霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

(ばつ)

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第16巻 如意宝珠 卯の巻 篇:後付 よみ:
章:第16巻 よみ:ばつ 通し章番号:
口述日: 口述場所: 筆録者:王仁 校正日: 校正場所: 初版発行日:1922(大正11)年12月25日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる] 主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:
愛善世界社版:283頁 八幡書店版:第3輯 507頁 修補版: 校定版:289頁 普及版:130頁 初版: ページ備考:
001小幡(をばた)神社(じんしや)(うぶ)()
002(うま)()でたる瑞月(ずゐげつ)
003二十五年(にじふごねん)時津風(ときつかぜ)
004いよいよ()いて北条(きたでう)
005産声(うぶごゑ)()げし宮垣内(みやがいち)
006(きよ)()()(たま)()
007(みづ)御魂(みたま)のコンコンと
008()てしも()らぬ(かみ)(おん)
009(まん)(いち)にも(むく)いむと
010竜宮館(りうぐうやかた)立出(たちい)でて
011(めぐみ)(あめ)のふる(さと)
012(をしへ)御子(みこ)(ともな)ひつ
013壬戌(みづのえいぬ)弥生空(やよひぞら)
014(つき)()(わた)(かは)(なが)
015(こころ)(きよ)()をすすぎ
016一行(いつかう)三百五十人(さんびやくごじふにん)
017祝詞(のりと)(こゑ)高熊(たかくま)
018岩窟(がんくつ)さして(すす)()
019(をり)から()()(のり)(あめ)
020西国(さいごく)二十一番(にじふいちばん)
021観音(くわんのん)霊場(れいぢやう)(きこ)えたる
022()さへ(ゆか)しき穴太寺(あなをでら)
023三十三相(さんじふさんさう)()(へん)
024衆生(しゆじやう)済度(さいど)(ちか)ひたる
025(たふと)最勝妙如来(さいしようめうによらい)
026(ぶつ)御堂(みだう)修繕(しうぜん)
027(まつた)()へて御開帳(ごかいちやう)
028(はる)日永(ひなが)のぶらぶらと
029(とほ)(ちか)きの信徒等(しんとら)
030種々(しゆじゆ)余興(よきよう)舞踊(まひをど)
031(はた)(のぼり)()()らし
032景気(けいき)()ふる揚花火(あげはなび)
033三十三所(さんじふさんしよ)円頭(まるあたま)
034練込(ねりこ)むほほづき数珠(じゆず)つなぎ
035稚児(ちご)行列(ぎやうれつ)(あい)らしく
036()とれていつしか()らぬ()
037天台(てんだい)宗派(しうは)菩提山(ぼだいさん)
038(おく)一間(ひとま)(すす)()
039弁当(べんたう)茶菓(さくわ)のもてなしに
040院主(ゐんじゆ)執事(しつじ)親切(しんせつ)
041感謝(かんしや)感謝(かんしや)(かさ)ねつつ
042本堂(ほんだう)庫裏(くり)(いざな)はれ
043みづの聖像(せいざう)伏拝(ふしをが)
044(あめ)()()(さけ)(せき)
045抹茶(まつちや)煎茶(せんちや)()かされて
046ぶらりぶらりと(うま)()
047いぶせき小屋(こや)立帰(たちかへ)
048三日三夜(みつかみよさ)(ぼう)にふり
049(まこと)(つゑ)()きながら
050瑞祥閣(ずゐしやうかく)(ひと)となり
051(また)もや寝言(ねごと)(ふく)(かみ)
052()徳利(どつくり)(ひと)(ぐち)
053()(よこ)たへて惟神(かむながら)
054()づるがままに()べて()く。
055   大正十一年弥生月
056於瑞祥閣 王仁