霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


【新着情報】霊界物語読者アンケート集計結果発表!(7/20)こちらのページです。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一九章 文珠如来(もんじゆによらい)〔六〇九〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第16巻 如意宝珠 卯の巻 篇:第3篇 真奈為ケ原 よみ:まないがはら
章:第19章 第16巻 よみ:もんじゅにょらい 通し章番号:609
口述日:1922(大正11)年04月16日(旧03月20日) 口述場所: 筆録者:松村真澄 校正日: 校正場所: 初版発行日:1922(大正11)年12月25日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
黒姫は今度は、悦子姫に説教を始める。黒姫は大風呂敷を広げて素盞嗚尊の悪口を言い、変性男子の系統の日の出神の生き宮に従うように、と悦子姫に迫る。
一同は黒姫に係わり合いになっていると足止めを食うので、そのまま過ぎ去ろうとするが、黒姫が引き止めにかかるが、鬼虎、加米彦は先へ促す。
音彦は黒姫の偵察をしようと付いてきたわけを明かし、ウラナイ教の教理は取るに足らないことがわかったから、もう三五教に戻って一緒に行こう、という。
黒姫はしきりに大風呂敷を広げて一同をウラナイ教に引き込もうとするが、説得力がなく、三五教の一行は去っていく。
一行は途中、文珠堂を見つけてそこで一夜の宿を取る。鬼虎は、かつて竜灯松の麓へ悦子姫らを召捕りに行った晩のことを思い出している(第一章)。青彦、音彦、加米彦らもかつての遍歴を思い起こして語り出す。
鬼虎は寝ずの番を買って出るが、寝ぼけて夢を見ている。その間に、天から竜灯松をめがけて火団が落下して物凄い音を立てた。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm1619
愛善世界社版:227頁 八幡書店版:第3輯 484頁 修補版: 校定版:231頁 普及版:102頁 初版: ページ備考:
001 ヤンチヤ(ばば)アの黒姫(くろひめ)は、002性来(しやうらい)()かぬ()極度(きよくど)発揮(はつき)し、003青彦(あをひこ)004音彦(おとひこ)(その)()(むか)つて舌端(ぜつたん)黒煙(こくえん)()き、005一人(ひとり)(のこ)さず紅蓮(ぐれん)(ほのほ)()(つく)さむと(すさま)じき(いきほひ)なり。
006黒姫(くろひめ)『コレコレ、007最前(さいぜん)から其処(そこ)に、008(をとこ)とも、009(をんな)とも、010(わけ)(わか)らぬ(ふう)をして()三五教(あななひけう)宣伝使(せんでんし)011()加減(かげん)(この)()(いとま)()ひをしても悦子姫(よしこひめ)阿婆擦(あばず)(をんな)012沢山(たくさん)荒男(あらをとこ)()きつれて、013女王(ぢよわう)気取(きど)りで、014傲然(ごうぜん)(かま)へて御座(ござ)るが、015チト(この)(ばば)アが天地(てんち)根本(こつぽん)道理(だうり)()みて(ふく)める(やう)()()かしてやるから、016ソンナ蓑笠(みのかさ)をスツパリと()いで、017此処(ここ)御座(ござ)れ、018滅多(めつた)にウラナイ(けう)(ため)(わる)(やう)(こと)(まを)さぬ。019()ふは当座(たうざ)(はぢ)020()らぬは末代(まつだい)(はぢ)だ、021(この)(やま)(なか)結構(けつこう)神徳(しんとく)(いただ)いて、022(また)都会(ひろみ)()たら、023自分(じぶん)発明(はつめい)した(やう)に、024宣伝使面(せんでんしづら)()げて(ある)かうと(まま)ぢや。025(なん)でも()いて()けば(そん)()かぬ。026サアサア(ばば)アの渋茶(しぶちや)でも()みて、027トツクリと身魂(みたま)洗濯(せんたく)をしなされ。028チツト(この)(ごろ)はお(まへ)顔色(かほいろ)(わる)い。029(この)黒姫(くろひめ)(みやく)()つて()げよう。030……どうやら浮中沈(ふちうちん)031七五三(しちごさん)脈膊(みやくはく)混乱(こんらん)して()(やう)ぢや、032(いま)(うち)療養(れうやう)せぬと、033丸気違(まるきちがひ)になつて(しま)ふぜ。034(いま)でさへも半気違(はんきちがひ)ぢや。035神霊(しんれい)注射(ちうしや)()つてあげようか。036それが()かなくば、037モルヒネ注射(ちうしや)でもしてやらうかい。038サアサア トツトと(まへ)()なさい』
039悦子姫(よしこひめ)『それはそれは、040(なに)から(なに)まで御心(おこころ)()けられまして、041御親切(ごしんせつ)有難(ありがた)御座(ござ)います』
042黒姫(くろひめ)有難(ありがた)いか、043ウラナイ(けう)親切(しんせつ)なものだらう。044(あたま)(さき)から(あし)爪先(つまさき)045神経(しんけい)系統(けいとう)から運動(うんどう)機関(きくわん)(まを)すに(およ)ばず、046食道(しよくだう)047消化(せうくわ)機関(きくわん)から生殖器(せいしよくき)048(なに)から(なに)(まで)049チヤンと()をつけて、050根本(こつぽん)から()()かし、051(やまひ)()()重宝(ちようほう)(をしへ)ぢや。052(まへ)神経(しんけい)中枢(ちうすう)多少(たせう)異状(いじやう)があると()えて、053三五教(あななひけう)木花姫(このはなひめ)生宮(いきみや)(やう)に、054(をんな)だてら、055(をとこ)風采(なり)をして、056(をとこ)同伴(つら)つて、057そこら(ぢう)(ある)きまはすのは、058普通(ひととほり)ではない。059(この)(まま)()つとくと、060巣鴨(すがも)(ゆき)をせなければならぬかも()れやしない。061………サアサア(この)黒姫(くろひめ)耆婆扁鵲(きばへんじやく)跣足(はだし)()げると()義理(ぎり)(がた)義婆(ぎば)ぢや。062世間(せけん)(やつ)(わけ)()らずに、063黒姫(くろひめ)(なん)(かん)のと(まを)すけれども、064燕雀(えんじやく)()ンぞ大鵬(たいほう)(こころざし)()らむやだ。065三千世界(さんぜんせかい)立替(たてかへ)立直(たてなほ)しの根本(こつぽん)(さぐ)ると()ふ、066大望(たいまう)なウラナイ(けう)を、067三五教(あななひけう)宣伝使(せんでんし)(くらゐ)(わか)つて(たま)るものか。068(まへ)此処(ここ)()たのも、069みなウラナイ(けう)守護(しゆご)(たま)ふ、070(たふと)大神様(おほかみさま)御引合(おひきあは)せぢや。071(つまづ)(いし)(えん)(はし)()つて、072世界(せかい)には(みち)(ある)いて()ると、073沢山(たくさん)(いし)(ころ)がつて()る。074(その)幾十万(いくじふまん)とも()れぬ(いし)(うち)に、075(つまづ)(いし)()つたら、076(わづか)(ひと)つか(ふた)(くらゐ)なものだよ。077これも因縁(いんねん)()ければ蹴躓(けつまづ)(こと)出来(でき)なければ、078蹴躓(けつまづ)かれる(こと)出来(でき)やしない。079(おな)時代(じだい)(うま)れ、080(おな)じお(つち)(うへ)()つても、081コンナ結構(けつこう)なウラナイ(けう)()らずに、082三五教(あななひけう)にとぼけて一生(いつしやう)(おく)(やう)(こと)本当(ほんたう)(つま)らぬぢやないか。083何事(なにごと)神様(かみさま)のお引合(ひきあは)せ、084惟神(かむながら)御摂理(ごせつり)085(えん)あればこそ、086()うしてお(まへ)(この)(やま)(おく)()(まよ)ひ……イヤイヤ神様(かみさま)()()られて()たのだ。087(けつ)して(けつ)して黒姫(くろひめ)()()うと(おも)つたら量見(りやうけん)(ちが)ひますデ、088竜宮(りうぐう)乙姫(おとひめ)さまが仰有(おつしや)るのだ。089今迄(いままで)(なが)らく(うみ)(そこ)のお住居(すまゐ)で、090沢山(たくさん)(たから)(うみ)(そこ)(たくは)へて()られたのぢやが、091今度(こんど)(うしとら)金神様(こんじんさま)()にお(あが)りなさるに(つい)て、092物質的(ぶつしつてき)(たから)よりも、093(まこと)(たから)()いと()つて、094五六七(みろく)神政(しんせい)成就(じやうじゆ)(ため)に、095()しげも()綺麗(きれい)サツパリと、096(うしとら)金神(こんじん)さまに御渡(おわた)しなされると()段取(だんど)りぢや。097(しか)人間(にんげん)(まこと)(たから)結構(けつこう)ぢやが、098肉体(にくたい)()(かぎ)り、099(いへ)()てねばならず、100着物(きもの)()ねばならず、101美味(うま)いものも()はねばならず、102あいさには(さけ)もチヨツピリ()みたいと()代物(しろもの)だから、103(かたち)のある(たから)必要(ひつえう)ぢや。104三五教(あななひけう)(やつ)は「この()(たから)は、105(さび)び、106(くさ)り、107()け、108(おぼ)れ、109朽果(くちは)つる(たから)だ、110無形(むけい)(たから)(かみ)(くに)()め」なぞと、111(みづ)(なか)()()いた(やう)屁理屈(へりくつ)()つて、112世界(せかい)(やつ)誤魔化(ごまくわ)して()るが、113前等(まへら)大方(おほかた)(その)部類(くち)だらう……イヤ(その)(とほ)宣伝(せんでん)して(ある)くのだらう。114……()(かんが)へて()なされ。115(まへ)だつて()はず()まずに、116内的(ないてき)生活(せいくわつ)ばかり主張(しゆちやう)して()つて、117(だう)して(かみ)(みち)宣伝(せんでん)歩行(ある)けるか。118これ(ほど)(わか)()つた現実(げんじつ)道理(だうり)無視(むし)すると()(をしへ)はヤツパリ邪教(じやけう)ぢや。119瑞霊(みづのみたま)(ぬか)(こと)は、120(がい)して(みな)コンナものだ。121()()くして(おこな)(べか)らざる(をしへ)(なに)になるものか。122体主霊従(たいしゆれいじう)霊主体従(れいしゆたいじう)正中(まんなか)()ふのが当世(たうせい)ぢや。123当世(たうせい)(あは)(やう)(をしへ)をしたつて(たれ)()くものか。124(かみ)(きよ)御心(みこころ)(あは)むとすれば、125暗黒(あんこく)なる()(ひと)(こころ)(あは)ず、126俗悪(ぞくあく)世界(せかい)(ひと)(こころ)(あは)むとすれば、127(かみ)(こころ)(かな)はず……なぞと(わけ)(わか)()つた小理屈(こりくつ)を、128素盞嗚尊(すさのをのみこと)馬鹿神(ばかがみ)(さえづ)りよつて、129(やす)きを()(かた)きに()かむとする、130迂遠(うゑん)(きは)まる盲信教(まうしんけう)だから、131()つから、132()つから、133(はね)()えぬのぢや。134ウラナイ(けう)()()えても、135(いま)雌伏(しふく)時代(じだい)ぢや。136軍備(ぐんび)充実(じゆうじつ)した(うへ)で、137捲土重来(けんどぢうらい)138回天動地(くわいてんどうち)大活動(だいくわつどう)(えん)じ、139それこそ()いた(くち)(ふさ)がらぬ、140(うし)(くそ)天下(てんか)()る、141アンナ(もの)がコンナ(もの)になると()仕組(しぐみ)(おく)()(あら)はして、142(てん)御三体(ごさんたい)大神様(おほかみさま)にお()にかける、143(うしとら)金神(こんじん)仕組(しぐみ)ぢや。144三五教(あななひけう)(うしとら)金神(こんじん)(をしへ)()てとる(やう)(かほ)して()るが、145本当(ほんたう)素盞嗚尊(すさのをのみこと)(をしへ)九分九厘(くぶくりん)ぢや。146黒姫(くろひめ)はそれがズンとモウ()()はぬので、147変性男子(へんじやうなんし)系統(ひつぽう)肉体(にくたい)の、148()出神(でのかみ)生宮(いきみや)(ちから)(たの)み、149竜宮(りうぐう)乙姫(おとひめ)さまの生宮(いきみや)となつて、150外国(ぐわいこく)行方(やりかた)を、151(すみ)から(すみ)(まで)調(しら)べあげて、152今度(こんど)(あま)岩戸開(いはとびらき)に、153千騎一騎(せんきいつき)大活動(だいくわつどう)をするのぢや。154(まへ)も、155三五教(あななひけう)宣伝使(せんでんし)()(こと)ぢやが、156()はどうでもよい、157三体(さんたい)大神様(おほかみさま)(うしとら)金神様(こんじんさま)御用(ごよう)()きさへすれば()いのだらう。158サアサア今日(けふ)(かぎ)化物(ばけもの)(やう)(やつ)(ぬか)(こと)を、159弊履(へいり)(ごと)打棄(うちす)てて、160最勝最妙(さいしようさいめう)161至貴(しき)至尊(しそん)162無限(むげん)絶対(ぜつたい)163無始(むし)無終(むしう)神徳(しんとく)(かがや)く、164ウラナイ(けう)(かぶと)()いで、165迷夢(めいむ)()まし、166綺麗(きれい)サツパリと改心(かいしん)して、167ウラナイ(けう)迷信(めいしん)なされ、168(わる)(こと)(まを)しませぬ、169ギヤツハヽヽヽ』
170悦子姫(よしこひめ)『ホヽヽヽ、171アハヽヽヽ、172あのマア黒姫(くろひめ)さまの(くろ)(くち)173……(わたし)(やう)(くち)(はた)(ちち)()いてる(やう)(もの)では、174到底(たうてい)あなたの舌鋒(ぜつぽう)(むか)つて太刀打(たちうち)出来(でき)ませぬ。175あなたは何時(いつ)宣伝使(せんでんし)にお()りになりましたか、176随分(ずゐぶん)円転滑脱(ゑんてんかつだつ)177自由自在(じいうじざい)布留那(ふるな)(べん)178懸河(けんが)論説(ろんせつ)滔々(たうたう)として瀑布(ばくふ)()ちるが(ごと)くですナ』
179黒姫(くろひめ)(きま)つた(こと)だよ。180入信(にふしん)してからまだ十年(じふねん)にはならぬ。181()れでも(この)(とほ)りの雄弁家(ゆうべんか)だ、182()れには素養(そやう)がある。183(わか)(とき)から諸国(しよこく)遍歴(へんれき)して、184言霊(ことたま)練習(れんしふ)し、185(うた)であらうが、186浄瑠璃(じやうるり)であらうが、187浪花節(なにはぶし)であらうが、188音曲(おんきよく)()音曲(おんきよく)(のこ)らず上達(じやうたつ)して(きた)へたのぢや。189千変万化(せんぺんばんくわ)190自由自在(じいうじざい)口車(くちぐるま)191十万馬力(じふまんばりき)()けた輪転機(りんてんき)(やう)に、192廻転(くわいてん)自由自在(じいうじざい)ぢや、193オホヽヽヽ』
194加米彦(かめひこ)『モシモシ悦子姫(よしこひめ)さま、195コンナ(ばば)アに、196何時(いつ)までも相手(あひて)になつとると、197()()れますで、198一時(いちじ)(はや)真名井ケ原(まなゐがはら)(むか)ひませうか』
199悦子姫(よしこひめ)『アヽさうだ、200折角(せつかく)(たふと)いお説教(せつけう)()かして(もら)うて、201名残(なごり)()しいが、202(さき)()きますから此処(ここ)らで御免(ごめん)(かうむ)りませうか』
203鬼虎(おにとら)『アーア、204最前(さいぜん)から(だま)つて()いて()れば、205随分(ずゐぶん)()(さへづ)つたものだ。206一寸(ちよつと)()はれを()けば、207()つから()つから有難(ありがた)(やう)だが、208執拗(しつこ)()けば、209(むか)(ぱら)()つ……お()アさま、210ゆつくり、211(ひざ)とも談合(だんがふ)212膝坊主(ひざばうず)でも(かか)へて、213自然(しぜん)言霊(ことたま)停電(ていでん)するまで、214馬力(ばりき)をかけ、215メートルを()げなさい。216アリヨース』
217黒姫(くろひめ)()つた()つた、218(おほ)いにアリヨースだ、219様子(やうす)あつて(この)(ばば)アは、220(この)魔窟ケ原(まくつがはら)仮小屋(かりごや)(こしら)へ、221前達(まへたち)()るのを()つて()たのだ。222()くと()つたつて、223一寸(いつすん)だつて、224(この)(ばば)が、225()れと(にら)みたら(うご)かすものか』
226鬼虎(おにとら)『まるで(へび)(やう)(やつ)ぢやナア。227執念深(しふねんぶか)い……何時(いつ)()にか、228俺達(おれたち)魅入(みい)れよつたのぢやナ』
229黒姫(くろひめ)『さうぢや、230()()れたのぢや、231(まへ)もチツト身入(みい)れて()いたが()からう、232(くちなは)(ねら)はれた(かへる)(やう)なものぢや、233此処(ここ)かへる()つたつて、234(かへ)(こと)出来(でき)(やう)に、235チヤーンと霊縛(れいばく)(くは)へてある。236悪霊(あくれい)注射(ちうしや)()らず()らずの(あひだ)に、237チヤアンと()つて(しま)うた。238サア(うご)くなら(うご)いて()よれ』
239鬼虎(おにとら)『アハヽヽ、240(なに)(ぬか)すのだ。241(うご)けぬと()つたつて、242(おれ)(からだ)(うご)かすのは、243(おれ)自由(じいう)権利(けんり)だ。244……ソレ……どうだ。245これでも(うご)かぬのか』
246黒姫(くろひめ)『それでも(うご)かぬぞ。247(まへ)今晩(こんばん)真名井ケ原(まなゐがはら)()いて、248草臥(くたび)れて、249前後(ぜんご)()らず、250(やす)ンだ(とき)は、251ビクとも(からだ)(うご)かぬ(やう)にしてやるワイ』
252鬼虎(おにとら)『アハヽヽヽ、253大方(おほかた)ソンナ(こと)ぢやろと(おも)うた。254……ヤイヤイ黒姫(くろひめ)255三五教(あななひけう)()きとる人間(にんげん)を、256()(まへ)霊縛(れいばく)して(うご)けぬ(やう)にするのぢやぞ。257(ひと)つやつてやらうか、258……(ひと)(ふた)()()(いつ)(むゆ)(なな)()(ここの)(たり)(もも)()(よろづ)……』
259黒姫(くろひめ)(ひと)(ふた)()()(いつ)(むゆ)(なな)()心地(ここち)よろづウ……ソラ(なに)()ふのぢや、260それぢやから三五教(あななひけう)体主霊従(たいしゆれいじう)()ふのぢや。261(あさ)から(ばん)まで、262算盤(そろばん)はぢく(やう)(かず)(かぞ)へて、263(いち)から(じふ)まで(せん)から(まん)まで……()()(こと)につけては抜目(ぬけめ)のない(をしへ)ぢや。264(かみ)(みち)無形(むけい)()265無算(むさん)(かぞ)へ、266無声(むせい)()くと()ふのぢやないか、267()ンぢや、268小学校(せうがくかう)生徒(せいと)(やう)に、269(ひと)(ふた)()つと勿体(もつたい)らしさうに、270……ソンナことは、271()()でも()つてるワイ。272……(おほ)きな(こゑ)()しよつて、273アオウエイぢやの、274カコクケキぢやのアタ阿呆(あはう)らしい、275(なに)(ぬか)すのぢやい……白髪(しらが)蓬々(ぼうぼう)()やしよつた(だい)(をとこ)()つともない、276桶伏山(をけぶせやま)(うへ)へあがつて、277イロハからの勉強(べんきやう)ぢやと()ひよつてな、278……小学校(せうがくかう)生徒(せいと)(わら)うて()るのも()らぬのか、279()腰抜(こしぬけ)だなア、280それよりも天地(てんち)根本(こつぽん)大先祖(おほせんぞ)因縁(いんねん)()らずに(かみ)(をしへ)()つものか、281三五教(あななひけう)(やう)阿呆(あはう)ばつかりなら()いが、282()(なか)には三人(さんにん)五人(ごにん)283()()いた人間(にんげん)()いとは()はれぬ。284(その)(とき)に、285(むかし)(むかし)のサル(むかし)からの因縁(いんねん)()らずに、286どうして(をしへ)出来(でき)るか、287馬鹿(ばか)()加減(かげん)にしといたが()からう。288鎮魂(ちんこん)ぢや、289暗魂(あんこん)ぢやとか()ひよつて、290糞詰(ふんづま)りが雪隠(せんち)へでも()つた(やう)に、291ウンウンと(あせ)をかきよつて、292(なん)のザマぢやい、293(しり)(あな)(つま)つて穴無(あなな)(けう)()ふのか、294阿呆(あはう)らしい、295(すす)むばつかりの行方(やりかた)で、296(しり)(しま)りの出来(でき)素盞嗚尊(すさのをのみこと)(みだ)れた(をしへ)297(なに)(それ)(ほど)有難(ありがた)いのぢや、298勿体(もつたい)ないのぢや、299サア鎮魂(ちんこん)とやらをかけるのなら、300()けて()い、301……ソンナ糞垂腰(ばばたれごし)鎮魂(ちんこん)(かか)つてたまるかイ。302グヅグヅすると、303(わし)(はう)から、304暗魂(あんこん)をかけてやらうか』
305加米彦(かめひこ)『ヤア時刻(じこく)(うつ)る、306()アさま、307(また)ゆつくりと、308後日(ごじつ)()にかかりませう』
309黒姫(くろひめ)後日(ごじつ)()にかからうと()つたつて、310一寸先(いつすんさき)(やみ)()ぢや。311()うた(とき)笠脱(かさぬ)げと()ふぢやないか、312(この)笠松(かさまつ)(した)でスツクリと改心(かいしん)して、313宣伝使(せんでんし)(かさ)()ぎ、314(みの)()り、315ウラナイ(けう)改悪(かいあく)しなさい。316一時(いつとき)(はや)慢心(まんしん)をせぬと、317大峠(おほたうげ)()()(とき)(たす)けて(もら)へぬぞや』
318加米彦(かめひこ)『アハヽヽヽ、319オイ()アさま、320(まへ)さま本気(ほんき)()つてるのかい、321(まへ)()(こと)支離(しり)滅裂(めつれつ)322雲煙(うんえん)模糊(もこ)323捕捉(ほそく)(べか)らずだがナア』
324黒姫(くろひめ)(きま)つた(こと)だイ、325広大無辺(くわうだいむへん)大神(おほかみ)生宮(いきみや)326竜宮(りうぐう)乙姫(おとひめ)さまのお宿(やど)ぢや、327捕捉(ほそく)(べか)らざるは竜神(りうじん)本体(ほんたい)ぢや、328前達(まへたち)(やう)凡夫(ぼんぶ)が、329竜宮(りうぐう)乙姫(おとひめ)尻尾(しつぽ)でも(とら)へようと(おも)ふのが(あやま)りぢや、330ギヤツハヽヽヽ』
331音彦(おとひこ)『アヽ()れは()れは、332加米彦(かめひこ)さま、333(ひさ)(ぶり)ぢやつたナア』
334加米彦(かめひこ)『ヤア聞覚(ききおぼ)えのある(こゑ)だが、335……その(かほ)はナンダ、336真黒(まつくろ)けぢやないか、337炭焼(すみやき)(ぢい)かと(おも)つて()た、338……一体(いつたい)(まへ)(たれ)だ』
339音彦(おとひこ)音彦(おとひこ)だよ、340北山村(きたやまむら)より(この)(ばば)アの(あと)()いて、341ドンナ(こと)をしよるかと(おも)つて、342ウラナイ(けう)()()()いて()たのだ。343イヤモウ言語道断(ごんごどうだん)344(おもて)立派(りつぱ)で、345(なか)這入(はい)ると、346シヤツチもないものだ、347伏見(ふしみ)人形(にんぎやう)(やう)に、348(おもて)ばつかり(かざ)()てよつて、349(うら)這入(はい)ればサツパリぢや。350(はら)(なか)はガラガラぢや。351ウラナイ(けう)(あなど)(べか)らざる強敵(きやうてき)(おも)つて今日(けふ)(まで)細心(さいしん)注意(ちうい)(おこた)らなかつたが、352(うはさ)(やう)にない微弱(びじやく)なものぢや、353何程(なにほど)高姫(たかひめ)や、354黒姫(くろひめ)車輪(しやりん)になつても、355最早(もはや)前途(ぜんと)()えて()る。356吾々(われわれ)もモウ安心(あんしん)だ。357到底(たうてい)歯牙(しが)()くるに()らない教理(けうり)だから、358わしもお(まへ)(あと)()いて、359(いま)より三五教(あななひけう)宣伝使(せんでんし)公然(こうぜん)名乗(なの)つて()(こと)にしよう。360(この)()アさまは、361如何(どう)しても駄目(だめ)だ。362改心(かいしん)(のぞ)みが()かぬ、363(えん)なき衆生(しゆじやう)済度(さいど)(がた)し、364……エー可憐相(かはいさう)(なが)ら、365見殺(みごろ)しかいなア』
366黒姫(くろひめ)『アーア音彦(おとひこ)可憐相(かはいさう)なものだナア。367如何(どう)ぞして(まこと)(こと)()かしてやらうと(おも)ふのに、368(たましひ)(しび)()つて()るから、369食塩(しよくえん)注射(ちうしや)(くらゐ)では効験(かうけん)がない(わい)370アーア()(どく)ぢや、371いぢらしい(もの)ぢや……それに()けても青彦(あをひこ)(やつ)372可憐相(かはいさう)(たま)らぬ。373……コラコラ青彦(あをひこ)一遍(いつぺん)374直日(なほひ)見直(みなほ)聞直(ききなほ)し、375(むね)()()てて()(かへり)みて、376ウラナイ(けう)(すく)はれると()()はないか。377(この)(ばば)はお(まへ)行先(ゆくさき)(あん)じられてならぬワイ』
378青彦(あをひこ)『アーア、379黒姫(くろひめ)()アさま、380(まへ)御親切(ごしんせつ)有難(ありがた)い、381(しか)(なが)ら、382個人(こじん)としては(その)親切(しんせつ)(ちから)一杯(いつぱい)感謝(かんしや)する、383が、384主義(しゆぎ)主張(しゆちやう)(おい)ては、385全然(ぜんぜん)反対(はんたい)ぢや、386人情(にんじやう)(もつ)真理(しんり)()げる(こと)出来(でき)ぬ、387真理(しんり)(てつ)(ぼう)(ごと)きもの、388()げたり、389ゆがめたり、390()つたりは出来(でき)ない、391公私(こうし)区別(くべつ)(あきら)かにせなくては、392信仰(しんかう)真諦(しんたい)(あやま)るからナア、393……左様(さやう)なら…()ゆるりと御休(おやす)みなされませ、394(わたくし)()れから、395悦子姫(よしこひめ)(さま)のお(あと)(した)ひ、396一行(いつかう)花々(はなばな)しく、397悪魔(あくま)征討(せいたう)(むか)ひます。398ウラナイ(けう)何程(なにほど)399シヤチになつても、400釣鐘(つりがね)()襲撃(しふげき)する(やう)なものだ。401三五教(あななひけう)(あな)()いから大丈夫(だいぢやうぶ)だ。402(みづ)()らさぬ(かみ)(をしへ)403御縁(ごえん)()つたら(また)()(かか)りませう』
404黒姫(くろひめ)『アーア、405(えん)なき衆生(しゆじやう)()(がた)しか、406……エー仕方(しかた)がないワイ………ウラナイ(けう)大明神(だいみやうじん)407(かな)はぬから(たま)幸倍(ちはへ)坐世(ませ)408(かな)はぬから(たま)幸倍(ちはへ)坐世(ませ)409……ポンポン』
410魔窟ケ原(まくつがはら)黒姫(くろひめ)
411伏屋(ふせや)(のき)(いとま)()
412()西山(せいざん)(かたむ)いて
413附近(あたり)(かげ)(つつ)めども
414四方(よも)景色(けしき)悦子姫(よしこひめ)
415(まつ)()(かぜ)音彦(おとひこ)
416秋山彦(あきやまひこ)門番(もんばん)
417()をやつしたる加米彦(かめひこ)
418(かほ)(いろ)さへ青彦(あをひこ)
419(とも)なひ(すす)九十九折(つくもをり)
420(おに)棲処(すみか)(きこ)えたる
421大江(おほえ)本城(ほんじやう)左手(ゆんで)(なが)
422鬼彦(おにひこ)鬼虎(おにとら)(いは)(いち)勘公(かんこう)引連(ひきつ)れて
423さしも(けは)しき坂路(さかみち)
424(あへ)(あへ)ぎて(のぼ)()
425()一面(いちめん)銀世界(ぎんせかい)
426(すね)(ぼつ)する雪路(ゆきみち)
427()けつ(まろ)びつ汗水(あせみづ)
428()らして(すす)岩戸口(いはとぐち)
429折柄(をりから)()()(ゆき)しばき
430(おもて)()くべき(よし)もなく
431(かさ)(かざ)して(くだ)()
432(よる)(とばり)はおろされて
433遠音(とほね)(ひび)(なみ)(おと)
434(まつ)(ひびき)成相(なりあひ)
435(そら)()(わた)(あま)(はら)
436(あま)橋立(はしだて)(した)()
437雪路(ゆきみち)(わた)一行(いつかう)
438勇気(ゆうき)日頃(ひごろ)百倍(ひやくばい)
439気焔(きえん)万丈(ばんぢやう)()()なく
440文珠(もんじゆ)切戸(きりど)()きにけり。
441青彦(あをひこ)『アーア、442()()れたし、443前途(ぜんと)遼遠(れうゑん)444(あし)()(ほど)疲労(くたび)れました。445アヽ文珠堂(もんじゆだう)(なか)這入(はい)つて一夜(いちや)(しの)ぎ、446団子(だんご)でも(かぢ)つて休息(きうそく)(いた)しませうか』
447悦子姫(よしこひめ)(いづ)れもさま(がた)448随分(ずゐぶん)御疲労(おつかれ)でせう。449青彦(あをひこ)さまの仰有(おつしや)(とほ)り、450あのお(だう)(なか)で、451()(かく)休息(きうそく)(いた)しませうか』
452 一同(いちどう)(この)言葉(ことば)に『オウ』と(こた)へて、453(いそ)文珠堂(もんじゆだう)(むか)つて()けり()く。
454鬼虎(おにとら)『ヤア此処(ここ)()ると、455何時(いつ)やらの(こと)連想(れんさう)するワイ、456恰度(ちやうど)今夜(こんや)(やう)(ばん)ぢやつた。457(この)(やう)(ゆき)(つも)つて()らぬので、458あたりは真暗(まつくら)がり、459鬼雲彦(おにくもひこ)大将(たいしやう)命令(めいれい)()つて、460あの竜灯松(りうたうまつ)(ふもと)へ、461悦子姫(よしこひめ)さま(たち)召捕(めしとり)()つた(とき)(こと)(おも)へば、462全然(まるで)(ゆめ)のやうだ。463昨日(きのふ)(てき)今日(けふ)味方(みかた)464(あめ)(した)(てき)()(もの)()きものぞと、465三五教(あななひけう)御教(おんをしへ)466つくづくと(しの)ばれます。467(その)(とき)悦子姫(よしこひめ)さまに霊縛(れいばく)をかけられた(とき)は、468どうせうかと(おも)つた。469本当(ほんたう)貴女(あなた)随分(ずゐぶん)悪戯好(いたづらずき)(かた)でしたなア』
470悦子姫(よしこひめ)『ホヽヽヽヽ』
471鬼彦(おにひこ)『オイオイ鬼虎(おにとら)472貴様(きさま)はお二人(ふたり)中央(まんなか)にドツカリ(すわ)りよつて、473()()になつて()たのだらう』
474鬼虎(おにとら)馬鹿(ばか)()へ、475(なに)(なん)だか、476(やはら)かいものの(うへ)に、477ぶつ(たふ)れて、478気分(きぶん)(わる)いの、479(わる)くないのつて、480何分(なにぶん)正体(しやうたい)(わか)らぬものだから、481ホーズの化物(ばけもの)()たかと(おも)つて()()ぢやなかつたよ、482それに()けても、483生者必滅(しやうじやひつめつ)会者定離(ゑしやぢやうり)484栄枯盛衰(ゑいこせいすゐ)485有為転変(うゐてんぺん)()(なか)無常迅速(むじやうじんそく)(かん)(いよいよ)(ふか)しだ。486()(とり)(おと)(いきほひ)鬼雲彦(おにくもひこ)御大将(おんたいしやう)は、487鬼武彦(おにたけひこ)(ため)伊吹山(いぶきやま)遁走(とんそう)し、488吾々(われわれ)四天王(してんわう)()ばれ、489随分(ずゐぶん)羽振(はぶり)()かした(もの)だが、490(かは)れば()はる()(なか)だ。491あの(とき)(こと)(おも)へば、492長者(ちやうじや)乞食(こじき)(ほど)懸隔(けんかく)がある。493三五教(あななひけう)宣伝使(せんでんし)(たまご)になつて悦子姫(よしこひめ)さまのお(とも)(まで)494()(さが)つたのか、495成上(なりあ)がつたのか()らぬが、496一度(いちど)497あの(とき)四天王(してんわう)(ぶり)発揮(はつき)したい(やう)()もせぬ(こと)はない。498アーア(まこと)(みち)結構(けつこう)なものの、499(つら)いものだ。
 
500 あひ()ての(のち)(こころ)(くら)ぶれば (むかし)(もの)(おも)はざりけり
 
501だ。502善悪正邪(ぜんあくせいじや)区別(くべつ)()らず、503天下(てんか)吾物顔(わがものがほ)に、504利己主義(われよし)自由(じいう)行動(かうどう)()つた(とき)(はう)が、505何程(なにほど)愉快(ゆくわい)だつたか()れやしない、506(あゝ)507(しか)(なが)人間(にんげん)天地(てんち)(かみ)(おそ)れねばならぬ、508(いま)苦労(くらう)(すゑ)(ため)だ。509アーア コンナ世迷言(よまひごと)はヨウマイ ヨウマイ。510神直日(かむなほひ)大直日(おほなほひ)に……神様(かみさま)511見直(みなほ)聞直(ききなほ)して(くだ)さい。512(わたくし)今日(こんにち)(かぎ)り、513今迄(いままで)繰言(くりごと)()(なほ)します。514アヽ、515惟神(かむながら)(たま)幸倍(ちはへ)坐世(ませ)
516青彦(あをひこ)因縁(いんねん)()ふものは(めう)なものですな、517(おな)(この)竜灯(りうとう)(まつ)下蔭(したかげ)(おい)て、518(とら)へようとした宣伝使(せんでんし)師匠(ししやう)(あふ)いで、519(とも)をなさるのは、520反対(あべこべ)悦子姫(よしこひめ)(さま)(とりこ)となつた(やう)なものだ。521アハヽヽヽ、522吾々(われわれ)(まつた)三五教(あななひけう)捕虜(ほりよ)になつて(しま)つた。523それに()けても、524執拗(しつえう)なのは黒姫(くろひめ)ぢや、525何故(なぜ)あれ(ほど)頑固(ぐわんこ)なか()らぬ、526どうしても彼奴(あいつ)改心(かいしん)出来(でき)ぬと()えますなア』
527音彦(おとひこ)到底(たうてい)駄目(だめ)でせう。528(わたくし)もフサの(くに)北山(きたやま)のウラナイ(けう)本山(ほんざん)へ、529信者(しんじや)となり()()みて、530(うち)様子(やうす)(さぐ)つて()れば、531()れも()れも(めくら)(つんぼ)ばつかり、532桶屋(をけや)さまぢやないが、533輪変吾善(わがへわがへ)(おも)つてる(やつ)ばつかり、534(なか)にも蠑螈別(いもりわけ)だの、535魔我彦(まがひこ)だのと()(やつ)は、536素的(すてき)頑固(ぐわんこ)(わか)らぬ()だ。537高姫(たかひめ)黒姫(くろひめ)()たら、538()でも蒟蒻(こんにやく)でもいく(やつ)ぢやない。539どうかして帰順(きじゆん)さしたいと(おも)ひ、540千辛万苦(せんしんばんく)結果(けつくわ)541黒姫(くろひめ)荷持役(にもちやく)とまで()ぎつけ、542遥々(はるばる)自転倒島(おのころじま)まで()いて()て、543(をり)()(もの)(せつ)し、544チヨイチヨイと注意(ちうい)(あた)へたが、545元来(ぐわんらい)精神上(せいしんじやう)(めくら)(つんぼ)だから、546如何(いかん)ともする(こと)出来(でき)ない。547(わたし)加米彦(かめひこ)さまに()うたのを(きり)として、548此処迄(ここまで)()たのだが、549随分(ずゐぶん)ウラナイ(けう)頑固者(ぐわんこもの)寄合(よりあひ)ですよ』
550加米彦(かめひこ)『フサの(くに)で、551あなたが宣伝(せんでん)をして()られた(とき)552(さけ)()むな(さけ)()むなと(きび)しい御説教(ごせつけう)553(わたし)はムカついて、554(まへ)サンの横面(よこづら)を、555(なな)()(なぐ)つた。556(その)(とき)にお(まへ)サンは、557(いた)さを(こら)へて、558ニコニコと(わら)ひ、559禁酒(きんしゆ)宣伝歌(せんでんか)(うた)うて御座(ござ)つた、560その熱心(ねつしん)(かん)じ、561三五教(あななひけう)(しん)じて、562村中(むらぢう)(ひろ)めて()つた(ところ)563バラモン(けう)捕手(とりて)奴等(やつら)嗅付(かぎつ)けられ、564可愛(かはい)妻子(つまこ)()てて、565夜昼(よるひる)なしに、566トントントンと(ひがし)()して駆出(かけだ)し、567(つき)(くに)まで()()れば、568此処(ここ)にもバラモン(けう)勢力(せいりよく)(さか)ンにして、569()(こと)出来(でき)ず、570西蔵(チベツト)()え、571蒙古(もうこ)(わた)り、572(あめ)真名井(まなゐ)横断(よこぎ)つて暴風(ばうふう)()ひ、573(ふね)(しづ)み、574(そこ)藻屑(もくづ)となつたと(おも)ひきや、575()()けば由良(ゆら)(みなと)真裸(まつぱだか)(まま)(よこ)たはり、576()()いて(あぶ)られて()た。577「アーア世界(せかい)(おに)()い、578何処(どこ)何方(どなた)()りませぬが、579生命(いのち)御助(おたす)(くだ)さいまして有難(ありがた)う」と御礼(おれい)(まを)()れば秋山彦(あきやまひこ)御大将(おんたいしやう)580生命(いのち)(ひろ)つて(もら)うた恩返(おんがへ)しに、581門番(もんばん)となり、582馬鹿(ばか)()りすまし(つと)めて()たが、583人間(にんげん)()(かは)れば()はるものぢや、584世界(せかい)(ひろ)(やう)なものの(せま)いものぢや。585フサの(くに)で、586あなたを虐待(ぎやくたい)した(わたくし)が、587(また)あの(やう)(やぶ)小屋(ごや)でお()にかからうとは(かみ)ならぬ()(はか)()られぬ(ひと)運命(うんめい)だ…………アヽ惟神(かむながら)(たま)幸倍(ちはへ)坐世(ませ)588三五教(あななひけう)大神様(おほかみさま)有難(ありがた)御座(ござ)います、589(かは)(なが)れと(ひと)行末(ゆくすゑ)590何事(なにごと)(みな)貴神(あなた)御自由(ごじいう)御座(ござ)います。591どうぞ前途(ぜんと)幸福(かうふく)に、592無事(ぶじ)神業(しんげふ)参加(さんか)出来(でき)まする(やう)593特別(とくべつ)御恩寵(ごおんちやう)()れさせ(たま)はむ(こと)(ひとへ)(こひねが)()(たてまつ)ります』
594悦子姫(よしこひめ)『サアサア(みな)さま、595天津祝詞(あまつのりと)奏上(そうじやう)(いた)しませう』
596 一同(いちどう)は『オウ』と(こた)へ、597(こゑ)(すず)しく奏上(そうじやう)(をは)る。
598悦子姫(よしこひめ)『サア(みな)さま、599坊主(ばうず)(きやう)大事(だいじ)600吾々(われわれ)(また)明日(あす)大切(だいじ)だ。601ゆつくりとお(やす)みなされませ。602(わたし)(みな)さまの安眠(あんみん)(まも)(ため)603今晩(こんばん)不寝番(ねずのばん)(つと)めませう』
604鬼虎(おにとら)『ヤア滅相(めつさう)な、605あなたは吾々(われわれ)一同(いちどう)(ため)には御大将(おんたいしやう)だ。606不寝番(ねずのばん)(この)鬼虎(おにとら)(つかまつ)りませう。607どうぞお(やす)(くだ)さいませ』
608悦子姫(よしこひめ)『さうかナ、609鬼虎(おにとら)さまに今晩(こんばん)御苦労(ごくらう)にならうか』
610(みの)(まと)うた(まま)611(しづ)かに(よこ)たはる。612一同(いちどう)(おも)(おも)ひに(よこ)になり、613(たちま)鼾声(かんせい)(らい)(ごと)四辺(あたり)空気(くうき)動揺(どうえう)させつつ、614華胥(くわしよ)(くに)()る。615鬼虎(おにとら)不寝番(ねずのばん)退屈(たいくつ)(まぎ)れに雪路(ゆきぢ)をノソノソと(ある)()し、616何時(いつ)()にやら、617竜灯(りうとう)(まつ)根元(ねもと)()き、618ふつと()()き、
619『あゝ此処(ここ)此処(ここ)だ、620悦子姫(よしこひめ)霊縛(れいばく)をかけられた古戦場(こせんじやう)だ。621(をり)から火光(くわくわう)(てん)(こが)して竜灯(りうとう)(まつ)目蒐(めが)けて、622ブーンブーンと(うな)りを()てて()つて()(とき)(すさま)じさ、623(いま)(おも)つても竦然(ぞつ)とするワイ。624あれは一体(いつたい)(なん)()だらう。625(ひと)()()鬼火(おにび)では()るまいか。626鬼虎(おにとら)()ると(おも)つて、627鬼火(おにび)(やつ)628握手(あくしゆ)でもせうと(おも)ひよつたのかナア。629霊魂(みたま)もお肉体(にくたい)もあの(とき)はビリビリのブルブルぢやつた。630どうやら(そら)様子(やうす)可笑(をか)しいぞ、631真黒(まつくろ)けの(おに)東北(とうほく)(てん)渦巻(うづま)(はじ)めた。632今度(こんど)こそ()つて()よつた(くらゐ)なら、633(ひと)奮戦(ふんせん)激闘(げきとう)634正体(しやうたい)見届(みとど)けてやらねばなるまい。635()れが宣伝使(せんでんし)肝試(きもだめ)しだ。636オーイ、637オイ、638鬼火(おにび)(やつ)639鬼虎(おにとら)さまの御出張(ごしゆつちやう)だ、640三五教(あななひけう)俄宣伝使(にはかせんでんし)鬼虎(おにとら)(みこと)此処(ここ)()り、641得体(えたい)()れぬ火玉(ひだま)となつて(あら)はれ()鬼火(おにび)(みこと)対面(たいめん)せむ』
642とお(やま)大将(たいしやう)(おれ)一人(ひとり)気取(きどり)になつて、643(ゆき)(なか)呶鳴(どな)つて()る。644(たちま)一道(いちだう)火光(くわくわう)645(てん)一方(いつぱう)(ひらめ)(はじ)めた。
646『ヤア天晴々々(あつぱれあつぱれ)647(うはさ)をすれば(かげ)とやら、648()ぶより(そし)れとは(この)(こと)だ。649鬼虎(おにとら)言霊(ことたま)は、650マアざつと()くの(とほ)りぢや。651一声(いつせい)風雲(ふううん)()(おこ)し、652一音(いちおん)天火(てんび)喚起(よびおこ)す。653()うなつては天晴(あつぱ)一人前(いちにんまへ)のネツトプライス、654チヤキチヤキの宣伝使(せんでんし)ぢや、655イザ()(きた)れ、656天火命(てんびのみこと)657(この)鬼虎(おにとら)獅子(しし)奮迅(ふんじん)活動振(くわつどうぶ)り……イヤサ(いづ)雄猛(をたけ)()(たけ)御覧(ごらん)()れむ』
658 言下(げんか)東北(とうほく)(てん)(あら)はれたる火光(くわくわう)は、659巨大(きよだい)なる火団(くわだん)となりて、660中空(ちうくう)(かす)め、661四辺(あたり)(てら)し、662竜灯(りうとう)(まつ)目蒐(めが)けて(くだ)()る。
663鬼虎(おにとら)『ヨウ大分(だいぶ)張込(はりこ)みよつたな、664(この)(あひだ)(やつ)(こと)(おも)へば、665余程(よほど)ネオ(てき)だとみえる。666容積(ようせき)(おい)て、667光沢(くわうたく)(おい)天下一品(てんかいつぴん)だ……(いな)天上(てんじやう)一品(いつぴん)だ。668サア()れから腹帯(はらおび)でもシツカリ(しめ)て、669捻鉢巻(ねぢはちまき)でも(いた)さうかい、670(はら)(おび)(ゆる)むとまさかの(とき)忍耐(こば)れぬぞよと、671三五教(あななひけう)神様(かみさま)仰有(おつしや)つた。672サアサア鬼虎(おにとら)さまの肝玉(きもだま)(おほ)きいか、673天火(てんび)(みこと)()(たま)(おほ)きいか、674(おほ)きさ(くら)べぢや』
675 火団(くわだん)竜灯(りうとう)(まつ)中心(ちうしん)に、676(ゑん)(ゑが)き、677地上(ちじやう)五六尺(ごろくしやく)(ところ)まで(くだ)(きた)り、678ブーンブーンと(うな)りを()て、679ジヤイロコンパスの(やう)に、680急速度(きふそくど)(もつ)てクルクルと回転(くわいてん)()たり。
681鬼虎(おにとら)『ヤイヤイ()(たま)682何時(いつ)までも(ちう)にぶら()がつて()るのは、683チツト、684ノンセンスだないか、685()加減(かげん)正体(しやうたい)(あら)はし、686(この)(はう)さまと握手(あくしゆ)をしたらどうだい。687(まへ)(てん)鬼火命(おにびのみこと)688(おれ)()鬼虎命(おにとらのみこと)だ、689天地(てんち)合体(がつたい)和合(わがふ)一致(いつち)して、690神業(しんげふ)参加(さんか)せうではないか。691()れからは()()守護(しゆご)になるのだから、692貴様(きさま)のやうな(やつ)時代(じだい)匹敵(ひつてき)した代物(しろもの)だ……イヤ()くて(かな)はぬ人物(じんぶつ)だ。693サアサア(はや)く、694(てん)()との障壁(しやうへき)打破(だは)して、695開放的(かいはうてき)にならぬかい。696(まへ)(おれ)(たがひ)にハーモニーすれば、697ドンナ(こと)でも天下(てんか)()らざるなしだ』
698 火団(くわだん)(たちま)()()(ごと)く、699姿(すがた)(かく)しけるが、700鬼虎(おにとら)(まへ)忽然(こつぜん)として(あら)はれた白面(はくめん)白衣(びやくい)のうら(わか)美女(びぢよ)701(くれなゐ)(くちびる)(ひら)き、
702『ホヽヽヽヽ、703(まへ)鬼虎(おにとら)さまか、704ようマア無事(ぶじ)()(くだ)さつたナア』
705鬼虎(おにとら)(なん)ぢやア、706()(こと)()い、707(ゆき)()アの(やう)真白(まつしろ)けの美人(びじん)()けよつて、708(ゆき)白鷺(しらさぎ)()りた(やう)に、709(しろ)(ところ)(しろ)(もの)710一寸(ちよつと)見当(けんたう)()れぬ代物(しろもの)だナア。711(おれ)()つて()るとは一体(いつたい)どうした(わけ)だ、712(おれ)(うま)れてから、713(まへ)(やう)美人(びじん)()つた(こと)一度(いちど)()い、714何時(いつ)()()つたのだ』
715『ホヽヽヽヽ、716モウ(わす)れなさつたのかいなア、717(おぼ)えの(わる)此方(こち)(ひと)718(まへ)(いま)から五十六億(ごじふろくおく)七千万年(しちせんまんねん)のツイ(むかし)719(わらは)文珠(もんじゆ)菩薩(ぼさつ)(あら)はれて、720(この)切戸(きりど)(ささ)やかな(いへ)(つく)り、721一人住居(ひとりずまゐ)をして()つた(ところ)へ、722(とし)二八(にはち)優姿(やさすがた)723在原(ありはら)業平朝臣(なりひらあそん)(やう)な、724綺麗(きれい)(かほ)をして烏帽子(ゑぼし)直垂(ひたたれ)で、725此処(ここ)御通(おとほ)(あそ)ばしただらう。726(その)(とき)(わらは)物書(ものか)きをして()つたが、727(なん)だか(かん)ばしき(にほ)ひがすると(おも)つて、728(まど)から(のぞ)けば、729()にある(やう)殿御(とのご)のお姿(すがた)730ホヽヽヽヽおお(はづか)し……(その)一刹那(いちせつな)(たがひ)見合(みあは)(かほ)(かほ)731(まへ)(すず)しい……()(とき)()732何百年(なんびやくねん)()つても(わす)られようか、733(わらは)()電波(でんぱ)直射的(ちよくしやてき)にお(まへ)()(おく)られた。734(まへ)(また)「オウ」とも(なん)とも()はずに、735電波(でんぱ)(かへ)した……。736あの(とき)のローマンスをモウお(まへ)(わす)れたのかいなア。737エーエ()はり(やす)きは殿御(とのご)(こころ)738(さくら)(はな)ぢやないが、739最早(もはや)(まへ)(こころ)(えだ)から、740(はな)(あらし)()たれて()つたのかい……、741アーア残念(ざんねん)や、742口惜(くちを)しや、743男心(をとこごころ)(あき)(そら)744(わらは)(かみ)(ほとけ)心願(しんぐわん)()けて、745やつと(おも)ひの(かな)うた(とき)は、746(とき)ならぬ(かほ)紅葉(もみぢ)()らした(わい)なア、747オホヽヽヽ、748(はづか)しやなア』
749鬼虎(おにとら)『さう()へば、750ソンナ()もせぬでも()いやうだ。751何分(なにぶん)色男(いろをとこ)(うま)れたものだから、752(かど)(ひろ)いので、753スツカリ(こころ)(なか)からお(まへ)記憶(きおく)磨滅(まめつ)して()たのだ。754(かなら)(かなら)気強(きづよ)(をとこ)(うら)めて()れな。755()れでも()()り、756(なみだ)()る。757(もの)(あは)れは(ひやく)承知(しようち)758(せん)合点(がてん)だ。759サア()れから(たがひ)()()(とり)かはし、760()なば諸共(もろとも)761三途(せうづ)(かは)死出(しで)(やま)762(はす)(うてな)一蓮托生(いちれんたくしやう)763弥勒(みろく)()までも(たのし)みませう』
764(をんな)『ホヽヽヽ、765()かぬたらしいお(かた)766(たれ)がオ(まへ)(やう)山葵卸(わさびおろし)(やう)剽男(ひよつとこ)野郎(やらう)心中立(しんぢうだて)するものかいナ。767(わらは)(いま)其処(そこ)に、768(てん)から()りて御座(ござ)つた()出神(でのかみ)(さま)にお(はなし)をしとるのだよ。769()()になつて、770(まへ)(はなし)横取(よこど)りをして、771色男(いろをとこ)気取(きど)りになつて……可笑(をか)しいワ、772ホヽヽヽ』
773鬼虎(おにとら)『エーツ(なん)(こと)だ。774(ひと)馬鹿(ばか)にしよるな、775まるで(ゆめ)のやうな(はなし)だワイ』
776(をんな)『ホヽヽヽ、777(ゆめ)になりとも()ひたいと()ふぢやないか。778(わし)(やう)女神(めがみ)(つか)まへて、779スヰートハートせうとは、780身分(みぶん)不相応(ふさうおう)ですよ。781(うま)(うま)()れ、782(うし)(うし)()れ、783(からす)女房(にようばう)はヤツパリ(からす)ぢや。784(この)(ゆき)()つた(しろ)世界(せかい)(からす)()りたよな(くろ)(をとこ)を、785(たれ)がラブする物好(ものずき)があるものか。786自惚(うぬぼれ)程々(ほどほど)になさいませ。787オツホヽヽヽ、788おかしいワ……』
789鬼虎(おにとら)『エー馬鹿(ばか)にするな、790(おれ)(なん)(おも)つて()る。791大江山(おほえやま)鬼雲彦(おにくもひこ)四天王(してんわう)()ばれたる、792剛力(がうりき)無双(むさう)のジヤンヂヤチツクのジヤンジヤ(うま)793鬼虎(おにとら)さまとは(おれ)(こと)だよ。794繊弱(かよわ)(をんな)分際(ぶんざい)として、795暴言(ばうげん)()くにも(ほど)()る。796サアもう量見(りやうけん)ならぬ。797この蠑螺(さざえ)壺焼(つぼやき)()つて(くた)ばれ』
798(ちから)(かぎ)りに、799ウンと(ばか)(なぐ)()けたり。
800悦子姫(よしこひめ)『アイタタタ…(たれ)だイ、801(ひと)休眠(やす)みてるのに、802……(ちから)一杯(いつぱい)(あたま)()ぐるとはあまりぢやありませぬか』
803鬼虎(おにとら)『ヤア、804()みませぬ。805悦子姫(よしこひめ)さまで御座(ござ)いましたか。806ツイ別嬪(べつぴん)翫弄(おもちや)にしられた(ゆめ)()まして、807(ちから)一杯(いつぱい)(なぐ)つたと(おも)へば、808貴女(あなた)御座(ござ)いましたか。809ヤア(まこと)()まぬ(こと)(いた)しました。810真平(まつぴら)御免(ごめん)(くだ)さいませ。811(けつ)して(けつ)して、812悪気(わるぎ)でやつたのぢや御座(ござ)いませぬ』
813悦子姫(よしこひめ)『ホヽヽヽ、814三五教(あななひけう)這入(はい)つても、815ヤツパリ美人(びじん)(こと)(わす)れられませぬなア』
816鬼虎(おにとら)『ヤアもう申訳(まをしわけ)御座(ござ)いませぬ。817()(なか)(をんな)がなくては、818人間(にんげん)(たね)()えまする。819()出神(でのかみ)素盞嗚尊(すさのをのみこと)も、820世界(せかい)英雄(えいゆう)豪傑(がうけつ)は、821みな(をんな)から(うま)れたのです。
 
822 故郷(ふるさと)穴太(あなを)(すこ)上小口(うへこぐち) ただぼうぼうと()えし(くさむら)
 
823とか(まを)しまして、824(をんな)(くらゐ)825(ゆめ)()ても気分(きぶん)()(もの)()りませぬワ、826アハヽヽヽ』
827鬼彦(おにひこ)『ナヽ()ンぢや、828(よる)夜中(よなか)(おほ)きな(こゑ)(わら)ひよつて、829()加減(かげん)()ぬかイ。830明日(あす)大事(だいじ)ぢやぞ。831貴様(きさま)は、832……今晩(こんばん)(わたくし)不寝番(ねずのばん)(いた)します……なぞと、833怪体(けたい)(こと)をぬかすと(おも)つて()たが、834悦子姫(よしこひめ)さまの綺麗(きれい)(かほ)を、835(あな)()(ほど)(のぞ)いて()よつただらう。836デレ(すけ)だなア』
837鬼虎(おにとら)馬鹿(ばか)()ふない。838(おれ)職務(しよくむ)忠実(ちうじつ)(つと)める(つも)りで()つたのに、839何時(いつ)()にか、840ウトウト睡魔(すゐま)(おそ)はれ、841竜灯松(りうとうまつ)(した)()つて別嬪(べつぴん)()うた(ゆめ)()()つたのぢや。842聖人君子(せいじんくんし)でなくてはアンナ愉快(ゆくわい)(ゆめ)()られないぞ。843貴様(きさま)のやうな身魂(みたま)(くも)つた人間(にんげん)は、844到底(たうてい)アンナ(ゆめ)末代(まつだい)一度(いちど)だつて()られるものかい』
845鬼彦(おにひこ)『アツハヽヽヽ、846その(あと)()かして(もら)はうかい。847他人(ひと)恋女(こひをんな)岡惚(をかぼれ)しよつて、848色男(いろをとこ)気取(きど)りになつて、849肱鉄(ひぢてつ)(くら)つた(ゆめ)()よつたのだらう。850大抵(たいてい)ソンナものだよ、851アハヽヽヽ。852(はや)()ぬかい、853()()けたら(また)854テクつかねばならぬぞ』
855 ()(とき)(てん)一方(いつぱう)より、856今度(こんど)真正(しんせい)火団(くわだん)(ひらめ)くよと()()に、857竜灯松(りうとうまつ)目蒐(めが)けて、858(うな)りを()()()(ごと)(くだ)(きた)り、859一同(いちどう)(まへ)にズドンと大音響(だいおんきやう)(はつ)し、860爆発(ばくはつ)したり。861火光(くわくわう)はたちまち、862花火(はなび)(ごと)四方(よも)散乱(さんらん)し、863数百千(すうひやくせん)(ちひ)さき火球(くわきう)となつて、864地上(ちじやう)二三丈(にさんぢやう)(ばか)りの(ところ)を、865(あを)866(あか)867(しろ)868(むらさき)869各種(かくしゆ)(いろ)(へん)じ、870(ぶと)餅搗(もちつき)する(ごと)くに浮動(ふどう)飛散(ひさん)(はじ)めたる。871(その)壮観(さうくわん)一同(いちどう)(たま)()かして見惚(みと)()る。872(あゝ)873(この)火光(くわくわう)何神(なにがみ)変化(へんげ)なりしか。
874大正一一・四・一六 旧三・二〇 松村真澄録)
   
逆リンク[?]このページにリンクを張っている外部サイトを自動的に探して表示します。ブログの場合、トップページやカテゴリページは無視されます。エントリーのページだけです。該当ページからすでにリンクが削除されている場合もありますが、反映されるのに数週間かかります。[×閉じる]逆リンク集はこちら