦(おにひこ)(かた)(ゆす)(なが)大口(おほぐち)()けて高笑(たかわら)ひ、
011『アハヽヽヽ、012(われ)こそは鬼彦(おにひこ)とは(いつは)(まこと)大江山(たいかうざん)(あら)はれし白狐(びやくこ)鬼武彦(おにたけひこ)013(なんぢ)悪神(あくがみ)計略(けいりやく)根底(こんてい)より(くつが)へさむと千変万化(せんぺんばんくわ)活動(くわつどう)(つづ)け、014神素盞嗚(かむすさのを)大神(おほかみ)大命(たいめい)(ほう)じ、015(なんぢ)一類(いちるゐ)征服(せいふく)(むか)うたり、016(なんぢ)(ちから)(たの)鬼彦(おにひこ)魔窟ケ原(まくつがはら)岩窟(がんくつ)(かくま)ひあれば(なんぢ)神力(しんりき)(もつ)(もと)()せよ、017さり(なが)(かれ)最早(もはや)(なんぢ)意志(いし)(したが)(もの)(あら)ず、018立派(りつぱ)なる三五教(あななひけう)信者(しんじや)となりて()るぞ、019(なんぢ)(つま)()えしは(なんぢ)()(あやま)り、020(わが)眷族(けんぞく)()もなき白狐(びやくこ)変化(へんげ)
021言葉(ことば)(をは)らずに鬼雲姫(おにくもひめ)(たちま)巨大(きよだい)なる白狐(びやくこ)となつてノソリノソリと()(はじ)め、022鬼雲彦(おにくもひこ)(むか)つて()(ひか)らせ(きば)()()びかからむとする(いきほひ)(しめ)()る。023鬼虎(おにとら)(また)もや威丈(ゐだ)(だか)(むね)()(なが)大口(おほぐち)()けて高笑(たかわら)ひ、
024『アハヽヽヽ、025(われ)こそは大江山(たいかうざん)(あら)はれて四方(よも)魔神(まがみ)征服(せいふく)言向(ことむ)(やは)(かみ)使(つかひ)026(あさひ)白狐(びやくこ)化身(けしん)なるぞ、027(なんぢ)(ちから)(たの)四天王(してんわう)随一(ずゐいつ)(きこ)えたる鬼虎(おにとら)前非(ぜんぴ)()(いま)三五教(あななひけう)信者(しんじや)となれり、028魔窟ケ原(まくつがはら)岩窟(がんくつ)(かくま)ひあれば未練(みれん)あらば(なんぢ)自由(じいう)岩戸(いはと)(ひら)いて面会(めんくわい)せよ、029(なんぢ)(せがれ)()えたるは、030(これ)白狐(びやくこ)化身(けしん)なり、031(なんぢ)妻子(さいし)手段(てだて)(もつ)て、032(ある)(ところ)(かく)まひあれば改心(かいしん)次第(しだい)にて親子(おやこ)夫婦(ふうふ)対面(たいめん)(ゆる)()れむ』
033言葉(ことば)(をは)らぬに(また)もや(ひと)つの網代籠(あじろかご)よりノソノソ()()巨大(きよだい)白狐(びやくこ)034以前(いぜん)(ごと)鬼雲彦(おにくもひこ)身辺(しんぺん)()(いか)らし(きば)()きつつ(すす)()る。035熊鷹(くまたか)(また)もや()(あが)り、
036(われ)こそは神素盞嗚(かむすさのを)大神(おほかみ)()てさせ(たま)三五(あななひ)(をしへ)(つか)ふる白狐(びやくこ)高倉(たかくら)037熊鷹(くまたか)()えしは(この)(はう)化身(けしん)
038言葉(ことば)(をは)らぬに(また)もや()()巨大(きよだい)白狐(びやくこ)039(おな)じく鬼雲彦(おにくもひこ)(むか)つて(おそ)()く。040石熊(いしくま)(また)もや()(あが)り、
041(われ)こそは月日明神(つきひみやうじん)()(いただ)きし常夜(とこよ)(くに)大江山(たいかうざん)(あら)はれたる白狐(びやくこ)なるぞ、042(なんぢ)(いま)より前非(ぜんぴ)()婆羅門教(ばらもんけう)()()てて三五(あななひ)(かみ)(をしへ)信従(しんじゆう)するか、043違背(ゐはい)(およ)ばば大江(おほえ)(やま)木端微塵(こつぱみぢん)()(くだ)き、044(くさ)片葉(かきは)(いた)(まで)()(ほろ)ぼさむ、045返答(へんたふ)如何(いか)に』
046()めかける。047(また)もや(ひと)つの駕籠(かご)よりは巨大(きよだい)白狐(びやくこ)(あら)はれて鬼雲彦(おにくもひこ)前後左右(ぜんごさいう)より()()きコンコンと()()(なが)改心(かいしん)(せま)る。048鬼雲彦(おにくもひこ)(たちま)精神(せいしん)錯乱(さくらん)して大刀(だいたう)()()前後左右(ぜんごさいう)()(くる)ひ、049(やかた)(あと)()(しげ)みを()して姿(すがた)(かく)したり。050数多(あまた)従卒(じゆうそつ)(ども)鬼雲彦(おにくもひこ)(あと)()ひ、051(やま)()(たに)(わた)鬼ケ城山(おにがじやうざん)方面(はうめん)さして(ちから)(かぎ)りに遁走(とんそう)したりける。
052 鬼ケ城山(おにがじやうざん)方面(はうめん)より亀彦(かめひこ)先登(せんとう)英子姫(ひでこひめ)053悦子姫(よしこひめ)宣伝歌(せんでんか)(うた)(なが)此方(こちら)(むか)つて前進(ぜんしん)(きた)る。054流石(さすが)鬼雲彦(おにくもひこ)前後(ぜんご)(てき)()死物狂(しにものぐるひ)勇気(ゆうき)(あら)はし、055長刀(ちやうたう)()()いて亀彦(かめひこ)目蒐(めが)けて()つて(かか)るを、056心得(こころえ)たりと亀彦(かめひこ)(みぎ)(ひだり)()(かは)飛鳥(ひてう)(ごと)(いど)(たたか)へば鬼雲彦(おにくもひこ)(きびす)(かへ)し、057もと()(みち)一目散(いちもくさん)(かへ)()く。058数多(あまた)従卒(じゆうそつ)(われ)(おく)れじと三十六計(さんじふろくけい)(おく)()()して()()りバラバラ、059(あし)(まか)せて()げて()く。060何時(いつ)()にやら鬼雲彦(おにくもひこ)(また)もや本城(ほんじやう)門前(もんぜん)(かへ)()たりぬ。061門内(もんない)には鬼雲姫(おにくもひめ)(さけ)(ごゑ)
062鬼雲彦(おにくもひこ)(をつと)はあらざるか、063虎彦(とらひこ)064亀彦(かめひこ)065山姫(やまひめ)066河姫(かはひめ)何所(いづこ)ぞ』
067()藻掻(もが)(こゑ)(かぎ)りに(さけ)()る。068鬼雲彦(おにくもひこ)(いき)()()門戸(もんこ)(たた)き、
069『ヤアさう()(こゑ)女房(にようばう)なるか、070(おれ)無事(ぶじ)此処(ここ)まで(かへ)つて()たぞよ。071鬼武彦(おにたけひこ)如何(どう)なつた、072白狐(びやくこ)奴等(やつら)何処(どこ)()つた、073返答(へんたふ)せよ』
074呶鳴(どな)()てる。075鬼雲姫(おにくもひめ)門内(もんない)より、
076『アヽ(こひ)しき(わが)(をつと)077()くも無事(ぶじ)(かへ)らせ(たま)ひしぞ』
078(なか)より(もん)(さつ)()(ひら)鬼雲彦(おにくもひこ)()()つて(おく)(おく)へと(すす)()く。079(あま)りの(うれ)しさに足許(あしもと)()えず鬼雲姫(おにくもひめ)(をつと)()(たづさ)へたる(まま)080かねて穿(うが)()いたる城内(じやうない)井戸(ゐど)夫婦(ふうふ)共々(ともども)にドスンと(ばか)(おちこ)みぬ。081大江山(おほえやま)本城(ほんじやう)(てき)味方(みかた)(かげ)(かく)(かす)かに(ねずみ)()(ごゑ)のみ(きこ)()る。082門前(もんぜん)には大江山(おほえやま)山颪(やまおろし)083(いは)()べよと(ばか)()(すさ)みゐる。084(つき)(はや)西(にし)(ぼつ)黒雲(こくうん)四辺(しへん)(つつ)咫尺(しせき)(べん)ぜず、085暗黒(あんこく)(とばり)(おろ)されたり。086鬼雲彦(おにくもひこ)夫婦(ふうふ)千仭(せんじん)井戸(ゐど)(そこ)数多(あまた)(まむし)諸共(もろとも)世間(せけん)()らずの楽隠居(らくいんきよ)087(いな)(まむし)地獄(ぢごく)(くるし)生活(せいくわつ)(あは)れなりける次第(しだい)なり。
088 かかる(ところ)(あと)()()たる亀彦(かめひこ)はツカツカと門内(もんない)(すす)()城内(じやうない)(くま)なく(さが)せども人影(ひとかげ)さへも()えざれば如何(いかが)せしやと三人(さんにん)四辺(あたり)(こころ)(くば)りつつ(うかが)(をり)しも井戸(ゐど)(そこ)より(あや)しき(さけ)(ごゑ)089はて(いぶ)かしやと手燭(てしよく)(とぼ)して(うかが)へば(まぎ)(かた)なき鬼雲彦(おにくもひこ)夫婦(ふうふ)(もの)090九死一生(きうしいつしやう)(この)(くるし)みを()るに()かね(やかた)井桁(ゐげた)太縄(ふとなは)()()けツルツルと井中(ゐなか)()(おろ)せば、091鬼雲彦(おにくもひこ)夫婦(ふうふ)無我夢中(むがむちう)になつて手早(てばや)(この)(つな)()()くや(いな)(つな)はツルツルと何物(なにもの)にか()()げられて(ふたた)(もと)(ところ)(かへ)()きぬ。092(やみ)(とほ)して(きこ)ゆる三五教(あななひけう)宣伝歌(せんでんか)093鬼雲彦(おにくもひこ)夫婦(ふうふ)(かな)はぬ(とき)神頼(かみだの)み、094婆羅門教(ばらもんけう)神歌(しんか)(とな)(こゑ)(かぎ)りに哀願(あいぐわん)する。095一方(いつぱう)鬼武彦(おにたけひこ)(さき)()()きたる千引(ちびき)(いは)()(のぞ)岩蓋(いはぶた)をサツと(ひら)けば()ちかねたる(ごと)(あら)はれ(きた)鬼彦(おにひこ)096鬼虎(おにとら)097熊鷹(くまたか)098石熊(いしくま)(その)()数多(あまた)帰順(きじゆん)せし人々(ひとびと)は、099枯木(かれき)(はな)()きしが(ごと)(よろこ)(いさ)み、100大江山(おほえやま)本城(ほんじやう)目蒐(めが)けて(かへ)()たりぬ。
101 (あづま)(そら)はホンノリと(しら)()め、102()けの(からす)がカアカアと()(はじ)めたり。103(やうや)山上(さんじやう)鬼雲彦(おにくもひこ)門前(もんぜん)()(かへ)れば亀彦(かめひこ)104英子姫(ひでこひめ)105悦子姫(よしこひめ)三人(さんにん)()()かれ、106鬼雲彦(おにくもひこ)夫婦(ふうふ)何事(なにごと)説諭(せつゆ)()けつつありぬ。107鬼彦(おにひこ)(はじ)一同(いちどう)亀彦(かめひこ)一行(いつかう)一礼(いちれい)天津祝詞(あまつのりと)奏上(そうじやう)三五教(あななひけう)宣伝歌(せんでんか)(こゑ)(そろ)へて()りつれば、108鬼雲彦(おにくもひこ)夫婦(ふうふ)()たたまらず(やかた)()てて一目散(いちもくさん)(くも)(かすみ)()()伊吹山(いぶきやま)方面(はうめん)目蒐(めが)けて(あま)岩船(いはふね)手早(てばや)打乗(うちの)夫婦(ふうふ)諸共(もろとも)中空(ちうくう)(かけ)()く。
109 亀彦(かめひこ)110英子姫(ひでこひめ)111悦子姫(よしこひめ)は、112鬼武彦(おにたけひこ)(かみ)言霊(ことたま)(もつ)てさし(まね)けば(たちま)(ひる)(てん)(かす)白煙(はくえん)となりて南方(なんぱう)より(あら)はれ(きた)(たちま)三人(さんにん)(まへ)英姿(えいし)(あら)はしたり。
113亀彦(かめひこ)『ヤア鬼武彦(おにたけひこ)殿(どの)114貴下(きか)活動(くわつどう)天晴(あつぱ)天晴(あつぱ)れ、115(われ)(これ)より聖地(せいち)(むか)つて(ふたた)(すす)まむ。116貴下(きか)此処(ここ)(とど)まり(たま)ひて、117(あさひ)118高倉(たかくら)119月日(つきひ)諸使(しよし)(とも)悪魔(あくま)征服(せいふく)守護(しゆご)をなし(たま)へ』
120鬼武彦(おにたけひこ)委細(ゐさい)承知(しようち)(つかまつ)る、121当山(たうざん)天下(てんか)邪神(じやしん)(あつ)まり(きた)霊界(れいかい)四辻(よつつじ)なれば国武彦(くにたけひこ)大神(おほかみ)122以前(いぜん)(ごと)国治立(くにはるたち)大神(おほかみ)(あら)はれ(たま)ひ、123神素盞嗚大神(かむすさのをのおほかみ)124(みづ)御霊(みたま)(あら)はれて、125神政(しんせい)成就(じやうじゆ)(あかつき)まで(かは)(がは)当山(たうざん)守護(しゆご)(たてまつ)らむ、126吾々(われわれ)此処(ここ)にあらむ(かぎ)りは豊葦原(とよあしはら)中津国(なかつくに)なる自転倒島(おのころじま)()()安心(あんしん)なされ()し、127貴下(きか)素盞嗚(すさのを)大神様(おほかみさま)御後(おんあと)(したが)天下(てんか)(わだかま)八岐(やまた)大蛇(をろち)言向(ことむ)けて神政(しんせい)復古(ふくこ)神業(しんげふ)奉仕(ほうし)されよ、128万一(まんいち)御身(おんみ)(うへ)危急(ききふ)(こと)あらば土地(とち)遠近(をちこち)()はず、129鬼武彦(おにたけひこ)130(あさひ)131高倉(たかくら)132月日(つきひ)()()ばせ(たま)へば、133時刻(じこく)(うつ)さず出張(しゆつちやう)応援(おうゑん)(つかまつ)らむ』
134 亀彦(かめひこ)135英子姫(ひでこひめ)136悦子姫(よしこひめ)一度(いちど)満足(まんぞく)()(へう)鬼武彦(おにたけひこ)千変万化(せんぺんばんくわ)神業(かむわざ)激賞(げきしやう)此処(ここ)目出度(めでた)(たもと)(わか)(ひがし)()して(すす)()く。
137大正一一・四・一四 旧三・一八 北村隆光録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
9/15【霊界物語ネット】王仁文庫の第三篇「瑞能神歌」を掲載しました。