霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


【新着情報】霊界物語読者アンケート集計結果発表!(7/20)こちらのページです。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一二章 捜索隊(そうさくたい)〔六〇二〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第16巻 如意宝珠 卯の巻 篇:第2篇 深遠微妙 よみ:しんえんびみょう
章:第12章 第16巻 よみ:そうさくたい 通し章番号:602
口述日:1922(大正11)年04月15日(旧03月19日) 口述場所: 筆録者:河津雄 校正日: 校正場所: 初版発行日:1922(大正11)年12月25日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
秋山彦は、ウラナイ教宣伝使と聞くと、追い返すように紅葉姫に言いつけた。紅葉姫は高姫らを待たせていた部屋に戻ると、二人はすでにいなかった。そして、宝庫の鍵が無くなっているのに気がついた。
秋山彦は邸内を捜索させるが、二人の姿はなく、鍵もみつからない。そこへ表に騒ぎが聞こえた。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm1612
愛善世界社版:150頁 八幡書店版:第3輯 455頁 修補版: 校定版:154頁 普及版:67頁 初版: ページ備考:
001 由良(ゆら)(みなと)人子(ひとご)(つかさ)秋山彦(あきやまひこ)は、002見晴(みは)らしよき(おく)一間(ひとま)に、003数多(あまた)家子(いへのこ)郎党(らうたう)(あつ)め、004折柄(をりから)(のぼ)三五(さんご)(つき)(なが)めて、005大江山(おほえやま)鬼雲彦(おにくもひこ)退治(たいぢ)祝宴(しゆくえん)()()たり。006紺碧(こんぺき)青空(あをぞら)には一点(いつてん)雲影(うんえい)()く、007(ほし)(まばら)に、008(つき)(きよ)(すず)しく、009銀鏡(ぎんきやう)()けたるが(ごと)し。
010秋山彦(あきやまひこ)『アヽ()(つき)だ、011月々(つきづき)(つき)てふ(つき)(おほ)けれど、012(つき)()(つき)今日(けふ)()(つき)013といふ仲秋(ちうしう)(つき)よりも、014(うるは)しい()心持(こころもち)だ、015悪魔(あくま)退治(たいぢ)(うれ)しさにみろく(さま)のお(かほ)もにこにことしてござる、016かかる(うるは)しき(たふと)(つき)(なが)めて、017月見(つきみ)(えん)()るは(じつ)勿体(もつたい)ないやうだ。018(しか)(なが)らこれがみろく(のかみ)広大無辺(くわうだいむへん)御慈光(ごじくわう)といふものだ、019貴賤(きせん)老幼(らうえう)区別(くべつ)なく、020(つき)(なが)めて快感(くわいかん)(おぼ)えない(もの)はない、021何程(なにほど)日輪様(にちりんさま)立派(りつぱ)だと()つても、022(ひる)最中(さいちう)日輪様(にちりんさま)()(さけ)()(もの)はない、023また日輪(にちりん)見物(けんぶつ)をするといふ(こと)到底(たうてい)出来(でき)ない、024中天(ちうてん)太陽(たいやう)(しばら)見詰(みつ)めて()れば(たちま)()(くら)みてしまう、025これを()ても月日(つきひ)(はたら)きの区別(くべつ)歴然(れきぜん)たるものだ、026素盞嗚大神(すさのをのおほかみ)(さま)(つき)御魂(みたま)(うけたま)はる、027(じつ)(たふと)(うるは)しい仁慈(じんじ)()めるお(かほ)028紅葉姫(もみぢひめ)何処(どこ)にゐるか、029この立派(りつぱ)なお姿(すがた)(をが)ましたいものだ』
030(みづか)()()ち、031玄関(げんくわん)(つぎ)()より、
032紅葉姫(もみぢひめ)々々々(もみぢひめ)
033()ばはりける。034紅葉姫(もみぢひめ)(をつと)(こゑ)に、035二人(ふたり)来客(らいきやく)()たせ()き、036月見(つきみ)(せき)(あら)はれ、037秋山彦(あきやまひこ)(むか)ひ、038ウラナイ(けう)宣伝使(せんでんし)来訪(らいはう)()げたるに、039秋山彦(あきやまひこ)顔色(がんしよく)(たちま)(かは)り、
040『ナニ、041ウラナイ(けう)宣伝使(せんでんし)来訪(らいはう)とナ、042(それ)こそ大変(たいへん)043(てい)よく挨拶(あいさつ)(いた)して無事(ぶじ)(かへ)すがよからう。044イヤ紅葉姫(もみぢひめ)045(なんぢ)一刻(いつこく)(はや)玄関(げんくわん)(きやく)(たい)しお(ことわ)りを(まを)せ』
046 紅葉姫(もみぢひめ)は、047二人(ふたり)宣伝使(せんでんし)秋山彦(あきやまひこ)板挟(いたばさみ)となつた心地(ここち)し、048(やうや)玄関(げんくわん)立現(たちあら)はれ()れば、049二人(ふたり)(かげ)もなし。050ハテ(いぶ)かしと四辺(あたり)見廻(みまは)途端(とたん)(がく)(うら)(かく)しありし玉鍵(たまかぎ)(ふさ)()えざるに()がつき、051(おどろ)額裏(がくうら)(あらた)()れば、052()如何(いか)に、053最前(さいぜん)までここに(しま)()きし冠島(かむりじま)054沓島(くつじま)宝庫(はうこ)(かぎ)は、055何者(なにもの)かに(ぬす)まれてゐる。056紅葉姫(もみぢひめ)(おどろ)(あは)て、057奥殿(おくでん)()つて、058(をつと)秋山彦(あきやまひこ)に、059玉鍵(たまかぎ)紛失(ふんしつ)せし(こと)(おそ)(おそ)()げたるに、060秋山彦(あきやまひこ)は、
061『すわこそ大変(たいへん)062二人(ふたり)宣伝使(せんでんし)所為(しよゐ)にはあらざるか、063ヤアヤア者共(ものども)064酒宴(しゆえん)どころではない、065(をんな)(ども)境内(けいだい)(くま)なく捜索(そうさく)せよ、066(をとこ)(ども)門外(もんぐわい)()()し、067宣伝使(せんでんし)所在(ありか)(たづ)(かぎ)有無(うむ)調(しら)(きた)れ』
068下知(げち)すれば、069数多(あまた)男女(だんぢよ)(もん)(うち)(そと)とに手配(てくば)りしながら、070(かぎ)行方(ゆくへ)捜索(そうさく)する(こと)となりぬ。071秋山彦(あきやまひこ)門番(もんばん)銀公(ぎんこう)072加米公(かめこう)傍近(そばちか)(まね)き、
073(その)(はう)表門(おもてもん)(まも)()であり(なが)ら、074二人(ふたり)男女(だんぢよ)脱出(だつしゆつ)するを()づかざりしか、075様子(やうす)()かせよ』
076銀公(ぎんこう)吾々(われわれ)両人(りやうにん)はお役目(やくめ)大切(たいせつ)山門(さんもん)仁王(にわう)(ごと)く、077(きび)しく()見張(みは)警護(けいご)(いた)して()れば、078(ねずみ)出入(でいり)さへも(くは)しく(ぞん)じて()ります。079(しか)るに最前(さいぜん)()(きた)りし男女(だんぢよ)二人(ふたり)は、080まだ表門(おもてもん)をくぐりませぬ。081大方(おほかた)邸内(ていない)潜伏(せんぷく)(いた)して()りませうから、082(とく)御詮議(ごせんぎ)(くだ)されませ』
083秋山彦(あきやまひこ)裏門(うらもん)如何(いかが)(いた)した』
084 加米公(かめこう)(あたま)()(なが)ら、
085『ハイ(その)裏門(うらもん)()ツから()ツから(ぞん)じませぬ』
086秋山彦(あきやまひこ)門番(もんばん)(まを)せば、087(おもて)ばかりでない、088裏門(うらもん)矢張(やつぱり)(もん)のうちだ、089それがために二人(ふたり)門番(もんばん)()いてあるのではないか、090大方(おほかた)裏門(うらもん)より()()たのであらう』
091加米公(かめこう)表門(おもてもん)(なん)でも(かん)でも這入(はい)るのが商売(しやうばい)092裏門(うらもん)(なん)でも()でも(みな)(かす)()るところ』
093秋山彦(あきやまひこ)馬鹿(ばか)094(はや)裏門(うらもん)方面(はうめん)捜索(そうさく)(いた)せ』
095血相(けつさう)()へて呶鳴(どな)()る。096二人(ふたり)裏門口(うらもんぐち)()しかかりけるに、097何物(なにもの)(くろ)きものが(もん)入口(いりぐち)()ちゐたり、098手早(てばや)(ひろ)()(なが)むれば、099玉鍵(たまかぎ)(ふさ)なりき。
100銀公(ぎんこう)『ヤア、101これさへあれば、102もう大丈夫(だいぢやうぶ)だ、103スンデのことで二人(ふたり)(ぞく)()()がし、104免職(めんしよく)()うところだつた、105これで(やうや)(まを)(わけ)()つ』
106裏門(うらもん)(かた)()め、107意気(いき)揚々(やうやう)として、108秋山彦(あきやまひこ)居間(ゐま)(すす)()りぬ。109秋山彦(あきやまひこ)脇足(けうそく)(もた)()(ふさ)ぎ、110(ふか)思案(しあん)(しづ)みゐる。111銀公(ぎんこう)(ふところ)玉鍵(たまかぎ)(ふさ)()れ、112(すこ)しく(その)(はし)()(なが)ら、
113旦那様(だんなさま)114御心配(ごしんぱい)なされますな、115(たしか)(ぞく)()()りましたが、116(かれ)(うば)()つた品物(しなもの)裏門口(うらもんぐち)遺失(ゐしつ)して()りました。117(この)銀公(ぎんこう)月夜(つきよ)にも(かか)はらず目敏(めざと)(さと)つて(ひろ)()げ、118(いま)ここに持参(ぢさん)いたしてございます、119サアお(あらた)(くだ)されませ』
120元気(げんき)さうに()ふ。121秋山彦(あきやまひこ)(かほ)()()(ひら)き、122満面(まんめん)(ゑみ)(たた)(なが)ら、
123『ナニ、124玉鍵(たまかぎ)遺失(ゐしつ)してあつたか、125それは重畳(ちようでう)126出来(でか)した出来(でか)した、127サア(はや)く、128(わが)(まへ)(いだ)せよ』
129 銀公(ぎんこう)(ゆび)(さき)(ふところ)(ふさ)一寸(ちよつと)(ゆび)さし、
130『ヘヽヽヽ、131()ツこの(とほ)り、132立派(りつぱ)(ふさ)でござります、133総絹(そうきぬ)で、134ぼとぼとするほど(おも)たい(うるは)しい光沢(くわうたく)135これさへあれば、136(さわ)()さるにも(およ)びますまい』
137秋山彦(あきやまひこ)『それは有難(ありがた)い、138(わが)(まへ)()(きた)れ』
139 銀公(ぎんこう)(かた)(そび)やかせ(なが)ら、
140『サア、141これでございます、142よくよくお(あらた)(くだ)さいませ』
143勿体(もつたい)()つて、144(まへ)()()したり。
145秋山彦(あきやまひこ)『ヤア、146これは玉鍵(たまかぎ)(ふさ)だ、147(かぎ)何処(いづこ)にあるか』
148銀公(ぎんこう)旦那様(だんなさま)149()のやうな(さび)(かぎ)はどうでも(よろ)しい、150心配(しんぱい)なされますな、151(てつ)一片(ひときれ)もあれば、152(すぐ)()(なほ)して()げませう。153立派(りつぱ)()(ふさ)()()るからは、154あのやうな(きたな)いものにお(かま)(あそ)ばすな』
155秋山彦(あきやまひこ)『ヤア失敗(しま)つた、156これや()うしては()られぬ(わい)157ヤア銀公(ぎんこう)158加米公(かめこう)159(ふね)用意(ようい)(いた)せ』
160委細(ゐさい)承知(しようち)(つかまつ)りました』
161(この)()立出(たちい)でる。162紅葉姫(もみぢひめ)室内(しつない)(くま)なく捜索(そうさく)し、163(かぎ)所在(ありか)()れざるに、164当惑(たうわく)(いき)()(なが)ら、165(この)()(あらは)(きた)り、
166旦那様(だんなさま)167如何(いかが)(いた)しませう、168素盞嗚大神(すさのをのおほかみ)(さま)169国武彦命(くにたけひこのみこと)(さま)に、170申訳(まをしわけ)がございませぬ』
171秋山彦(あきやまひこ)(いま)となつて、172繰言(くりごと)いつた(とこ)()()かない、173彼等(かれら)冠島沓島(をしまめしま)(ふね)にて(わた)りしに相違(さうゐ)ない、174一時(いちじ)(はや)(ふね)用意(ようい)をなし、175(あと)(おひ)かけて(かぎ)取返(とりかへ)さねばなるまい』
176 (かか)(ところ)(おもて)(かた)(また)もや(にはか)(さわ)がしくなり()たりぬ。177夫婦(ふうふ)(たがひ)(かほ)見合(みあは)せ、178何事(なにごと)ならむと(みみ)(すま)して(おもて)様子(やうす)()()りにける。
179大正一一・四・一五 旧三・一九 河津雄録)