霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


【新着情報】霊界物語読者アンケート集計結果発表!(7/20)こちらのページです。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第二一章 御礼参詣(おれいまゐり)〔六一一〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第16巻 如意宝珠 卯の巻 篇:第3篇 真奈為ケ原 よみ:まないがはら
章:第21章 第16巻 よみ:おれいまいり 通し章番号:611
口述日:1922(大正11)年04月16日(旧03月20日) 口述場所: 筆録者:北村隆光 校正日: 校正場所: 初版発行日:1922(大正11)年12月25日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
お節は比治山の奥に閉じ込められていたが、悦子姫が助けてくれたことを知ると、平助とお楢は悦子姫に礼を言った。
悦子姫は、音彦ら一行を今晩泊めてくれるようにと平助に頼み、平助は承諾した。しかし鬼虎、鬼彦が居ることを知ると、平助はその二人だけは泊めることはならぬ、と言って聞かない。
鬼虎、鬼彦もかつて悪事をした手前、恥ずかしくてその晩は平助の家に泊まらず、先を急ぐことにした。平助の家には、音彦、岩公、勘公の三人が宿泊した。
晩のうちに平助、お楢、お節も相談して、真名井ヶ原の豊国姫神の顕現地にお礼参りに行くことになった。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm1621
愛善世界社版:270頁 八幡書店版:第3輯 501頁 修補版: 校定版:275頁 普及版:124頁 初版: ページ備考:
001 (てん)にも()にもかけ(がへ)なき一人(ひとり)(むすめ)(かどはか)され、002(ぢい)(ばば)との二人(ふたり)(ぐら)(この)()果敢(はか)なみ(のろ)ひつつ、003不平(ふへい)たらだら()(おく)渋面造(しぶづらつく)りの平助(へいすけ)は、004(おも)いもよらぬ孫娘(まごむすめ)のお(せつ)がゆくりなく(かへ)(きた)りしに(よろこ)(おどろ)き、005()()(あし)()(ところ)()らず、006音沙汰(おとさた)()かりし(むすめ)便(たよ)り、007姿(すがた)()せぬ(くさ)()アさまのお(なら)(とも)(かが)める(こし)をヘコヘコと(ゆす)りて飛立(とびた)可笑(をか)しさよ。
008平助(へいすけ)『これこれ、009(せつ)010(まへ)(いま)まで何処(どこ)如何(どう)して()つたのだ、011()けても()れても(ばば)二人(ふたり)012(まへ)(こと)ばつかり、013(うはさ)をして()いて()りました。014()う、015まア(もど)つて(くだ)さつた、016もう(これ)(この)平助(へいすけ)も、017何時(いつ)国替(くにがへ)しても(こころ)(のこ)(こと)はない、018さアさ、019一寸(ちよつと)様子(やうす)()かして()れ』
020(せつ)『ハイハイ』
021(うれ)(なみだ)(こゑ)得立(えた)てず、022(わづか)に、
023(わたし)比治山(ひぢやま)(おく)岩窟(いはや)()()められて()りました。024其処(そこ)(かみ)さまの(やう)なお(かた)(あら)はれて(わらは)(すく)つて(くだ)さいました、025(いま)門口(かどぐち)まで親切(しんせつ)(おく)(とど)けて(くだ)さりました。026何卒(どうぞ)027(ぢい)さま、028()アさま(よろ)しう御礼(おれい)(まを)して(くだ)さい』
029平助(へいすけ)『ナヽヽ(なん)()ふ、030(まへ)(たす)けたお(かた)(かど)御座(ござ)るのか、031これや()うしては()られぬ、032一言(ひとこと)(れい)(まを)さねば()むまい、033これこれ(ばば)034(まへ)もお(れい)(まを)さぬか』
035 ()アは莞爾々々(にこにこ)(なが)(みみ)(きこ)えぬので、
036(なら)(ぢい)さま、037結構(けつこう)ぢやな、038(はや)(かみ)さまに御礼(おれい)(まを)しませう』
039平助(へいすけ)(かみ)さまも(かみ)さまだが愚図々々(ぐづぐづ)して()ると、040(たす)けて(くだ)さつたお(かた)(かへ)られるかも()れぬ』
041とカンテラを()門口(かどぐち)立出(たちい)で、
042誰方(どなた)()りませぬが、043(むすめ)(たす)けて(くだ)さつて有難(ありがた)御座(ござ)います、044御覧(ごらん)(とほ)(いぶせ)荒屋(あばらや)御座(ござ)いますがお這入(はい)(くだ)さいませ、045(そと)(この)(とほ)(ゆき)(たま)つて()ます、046(さぞ)(さむ)(こと)でせう、047(には)()でも()きますから』
048悦子姫(よしこひめ)『ア、049貴方(あなた)がお(せつ)殿(どの)のお(やぢ)さまでござりますか』
050平助(へいすけ)『へいへい、051平助(へいすけ)()(おやぢ)御座(ござ)います、052若夫婦(わかふうふ)には先立(さきだ)たれ、053たつた一人(ひとり)(まご)(むすめ)として(そだ)()げ、054()()ばす(やう)(おも)うて()りましたのに去年(きよねん)(ふゆ)055大江山(おほえやま)鬼雲彦(おにくもひこ)手下(てした)悪者(わるもの)056鬼彦(おにひこ)057鬼虎(おにとら)()ふそれはそれは意地癖(いぢくせ)(わる)悪人(あくにん)大切(たいせつ)(むすめ)(さら)はれ、058()ても()きてもそればつかりを()()みて()いて(くら)して()りました。059(ばば)(わたくし)もそれが()めに二十年(にじふねん)(ほど)生命(いのち)(ちぢ)みました、060(かげ)さまでその孫娘(まごむすめ)()はれまするのも(まつた)貴方様(あなたさま)のお(かげ)061何卒(どうぞ)這入(はい)つて(ゆる)りとお(やす)(くだ)さいませ、062(ばば)御礼(おれい)(まを)()()いと(まを)して()ますから』
063悦子姫(よしこひめ)『アヽ御親切(ごしんせつ)有難(ありがた)御座(ござ)いまするが、064(わらは)(すこ)しく神界(しんかい)御用(ごよう)()(せま)つて()りますれば(これ)にて御免(ごめん)(かうむ)ります、065(つい)ては(わらは)より貴方(あなた)()つての御願(おねが)ひが御座(ござ)います。066()いて(くだ)さいますまいか』
067平助(へいすけ)生命(いのち)(おや)貴方様(あなたさま)068(なん)なつと仰有(おつしや)つて(くだ)さいませ、069(おやぢ)()(かな)(こと)なら生命(いのち)でも()()げます』
070悦子姫(よしこひめ)早速(さつそく)御承知(ごしようち)071有難(ありがた)御座(ござ)います、072此処(ここ)()ります(もの)(わらは)道連(みちづ)れ、073四五人(しごにん)(もの)何卒(どうぞ)今晩(こんばん)()(には)(すみ)でも()いから()めてやつて(くだ)さいませぬか』
074平助(へいすけ)『へいへい承知(しようち)(いた)しました、075百人(ひやくにん)でも千人(せんにん)でも(とま)つて(くだ)さい』
076悦子姫(よしこひめ)百人(ひやくにん)(とま)(ところ)はありますまい、077(ただ)五六人(ごろくにん)()めて(もら)へば(よろ)しいのです』
078平助(へいすけ)(これ)失礼(しつれい)(いた)しまして、079あまり(うれ)しうて(おやぢ)脱線(だつせん)(いた)しました、080サアサ(みな)さま御遠慮(ごゑんりよ)なくお這入(はい)(くだ)さい、081(しか)(なが)無茶苦茶(むちやくちや)這入(はい)つて(もら)うと、082大江山(おほえやま)鬼除(おによ)けの陥穽(おとしあな)御座(ござ)いますから(わたくし)(あと)()いてお(とほ)(くだ)さい』
083(さき)()つ。
084悦子姫(よしこひめ)左様(さやう)なら、085(せつ)殿(どの)(よろ)しく()つて(くだ)さい、086御縁(ごえん)があれば(また)()にかかります。087音彦(おとひこ)さま、088加米公(かめこう)さま、089貴方(あなた)今晩(こんばん)疲労(くたびれ)御座(ござ)いませうが(わらは)()いて()(くだ)さい。090(すこ)しく御相談(ごさうだん)()(こと)御座(ござ)いますから』
091委細(ゐさい)承知(しようち)(つかまつ)りました、092(あふ)せに(したが)ひお(とも)(いた)します』
093 悦子姫(よしこひめ)二人(ふたり)(ともな)(いそ)いで(この)()()()りぬ。094岩公(いはこう)095鬼彦(おにひこ)096鬼虎(おにとら)097(かん)098(いち)五人(ごにん)這入(はい)りも()せず門口(かどぐち)()つてうろうろして()る。
099平助(へいすけ)『サアサア(みな)さま、100此処(ここ)(とほ)つてズツとお這入(はい)(くだ)さい』
101 岩公(いはこう)102(かん)103(いち)三人(さんにん)平助(へいすけ)()いて(おく)()る。
104(なら)『これはこれは(みな)さま、105(さむ)いのに()うまア(むすめ)(おく)つて()(くだ)さつた、106何卒(どうぞ)今晩(こんばん)(ゆつく)(とま)つて(くだ)さい』
107岩公(いはこう)『へい、108如何(どう)(いた)しまして、109(せつ)さまの御存(ごぞん)じの(とほ)(わたくし)悦子姫(よしこひめ)(さま)家来(けらい)御座(ござ)います、110(れい)()つて(もら)うと(かへつ)(こま)ります、111何卒(どうぞ)今晩(こんばん)()()めて(くだ)さらば有難(ありがた)御座(ござ)います。112ヤア鬼彦(おにひこ)113鬼虎(おにとら)(やつ)114這入(はい)つて()ぬかい、115(なに)愚図々々(ぐづぐづ)して()るのだ』
116平助(へいすけ)『ヤアお(まへ)大江山(おほえやま)鬼雲彦(おにくもひこ)同類(どうるゐ)ぢやな、117鬼彦(おにひこ)鬼虎(おにとら)這入(はい)つて()(たま)るものかい、118折角(せつかく)だが(かへ)りて()(かへ)りて()れ』
119岩公(いはこう)『モシモシお(ぢい)さま、120(その)鬼彦(おにひこ)鬼虎(おにとら)()(やつ)は、121(せつ)さまを(たす)けた悦子姫(よしこひめ)さまの家来(けらい)だよ、122二人(ふたり)(やつ)123到頭(たうとう)(あく)後悔(こうくわい)しよつて悦子姫(よしこひめ)さまの家来(けらい)となり、124(せつ)さまの所在(ありか)()らせたものだから(むすめ)(たす)かつたのだよ。125今迄(いままで)怨恨(うらみ)(みづ)(なが)悦子姫(よしこひめ)さまに(めん)じて()めてやつて(くだ)さいナ』
126平助(へいすけ)(なん)()つてもお(まへ)さま(たち)三人(さんにん)()めるが二人(ふたり)餓鬼(がき)()められませぬ、127這入(はい)()ければ勝手(かつて)這入(はい)つて()たが()い、128勝手(かつて)()らずに陥穽(おとしあな)にはまるだらう』
129岩公(いはこう)『これはしたり、130(ぢい)さま、131(とし)()つても敵愾心(てきがいしん)(つよ)(ひと)だな、132今迄(いままで)(こと)(みづ)(なが)すのだよ』
133平助(へいすけ)(みづ)(なが)せと()つたつて、134(この)怨恨(うらみ)(なが)されやうか、135(わし)()にも、136チツトは()つて()れたが()(わい)
137勘公(かんこう)『それやさうぢや、138(もつと)もぢや。139(ぢい)さまの仰有(おつしや)(とほ)り、140拙者(せつしや)()(とほ)りぢや、141ナア櫟公(いちこう)
142櫟公(いちこう)『オヽ、143さうともさうとも、144(たれ)だつて可愛(かはい)(むすめ)仮令(たとへ)一年(いちねん)でも(くる)しめられた(おや)()として(たれ)だつて(だま)つて()れようかい、145(ぢい)さまの仰有(おつしや)るのは至極(しごく)(もつと)もだ。146鬼彦(おにひこ)147鬼虎(おにとら)(やつ)148因縁(いんねん)(むく)うて()たのだから仕方(しかた)()い、149今晩(こんばん)(そと)立番(たちばん)でもするのが(かへつ)今迄(いままで)罪亡(つみほろ)ぼしになつて()いかも()れぬ』
150平助(へいすけ)『アヽお(まへ)さま()三人(さんにん)のお(かた)151()()つて(くだ)さつた、152(この)(ぢい)大変(たいへん)()()つた、153サアサ(とま)つて(くだ)さい、154(たれ)(なん)()つても二人(ふたり)餓鬼(がき)()める(こと)出来(でき)ませぬ(わい)
155 (いへ)(そと)にて、
156鬼彦(おにひこ)『おい兄弟(きやうだい)何程(なにほど)()めてやると()つても、157如何(どう)てれ(くさ)くて這入(はい)れぬぢやないか』
158鬼虎(おにとら)『さうだ、159(むかし)因果(いんぐわ)(めぐ)つて()(こころ)(おに)()()められ、160暢気(のんき)()めて(もら)(わけ)にも()かず、161(おほ)きな(かほ)をして(ぢい)さまや()アさまに()(わけ)にも()かず、162エー仕方(しかた)がない、163音彦(おとひこ)さま加米公(かめこう)さまでさへも(この)雪道(ゆきみち)(ある)いて()かれた(くらゐ)だもの、164無理(むり)()つたら()けぬ(こと)はない、165此処(ここ)ばかりが(いへ)ぢやない(わい)166三人(さんにん)(やつ)此処(ここ)(ゆつく)()めて(もら)(こと)にし、167俺達(おれたち)二人(ふたり)はも(すこ)てく(こと)仕様(しやう)かい』
168鬼彦(おにひこ)『アヽ、169それが上分別(じやうふんべつ)だ、170オイ岩公(いはこう)171勘公(かんこう)172櫟公(いちこう)173(おれ)一足先(ひとあしさき)()つて比治山(ひぢやま)(ふもと)()つて()るから、174()()けたら貴様等(きさまら)三人(さんにん)()()い、175左様(さやう)なら、176(さき)御免(ごめん)だ、177貴様等(きさまら)はお(せつ)さまの(かほ)でも()(よだれ)でもくるが()(わい)
178捨台詞(すてぜりふ)(のこ)し、179すたすたと(この)()(あと)比治山(ひぢやま)方面(はうめん)()して(はし)()く。
180平助(へいすけ)『サア三人(さんにん)さま、181(おく)炬燵(こたつ)がしてある、182(さむ)からうからお這入(はい)なさい、183(わし)今晩(こんばん)はあまり(うれ)しうて()られぬから、184(むすめ)(ひさ)()りに三人(さんにん)(はなし)をするから、185茶漬(ちやづけ)なつと()つて(はや)くお(やす)(くだ)さい、186(また)明日(あす)(いは)ひに御馳走(ごちそう)をして()げます』
187岩公(いはこう)『これはこれはお(ぢい)さま、188()アさま、189奇麗(きれい)(むすめ)さま有難(ありがた)御座(ござ)います、190ソンナラお(さき)御免(ごめん)(かうむ)ります、191弁当(べんたう)沢山(たくさん)()つて()ますから御心配(ごしんぱい)(くだ)さいますな、192(いま)道々(みちみち)(にぎ)(めし)頬張(ほほば)つて()ましたので(あんま)(はら)()つて()りませぬ、193(やす)まして(もら)へば結構(けつこう)です』
194(せつ)『サアサ(みな)さま、195(やす)(くだ)さいませ、196(わたくし)御案内(ごあんない)(いた)しませう』
197(つぎ)()案内(あんない)する。
198岩公(いはこう)『アヽ有難(ありがた)い、199勘公(かんこう)200櫟公(いちこう)201世界(せかい)(おに)()いなア、202マヤ(ゆつく)(やす)まして(もら)はうかい』
203勘公(かんこう)(なん)だか()がパチパチして()られないワ』
204岩公(いはこう)()られなくても、205(この)(あたた)かい炬燵(こたつ)這入(はい)つて、206明日(あす)(あさ)(まで)ゆつくり休息(きうそく)すれば()いのだ』
207 (つぎ)()には三人(さんにん)家内(かない)ひそびそと(なに)(はな)して()る。
208平助(へいすけ)『マア(なん)とした(うれ)しい(こと)だらう、209ナアお(なら)210(これ)でもう(おれ)()ンでも得心(とくしん)だよ』
211(なら)親爺(おやぢ)どの、212それや(なに)()はつしやるのだい、213(ふた)()には()()ぬつて、214ソンナ縁起(えんぎ)(わる)(こと)()ふものぢやない、215(むすめ)(もど)つた(うれ)しさに元気(げんき)()して、216(これ)から()(わか)()千年(せんねん)万年(まんねん)生延(いきの)びると()()になりなさらぬかいな』
217平助(へいすけ)『オーお(なら)218(まへ)(みみ)がよう(きこ)える(やう)になつたぢやないか、219此奴(こいつ)不思議(ふしぎ)だ、220如何(どう)したものだ、221(ころ)されたと(おも)(むすめ)(かへ)るし、222一生(いつしやう)聾耳(かなつん)ぢやと(あきら)めて()(ばば)(みみ)(きこ)()す、223アヽコンナ有難(ありがた)(こと)があらうか、224(これ)()ふも(まつた)真名井ケ原(まなゐがはら)今度(こんど)(あら)はれ(たま)うた豊国姫(とよくにひめ)神様(かみさま)御利益(ごりやく)だ、225ちつと(ゆき)()けたら親子(おやこ)三人(さんにん)礼詣(れいまゐ)りに()かうかい』
226(なら)()かうとも()かうとも、227(みち)あかいでも今晩(こんばん)でも(すぐ)()きたいのだが、228三人(さんにん)のお(きやく)さまが()らつしやるのだから、229今晩(こんばん)()()けたら三人(さんにん)のお(きやく)さまと一緒(いつしよ)()(じや)でも(まゐ)りませう、230ナアお(せつ)231さう仕様(しやう)ぢやないか』
232(せつ)『はいはい(わたし)案内(あんない)(いた)しますから御礼(おれい)参詣(まゐり)をして(くだ)さい、233(しか)明日(あす)のお(きやく)さまの御馳走(ごちそう)(かんが)へて()かねばなりますまい、234ナアお(ぢい)さま』
235平助(へいすけ)『オヽ、236さうだつたな、237(なん)御馳走(ごちそう)をして()げようか、238砂混(すなま)ぜの御飯(ごはん)をして()げようか、239栗石(くりいし)()御飯(ごはん)にして()げようか、240どちらが()からうか、241ナアお(なら)
242(なら)(むすめ)無事(ぶじ)(かへ)つて()れたのだから(いは)ひがてら御馳走(ごちそう)半殺(はんごろ)しにしませうか、243一層(いつそう)(こと)皆殺(みなごろ)しにして()げようかナア』
244(せつ)皆殺(みなごろ)しにするのは大層(たいそう)だから一層(いつそう)(こと)(ぢい)さま、245半殺(はんごろ)しが(よろ)しからうぜ』
246平助(へいすけ)『アヽ、247さうじや、248半殺(はんごろ)しが手間(てま)()らぬで()いワ、249それでは半殺(はんごろ)しに()めようか、250サア(これ)からそろそろ()アさま、251用意(ようい)(かか)らうかな』
252 (となり)()()()岩公(いはこう)真青(まつさを)(かほ)をして小声(こごゑ)になり、
253『オイ、254勘公(かんこう)255櫟公(いちこう)256あれ()いたか』
257『オ、258()いた、259(なん)(おそ)ろしい(うち)ぢやないか、260(すな)()ぜて御飯(ごはん)()はさうとか、261栗石(くりいし)()れて御馳走(ごちそう)にしようとか、262(えら)(こと)()ひよつたぢやないか、263一体(いつたい)如何(どう)なるのだらう』
264岩公(いはこう)『ソンナへどろい(こと)かい、265(いま)三人(さんにん)がひそびそ(はなし)をしてるのを()いて()れば半殺(はんごろ)しにしようか、266皆殺(みなごろ)しにしようかと()うて()つたぢやないか、267コンナ(ところ)愚図々々(ぐづぐづ)して()ると生命(いのち)がないぞ、268(なん)とかして()()工夫(くふう)はあるまいか、269門口(かどぐち)には陥穽(おとしあな)()つて()よるし(うら)絶壁(ぜつぺき)だし進退(しんたい)(これ)(きはま)るとは此処(ここ)(こと)だ、270エ、271仕方(しかた)()い、272逃出(にげだ)そかい、273(ぢい)(ある)きよつた(ところ)(おぼ)えて()るから其処(そこ)()つて(とほ)れば()い、274(みな)(やつ)275用意(ようい)をせい、276(かん)277(いち)278(みな)()た、279三十六計(さんじふろくけい)(おく)()だ』
280()(あが)りそろりそろりとカンテラの火影(ほかげ)(しの)びて(には)(おもて)()()したり。281平助(へいすけ)はフツと(には)()途端(とたん)(くろ)(もの)のさのさ()うて()る。
282平助(へいすけ)『ヤイ、283何者(なにもの)ぢや、284盗人(ぬすびと)か』
285岩公(いはこう)『ハイ、286盗人(ぬすびと)でも(なん)でも御座(ござ)いませぬ、287夜前(やぜん)三人(さんにん)(きやく)御座(ござ)います』
288平助(へいすけ)『お(まへ)さまは寝惚(ねとぼ)けたのかい、289そこは(には)ぢやぜ、290さあさ(はや)くお炬燵(こた)這入(はい)つて(やす)みなさい』
291岩公(いはこう)『こら、292やいやい、293鬼爺(おにぢぢ)294鬼婆(おにばば)295鬼娘(おにむすめ)296貴様(きさま)計略(けいりやく)はチヤンと()つて()るのだ、297貴様(きさま)(やう)(おに)(めし)(すな)()れたり、298栗石(くりいし)()れて()ふか()らぬが、299人間様(にんげんさま)(すな)栗石(くりいし)(あが)らないぞ、300(まへ)301半殺(はんごろ)しにしようとか、302皆殺(みなごろ)しにしようとか、303それや何事(なにごと)だ、304老耄爺(おいぼれぢい)()が』
305平助(へいすけ)『ハヽヽヽ、306ア、307(まへ)さまは()(ちが)ひしたのか、308(すな)()ぜの御飯(ごはん)()ふのはお(こめ)(くり)との御飯(ごはん)ぢや、309栗石(くりいし)()ぜると()ふのはお(こめ)(むぎ)との()御飯(ごはん)ぢやわいナ』
310岩公(いはこう)『それでも貴様(きさま)311半殺(はんごろ)しにするの、312皆殺(みなごろ)しにするのと()つたぢやないか』
313平助(へいすけ)『ハヽヽヽ、314半殺(はんごろ)しと()つたら牡丹餅(ぼたもち)(こと)ぢや、315皆殺(みなごろ)しと()つたら()いて()いて()ききつた(もち)(こと)だ、316心配(しんぱい)しなさるな』
317岩公(いはこう)(なん)だ、318ソンナ(こと)だつたかい、319いや、320これやお(ぢい)さまの折角(せつかく)思召(おぼしめし)321半殺(はんごろ)しでも皆殺(みなごろ)しでも結構(けつこう)です、322どしどし(こしら)へて(くだ)さい。323おい、324(いち)325(かん)326心配(しんぱい)するな、327牡丹餅(ぼたもち)餡転餅(あんころもち)御馳走(ごちそう)(こと)だつたよ、328アハヽヽヽ』
329(いち)330(かん)『ア、331それで安心(あんしん)した、332()()(きも)(つぶ)したか()れたものぢやない、333団子(だんご)(もち)(よば)れぬ(さき)胸元(むなもと)()()餡転餅(あんころもち)(かた)まりが出来(でき)よつたワ、334アハヽヽヽ』
335(なら)『サアサ皆様(みなさま)336御心配(ごしんぱい)なしに御寝(おやす)(くだ)さい、337(わたし)(これ)から皆殺(みなごろ)しを(こしら)へます』
338岩彦(いはひこ)何分(なにぶん)(よろ)しう御頼(おたの)(まを)します、339(おな)(こと)なら半殺(はんごろ)しと、340皆殺(みなごろ)しと両方(りやうはう)(いただ)()いものですな』
341(せつ)『ホヽヽヽ』
342 三人(さんにん)はやつと安心(あんしん)(うへ)343他愛(たあい)もなく(しん)()きける。344ふと()(さま)せば小鶏(ちやぼ)(こゑ)
345岩公(いはこう)『ヤア、346グツと()()にもう夜明(よあ)けだ。347おい(みな)(やつ)348(はや)()きて御馳走(ごちそう)頂戴(ちやうだい)しようかい』
349 お(せつ)(この)()(あら)はれ、
350(せつ)『サアサ(みな)さま、351御手洗(おてうず)をお使(つか)(あそ)ばせ、352半殺(はんごろ)しと皆殺(みなごろ)しとが出来(でき)ましたから、353どつさりお(あが)(くだ)さいませ。354今日(けふ)真名井ケ原(まなゐがはら)豊国姫(とよくにひめ)(かみ)さまの出現場(しゆつげんば)にお(れい)(まゐ)りますから何卒(どうぞ)一緒(いつしよ)にお(ねがひ)(まを)します』
355 岩彦(いはひこ)(ほか)二人(ふたり)は『ハイ』と(こた)へて跳起(はねお)き、356手洗(ちようづ)をつかひ牡丹餅(ぼたもち)餡転餅(あんころもち)ウン()()格納(かくなふ)し、357六人(ろくにん)打連(うちつ)()つて真名井ケ原(まなゐがはら)宣伝歌(せんでんか)(うた)(なが)(すす)()く。
358大正一一・四・一六 旧三・二〇 北村隆光録)