霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


【新着情報】霊界物語読者アンケート集計結果発表!(7/20)こちらのページです。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

(たま)(いしずゑ)(二)

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第16巻 如意宝珠 卯の巻 篇:後付 よみ:
章:第16巻 よみ:たまのいしずえ 通し章番号:
口述日:1922(大正11)年12月 口述場所: 筆録者: 校正日: 校正場所: 初版発行日:1922(大正11)年12月25日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
嬰児や幼児が不幸にして現界を去った後の状況を詳しく述べておく。
人と現れた身は必ず復活する。
嬰児は父母の善悪正邪に関わらず、その死に当たって救世神が摂受し給うもので、神界でも一大薫陶を受けるものである。
嬰児は教育せられて善美の情動に浸り、真知を培い、知識と正覚を相伴って円満の域に進むと、天界に導かれて天人神子になる。
根底の国に落ち行くのは自身の生前の行いによるのである。しかし嬰児、幼児は世の中に罪科を犯したことがないので、清浄の身魂ゆえに、かく述べたとおりになるのである。
他界に入ったときは、前の世界に居たごとくの姿であるので、嬰児、幼児は他界でも元のように愛らしい姿を保っている。中有界ではそのとおりである。
嬰児幼児は、清明無垢のために神霊界一切の事物は心に植え込まれ、信の真と愛の善を受けるべき器なのである。
他界の小児らは内分により、実習を待たずして語り、かつ歩むことができる。この点は現界と違っている点である。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm169903
愛善世界社版:292頁 八幡書店版:第3輯 514頁 修補版: 校定版:298頁 普及版: 初版: ページ備考:
派生[?]この文献を底本として書かれたと思われる文献です。[×閉じる]出口王仁三郎全集 > 第二巻 宗教・教育編 > 【宗教編】第四篇 神霊世界 > 第三章 霊の礎
001  幼児(えうじ)嬰児(えいじ)死後(しご)
002嬰児(えいじ)幼児(えうじ)不幸(ふかう)にして
003現世界(このよ)()りしその(あと)
004状況(じやうきやう)(つぶ)さに()べておく。
005
 
006(ひと)(あら)はれ(いで)()
007(かなら)復活(ふくくわつ)するものぞ
008そは神言(かみごと)言霊(ことたま)
009(ちから)(たよ)()ればなり
010言霊(げんれい)神語(しんご)神真(まこと)あり
011神真(まこと)()りて復活(ふくくわつ)
012(かみ)をば(さと)()るものぞ。
013
 
014嬰児(えいじ)はその(ちち)また(はは)
015善悪正邪(ぜんあくせいじや)(かか)はらず
016(しん)不信(ふしん)区別(くべつ)()
017その()(あた)りて救世神(ぐせしん)
018摂受(せつじゆ)(たま)ふものなれば
019神界(しんかい)にても慇懃(いんぎん)
020一大(いちだい)薫陶(くんたう)()くるなり。
021
 
022嬰児(えいじ)順序(じゆんじよ)(したが)ひて
023教育(けういく)せられ(ぜん)()
024(たい)する情動(じやうだう)浸染(しんせん)
025真智(しんち)(つちか)(しき)()
026その(のち)知識(ちしき)証覚(しようかく)
027(あひ)(ともな)ひて円満(ゑんまん)
028(ゐき)(すす)むに(したが)ひて
029(つひ)天界(たかま)(みちび)かれ
030天人(てんにん)神子(しんし)となるものぞ。
031
 
032事物(じぶつ)道理(だうり)通暁(つうげう)せる
033世人(せじん)(けつ)して一人(ひとり)でも
034地獄(ぢごく)根底(ねそこ)()(ため)
035(うま)(いで)たる(もの)()
036(ただ)神霊界(しんれいかい)経綸(けいりん)
037(つか)ふるために()れし(もの)
038根底(ねそこ)(くに)地獄(ぢごく)へと
039()()くものは(みづか)らの
040現世(げんせ)(をか)せし罪過(ざいくわ)にて
041()(くる)しむる(もの)ぞかし
042嬰児(えいじ)幼児(えうじ)()(なか)
043罪過(ざいくわ)(をか)せし(こと)もなく
044清浄(せいじやう)身魂(みたま)(ゆゑ)ぞかし。
045
 
046嬰児(えいじ)幼児(えうじ)現界(げんかい)
047()りて他界(たかい)(いた)(とき)
048依然(いぜん)(もと)嬰児(えいじ)なり
049無識(むしき)無智(むち)(その)うちに
050清浄(せいじやう)無垢(むく)(ところ)あり
051万事(ばんじ)(たい)して可愛(かはい)こと
052その生前(せいぜん)(ことな)らず
053(かれ)神界(しんかい)天人(てんにん)
054なるべき資格(しかく)能力(のうりよく)
055萠芽(はうが)自然(しぜん)保有(ほいう)せり
056アヽ惟神(かむながら)々々(かむながら)
057(かみ)仁慈(じんじ)(たふと)さよ。
058
 
059(すべ)ての(ひと)(うつ)()
060()てて他界(たかい)()(とき)
061また生前(せいぜん)同一(どういつ)
062状態(じやうたい)なるぞ不思議(ふしぎ)なれ。
063
 
064嬰児(えいじ)嬰児(えいじ)状態(じやうたい)
065幼児(えうじ)幼児(えうじ)状態(じやうたい)
066青年(せいねん)成人(せいじん)老人(らうじん)
067現界(げんかい)同様(どうやう)状態(じやうたい)
068中有世界(ちううせかい)逍遥(せうえう)
069各自(かくじ)(ひと)状態(じやうたい)
070転変(てんぺん)するは(その)(のち)ぞ。
071
 
072嬰児(えいじ)幼児(えうじ)状態(じやうたい)
073()よりも(まさ)りしものあるは
074清浄(せいじやう)無垢(むく)にて悪念(あくねん)
075()こりしこと()実際(じつさい)
076その生涯(しやうがい)悪業(あくごふ)
077根底(ねそこ)(おろ)さぬ(ため)ぞかし
078清明無垢(せいめいむく)嬰幼児(えいえうじ)
079神霊(しんれい)世界(せかい)一切(いつさい)
080事物(じぶつ)(こころ)植込(うゑこ)まれ
081(まこと)(しん)(あい)(ぜん)
082()くべき(うつは)なればなり。
083
 
084他界(たかい)()ける嬰児(みどりご)
085その状態(じやうたい)現界(げんかい)
086小児(せうに)(すべ)超越(てうゑつ)
087物質的(ぶつしつてき)形態(けいたい)
088(いう)するものは自身(じしん)にて
089頑鈍(ぐわんどん)なればその(はじ)
090()くる(ところ)感覚(かんかく)
091情緒(じやうちよ)霊界(れいかい)よりで()
092外界(ぐわいかい)起元(きげん)辿(たど)()く。
093
 
094(ゆゑ)世上(せじやう)嬰児等(えいじら)
095如何(いか)地上(ちじやう)(あゆ)まむか
096如何(いか)動作(どうさ)統制(とうせい)
097言語(げんご)(はつ)する(こと)までも
098(まな)ばにやならぬ不便(ふべん)あり
099(その)感覚(かんかく)(いた)りても
100(まなこ)(みみ)(くち)(ごと)
101そを(ひら)かむと焦慮(せうりよ)して
102(やうや)目的(もくてき)達成(たつせい)す。
103
 
104されど他界(たかい)小児等(せうにら)
105(これ)(まつた)相反(あひはん)
106精霊界(せいれいかい)()(ゆゑ)
107動作(どうさ)(ことごと)内分(ないぶん)より
108()れば実習(じつしふ)()たずして
109(あるひ)(あゆ)()(かた)
110神霊界(しんれいかい)天人(てんにん)
111言語(げんご)(がい)して想中(そうちう)
112諸概念(しよがいねん)にて調停(てうてい)され
113その情動(じやうだう)より(なが)()
114これ現界(げんかい)霊界(れいかい)
115(ひと)相違(さうゐ)()(てん)ぞ。
116  大正十一年十二月
117
118 小雨(こさめ)ふる透明殿(とうめいでん)洋室(やうしつ)
119  初夏(しよか)(こも)らひ校正(かうせい)ペン()
120(昭和一〇・五・二八 於透明殿 王仁校正)